異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 ■
現地発着ツアーカレンダー
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
■ ボリビアスペシャル


■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2017年12月30日(土)出発限定
成田発着 アエロメヒコ利用

ボリビアいいとこどり
アルティプラーノ探訪09日間

月の谷/ラパス/ティワナク遺跡/
オルーロ/チパヤ村/ウユニ塩湖
アエロメヒコ利用
ここがポイント!



 ボリビア紀行〜年末年始スペシャルも今年で3回目。
 事実上の首都ラパス、ふしぎな景観の月の谷、インカに影響を与えたティワナク、
 過酷な環境の中でキヌアの栽培やリャマ等の放牧をして暮らす人々が住むチパヤ村、
 そして雨期のウユニ塩湖と、ボリビアのアルティプラーノのさまざまな表情を見ます。
 オルーロからチパヤまでの移動中、車窓からアルティプラーノに点在する素朴な村を
 ご覧頂くことができるでしょう。

 
ラパス: 
  ボリビアの事実上の首都で、市街地はすり鉢状になった盆地の底に広がっています。
  植民地時代の中心地であったムリリョ広場、小さい道の両脇に瀟洒な建物が並ぶ
  ハエン通り、呪術の道具やお土産を売る店が並ぶサガルナガ通り等を訪れます。
  ラパスでのもう一つの楽しみは、伝統的なフォルクローレの夕べ。旧市街にある
  ペーニャで、哀愁漂うボリビアのフォルクローレをお楽しみいただきます。

 
月の谷: 
  雨風に浸食されたアルティプラーノの大地の固い部分が土柱となって残っています。
  その特異な景観は、いつしか“月の谷”という愛称で呼ばれるようになりました。

 ティワナク遺跡: 
  ティワナク文化の起源は、紀元前1〜2世紀ごろと言われています。紀元後400年に
  なると、その版図は広がり、ティワナクの文化もその版図に伝播してゆきました。
  ティワナクの最盛期は、750年〜800年ごろに始まり、1000年〜1100年ごろまで
  続いたと言われています。現在、遺跡で見られる遺構の殆どは充分な検証がされぬ
  まま復元されたとされ、今後の研究が期待されています。
  ・・
アカパナ: 七壇からなるピラミッド建築で、人身御供の祭壇であったそうです。
  ・・
カラササーヤ: 約130mx120mの長方形の建造物。実際の伽藍配置とは異なる
   復元が行われていたため、今後の研究が待たれます。
  ・・
太陽の門: カラササーヤの門の位置に建っていますが、実際には別の場所に
   あったと言われています。
  ・・
半地下宮殿: 壁に顔が彫刻されており、中央に石像が建てられています。
  ・・
石像: ティワナク遺跡で特筆すべきは、その石像の存在です。プレ・インカの
   遺跡で石像があるのはここと、コロンビアのサンアグスティンぐらいです。
  ・・
博物館: 遺跡の付近に博物館があります。遺跡から出土した石材や石像など、
   興味深い遺物を見ることができます。

 
アルティプラーノの景観: チパヤ村は後述します
  ラパスからオルーロまでの道中で、
チュルパと呼ばれる積石塚古墳が見られます。
  チチカカ湖に近いシユスタニにある円柱型のチュルパが有名ですが、この地にある
  チュルパは、箱型をしています。
  
オルーロはカルナバルで有名な街。鉱山で栄えた時代、人足たちは過酷な日々の
  うっぷんをカルナバルで発散したと言われています。市内にはカルナバルの衣裳を
  売ったり貸したりする
カルナバル衣裳屋があります。
  オルーロからチパヤまでの道中、幾つかの村を通過します。アドビ(日干しレンガ)で
  作った外壁や鐘楼を持つ
トレドの墓地、チリとの国境への分岐点のワチャカヤ
  また、丘陵上の廃村には、
大きな教会の廃墟があります。
 
