異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
■ 中米縦断バスの旅スペシャル
2011年 中米縦断バスの旅~①~グアテマラからパナマまで■15日間■ (グアテマラ⇔ベリーズ/→ホンジュラス→エルサルバドル→ニカラグア~コスタリ カ~パナマ)
2011年 中米縦断バスの旅~②~グアテマラからニカラグアまで■10日間■ (グアテマラ⇔ベリーズ/→ホンジュラス→エルサルバドル→ニカラグア)
2011年 中米縦断バスの旅~③~ニカラグアからパナマまで■10日間■ (ニカラグア→コスタリカ→パナマ)

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2018年04月21日(土)成田空港出発
中米縦断TICA BUSの旅
③B タパチュラ~グアテマラ13日間
ティカルと周辺遺跡群&キリグア(グアテマラ)/
シュナントゥニッチ/カハル・ペチ/カラコル(ベリーズ)
成田発着 ユナイテッド航空利用
ここがポイント!


★中米縦断バスの旅 2018年ゴールデンウイーク


●陸路で国境を越えよう!●


日本人が国内でどんなに時間とお金を費やしてもできないことのひとつ!
それは陸路、国境を越えること。
その夢をかなえてくれる中米は、メキシコとコロンビアの間に位置する細長い地域です。

中米: ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、 パナマの7カ国で構成されます。 ベリーズを除く、グアテマラからパナマの6カ国は、国際バスがそれぞれの隣国の首都(一部の主要都市)間を結んでいます。

この旅はメキシコ→グアテマラ2カ国を、有名な国際バス"TICA BUS"で移動します。日本では味わうことのできない、陸路の国境越えを加味した中米の旅をお楽しみ下さ い。

このプランにはグアテマラ以南を走破するプランもございます。アレンジについてはご相談に 乗ります。 パナマ以遠、南米に抜ける手配も承ります。 パナマからコロンビア、エクアドル、ペルーへ。 さらにその先へ・・・



≪グアテマラ≫
カミナルフユ遺跡: (プライベート・ツアー)
  現在のグアテマラシティという高地に築かれたマヤ遺跡です。先古典期から
  古典期にかけて人が居住していたことが判っています。『カミナルフユ』とは、
  キチェ語で「死者の丘」または「先祖の丘」という意味で、5平方キロメートルの
  規模を持つ都市でした。住宅。神殿、ピラミッド等、あわせて200に及ぶ遺構が
  残されています。マヤ独特の石の建造物ではなく、火山灰や土が使われました。

ヤシュハ(ヤシャ)遺跡: 【マヤ遺跡: 先古典期中期初頭~古典期終末】
  ヤシュハに人が住み始めた時期は、紀元前900年頃の先古典期中期初頭
  と言われています。青/緑という意味のYAXと、水を意味するHAとを
  組み合わせ、青い水/緑の水という意味です。ヤシャとも呼ばれています。
  この遺跡の特徴としては、天体観測所が置かれて、太陽の動きが監察されて
  いたことで、様々な形をしたピラミッド等が残されています。規模の大きな
  遺跡には『ピラミッド群/宮殿/球技場/神殿が三基並んだアクロポリス/
  タルー・タブレロ様式という造出の美しいタブレロ神殿/石碑』等が残り、
  とくに赤いピラミッドと呼ばれる建造物は、この地の権威を象徴しています。

トポシュテ遺跡
  トポシュテ遺跡は、ヤシュハ(ヤシャ)遺跡の近く、ヤシャ湖に浮かぶ小島の
  上に建立されています。マヤ文明の後期に栄えたと言われており、メキシコ
  のユカタン半島のマヤパンとの関連性が指摘されています。

セイバル遺跡 CEIBAL:
  【マヤ遺跡:  先古典期中期初頭~古典期終末】
  セイバルに人が住み始めた時期は、紀元前900年頃の先古典期中期初頭
  と言われています。セイバルの編年では『レアル相』と呼ばれ、マヤ高地
  からラカントゥン水系に沿って伝わったと考えられるシェー式土器が出土。
  遺跡はパシオン川西岸の階段状の丘陵にあり、急峻な断崖が守る、天然の
  要害のような様相を呈しています。
  グループAからDまでの建造物群から構成されています。特筆されるのは
  55基が確認されている石造物です。いずれも記念碑と思われ、そのうち
  21基には保存状態のよい彫刻が残っています。家屋の痕跡である土塁の
  数により、最盛期には1万人が居住していたと言われています。
  メキシコにあるパレンケ遺跡の規模を小さくしたようなイメージです。

