異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
■ 中米縦断バスの旅スペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
2011年 中米縦断バスの旅〜@〜
グアテマラからパナマまで■15日間■ 
ここがポイント!

 

★中米縦断バスの旅 <大幅リニューアル>★


●陸路で国境を越えよう!●


日本人が国内でどんなに時間とお金を費やしてもできないことのひとつ! それは陸路、国境を越えること。 その夢をかなえてくれるプラン 中米はメキシコとコロンビアの間に位置する細長い地域です。

ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、 パナマの7カ国で構成されます。 ベリーズを除く、グアテマラからパナマの6カ国は、国際バスがそれぞれの隣国の首 都間を結んでいます。

この旅では、エルサルバドル→ニカラグア→コスタリカ→パナマの4カ国を、有名な 国際バス『TICABUS』で移動します。
日本では味わうことのできない、陸路の国境越えを加味した中米の旅をお楽しみ下さ い。

このプランを前半、後半に分けたプランもございます。アレンジについてはご相談に 乗ります。 パナマ以遠、南米に抜ける手配も承ります。 パナマからコロンビア、エクアドル、ペルーへ。 さらにその先へ・・・

●旅のポイント

グアテマラ : ティカル遺跡、キリグア遺跡

ベリーズ : サン・イグナシオ、カルペチ遺跡、シュナントゥニッチ遺跡

ホンジュラス : コパン遺跡

エルサルバドル : タスマル遺跡、サン・アンドレスの遺跡、ホヤデセレン遺跡

ニカラグア : オメテペ島、古都レオン、レオン・ビエホ

コスタリカ : ケツァール観察、イラズ火山、古都カルタゴ、丸い石

パナマ : サンロレンソ、ポルトベーロ、チャグレス国立公園、パナマ運河鉄道
       パナマ運河、パナマシティ、カスコ・アンティグオ、パナマ・ビエホ


<写真:チカブース(イメージ)>
<写真:上左 グアテマラ ティカル遺跡/上右 ティカール(イメージ)>


モデルプラン

==================================== <0<1日目>(金土日月) 成田空港⇒(経由地)⇒グアテマラシティ
※移動: 空路、米国経由でグアテマラシティへ。
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*宿泊: 3★クラスのホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>(土日月火) グアテマラシティ⇒フローレス
*朝食: ホテル(時間によります) または 空港のスナックでパン&お茶類
【行楽: 終日、ティカル遺跡ツアー(往復、飛行機を利用します)】
*送迎: ホテルのシャトルでホテルから空港へ。
*移動: 国内線で空路、フローレスへ。
*出迎: 現地のガイドがフローレス空港にてお出迎え致します。
*観光: 
ティカル遺跡を観光します。    
 
◆ティカル遺跡【世界文化遺産】:    
  グアテマラを代表する遺跡で世界文化遺産に登録されている。
   紀元後300年〜800年ごろに栄えた、マヤ文化の都市遺跡。
   密林の中に点在するみごとなピラミッドや神殿建築があまりに有名。
*昼食: ローカル・レストラン または ホテルの食堂
*夕食: ホテル
*宿泊: ハグアル・イン または同等

<写真:ティカル遺跡>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>(日月火水) フローレス⇔(国境)⇔ベリーズ/⇒グアテマラシティ
*朝食: ホテル
*観光: 
終日、隣国ベリーズの観光   
  ◆
国境の街サン・イグナシオ
     国境を越えると、ベリーズ側の国境の街サン・イグナシオです。
     英語とスペイン語が飛び交うエキゾチックな街をご覧頂きます。  
  ◆
カルペチ遺跡:    
     紀元前3世紀〜紀元後3世紀の都市と紀元後6〜8世紀の都市との
     複合遺跡で、マヤ系モパン族とユカタン先住民の共存遺跡でもある。
  ◆
シュナントゥニッチ遺跡:  
     9世紀ごろに栄えた都市の遺跡で、高さ40mのピラミッドが残る
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 観光終了後、フローレス空港にお送り致します。
*夕食: 空港のカフェで軽いお夕食
*移動: 国内線で空路、グアテマラ市へ。  TA7973 フローレス 
*送迎: ホテルのシャトルで空港からホテルへ。
*宿泊: 3★クラスのホテル

<写真:ベリーズ シュナントゥニッチ遺跡>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>(月火水木) グアテマラシティ→キリグア→(国境)→コパン
*朝食: ホテル(時間によります) または ローカル・レストラン
*移動: 専用車で観光をしながら、隣国ホンジュラスのコパンに向かいます。
*観光: 
キリグア遺跡を観光します。  
   ◆
キリグア遺跡【世界文化遺産】:  
     3世紀ごろから建設された都市遺跡で、8世紀に『嵐の賢王』という 名君により、
     隆盛が始まる。コパンの影響を受けながら独自の文化を発展させた。
     林立する碑文がみごと。世界文化遺産に登録されている。
<国境: グアテマラを出国→ホンジュラスに入国>
*昼食: 道中のローカル・レストラン
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: 3★クラスのホテル