 
ウユニ塩湖
  ボリビア随一の観光地として人気のあるのがウユニ塩湖です。乾季には一面の
  白い大地が出現し、雨期には“鏡の湖面”が出現します。アフリカでの開催が困難と
  なった現在、ウユニ塩湖はパリ=ダカール・ラリーの終着点でもあります。
  ・・
コルチャニ村: ウユニ塩湖はもちろん、良質な塩の産地でもあり、塩湖では、
   何か所か、塩田と塩の精製が見られる場所があります。塩のお土産も買えます。
  ・・
列車の墓場: ウユニ塩湖とウユニの街からほど近い場所に、列車の墓場が
   あります。新しい観光名所として人気があります。
  ・・
インカワシ島: ウユニ塩湖の写真を見ると、サボテンの生えた緑の島の写真が
   何枚か見られます。今回、その島に“上陸”します。
  ・・
パリ=ダカール・ラリーのモニュメント: 治安の悪化によりウユニに移った
   パリ=ダカの終着点に、ピラミッド型のモニュメントと国旗台があります。
  ・・トゥヌパ山: ウユニ塩湖の北側に位置する名山。鏡の湖面に映る山容は
   人気の撮影スポットとなっています。山麓には古い村の址が残っています。
  ※トゥヌパ山の付近で、サンセットをご覧頂きます。
   長く延びる人の影や、オレンジ色に染まる周囲の空気はみもの!


 
チパヤ村

 ボリビアのラパスからウユニ塩湖に続く台地はアルティプラーノと呼ばれ、開発に
 よって追いやられた先住民が地上最後の安住の地として選んだのが、高所で荒涼と
 していて、 アルパカやリャマの放牧やキヌアの栽培ぐらいしかできない土地でした。
 チパヤ村はチリとの国境近くに点在する日干煉瓦づくりの丸い家に住まう先住民の
 村です。チパヤ村の人々は、家畜を飼い、放牧し、キヌアをつくり、自給自足の生活を
 しています。

 動物保護の観点から、先年、禁止されてしまいましたが、彼らはかつて、鎖を投げて
 コイパサ塩湖などに集まるフラミンゴを捕え、食糧していました。
 また、雑穀と家畜のミルクでおかゆのようなものを作り、食べています。

 夜になると静寂の夜空に満天の星が出現します。
 褐色の大地、青い空、そして星降る夜空・・・ ここは生活をするには過酷な土地ですが、
 もしかしたら人を寄せ付けない、ある意味、地上最後の楽園なのかも知れません。

 このコースは、チパヤ村とウユニ塩湖を観光する充実プラン。



 

推奨モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================

 本庄沙織里: 
  私が最初に頂いた仕事が、チパヤ村とウユニ塩湖の旅です。
  スペイン人や、近代化で装備したインディヘナの版図拡大から逃れ、アルティ
  プラーノの大地、しかも過酷な環境にあえて居住地を定めたチパヤの人々・・・
  排他的というか、孤高というか、過酷な環境でアイデンティティと誇りを守り続ける
  チパヤの人々を訪問。
  彼らの生活文化を垣間見、生活の場であるコイパサ塩湖も訪れます。
  旅のゴールはウユニ塩湖。往路は陸路でラパスからウユニまで走破します。
  アルティプラーノの大地にある教会や石積みの墓(チュルパ)、素朴な村など、
  車窓からさまざまな生活や祈りの文化に触れることができる旅です。
 本庄久美: 
  9日間に、ラパス、ティワナク、オルーロ、チパヤ、ウユニが詰めこまれています。
  今年は雨が少ないですが、トゥヌパ山のふもとに少しだけ、鏡の湖面が出現。
  天空の鏡があることを聞きつけ、このツアーの販売を継続することにしました。
  現地と密接につながっているからこそ、常に現地事情を発信できます!

