異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 ■
現地発着ツアーカレンダー
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南太平洋の旅】
■ クック諸島スペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

知られざる南太平洋
2017年08月11日(金)
成田空港出発

ポリネシアの源流クック諸島と
南太平洋の絶海の孤島ニウエ
10日間

アイツタキ島日帰りツアーつき
クック諸島とニウエでは全食事つき

ここがポイント!


かつてはニュージーランド領として、認識されていた二つの新しい国。
クック諸島とニウエを訪れる、夢の盛り合わせプランです。

ビーチと山の緑が美しいクック諸島では、ラロトンガ島とアイツタキ島を訪問。
ポリネシアの源流と呼ばれ、ニュージーランドのマオリと祖先を同じくする民族を
育んだ自然の中で、史跡や伝説の地などを訪れます。

南太平洋に浮かぶ、隆起珊瑚の岩塊ニウエは、2015年5月に独立国として承認。
いま、オセアニアで最も新しい国です。
かつて王様が治めていたニウエは、変わった地形の宝庫です!


このコースは添乗員が同行し、お世話致します。
クック諸島とニウエでは、全食事がつきます。



■クック諸島〜ポリネシアの自然と文化と歴史を探訪〜■


日本人には縁の薄いクック諸島。 ニュージーランドの自由連合国で、いわば独立国にもかかわらず、日本が独立国とし て承認したのが2011年3月25日と新しく、それ故、いまいちなじみの薄い国です。 ポリネシア人の大航海時代、マオリの民族はこの島を基点に新天地ニュージーランド を目指した歴史が刻まれています。ポリネシアの歴史の語り部である祭壇や立石など 史跡の数々、CICCと呼ばれる古色を帯びた教会の数々、そしてまるで天の柱のよ うに聳える山・・・クック諸島の歴史や自然に触れる旅です。

この旅は一日、一日、各テーマにそってより深く、より楽しく、ポリネシアの文化と伝統、そして自然に触れて頂くことができます。

<観光の見どころ>
ラロトンガ島内観光 ・・・ 霊場ブラックロックやマラエ、CICC教会などを訪れます。
カルチュラル・ナイト ・・・ 伝統の舞踊やパフォーマンスを見ながら、伝統の料理を!
日帰りアイツタキ島ツア ・・・ 南太平洋の海を満喫しましょう。



祝・独立承認!ニュージーランド自由連合国ニウエ!

ニウエ


ポリネシアの海域に絶海の孤島があります。ニュージーランドとの自由連合国の立場にあるニウエ。
ありよう、独立国のニウエ。
この島の面積は259kuで、世界で最も大きな珊瑚礁の島です。
1000年ほど前よりサモアによって統治されていましたが、16世紀になるとトンガ人が侵攻。
やがてこのふたつの文化が融合し、独特なニウエ文化に発展しました。
近世にはクック諸島のプカプカ島から移民が渡来し、ここにマオリ文化も融合。
ポリネシアを代表する三つの文化が一つになりました。
ニウエ島はいわば、ポリネシア文明の十字路と言えるでしょう。
ニウエは隆起珊瑚(マカテア)によって形成されています。
隆起珊瑚によって作られた自然美は驚嘆に値し、訪れる人を魅了してやみません。
まだまだ知名度の低い島ですが、ニウエは知る人ぞ知る、民芸品の宝庫でもあります。
独特の文化、独特の自然美を併せ持つニウエ。ぜひ、足をお運び下さい。

<観光のみどころ(添乗員同行の場合のみ観光がつきます)>
パラハ鍾乳洞
 ・・・ ライムストーンが自然の造形美を堪能させてくれる。
マタパ・ギャザム
 ・・・ 海抜より低い位置にある淡水の天然プール
タラバ橋 ・・・ 隆起珊瑚が作りだした、非常にユニークな形の天然の橋
バイコナ・ギャザム ・・・ 天然の湧水プールのある美しい洞窟のあるギャザム。
トゴ・ギャザム ・・・ まるで月面のクレーターを彷彿とさせる隆起珊瑚の林。
アロフィ ・・・ 絶海の孤島の島国のちいさな首都を見てみましょう。





<モデルプラン>
============================================================================

====================================

<01日目>08月11日(金)
■行程: 成田空港⇒
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、オークランドへ。
 NZ−090 成田空港    18:30⇒オークランド  08:05 翌日
・・宿泊: 機内泊

