異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】               
■ イースター島スペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ レギュラーコース
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
≪添乗員合流予定≫
2017年ゴールデンウイーク特集
2017年04月29日(土) 成田空港発着

チリいいとこどりの旅シリーズ @
アタカマ高地とイースター島 9日間
往路/復路ともラタム航空指定便を利用します。
ここがポイント!

★アタカマ高地とイースター島★

  
 ・・・いいとこどりスペシャル・・・

 
=早い者勝ち!売切れ御免、お早めに!=








アタカマ高地


ボリビアのウユニ塩湖に行かれた方は、一度はアタカマ高地の名を耳にされたのでは?
『ウユニ塩湖からサン・ペドロ・デ・アタカマに車で抜けることができるよ』 とか、
『間欠泉や、雪山の麓の青い湖や、月の谷があるよ』 とか、
旅情を高めるに充分な情報が、観光客あるいはガイドから入ったこともあるのでは?
そう、ウユニ塩湖から国境を越えたチリ側には、ウユニに勝るとも劣らない景勝地がいくつもあるのです。
今回の旅では、そのアタカマ高地を訪れます。
地上で最も星がきれいに見えるとか、世界で二番目に広い塩湖とか、世界でご種類しかいないフラミンゴのうち三種類が生息しているとか、世界最高所の間欠泉とか、アドビで造られた家々が並ぶ先住民の村があるとか、実に多種多様なみどころが点在しています。
探勝の基地となるのは、標高2436mの高地に位置する高原の街サン・ペドロ・デ・アタカマ。
この街を基点に、絶景の宝庫、アタカマ高地を旅してみませんか?

サン・ペドロ・デ・アタカマは、チリ最古の街と言われ、先住民のアタカメーニョ族が住みついて街を作ったのが草創期であると言われています。
スペイン人ペドロ・デ・バルディビアがこの地に辿りついたのは1540年。日本では天文9年、後奈良天皇の御代で、室町幕府十二代将軍・足利義晴の治世。武田信玄が父の信虎を追放し、甲斐の国主になる一年前です。
この街はこじんまりとしており、一時間もあれば、散策できてしまうほど。
しかしこの街を出てアタカマ高地に出れば、そこには絶景につぐ絶景が待っています。

<観光の見どころ>

アタカマ砂漠の絶景たち

月の谷
 隣国ボリビアのラパス市内にも、同じような名前の景勝地がありますが、
 チリのアタカマにも、それに負けない、非常に壮観な月の谷があります。
 この旅では夕陽が沈む時期を見計らい、月の谷を訪れます。砂丘の上から
 広大なアタカマの台地の眺望をお楽しみ頂きます。トレスマリア(三人の
 マリア様)と呼ばれる奇岩怪石を見たあとは、奇岩怪石と砂丘が織りなす
 絶景を眺めます。夕陽が沈む時間になると、周囲はピンク色に彩られて、
 幻想的な風景が目の前に広がります。この景観が楽しみでリピートをする
 観光客も少なくないと言われ、アタカマの絶景のひとつに数えられます。

アタカマ塩湖: 隣国ボリビアのウユニ塩湖とは、違った魅力があります。
 水をたたえた場所は少なくて、ほとんどが岩塩でできており、塩の大地が
 広がっています。この塩湖は、世界第二位で、ピンクや茶色をしています。

アタカマ塩原: 古代には海底だったことがわかっている、アタカマ塩原。
 海の底だった時代には、どのような生物が住んでいたのでしょう?そんな
 ことを考えながら、多角形の乾いた大地を歩いてみるのも一興です。

トコナオ村: サン・ペドロ・デ・アタカマの南40kmにある先住民の村。
 標高2475mの高原の村に、先住民が550人ほど住んでいる静かな村。
 建材を扱う石材屋さん、リンゴ農園、サン・ルーカス教会などがあります。

ソカイレ村: アドビ(日干煉瓦)と泥の建物が印象的な、先住民の村です。
 南米アンデスの高地でよく見かけるアドビ造りの教会があります(参拝は
 不可)が、ここの教会の屋根は茅葺き屋根です。美しい鐘楼も印象的。

ミスカンティ湖: 野生のビクーニャの住む標高4000mを超える高地。
 その高地に青い水をたたえ、5622mのミスカンティ山の麓に横たわる
 美しい湖にはフアンも多く、何度もツアーに参加する方もおられるとか。

