<
異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【インド洋の旅】
■ インド洋スペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2019年02月02日(土)以降の毎週(土)出発
エミレーツ航空+ケニア航空+エワ航空+オーストラル航空利用
知られざるインド洋の島々
コモロ&フランス領マヨット島
文化・歴史・自然探訪 9日間

モーリシャス/レユニオン経由

羽田空港発着
ここがポイント!








インド洋には宝石のような島がいっぱい。
モルディブ、セイシェルだけではない、魅力あふれる島々にご案内します。
沢山の種類の宝石が詰まった宝石箱。インド洋には多様な文化と自然、歴史があるのです。

イスラムの伝統を守って頑固に生きる人々に出会える世界最古と呼ばれる島・コモロ諸島。
同じコモロ諸島にありながら、なにかが違う、観光も充実しているフランス領マヨット島。

今回のインド洋の旅は、2016年01月23日(土)出発。


コモロ
シーラカンスで知られたコモロ諸島は、グランドコモロ島、モヘリ島、アンジュアン島からなる独立国です。首都モロニのあるグランドコモロ島は、さつまいものような形をした火山島。
火山のクレーターの美しさ、海の美しさはインド洋でも有数。
観光地化が遅れていますが、その分、手つかずの自然があちこちに残る素敵な島です。
イスラムの教義を守り、伝統を守り、素朴な人々がつつましやかに暮らす首都モロニの迷路のような旧市街を歩く時や、美しい海岸線をボートから眺めるとき、この国の持つ不思議な雰囲気をより、立体的に体感することができるでしょう。


マヨット島
インド洋に浮かぶもう一つのフランス領、マヨット島。
コモロ諸島に属する島でありながら、帰属を問う住民投票でフランス領に残った異色の島。
空港は旧フランス領コモロの首府であったザウジーにあります。
この島は、行政はフランスながら、伝統を守るコモロの人々が暮らしています。
アフリカ系の人々は海岸沿いに暮らし、昔ながらの漁法で、糧を得ています。
かわいらしいプチ・リゾート・ホテルが島のあちこちに点在しています。
ここでは美しい海を見ながら、のんびり過ごすのがぴったり!






推奨モデルプラン<手配旅行です>
============================================================================

====================================
<01日目>02月02日(土)以降の毎週(土)
■行程: 羽田空港⇒ドバイ⇒ナイロビ

羽田空港発着の場合
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK−313 羽田空港    00:30⇒ドバイ     07:20
・・手続: 安全検査
※移動: エミレーツ航空で空路、ナイロビへ。
 EK−719 ドバイ     10:25⇒ナイロビ    14:35
・・手続: 査証取得/入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 専用車で観光をしながらホテルへ。
*観光: 下記の場所を訪れます。
 ◎ナイロビ国立公園
 〇民芸品市場
 〇ニャマ・チョマのお店
*夕食: ケニア名物ニャマ・チョマ(ヤギのロースト)&ウガリ(とうもろこしのお餅)
*宿泊: サロバ・スタンレー(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>02月03日(日)以降の毎週(日)
■行程: ナイロビ⇒モロニ
*送迎: 専用車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ケニア航空で空路、モロニへ。
 KQ−264 ナイロビ    07:35⇒モロニ/アアヤ 10:05
・・手続: プランス・サイード・イブラヒム(通称アアヤ)空港到着。
    入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
*昼食: ホテル
*散策: 午後、首都モロニを散策します。
 ○モロニ港: 金曜日のモスクや旧市街の一部が港と一緒に見えるスポット
    ⇒ モロニ港と金曜日のモスク
 ○金曜日のモスク: 旧市街の入口に建つ、白亜の美しいモスク
 ○旧市街: 迷路のように入り組んだ旧市街は異国情緒満点!
    ⇒ 迷路のような旧市街
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・ル・モロニ(HOTEL LE MORONI) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>02月04日(月)以降の毎週(月)
■行程: モロニ(グランド・コモロ島)