<写真:グアテマラ キリグア遺跡>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>(火水木金) コパン→(国境)→ホヤデセレンなど→サンサルバドル
*朝食: ホテル(時間によります) または ローカル・レストラン
*観光: 
コパン遺跡を観光します。   
   ◆
コパン遺跡【世界文化遺産】:   
     8世紀ごろ隆盛期を迎えた、ティカル、キリグアと並ぶマヤの遺跡。
     コパンの神官が1年を365.2420日と算出し、その天文学の高水準をうかがい知ることができる。世界文化遺産に登録されている。
*移動: 専用車で観光をしながら、エルサルバドルの首都サンサルバドルへ。
*観光: 
エルサルバドルの三大遺跡を観光します。  
   ◆
タスマル遺跡:    
     紀元前12世紀から紀元前5世紀ごろに栄えたチャルチュアパ文化の中心地
     と思われる遺跡。ピラミッドが建つ。
   ◆
サン・アンドレス遺跡:   
     8世紀ごろから栄えたと思われる都市遺跡。文献はもちろん、碑文すらないので、
     都市の名称も不明の謎の遺跡。 マヤ文化によく似た特徴を持つが、詳細は不明。    ◆
ホヤデセレン遺跡【世界文化遺産】: 
     紀元後3世紀ごろから栄えた農業都市の遺跡。
     火山の噴火によって火山灰が降り注ぎ、都市全体が覆われてしまった。
     そのため保存状態がよく、世界文化遺産に登録された。
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: 3★クラスのホテル
  
<写真:左 ホンデュラス コパン遺跡/右 エルサルバドル サン・アンドレス遺跡>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>(水木金土) サンサルバドル→(国境)→マナグア
*送迎: 現地係員がホテルからバス・ターミナルにご案内致します。
*朝食: バスに乗る前にパンなどを調達致します。
*移動: 中米縦断国際バス『チカ・ブース』でニカラグアの首都マナグアへ。  
    チカ・ブース サンサルバドル 06:00→マナグア    17:00
*送迎: 現地係員がバス・ターミナルにてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: 3★クラスのホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>(木金土日) マナグア→〜オメテペ島〜→マナグア
*朝食: ホテル または 朝食お弁当BOX
*観光: 
終日、オメテペ島/謎の石像見学ツアー(リバス、サン・ホルヘ経由)
   ◆
謎の石像のあるオメテペ島とニカラグア湖:  
      ニカラグア湖に浮かぶ面積276uの島。湖に浮かぶ島では世界最大。
      1,610mのコンセプシオン火山、1,394mのマデラス火山が象徴。
      岩石彫刻や謎の石像が存在し、歴史のロマンを感じられる。
*昼食: オメテペ島のローカル・レストラン
*夕食: 道中のローカル・レストラン
*宿泊: 3★クラスのホテル
 
<写真:左 オメテペ島/右 謎の石像>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>(金土日月) マナグア→レオン→レオン・ビエホ→マナグア
*朝食: ホテル または 朝食お弁当BOX
*観光: 
終日、古都レオンと世界文化遺産レオン・ビエホを観光   
   ◆
古都レオン:  
      1851年にマナグアに遷都されるまで、200年以上にわたってニカラグアの
      首都であった都市。カテドラル、レコレクシオン教会そしてカルバリオ教会など、
      すぐれた寺院建築で有名。  
   ◆
レオン・ビエホ【世界文化遺産】:   
      1524年にスペイン人の入植した都市の遺跡。モモトンボ火山の噴火や、
      地震によって破壊され、廃墟になってしまった。火山灰に埋もれた貴重な遺跡
      が発見され、世界文化遺産に登録された。
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: 3★クラスのホテル

<写真:ニカラグア レオン・ビエホ>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>(土日月火) マナグア→(国境)→サンホセ
*送迎: 現地係員がホテルからバス・ターミナルにご案内致します。
*朝食: バスに乗る前にパンなどを調達致します。
*移動: 中米縦断国際バス『チカ・ブース』でコスタリカの首都サンホセへ。
   チカ・ブース マナグア    06:00⇒サンホセ    16:00
*送迎: 現地係員がバス・ターミナルからホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: 3★クラスのホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<10日目>(日月火水) サンホセ→
*朝食: ホテル
*観光: 
【専用車】ケツァール+イラズ火山+古都カルタゴ+サンホセ観光  
   =コスタリカでは、しばし、中米の自然美をお楽しみ下さい♪=     
    ◆
ケツァール:   
       コスタリカのみならず、中米を象徴する美しい鳥。緑色の体色を持ち、
       嘴は黄色、胸部は赤色。たいへん美しい鳥で、バードウオッチャーの垂涎の鳥。
       熱帯雲霧林に棲む。  
    ◆
イラズ火山:  
       標高3,431mのイラズ火山の火口に広がるカルデラ湖を訪問。
       よく晴れた日には、太平洋とカリブ海の両方を見ることができる。
       絵画の地獄のような火山と、段々畑が不思議な風景を見せてくれる。  
    ◆
古都カルタゴ:  
       1563年建設のコスタリカ最古の都市。1823年にサンホセに遷都される
       まで栄えた。この街にはロス・アンヘレス大聖堂があり、奇跡を起こすといわ
       れる守護聖母『黒いマリア様』はとくに有名。
    ◆
サンホセ(ミニ観光):   
       市場を観光の予定。博物館が空いていれば、中庭にご案内致します。
        中庭に点在する丸い石は、先住民の墓標ではないかといわれている。
        オサ半島周辺に多くみられる丸い石は、ほとんど完璧な球体!
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン
*送迎: 夕食終了後、バス・ターミナルにご案内致します。
*移動: 中米縦断国際バス『チカ・ブース』でパナマの首都パナマシティへ。
   チカ・ブース サンホセ    22:00⇒パナマシティ  14:00 翌日  
・宿泊: 車中泊