====================================
成田空港出発〜成田空港帰着 アエロメヒコ利用
====================================
<01日目>12月30日(土)
■行程: 成田空港⇒メキシコシティ⇒リマ
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: アエロメヒコで空路、メキシコシティへ。
 AM−057 成田空港    15:25⇒メキシコシティ 12:35
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関〜受託荷物再搭載〜安全検査
※移動: アエロメヒコで空路、ペルーの首都リマへ。
 AM−018 メキシコシティ 16:55⇒リマ      23:41
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
・・移動: ご自身で空港に隣接するホテルへ。
*宿泊: ウィンダム・コスタ・デル・ソル・リマ・エアポート(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>12月31日(日)
■行程: リマ⇒ラパス
・・移動: ご自身でホテルに隣接する空港ターミナルへ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ペルビアン航空で空路、ボリビアのラパス/エルアルト空港へ。
 P9−331 リマ      05:50⇒ラパス     09:50
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: ガイドが空港にてお出迎え致します。
*昼食: ローカル・レストラン
*観光: 専用車で観光にご案内致します。
 ●
エルアルト地区: 空港の周辺に広がる新しい街を車窓からご覧頂きます。
 ○
月の谷: ラパスの奇観として紹介される、まるで月面のような風景。
 ○
ハエン通り: 植民地時代の洒落た建物が、エキゾチックな小路に並ぶ
 ○
ムリリョ広場: 植民地時代を象徴する広場。豪壮なカテドラルなどが見られます。
 ○
サガルナガ通り: リャマのこどものミイラ等、呪術の道具屋さんなどがあります。
*夕食: 
ペーニャ〜フォルクロ―レ・ディナーショー
 ◎
ペーニャ: オルーロのカルナバルの悪魔の扮装で踊る踊りは圧巻!
*宿泊: ホテル・ロサリオ(スタンダード部屋) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>01月01日(月)
■行程: ラパス→ティワナク遺跡→オルーロ
*朝食: ホテル
*観光: 世界文化遺産ティワナク遺跡を観光します。
     ティワナク遺跡は、インカに大いなる影響を与えたと言われる、独特の美しい
     建築物がたくさんあります。
 ◎
ティワナク遺跡
  
 <太陽の門>            <アカパナ>
  
 <月の門>             <半地下宮殿> 
  
 <カラササーヤ>          <巨大な石像>
*昼食: ローカル・レストラン
*移動: 専用車でオルーロに移動します。
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・エデン(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>01月02日(火)
■行程: オルーロ→チパヤ村→ウユニ
*朝食: ホテル
*移動: 専用車でオルーロからチパヤ村経由でウユニに移動します。
*観光: 道中、アルティプラーノの大地で観光をします。
 ○
チュルパ: 石積みの古墳。されこうべが見つかるかも・・・
 ○
トレド村: 伝統的な建築様式である三つの窓の鐘楼や、古い教会があります。
 ○
ワチャカヤ村: 舗装道路は、国境を越えてチリへと続いています。
*昼食: お弁当

*見学: 不毛の土地で、限られた条件下で生活する村民の暮らしを見学します。
 ○
チパヤ村: キヌアを栽培したり、家畜を放牧したり、家業を見ましょう。
  
・・到着: 夕刻〜夜、ウユニ塩原に到着。ホテルに投宿します。
*夕食: ホテル
*宿泊: 塩のホテル=ルナサラダ /または/ 町のホテル=ロス・ヒラソレス
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>01月03日(水)
■行程: ウユニ
*観賞: 
深夜〜早朝、満天の星+ご来光ツアーへ
*朝食: ホテル
*観光: 終日、ウユニ塩湖を観光します。
 ○
ウユニ塩湖: この時期は白い塩の大地になります。トリック撮影で遊ぼう!
  