ミニケス湖: ミニケス湖はミスカンティ湖の南に位置する美しい、小さな
 湖。小さいというだけで、その景観の素晴らしさはミスカンティ湖に勝る
 とも劣らないと評判です。荒涼とした大地と湖は、美しい対比を見せます。

チャクサ湖: チャクサ湖を有名にしているのは、フラミンゴのコロニー。
 世界に五種類いるフラミンゴの三種類がここにいます。周囲はフラミンゴ
 保護のため自然保護区に指定されています。双眼鏡を持っていくとベスト。

タティオ間欠泉: サン・ペドロ・デ・アタカマから50kmほど北にある
 世界最高所(標高4500m)の間欠泉です。砂漠の大地から、水蒸気を
 噴き上げる景観はアタカマの絶景のひとつに数えられ、フアンも多いです。



イースター島

店長は小学校6年生のとき、ふと立ち寄った書店で一冊の本を手にしました。
森本哲郎さんの著書で、イースター島の紀行文が躍動感あふれる文体で書かれており、まだ12歳だった私に、イースター島への憧れを植え付けました。
写真がふんだんに挿しこまれたその本を読む度に、次第にイースター島の持つ魔力に引き寄せられている自分に気がつきました。
アクアク −日本語で言えば、御霊− イースター島が世界の中心であると信じていた島民に、あるときは荒ぶる神として畏怖され、あるときは霊験あらたかな御霊として祀られたアクアクが自分を呼んでいるのでは? そう思うようになりました。

そのアクアクにひかれてこの島を訪れた人は、島の謎に触れ、激動の歴史を知り、ますますイースター島という存在そのものにのめりこんでゆく、といわれています。

イースター島で少しでも時間がとれれば、街歩きを楽しまれてはいかがでしょうか?
島民の暮らしを、垣間見ることができるかもしれません。
ハンガロアの村を歩いて、遠い昔のポリネシア大航海時代に思いを馳せてみましょう。
ハンガロアの村はずれには、モアイや遺跡・史跡があります。
地図をたよりに、歩いてみませんか?


<観光の見どころ>
半日観光@: アフ・ビナプ、プナパオ、アフ・アキビ、アナ・テパフ
終日観光: バイフ、アカハンガ、トンガリキ、ラノララク、テピトクラ、アナケナ
半日観光A: ラノ・カオ、オロンゴ、鳥人儀礼の3つの岩礁、アフ・タハイ