ワシャクトゥン遺跡: UAXACTUN
  【マヤ遺跡: 先古典期中期初頭~古典期】
  ワシャクトゥン遺跡はティカルの支配下にあった衛星都市であったと思われ、
  ティカル遺跡との関連性を物語る重要な遺跡・史跡が多数残されています。
  はじめはティカルに対抗し、争いが興り、敗北。その後はティカルに臣従し
  衛星都市になったと言います。遺跡はグループA~Eに区分されています。
  広大な遺跡の内部には『ピラミッド型神殿/マヤの碑文石/宮殿建築物群/
  傾斜壁(タルー)のある建物/球技場/祭祀場』など、貴重な建築物が残り、
  ティカルに次いで人気のある遺跡です。

アグアテカ遺跡: 【マヤ遺跡: 古典期】
  この遺跡には、マヤの住民の住居の痕跡が残っています。また、儀式を行う
  祭祀場のピラミッド、保存状態のよい戦勝を祝う石碑(ステラ)があります。
  近隣にあるドス・ピラス王朝の最後の首都であり、古典期マヤ都市を突然、
  襲った崩壊の様子が残された、まさにマヤ終焉のカギを握る遺跡と言います。
  遺跡はペテシュバトゥン湖の南端、15メートルの高さを持つ切り立った崖
  上に築かれています。首都の機構を持つ部分は、深さ50~60m、幅5~
  15mの天然の堀によって東西に分断されており、西の区画にあたる部分に
  『中央広場/神殿(ピラミッド)建造物』が、東の区画の部分には『宮殿/
  居住区』が、また王朝末期に築かれた『防禦壁』や『石碑』などがあります。

ティカル遺跡【世界文化遺産】: 
 グアテマラを代表する遺跡。紀元後300年~800年ごろ栄えた、マヤの都市遺跡です。
 密林の中に点在する巨大な神殿や付属施設など、高度な建築技術を見ることができます。
 ノース・アクロポリス、サウス・アクロポリスなど、グラン・プラサを中心に伽藍が配置され、
 巨大かつ強大な都市が建設されていたことがうかがわれます。建築技術や装飾技術など
 マヤ文明の粋が集められていますが、ある時代、衰退を迎え、放棄されました。
 ティカルのあるペテン地方は、数多くの都市遺跡が残っています。

キリグア遺跡: 
 天に向かって聳える荘厳なステラが点在する、グアテマラを代表する遺跡のひとつです。
 3世紀ごろから建設された都市遺跡です。8世紀に『嵐の賢王』という名君が統治することに
 より、隆盛が始まりました。コパンの影響を受けながら独自の文化を発展させました。
 ☆ ステラ: 新世界で最も背の高い『ステラE』、笏を持つ王が刻まれる『ステラF』
 ☆ 獣形祭壇: 4m四方の巨石に神聖なる文字や文様を刻んだ『祭壇P』
 ☆ ソォモロフォ: 自然石を利用し、文様を刻んだ獣形祭壇


≪ベリーズ≫

ユカタン半島の付け根の部分に位置する、立憲君主制国家で英連邦王国の一国です。
首都はベルモパンで、商業の中心はベリーズシティです。
美しい海岸線と、世界第二位の規模を誇るサンゴ礁に囲まれ“カリブ海の宝石”と呼ばれています。
マヤ系先住民が暮らすことでも知られ、プンタ・ゴルダを中心にマヤのコミュニティが作られています。
彼らはトウモロコシの粉を練って作ったトルティーリヤを主食とし、豆やトリを副食として食べています。
また、主に農業に従事しています。
カリブ海沿岸には難破した奴隷船から脱出した逃亡奴隷の子孫の血筋にあたるガリフナが住んでおり、その中心は、ダングリガで、彼らは漁業などで生計を立て、伝統的なアフリカ文化を保持しています。

