異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【その他】
■ バルト三国スペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
   
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
定期路線バスで巡るバルト三国 9日間

ここがポイント!

■バルト三国 9日間■  

旧ソ連から真っ先に独立したバルト三国は、ぞれぞれが独自の文化を持っています。
また、三国の首都(リトアニアのビリニュス/ラトビアのリーガ/エストニアのタリン)は、 いずれもその旧市街がユネスコの世界文化遺産に登録されています。
ヨーロッパの中世はこんな感じだったんだ!と納得できる町並みはどれも美しく、 タイムスリップをしたような感覚に陥るかもしれません。





このプランは、国と国とを国際バスでつなぎます。
空港とホテル間、ホテルとバスターミナル間は専用車にて送迎を致します。
が、大きな移動は路線バスに乗るのでちょっとしたバックパッカー気分を味わえます。

ホテルにこだわり!
このプランでは、泊まる場所にもこだわりがあります。
宿は中世から近世にかけてのバルトをイメージできるホテルを選びました。
世界遺産の中で、世界遺産を構成する建物に泊まれる可能性もあります。
お屋敷ホテルや、古いヨーロッパ式の宿屋に泊る感覚です。
とくに、エストニアのタリンでは、あの『三姉妹』に泊まります。

食事のこだわり
バルト三国は、それぞれの国に名物料理があります。
この旅では、中日(なかび)の観光時、とっておきのメニューをご用意します。
<写真:上 ビリュニス旧市街>


============================================================================
<01日目> (土): 成田空港⇒(経由地)⇒ビリニュス
※移動: スカンジナビア航空で空路、コペンハーゲン経由、ビリニュスへ。
 SK−984 成田空港    11:40⇒コペンハーゲン 16:05
 SK−742 コペンハーゲン 20:55⇒ビリニュス   23:25
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、専用車でホテルにご案内致します。
*宿泊: アルティス(19世紀のお屋敷ホテル)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目> (日) ビリニュス
*朝食: ホテル
*観光: 
終日カウナス&トラカイ観光
    ・カウナス旧日本総領事館(杉原千畝寓居跡) 
    ・リトアニア民俗生活博物館
    ・ケルナヴェ遺跡(世界文化遺産)
    ・トラカイ城(世界文化遺産)
    ・ビリニュス旧市街を護る防塁にある【円形の出城】  
    ・【夜明けの門】

*昼食: 
ローカル・レストラン {伝統のポテト料理を予定}
*宿泊: アルティス(19世紀のお屋敷ホテル)
 
<写真:左 ゲディミナスの塔/右 リトアニア伝統料理ツェペリナイ>>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目> (月) ビリニュス→リーガ
*朝食: ホテル
*送迎: ホテルからバス・ターミナルにご案内致します。
*移動: 国際バスでラトビアの首都リーガへ。
*送迎: バスターミナルからホテルにご案内致します。
*宿泊: 
メトロポール・ホテル・・・人気の史跡ホテルです。
 
<写真:左 リガ大聖堂/右 ホテル グーテンベルクス>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目> (火) リーガ
*朝食: ホテル
*観光: 
終日、トライダ城&ユグラ湖畔観光
   ・トライダ城
   ・ラトビア民族屋外博物館  
   ・見張塔が印象的な白亜の【リーガ城】
(外観)  
   ・ロマネスクからヴァロックまでの様式を持つ【リガ大聖堂】
(外観)  
   ・2000年に再建された由緒ある【ブラックヘッドのギルド】
(外観)  
   ・ドイツのギルドを凹ませた痛快なラトビア商人の【猫の家】
(外観)
   ・14世紀に建造された【火薬庫】
(外観)
   ・いまはもう一部しか残っていない【リーガの城壁】
(外観)
   ・【スウェーデン門】
(外観)
   ・リーガの伝統建築が三軒並ぶ【三兄弟】
(外観)
*昼食: 
ローカル・レストラン{郷土料理を予定}
*宿泊: メトロポール・ホテル・・・人気の史跡ホテルです。
 
<写真:左 トライダ城>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目> (水) リーガ→タリン
*朝食: ホテル *送迎: ホテルからバス・ターミナルにご案内致します。
*移動: 国際バスでエストニアの首都タリンへ。
*送迎: バスターミナルからホテルにご案内致します。
*宿泊: 
タリン旧市街の歴史あるホテル     
 
例)三姉妹(1360年より以前に建てられた中世の住宅を旅館に)   
   シュルッスレ(15世紀のハンザ豪商の倉庫の3棟を改装)   
   マーチャンツ・ハウス(14世紀と16世紀の豪商の家を改装)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目> (木) タリン
*朝食: ホテル
*観光: 
午前、首都タリンの旧市街(世界文化遺産)を観光します。
    ・1219年にデンマーク人により建立された【大聖堂】(外観)
    ・騎士団によって築かれた【トーンペア城】
    ・【のっぽのヘルマン】と呼ばれる城壁の塔(外観)
    ・【厨房をのぞけ!】と呼ばれる城壁の塔(外観)
    ・かつては市が立ったという【ラエコヤ広場】  
    ・北ヨーロッパで唯一のゴシック様式の【市庁舎】(外観)
    ・ヨーロッパで最も古い現役の【薬局】(外観)
    ・タリン旧市街で最も高い塔を持つ【聖オレフ教会】
    ・ギルドの集会や宴会に利用された【グレート・ギルド会館】  
    ・1360年より以前に建てられた中世住宅を旅館にした【三姉妹】
    ・【ふとっちょマルゲリータ】と呼ばれる城壁の塔  
    ・タリン旧市街の北のはずれ【グレート・コースト・ゲート】

*昼食: 
ローカル・レストラン{エストニアの家庭料理を予定}
*観光: 
午後、エストニア野外民俗博物館
*夕食: 
ローカル・レストラン{エストニアの伝統料理を予定}
*宿泊: 
タリン旧市街の歴史あるホテル      
   
例)三姉妹(1360年より以前に建てられた中世の住宅を旅館に)
     シュルッスレ(15世紀のハンザ豪商の倉庫の3棟を改装)   
     マーチャンツ・ハウス(14世紀と16世紀の豪商の家を改装)

 
<写真:左 三姉妹/右 ふとっちょマルゲリータ>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目> (金) タリン〜ヘルシンキ
*朝食: ホテル
*送迎: ガイドがタリン埠頭にご案内致します。
*移動: フェリーでフィンランドの首都ヘルシンキに移動します。
*送迎: 現地係員が埠頭にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*宿泊: ヘルシンキ市内の歴史ある4★ホテルを予定
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目> (土) ヘルシンキ⇒
*朝食: ホテル
*送迎: 空港にご案内致します。
※移動: スカンジナビア航空で空路、コペンハーゲン経由、帰国の途へ。
 SK6455 ヘルシンキ   12:50⇒コペンハーゲン 13:30
 SK−983 コペンハーゲン 15:45⇒成田空港    09:35 翌日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目> (日) ⇒成田
・帰国
============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
※この旅行は発着地点が変わることもあります
 2010年9月25日(土)以降の毎週(土)出発

<最少催行人数 :
1名から催行 添乗付きのみ>


        料金お問い合わせください


●お申込期間:出発2週間前までに申し込んでください




●旅行代金には下記のものが含まれます*
 *明記された送迎
 *明記された観光 
 *明記された食事
  
●旅行代金に含まれないもの
 *国際航空券
 *空港使用料 (成田空港施設使用料¥2,040)
 *空港使用料 
 *燃油サーチャージなど
 *その他、個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物)とそれに関わる税金、サービス料

 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで




▲TOPへ