============================================================================


====================================
<01日目>04月29日(土)
■行程: 成田空港⇒ロサンゼルス⇒
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜出国〜搭乗
※移動: ラタム航空とJALのコードシェア便で空路、ロサンゼルスへ。
 LA8352 成田空港    17:25⇒ロサンゼルス  11:20
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関〜預け荷物再搭載〜安全検査〜搭乗
※移動: ラタム航空で空路、チリの首都サンチアゴへ。
 LA−603 ロサンゼルス  16:15⇒サンチアゴ   07:00翌
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>04月30日(日)
■行程: ⇒サンチアゴ⇒カラマ→サンペドロ・デ・アタカマ
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関〜国内線搭乗手続〜安全検査〜搭乗
*誘導: 現地係員が、国内線チェックインの場所にご誘導致します。
※移動: ラタム航空で空路、カラマヘ。
 LA−340 サンチアゴ   12:00⇒カラマ     14:10
・・手続: 機内預け荷物引取を済ませ、出口へ。
*出迎: 運転手が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
*観光: 
月の谷ツアー
    (専用車/英語運転手兼ガイド/15:30出迎)
 ○
トレス・マリア: 3人のマリア様という名前の奇岩怪石で、月の谷の象徴
 ○
アタカマ砂丘: 月の谷の奇岩怪石と静かな砂丘がつくり出す風景は絶景
 ○
夕陽観賞: 周囲をピンク、そしてバラ色に染めて沈む夕陽は感動もの!
*夕食: ホテル
*宿泊: カサ・デ・ドン・トーマス(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>05月01日(月)
■行程: サンペドロ・デ・アタカマ
*朝食: ホテル
*観光: 
終日アタカマ塩湖/トコナオ村/ミスカンティー湖/ミニケス湖ツアー
     (混載ツアー/英語運転手兼ガイド/08:00出迎)
 ○
アタカマ塩湖: ピンクにも茶色にも見える塩の大地が広がっている塩湖
 ○
アタカマ塩原: 太古は海の底であったことを考えながら歩くと感慨無量
 ○
トコナオ村: 建材の石やリンゴ農園、古色蒼然とした教会のある先住民の村
 ○
ソカイレ村: 古い家並みとアドビ造りで茅葺き屋根の教会がある先住民の村
 ○
ミスカンティ湖: 標高4200m。雪山ミスカンティ山の姿とあいまって絶景!
 ○
ミニケス湖: ミスカンティ湖の近くにある、小さいながら美しい高原の湖
 ○
チャクサ湖: 有名なフラミンゴのコロニーはここ。周囲は自然保護区です。
*昼食: ミスカンティー湖からチャクサ湖へ戻る途中のレストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: カサ・デ・ドン・トーマス(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>05月02日(火)
■行程: サンペドロ・デ・アタカマ→カラマ⇒サンチアゴ
*朝食: ホテル
*観光: 
半日、タティオ間欠泉ツアー
 ○
タティオ間欠泉: アタカマ高地の絶景のひとつで、世界最高所の間欠泉
    (混載ツアー/英語運転手兼ガイド/04:00出迎)
*送迎: 混載車でカラマ空港にお送り致します。
    (混載車はスペイン語の運転手が運転します)
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: ラタム航空で空路、サンチアゴへ。
 LA−153 カラマ     18:10⇒サンチアゴ   21:10
・・手続: 機内預け荷物引取を済ませ、出口へ。
・・移動: ご自身で空港ターミナルに隣接するホテルへ。
*宿泊: ホリデイイン・アエロプエルト(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>05月03日(水)
■行程: サンチアゴ⇒イースター島
・・送迎: ご自身ででホテルから空港ターミナルへ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: ラタム航空で空路、イースター島へ。
 LA−841 サンチアゴ   09:00⇒イースター島  12:35
・・手続: 機内預け荷物引取を済ませ、ツアーデスクへ。入島料US$65支払
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルにご案内致します。
☆昼食: オプションでホテルでの昼食をおつけすることが可能です。
*観光: 専用車と日本語ガイドがご案内する半日島内観光(その1)
 ◎
アフ・ビナプ・・・インカに似た石組みや女性のモアイ?など  
 ◎
プナパオ・・・モアイの頭に載っていた髷?の石切り場
 ◎
アフ・アキビ・・・海に向かって建立された7体のモアイ
 ◎
アナ・テパフ・・・イースター島最大の洞窟
  
 <写真:左 アフ・ヴィナプ/右 アフ・アキヴィ>
☆夕食: オプションでホテルでの夕食をおつけすることが可能です。
*宿泊: ホテル・マヌタラ/ホテル・ゴメロ(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>05月04日(木)
■行程: イースター島
*朝食: ホテル
*観光: 専用車と日本語ガイドがご案内する終日島内観光
 ◎
バイフ・・・倒れたままのモアイがあります。
 ◎
アカハンガ・・・倒れたままのモアイがあります。
 ◎
アフ・トンガリキ・・・日本の技術で蘇った15体のモアイ  
  ♪探してみよう:  
   @
1970年の大阪万博に来たモアイ  
     
     <写真: アフ・トンガリキ>
 ◎
ラノララク・・・モアイの石切場。斜面に佇むモアイは圧巻。  
  ♪探してみよう:   
   A
船の線刻画のあるモアイ
   B
最大のモアイ『ピロピロ』
   C
跪くモアイ
   D
切りかけのモアイ
   E
線だけのモアイ
 ◎
テ・ピト・クラ・・・『世界のへそ』と呼ばれる丸い石  
  ♪探してみよう:  
   F
トランペット・ストーン。連絡用の石
 ◎
アナケナ・ビーチ(伝・ホツ・マツア王像)・・・イースター島で海水浴場は、ここだけ。
*昼食: ピクニック・ランチ
☆夕食: オプションでホテルでの夕食をおつけすることが可能です。
*宿泊: ホテル・マヌタラ/ホテル・ゴメロ(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>05月05日(金)
■行程: イースター島⇒サンチアゴ⇒
*朝食: ホテル
*観光: 専用車と日本語ガイドがご案内する半日島内観光(その2)
 ◎
ラノカオ火山・・・村展望台と、美しい火口湖展望台  
 ◎
オロンゴ岬・・・鳥人の線刻画と神事遺跡。3つの岩の眺望。
 ◎
アフ・タハイ・・・ハンガロア村に近い住居遺跡
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: ラタム航空で空路、サンチアゴへ。
 LA−842 イースター島  14:25⇒サンチアゴ   21:10
・・手続: 安全検査〜出国〜搭乗
※移動: ラタム航空で空路、ロサンゼルスへ。
 LA−602 サンチアゴ   23:55⇒ロサンゼルス  07:20翌
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>05月06日(土)
■行程: ⇒ロサンゼルス⇒
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関〜預け荷物再搭載〜安全検査〜搭乗
※移動: ラタム航空とJALとのコードシェア便で空路、成田空港へ。
 LA8351 ロサンゼルス  13:20⇒成田空港    16:55翌
・・宿泊: 機内泊/国際日付変更線通過
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>05月07日(日)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