☆歴史:
●先古典期中期: マヤ文明が栄えた地域の中で最も古い土地で、紀元前1200年頃には
 すでに都市が形成されていたことが確認されています。ベリーズ北部オレンジウォーク郡の
 オレンジウォーク市の西方5kmに位置するクエリョ Cuello 遺跡からは、楕円形の基壇を
 持つ住居跡が構成する集落遺跡が確認され、マヤ最古の土器であるスワジー式土器が
 出土しました。
●先古典期後期: 紀元前500年から紀元後100年頃は巨大な建造物が作られた時代です。
 紀元前100年頃に建立されたラマナイ遺跡では、二段の階段状基壇の上にやや小さめに
 四段の階段状基壇を載せたピラミッド型神殿(建造物N10-43)が築かれました。
●古典期: 紀元2世紀頃、当時、ユカタンに影響力を持とうとしていたテオティワカンに従属を
 決意したアルトゥンハの首長が無くなり、その墓(F8-1)にはテオティワカンに臣従する決意の
 表れとして、テオティワカンの建築様式を見ることができます。
 また、現在のカヨ州の山間に割拠していたカラコルでは、現メキシコのカンペチェにあった
 カラクムルと同盟を結び、ティカルを攻撃して勝利しました。
 ベリーズ屈指の大遺跡に挙げられるシュナントゥニッチもこの時代に築かれた神殿です。
●後古典期: ユカタン半島の内陸部や低地で次々にマヤの都市が放棄される中、現在の
 ベリーズにあったマヤ都市は変わらず、繁栄をつづけていたことが確認されています。
 交易の要衝であったこと、希少なカカオの産地であったことが繁栄の理由と思われます。
●スペイン植民地時代~現代
・・1531年(日本は享禄4年。後奈良天皇の御代。室町十二代将軍・足利家治の治世)以降、
 入植者モンテホの部下たちであるスペイン人との戦乱で、マヤ勢力の衰退が加速します。。
・・マヤ衰退後はグアテマラ総督府に編入されるも、遠隔地ゆえ、殆ど放置されていました。
・・1638年(日本は寛永15年。明正天皇の御代。江戸三代将軍・徳川家光の治世)に英国の
  武装船団が渡来。ベリーズで木の伐採などを始め、入植の既成事実を構築すしました。
  英国がベリーズを完全に支配下に置くのは1798年(日本は寛政10年。光格天皇の御代。
  江戸十一代将軍・徳川家斉の治世)、英国植民がスペイン軍を破った後のことです。
・・1862年(日本は文久2年。孝明天皇の御代。江戸十四代将軍・徳川家茂の治世)には、
  名称も“英領ホンジュラス”となりました。
・・1963年(日本は昭和38年)自治政府が置かれ、独立への体裁が整います。
・・1981年(日本は昭和56年)09月21日、独立。

<観光の見どころ>

シュナントゥニッチ遺跡
 ベリーズのサン・イグナシオの近郊にある9世紀ごろに栄えたマヤ時代の都市遺跡です。
 高さ40mに及ぶピラミッド型の神殿が残っています。ベリーズを代表するマヤ遺跡のひとつで、
 ベリーズの通貨ベリーズ・ドルの2ドル札の裏側にはこの著名な遺跡が描かれてい る。

 

カハルペッチ(Cahal Pech)遺跡  
 グアテマラと国境を接したベリーズのサン・イグナシオにある、マヤ時代の都市遺跡です。  
 紀元前3世紀~紀元後3世紀に栄えた都市と、紀元後6~8世紀の都市との複合遺跡です。
 マヤ系に属するモパン族とユカタン半島の先住民が共存していた珍しい遺跡でもあります。

 

カラコル遺跡
 カラコルとはスペイン語で『かたつむり』だが、マヤ語での遺跡名は判明していません。  
 マヤの古典期に栄えていた都市であることは間違いないでしょう。
 高さ42mの『カナァ』 と呼ばれるピラミッド型神殿を中心に、ティカルと隆盛を競った都市の 
 遺構が残されています。

 


●旅のポイント
メキシコ:
 TICA BUSは、中米だけを走っているわけではありません。今回、メキシコのチアパス州
 タパチュラからグアテマラシティまでの区間、TICA BUSを利用します。メキシコの辺境の
 街の雰囲気を体感してみましょう。


グアテマラ:
 今回、グアテマラシティでは、マヤ遺跡をご覧頂ききます。マヤ遺跡の至宝といわれる
 ティカル遺跡、キリグア遺跡のほか、ヤシャ遺跡やトポシュテ遺跡などにも立ち寄ります。
 ジャングルの中にしずかな水をたたえるペテン湖やフローレスの雰囲気をお楽しみ下さい

ホンジュラス:
 今回、グアテマラを基点に、マヤ文明を代表する遺跡の一つ、コパン遺跡を訪れます。
 日本では体験のできない国境越えをし、ジャングルの中に佇む、美しい碑文を見ます。
 また、エルサルバドルからニカラグアに行くバスはホンジュラス領内を走ります。