*朝食: ホテル
*観光: 終日、専用車でグランド・コモロ島のハイライトである北部を観光します。
 ○ボロボロ市場: 様々な食品や食材、衣類、雑貨、香水、お土産の店が並ぶ。
  ボロボロどころか、この市場に来れば何でもそろうと言っても過言ではないかも。
    ⇒ ボロボロになるまで買物しよう!
 ○バハニの大モスク: モロニ近郊の高台にあるモスク(外観)
 ○火山円錐丘の眺望: 展望所から、火山が作り出した円錐丘を見学
 ○ミニ植物園: 敷地にリクガメや、コモロに生息するキツネザルが飼われている。
    ⇒ リクガメが飼われています。
 ○
ブニ・ビーチ: そよ風が作り出す風紋が美しい白砂の浜辺
    ⇒ ブニ・ビーチ
 ○イコニ Iconi の奴隷の崖: 19世紀、奴隷になることを拒んだ女性が投身・・・
 ○イコニ Iconi 村: グランド・コモロ島で最も古い集落。アウトリガーカヌーで
  漁をする人たちも住んでいる。
    ⇒ アウトリガーカヌーで漁をするイコニの漁師
 ○エチオピア航空着水の地: 1996年11月23日ハイジャックされた ET-961便を
  機長が機転をきかせグランド・コモロ島の内海(ラグーン)に着水させた場所。
 ○奇観“龍の鎖”: まるで恐竜の化石のような、奇岩怪石が並ぶ海辺の丘
*昼食: 民家風レストランで、コモロ料理の昼食(チキン または お魚)
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・ル・モロニ(HOTEL LE MORONI) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>02月05日(火)以降の毎週(火)
■行程: モロニ(グランド・コモロ島)⇒マヨット島/ザウジー空港

*朝食: ホテル
・・自由: 午前、自由行動
*昼食: ホテル
*送迎: 専用車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: エワ航空で空路、フランス領マヨット島のザウジー空港へ。
 ZD−303 モロニ国際空港 17:20⇒ザウジー空港  18:10
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。途中、車ごとフェリーにも乗ります。
 
 △フェリーで空港からグランドテール島へ。   △巨大バオバブ
 
 △マヨット富士? 名峰シュンギ山       △グランドテール島のミニミニ青果市場
*夕食: ホテル
*宿泊: ジャルダン・マオレ・ホテル(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>02月06日(水)以降の毎週(水)
■行程: マヨット島
*朝食: ホテル
・・自由: 終日、自由行動。
    ホテルでは、次のようなことができます。
 ○
ビーチウォーキング: 干潮時は遠浅になるので、かなり沖まで歩けます。
 ○
シュノーケリング: ホテル前のビーチは透明度が高いので楽しめます!
  ホテルでも貸出をしていますが、サイズが大きめなので、マイ・三点セットがあると
  よいでしょう。
 ○
ウミガメ観察: ホテル前のビーチにはウミガメが来ます。脅かさないよう
  静かに近づいて観察してみましょう。
   
   △ビーチにウミガメがやってきた!
 ○
バオバブの木: ホテルの前のビーチには、大きなバオバブの木があります。
 ○
フルーツコウモリ: 夕方になると、大きなフルーツコウモリが飛んできます。
 ○
キツネザル: ホテルでキツネザルを放し飼いにしています。バナナをあげてね!
   
   △きつねざるが飼われています。

 /
オプショナルツアー
  オプショナルツアーもあります。添乗員が、現地で参加可能なツアーの申し込みを
  お手伝いすることもできます。

  
 <写真: マヨット島のビーチ>       <写真:マヨット島 DZAOUDZI>


*昼食: ホテル
*夕食: ホテル
*宿泊: ジャルダン・マオレ・ホテル(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>02月07日(木)以降の毎週(木)
■行程: マヨット島/ザウジー空港⇒レユニオン/サン・ドニ空港⇒モーリシャス
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。途中、車ごとフェリーにも乗ります。
*観光: 車窓からマヨット島の景観をご覧頂けます。
 ○
円錐形の山シュンギ山
 ○
マヨット島の漁村
 ○
ミニ・マーケット
 ○
首府の置かれるマムーズーの町
 ○
マムーズーと空港のあるザウジーとを結ぶローカル色豊かなフェリー
 ○
ザウジーの下町
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: オーストラル航空で空路、レユニオン島へ。
 UU−277 ザウジー空港  10:10⇒サン・ドニ空港 13:20
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車または契約タクシーで空港からホテルへ。
*昼食: ホテル
*観光: サン・ドニの町の散策にご案内
*夕食: ホテル (Demi-Pension)
*宿泊: ホテル・ル・ジュリエット・ドドゥ (スーペリア部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>02月08日(金)以降の毎週(金)
■行程: レユニオン⇒モーリシャス
*朝食: ホテル
・・自由: 午前、自由行動
*昼食: ホテル
*送迎: 送迎車または契約タクシーでホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: オーストラル航空で空路、モーリシャス
 UU−108 サン・ドニ空港 16:50⇒モーリシャス  17:35