====================================


============================================================================
※出発日によって経由地、利用航空会社が異なるパターンもお受けできます。
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
============================================================================


  2017年04月29日(土)成田空港 出発限定
  添乗員は02日目サンチアゴ到着時に合流し、
  07日目サンチアゴ出発時までお世話致します。



<最少催行人員: 1名様から/定員6名様/添乗員は現地合流致します>

添乗員が合流致します

【2017年04月29日(土)出発】
参加人数 旅行代金 航空券代金 合計
01名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます    お問合せ下さい。
02名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます    お問合せ下さい。
03名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます    お問合せ下さい。
04名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます    お問合せ下さい。
05名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます    お問合せ下さい。
06名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます    お問合せ下さい。
お一人部屋追加料金    お問合せ下さい。



<料金に含まれるもの>
※航空券: 成田⇔イースター島往復/サンチアゴ⇔カラマ往復
     燃油サーチャージ/諸税込み
*車 両: 送迎は、スペイン語の運転手による混載車を利用
     但し、時間の関係でカラマ空港→月の谷→サン・ペドロ・デ・アタカマ間のみ専用車
*観 光: 観光は基本的に混載車を利用します。アタカマの月の谷のみ専用車
     ガイドはアタカマ高地は英語ガイド/イースター島は日本語ガイドです。
*宿 泊: 各地のスタンダード・クラスのホテルのスタンダード部屋をチョイス
  サン・ペドロ・デ・アタカマ :  カサ・デ・ドン・トーマス または同等
  サンチアゴ空港周辺  :  ホリデイイン・アエロプエルト・サンチアゴ
  イースター島     :  ゴメロ/マヌタラ/オタイ などが候補
*食 事: 朝食4回/昼食2回/夕食2回つき
*諸経費: 各観光地の入場・拝観料
*諸 税: 宿泊税・観光税・航空券にかかる燃油サーチャージや空港施設使用料

<料金に含まれないもの>
X通信費: 電話/FAX/ネット及びネット環境利用料
Xチップ
X明記されないお食事
Xホテルの有料サービス(洗濯・有料アクティビティ・ルームサービス・
 ミニバー・リラクゼーション施設利用料・有料のショーなど)
Xチリまでの経由地でかかる諸経費
X米国電子渡航認証(ESTA)経費/外国籍のお客様の査証代


オプション
 1) ESTA登録代行料(実費US$14)+手配手数料           2,700円
 2) 往復送迎の混載車を専用車に代える場合の追加代金 お一人様  +5,000円
 3) トンガリキ 御来光観賞ツアー    お一人様          10,000円
 4) アフ・タハイ サンセット観賞ツアー  お一人様         10,000円
 5) テラ・アイ ディナーショー(送迎付) お一人様          15,000円


●旅券(パスポート)/査証(ビザ)

  ・ 旅券(パスポート): 
     帰国日から起算して6カ月以上の残存有効期間と
     未使用の査証欄が2ページ以上あるパスポートが必要
  ・ 査証(ビザ)
     チリは日本国籍で観光目的のお客様の場合、ビザは不要です。
     日本国籍以外の国籍をお持ちのお客様は都度、お問合せ下さい。
  ・ 米国 電子渡航認証(ESTA)
     決済はクレジットカードのみ(US$14.00)
     当店のお手伝いが必要な場合、2,700円の手数料が別途かかります。
    ※上記の渡航条件を満たした現行のパスポートで、2年以内に登録を
     済ませていれば、今回の登録は不要です。詳しくはお問合せ下さい。


●お申込期間:出発4週間前まで




 

電話でのお問合せは・・・080−5028−6007まで

▲TOPへ