ベリーズ:
 今回、フローレスを基点に2泊3日のベリーズへの旅行を組み込んでいます。マヤの重要遺跡
 シュナントゥニッチ遺跡やカラコル遺跡、そしてサンイグナシオの街中に残るカハル・ペチ遺跡、
 ベリーズもまた、マヤ遺跡の宝庫です。国境の町サンイグナシオの雰囲気もお楽しみ下さい。



モデルプラン

====================================
※中米縦断バスの旅 メキシコ~グアテマラ
====================================
<01日目>04月21日(土)
■行程: 東京⇒ヒューストン⇒メキシコシティ⇒タパチュラ
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ユナイテッド航空(コードシェア便)で空路、ヒューストンへ。
 UA7936 成田空港    11:15⇒ヒューストン  09:30
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関~受託荷物再搭載~安全検査
※移動: ユナイテッド航空で空路、メキシコシティへ。
 UA1088 ヒューストン  11:55⇒メキシコシティ 14:10
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関~乗換手続~安全検査
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、チアパス州のタパチュラへ。
 AM-562 メキシコシティ 21:00⇒タパチュラ   23:05
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: タクシーまたは専用車で空港からホテルへ。
*宿泊: ホリデイイン・エクスプレス・タパチュラ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<02日目>04月22日(日)
■行程: タパチュラ→<国境>→グアテマラシティ
*朝食: ホテル(但し、時間により召し上がれない場合もあります)
*送迎: タクシーまたは専用車でホテルからTICA BUSターミナルへ。
・・手続: 乗車手続~乗車
*移動: 国際バスTICA BUS(ツーリスト)でグアテマラシティへ。
 TB-TUR タパチュラ   07:00⇒グアテマラシティ12:30
・・備考: 道中、メキシコ/グアテマラの国境越えがあります。
    入出国税がある場合、各自、お支払い頂きます。
 <国境> メキシコ出国/グアテマラ入国
*昼食: ローカル・レストラン
 ◎
カミナルフユ遺跡: (プライベート・ツアー)
  現在のグアテマラシティという高地に築かれたマヤ遺跡です。先古典期から
  古典期にかけて人が居住していたことが判っています。『カミナルフユ』とは、
  キチェ語で「死者の丘」または「先祖の丘」という意味で、5平方キロメートルの
  規模を持つ都市でした。住宅。神殿、ピラミッド等、あわせて200に及ぶ遺構が
  残されています。マヤ独特の石の建造物ではなく、火山灰や土が使われました。
*送迎: タクシーまたは専用車で空港にご案内致します。
*夕食: 空港のカフェテリア
・・手続: 搭乗手続~安全検査
*移動: 国内線で空路、フローレスへ。
 UA6647 グアテマラシティ19:31⇒フローレス   20:39
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルへ。
*宿泊: ホテル・イスラ・デ・フローレス(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<03日目>04月23日(月)
■行程: フローレス→<国境>→サン・イグナシオ
*朝食: ホテル
*移動: 専用車で隣国ベリーズの国境の町サン・イグナシオに向かいます。
・・備考: 道中、グアテマラ/ベリーズの国境越えがあります。
    入出国税がある場合、各自、お支払い頂きます。
 <国境> グアテマラ出国/ベリーズ入国
*観光: 下記の遺跡を訪れ、観光します。
 ◎
シュナントゥニッチ遺跡: 9世紀ごろに栄えたマヤの大都市遺跡のひとつ。
 ◎
カハルペッチ遺跡: サンイグナシオの町はずれにある小規模なマヤ遺跡。
*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル

*宿泊: カハルペッチ・ビレッジ・リゾート (スタンダード部屋) または同等
------------------------------------
<04日目>04月24日(月)
■行程: サン・イグナシオ
*朝食: ホテル
*観光: 終日、ベリーズを代表するマヤ遺跡のひとつ、カラコル遺跡を観光します。
 ◎
カラコル遺跡: ジャングルの中にひっそりとたたずむマヤ遺跡。
*昼食: お弁当 
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル

*宿泊: カハルペッチ・ビレッジ・リゾート (スタンダード部屋) または同等
------------------------------------
<05日目>04月25日(火)
■行程: サン・イグナシオ→<国境>→フローレス
*朝食: ホテル
*移動: 専用車でグアテマラのフローレスに戻ります。
・・備考: 道中、ベリーズ/グアテマラの国境越えがあります。
    入出国税がある場合、各自、お支払い頂きます。
 <国境> ベリーズ出国/グアテマラ入国
*観光: 下記の遺跡を訪れ、観光します。
 ◎
ヤシュハ(ヤシャ)遺跡: 【マヤ遺跡: 先古典期中期初頭~古典期終末】
 ◎
トポシュテ遺跡: 
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル・イスラ・デ・フローレス(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<06日目>04月26日(木)
■行程: フローレス
*朝食: ホテル
*観光: 終日、トルテカ文化の影響を色濃く残すセイバル遺跡を観光します。
 ◎
セイバル遺跡: 【マヤ遺跡: 先古典期中期初頭~古典期終末】
*昼食: お弁当(予定)
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル・イスラ・デ・フローレス(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<07日目>04月27日(金)
■行程: フローレス
*朝食: ホテル
*観光: 終日、ティカルの支配下で繁栄したワシャクトゥンの遺跡を観光。
 ◎
ワシャクトゥン遺跡: 【マヤ遺跡: 先古典期中期初頭~古典期】
*昼食: お弁当(予定)
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル・イスラ・デ・フローレス(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<08日目>04月28日(土)
■行程: フローレス
*朝食: ホテル
*観光: 終日、マヤ文明の終焉の謎のカギを握るというアグアテカ遺跡を観光。
 ◎
アグアテカ遺跡: 【マヤ遺跡: 古典期】
*昼食: お弁当(予定)
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル・イスラ・デ・フローレス(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<09日目>04月29日(日)
■行程: フローレス
*朝食: ホテル
*観光: 終日、ティカル遺跡を観光します。
 ◎
ティカル遺跡: ペテンのジャングルに眠るマヤを代表する遺跡 
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル・イスラ・デ・フローレス(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<10日目>04月30日(月)
■行程: フローレス⇒グアテマラシティ
*朝食: ホテル
‥自由: 終日、自由行動(ホテルのお部屋は出発までご利用頂けます)
*送迎: 観光終了後、空港にご案内致します。
*夕食: 空港のカフェテリア
・・手続: 搭乗手続~安全検査
※移動: 国内線で空路、グアテマラシティへ。
 UA6644 フローレス   21:09⇒グアテマラシティ22:13
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: シャトルで空港からホテルへ。
*宿泊: ベストウエスタン・プラス・ストフェージャ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<11日目>05月01日(火)
■行程: グアテマラシティ→キリグア遺跡→グアテマラシティ
*朝食: ホテル(但し、時間により召し上がれないケースもございます)
*観光: 専用車でキリグア遺跡を訪れ、観光します。
 ◎
キリグア遺跡: 重要な碑文を刻んだ背高いステラが圧巻です
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ベストウエスタン・プラス・ストフェージャ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<12日目>05月02日(水)
■行程: グアテマラシティ⇒ヒューストン⇒
*朝食: ホテル(但し、時間により召し上がれない場合がございます)
*送迎: シャトルバスまたは混載車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ユナイテッド航空で空路、ヒューストンへ。
 UA1901 グアテマラシティ06:00⇒ヒューストン  10:05
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関~受託荷物再搭載~安全検査
※移動: ユナイテッド航空で空路、成田空港へ。
 UA7937 ヒューストン  11:30⇒成田空港    15:20 翌日
・・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<13日目>05月03日(木)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国
------------------------------------


====================================


========================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 

 2018年04月21日(土)成田空港出発
 ご希望により添乗員が同行または合流し、お世話致します。



<最少催行人数:  1名様>


★添乗員合流★

 ◆2018年04月21日(土)出発
人数 現地滞在費用 航空券代 合計
 1名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 2名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 3名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 4名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 5名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 6名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 7名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 8名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 9名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
10名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問い合わせ下さい