 <左: 乾季に出現する塩の大地/右: 典型的な塩のホテルの内装(イメージ)>
 ★
コルチャニ村: 製塩工場やお土産市場に立ち寄ります。
 ★
列車の墓場: 鉱山鉄道でお役御免になった列車が廃棄された場所
 ★
ウユニ駅: オルーロ/アルゼンチン国境/チリ方面に向かう列車が発着
 ★
ダカール・ラリーの碑: 雨期になると崩壊し、乾季に再建される記念碑
 ★
インカワシ島: ふしぎな形のサボテンや、珊瑚のかけらが見つかるかも。
 ★
トゥヌパ山展望: ウユニ塩湖の最北端に位置する美しい山の山容を堪能。
 ★
夕日観賞ポイント: 白の大地をピンクやオレンジに染めて沈む太陽を観賞
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: 塩のホテル=ルナサラダ /または/ 町のホテル=ロス・ヒラソレス
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>01月04日(木)
■行程: ウユニ⇒ラパス⇒リマ
*朝食: ホテル
*送迎: 送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
*移動: アマゾナス航空の国内線で空路、ラパスへ。
 Z8−303 ウユニ     10:50⇒ラパス     11:35
・・手続: 機内預け荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港から昼食へ。その後、ホテルにご案内致します。
*昼食: ローカル・レストラン
・・自由: 午後、自由行動。ご希望の方はお土産ショッピングにご案内致します。
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル・ロサリオ(スタンダード部屋) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>01月05日(金)
■行程: ラパス⇒リマ⇒メキシコシティ⇒
*朝食: ホテル
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ペルビアン航空で空路、リマへ。
 P9−330 ラパス     10:29⇒リマ      13:00
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*昼食: 空港のカフェ
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: アエロメヒコで空路、メキシコシティへ。
 AM−047 リマ      16:49⇒メキシコシティ 22:10
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関〜受託荷物再搭載〜安全検査
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>01月06日(土)
■行程: ⇒メキシコシティ⇒
※移動: アエロメヒコで空路、成田空港へ。
 AM−058 メキシコシティ 00:35⇒成田空港    06:20 翌日
・・宿泊: 機内泊/国際日付変更線通過
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>01月07日(日)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



====================================

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
============================================================================


 2017年12月30日(土)成田空港出発限定
 添乗員が同行し、お世話致します。
 


<最少催行人数1名〜定員6名 添乗員が同行します>

<添乗員が同行>

人数 現地滞在費用 航空券代 合計
 1名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
 2名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
 3名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
 4名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
 5名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
 6名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
  一人部屋追加料金 お問い合わせください
 

※黄熱病の予防接種証明書の要・不要は必ずお問合せ下さい
              
●お申込期間:出発2か月前まで




ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *宿泊: 下記のホテル または同等クラスのスタンダード部屋
  ・・リマ空港: ウィンダム・コスタ・デル・ソル・リマ・エアポート(スタンダード部屋)
  ・・ラパス: ホテル・ロザリオ (スタンダード部屋) または同等
  ・・オルーロ: ホテル・エデン (スタンダード部屋) または同等
  ・・ウユニ: ホテル・ヒラソル(市内)またはホテル・ルナ・サラダ(塩湖湖畔)
 *食事: 朝食5回/昼食6回/夕食5回
 *交通: 下記の車両を利用します。
   ・・ボリビア国内: 専用車
 *航空: 日本⇔ラパス、ウユニ⇒ラパス 航空券(税・燃油代込)
 *案内: 英語を話す運転手兼ガイドがご案内致します。
 *観光: 入場箇所の入場料/拝観料
 *税金: 宿泊税/観光税
 *添乗: 添乗員の交通費/宿泊費/食費/観光同道経費/査証代/現地での通信費


●ご旅行代金に含まれないもの
 x 通信費: 現地でご利用になる通信費(電話/FAX/ネット)利用費用
 x 飲食代: 明記されない食事代/飲物代/お部屋のミニバーやルーム・サービス
 x 個人費: 洗濯代/ホテルや観光施設の有料サービス・施設使用料
 x 観光費: オプショナル・ツアー
 x 経由地: 経由地での諸経費
 x チップ: ガイドや運転手へのチップ/ホテルの枕銭
 x 渡航費: 旅券(パスポート)申請/更新/査証欄増補などの費用
 x 査証代: 査証が必要な場合の査証代


●旅券(パスポート)/査証(ビザ):
 ・・旅券(パスポート):
   ・帰国日の翌日から起算して6カ月以上の残存有効期間
   ・未使用の査証欄が左ページから連続6頁(見開き32頁)

 ・・査証: 今回のご旅行では、日本国籍のお客様は査証が不要です。
     日本以外の国籍をお持ちのお客様はご相談下さい。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