<写真:左 イラス火山/右 カルタゴ ロス・アンヘレス大聖堂>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<11日目>(月火水木) →(国境)→パナマシティ
*朝食: (道中)途中の休憩時にパンなどを調達します。
*昼食: (道中)途中の休憩時に軽食を調達します。 ・到着
*送迎: 現地係員がバス・ターミナルにてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: 3★クラスのホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<12日目>(火水木金) パナマシティ→カリブ海沿岸→パナマシティ
*朝食: ホテル
*観光: 
サンロレンソ+ポルトベーロ+チャグレス国立公園   
   ☆往路 または 復路、パナマ運河鉄道を利用します。  
    ◆
サンロレンソ【世界文化遺産】:   
       カリブ海側の都市コロンから運河を挟んだ反対側の岬に位置する要塞。
       1597年から3年ほどかけて建設された堅固な要塞で、英国の海賊
        ヘンリー・モーガンなどと激しい攻防戦を繰り広げた。世界文化遺産。
    ◆
ポルトベーロ【世界文化遺産】:   
       コロンブスの四度目の航海の寄港地として知られる。大航海時代には
       ペルーなどから集められた黄金をはじめ、金銀財宝がこの地から欧州  
       に運ばれた。建造物群はサンロレンソとともに世界文化遺産に登録。
    ◆
チャグレス国立公園:  
       衣食住の衣は腰蓑のみ、食は自給自足、住は質素な木の家という生活
        文化を守るエンベラ族の集落にお邪魔します。最小限の生活とは?
        物資にあふれた我々にはとても新鮮に感じられることでしょう。
    ◆
パナマ運河鉄道:  
       往路、もしくは復路、パナマ運河鉄道を利用する予定です。パナマ市、
       コロンを結ぶ鉄道は太平洋側とカリブ海側とを一時間ほどで結びます。
       いまやパナマ観光の目玉のひとつ。
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ホテル ローカル・レストラン
*宿泊: 3★クラスのホテル

<写真:左 パナマ サン・ロレンソ/右 ポルトベーロ>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<13日目>(水木金土) パナマシティ⇒ヒューストン
*朝食: ホテル
*観光: 
パナマ運河+パナマシティ+カスコ・アンティグオ+パナマ・ビエホ
    ◆
パナマ運河(ミラフローレス閘門):  
       パナマ運河は船舶にとって、太平洋側とカリブ海側とを結ぶ重要な水路。
       1903年から10年かかって建設されたパナマ運河には、水位を変える3か所
       の閘門があります。ミラフローレスは特に有名。
    ◆
パナマシティ(車窓)
       車窓からパナマシティをご覧頂きます。近代的な高層ビルが立ち並ぶ
       まさに発展・進化しつつある都市です。一方、旧市街周辺には貧しい
       人々の住まう地区があり、コントラストを感じさせます。
    ◆
カスコ・アンティグオ【世界文化遺産】:  
       スペイン人のパナマ入植後、長らく都であったパナマ・ビエホが海賊 襲撃により
       陥落、その後、建設された都。カテドラル、サンホセ教会、パナマ政庁など、
       古い建物が立ち並んでいる。
    ◆
パナマ・ビエホ【世界文化遺産】
       スペインによって1519年に建設された、太平洋側における最初の都市。
       その後1671年に英国の海賊ヘンリー・モーガンにより陥落。居住地、教会
       を中心としたエリア、海防の址、すべて廃墟として残る。
*送迎: 観光終了後、空港にご案内致します。
*昼食: 空港のスナックにて
 
<写真:左 パナマ・ビエホ/右 カスコ・アンティグオ>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<14日目>(木金土日) ヒューストン⇒ 成田空港 
<機中泊>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<15日目>(金土日月) ⇒成田空港 ・帰国



============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 毎週金、土、日、月曜日出発

 <最少催行人数 :1名で催行>添乗員付き
 
 
人数 現地発着代金 航空券代 合計
1名様参加 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
2〜6名様参加
一人部屋追加料金
※添乗員付きの料金です。


●お申込期間:出発2週間前まで

●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *チカブース切符代
 *明記された宿泊施設
 *明記された食事
 *明記された送迎<*送迎>と記載の箇所
 *明記された観光<*観光>と記載の箇所
 *添乗員の日本からの航空券、日当、諸経費など

●現地発着料金に含まれないもの
 *国際線航空券
 *航空券の他に別途徴収される税・料金(燃油付加料金など)
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物/オプショナルツアー)

  

 

電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