●お申込期間:出発1か月前までにお申し込みください



●現地滞在費用には下記のものが含まれます
 *国際バス切符: TICA BUS 切符代
   ・・タパチュラ→グアテマラシティ
 *混載車: 
   ・・グアテマラシティ空港⇔グアテマラシティのホテル 混載車(7~8日目)
 *タクシーまたは専用車: 
   ・・タパチュラ空港→タパチュラのホテル→タパチュラTICA BUSターミナル
   ・・TICA BUSターミナル→グアテマラシティのホテル→グアテマラシティ空港
 *飛行機:
   ・・成田空港⇒タパチュラ/グアテマラシティ⇒成田空港 (諸税/燃油サーチャージを含む)
   ・・グアテマラシティ⇔フローレス (諸税/燃油サーチャージを含む)
 *観光費: 観光に必要なガイド代・入場料/拝観料
   ・・02日目:  カミナルフユ遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・03日目:  シュナントゥニッチ遺跡&カハル・ペチ遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・04日目:  カラコル遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・05日目:  ヤシャ遺跡&トポシュテ遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・06日目:  セイバル遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・07日目:  ワシャクトゥン遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・08日目:  アグアテカ遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・09日目:  ティカル遺跡観光(プライベート・ツアー)
   ・・11日目:  キリグア遺跡観光(プライベート・ツアー)
 *食事費用: 朝食11回/昼食9回/夕食10回
 *宿泊費用: 下記の宿泊施設 または 同等クラスの宿泊施設
   ・・タパチュラ1泊: ホリデイイン・エクスプレス・タパチュラ(スタンダード部屋)または同等
   ・・フローレス6泊: ホテル・イスラ・デ・フローレス(スタンダード部屋)または同等
   ・・サン・イグナシオ2泊: カハルペッチ・ビレッジ・リゾート(スタンダード部屋)または同等
   ・・グアテマラシティ2泊: ベストウエスタン・プラス・ストフェージャ(スタンダード部屋)
 *観光付加価値税
   ・・宿泊税
   ・・観光税

 <現地滞在費用に含まれないもの:>
 x 個人費:  ・・現地でご利用になる電話/FAX/ネットなどの通信費
        ・・洗濯代/有料アクティビティ/有料施設使用料などホテル諸経費
        ・・お飲物/明記されないお食事
        ・・チップ(ガイド、運転手、ホテルの枕銭)
        ・・入出国費用(各国5~10ドル相当の入出国税をご用意下さい)


●旅券(パスポート)/査証(ビザ):
 ・・旅券:  帰国時に6カ月以上の残存有効期間+未使用の査証欄4頁以上
 ・・査証:  日本国籍のお客様は、今回のご旅行に査証は必要ありません。
      日本国籍以外のお客様は、ご相談下さい。

 ・・ESTA(米国電子渡航認証)・・・下記の情報は重要です。必ずお読みください。
 上記の条件を満たす現行の旅券(パスポート)で、2年以内に登録した方は今回不要です。
 必要な場合、ウェブサイトのフォームから入力し、クレジットカードで決済されます。
 認証代はUS$14.00/当店のお手伝いが必要な場合、2,700円の手数料がかかります。

国土安全保障省(DHS)がビザ免除プログラムでの更なる渡航制限を発表
 (2016年2月18日)
国土安全保障省(DHS)は、2015年ビザ免除プログラムの改定及びテロリスト渡航防止法の
施行を続けるにあたり、2011年3月1日以降に該当国へ渡航歴がある旅行者に対するビザ免除プログラム渡航制限で、更にリビア、ソマリア、イエメンの3ヶ国を該当国として追加すると発表しました。 2011年3月1日以降に上記該当国へ渡航歴がある旅行者は、渡米前に米国ビザを取得する必要があります。


☆i
2016年01月21日、アメリカ合衆国は、ビザ免除プログラム(ESTA)の改定及びテロリスト渡航防止法の施行を開始しました。この結果、下記に該当する渡航者は、ESTAを利用して渡米することができなくなりました。アメリカ合衆国で乗り継いで中南米やカリブ海に行く際も同様です。
 ◇改定内容
  1. ESTA参加国の国籍保持者で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、
    シリアに渡航または滞在したことがある(ESTA参加国の軍事または外交目的
    による渡航歴に対しては、限られた例外があるとされます)。
  2. ESTA参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダン、シリアのいずれかの国籍を
    有する二重国籍者
  ◇ご確認ください
  1.2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリアへの渡航歴があるか。
  2.上記四カ国への渡航歴がある方は
アメリカ合衆国のビザを取得する必要があります。
  ★当店ではアメリカ査証取得のための手続きを致します。お問合せください。

●予防接種:
 ・・黄熱:  予防接種ならびに予防接種証明書の携行は必要ございません。
 ・・他の感染症に関しましても、とくに義務づけられている予防接種/予防薬服用は
  ございません。



  


電話でのお問合せは・・・080-5028-6007まで

▲TOPへ