・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
*夕食: ホテル (Demi-Pension)
*宿泊: メリディアン・イル・モーリス (デラックス部屋)または同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>02月09日(土)以降の毎週(土)

■行程: モーリシャス⇒ドバイ⇒
*朝食: ホテル (Demi-Pension)
*観光: 午前、世界文化遺産ル・モーン

*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
・・自由: 午後は自由行動。ホテルのお部屋は出発まえご利用頂けます。
*夕食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK−702 モーリシャス  16:20⇒ドバイ     22:55
・・手続: 安全検査
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>02月10日(日)以降の毎週(日)
■行程: ⇒ドバイ⇒成田空港

羽田空港発着の場合
※移動: エミレーツ航空で空路、羽田空港へ。
 EK−312 ドバイ     08:35⇒羽田空港    22:45
・・
帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
==================================== 


========================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。


 2019年02月02日(土)以降の毎週(土)出発。
 添乗員が同行し、お世話致します。



<最少催行人数 :
1名で催行。定員6名 添乗付のみ>

 
 ◆2019年(土)
人数 現地費用 航空券代 合計
 01名様でご参加の場合   お問合せ下さい   お問合せ下さい   お問合せ下さい
 02名様でご参加の場合 お問合せ下さい お問合せ下さい お問合せ下さい
 03名様でご参加の場合 お問合せ下さい お問合せ下さい お問合せ下さい
 04名様でご参加の場合 お問合せ下さい お問合せ下さい お問合せ下さい
 05名様でご参加の場合 お問合せ下さい お問合せ下さい  お問合せ下さい
 06名様でご参加の場合 お問合せ下さい お問合せ下さい  お問合せ下さい
 お一人部屋追加料金   お問合せ下さい


●お申込期間:出発1か月前まで



●ご旅行代金には下記のものが含まれます
 *航空券代金:  エミレーツ航空 羽田⇒ドバイ⇒ナイロビ/モーリシャス⇒ドバイ⇒羽田
          ケニア航空 ナイロビ⇒モロニ/アアヤ空港
          エワ航空 モロニ/アアヤ空港⇒マヨット/ザウジー空港
 *送迎・観光:   ケニア/コモロ・・・専用車
         マヨット・・・混載車
         レユニオン・・・専用車または契約タクシー
         モーリシャス・・・混載車
 *宿泊   :  各地のスタンダードクラスのホテル
  ナイロビ   サロバ・スタンレー(スタンダード部屋)または同等
  コモロ     ホテル・ル・モロニ(HOTEL LE MORONI) または同等
  マヨット島   ジャルダン・マオレ・ホテル
  レユニオン   ホテル・ル・ジュリエット・ド・ドゥ(スーペリア部屋)または同等
  モーリシャス  メリディアン・イル・モーリス(スーペリア部屋)または同等

 *食事   :  朝6回/昼7回/夕8回
 *観光   :  ◎印の入場観光の箇所の入場・拝観料
 *税金   :  宿泊税


●ご旅行代金に含まれないもの
 X 通信費: 現地でご利用になる電話/FAX/ネット等の通信費
 X チップ: ガイド/運転手/ホテルの枕銭等
 X 飲食費: お飲物代/明記されないお食事/ルームサービス/ミニバー
 X 個人費: 洗濯代/ホテルや観光地の有料サービス利用料/オプショナルツアー/経由地での経費
 X 渡航費: 査証代など渡航にかかわる必要経費
 X 出国税: コモロ EUR20.00


●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 ・・旅券(パスポート)
  帰国時に6カ月以上の残存有効期間があることが望ましいです。
  未使用の査証欄が見開きで3ページ(左ページから連続6ページ)あることが望ましいです。

 ・・査証(ビザ)
  モーリシャス/フランス領レユニオン/コモロ/フランス領マヨット島
   →日本国籍のお客様は今回の旅には査証は不要です。
   →日本以外の国籍のお客様は、お問合せ下さい。

 コモロ査証(2017年06月01日現在/3か月以内の観光目的の滞在に限り、査証不要です。)





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