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<02日目>08月12日(土)
■行程: ⇒オークランド⇒ラロトンガ島
・・手続: 安全検査
・・待機: 基本的に空港内で待機です。
・・備考: ご希望の方は専用車でのオークランドのミニ観光をアレンジ致します。
    ご出発二週間前までにご相談下さい。出発前に日本で精算となります。
※移動: ニュージーランド航空で空路、クック諸島のラロトンガ島へ。
 NZ−018 オークランド  16:25⇒ラロトンガ   22:15 前日
------------------------国際日付変更線を通過------------------------
<02日目> ------------------------ |08月11日(金)
・・手続: ラロトンガ島に到着後、入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。。
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 送迎車でラロトンガ空港からホテルにご案内致します。
*宿泊: エッジウォーター・リゾート&スパ(スタンダード部屋)または同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<03日目> ------------------------ |08月12日(土)
■行程: ラロトンガ島滞在
*朝食: ホテル(時間によってはお召し上がりになれないケースもあります。)
*行楽: アイツタキ島日帰りツアー
♪送迎: 07:30頃、送迎車でホテルを出発。空港にご案内致します。
♪移動: 08:00、国内線で空路、アイツタキ島へ。約1時間のフライトです。
♪観光: 混載車で観光をしながら波止場に移動します。
 ●
ダウンタウン(車窓): 銀行、テレコム、商店などしかない、かわいい田舎町です。
 ○
展望ポイント: アイツタキ島の眺望を楽しめる展望台にご案内致します。
♪観光: 10時ごろ、ラグーン・クルーズに出発。
 ●
ラグーン・クルーズ: ガイドが面白おかしく、解説します。
 ○
アイツタキ・ラグーン: いくつかの島に寄港する予定です。
  シュノーケリング・ポイントで投錨。三点セットは船でお貸しします。
 ○
シャコガイのポイント: 巨大なシャコガイは見つかるでしょうか?
 ○
ワンフット・ポイント: 郵便局と入島管理局のある島。
  ここで手紙を出すと、ワンフット・アイランド消印の郵便が相手に届きます。
  パスポートに入島スタンプが押されます。
♪昼食: 船上で魚のバーベキューランチをお楽しみ下さい。
♪移動: 16:00ごろのボートで、アイツタキ島に戻ります。混載車で空港へ。
♪移動: 16:40発の国内線で空路、ラロトンガへ。約1時間のフライトです。
♪送迎: 17:30ラロトンガ着。混載の送迎車で空港からホテルにご案内致します。
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: エッジウォーター・リゾート&スパ(スタンダード部屋)または同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<04日目> ------------------------ |08月13日(日)
■行程: ラロトンガ島滞在
*朝食: ホテル (トロピカル風)
*観光: 混載車 または 専用車 によるラロトンガ島観光へ。
 ○ブラック・ロック(下車)・・・北部の海岸にある霊場
 ●
アロランギ村(車窓)・・・最初のキリスト教伝道の故地
 ○CICC教会(下車)・・・島内に建立されたクック諸島教会を拝観(外観)。
  @
ARORANGI
  A
TITIKAVEKA
  B
NGATANGIIA
  C
MATAVERA
  D
AVARUA
 ○ティノマナ宮(下車)・・・キリスト教によりもたらされた平和を記念して建立。
 ○ムリ・ビーチ(下車)・・・ラロトンガ随一のビーチ
 ○
アバナ・パッセージ(下車)・・・マオリ人出航の故地
 ○
アラ・メツア古道ウォーキング(APANAからPUEまで。車は伴走)
 ○
アライ・テ・トンガ・・・アラ・メツア古道にあるラロトンガ人の聖域
 ≪首都アバルア≫
 ●アバルア(車窓)・・・クック諸島の首都。こじんまりした南国の街です。
 ○
クックズ・コーナー(下車)・・・巡回バスの基地。レストランなども充実しています。
 ◎
博物館
(入場)・・・マオリの工芸などが展示されています。
 ○
切手局(下車)・・・珍しい切手を購入することができます。
 ○
民芸品店(下車)・・・ティキ像など、工芸品によいものが多いです。
 ○
アバルアのオープン・マーケット(下車)・・・ラロトンガの台所。
  
 <(左)ブラック・ロック        /(右)CICC アロランギ>
  
 <(左)ムリ・ビーチ         /(右)アバナ・パッセージ>
  
 <(左)内陸を走るアラ・メツア古道  /(右)マラエ=アライ・テ・トンガ>
  
 <(左)CICC アバルア       /(右)クックズ・コーナー>
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: 
文化村ツアー&カルチュラル・ナイト・ディナーショー
*休息: エッジウォーター・リゾート&スパ(スタンダード部屋)または同等 (出発まで)
*送迎: 深夜、送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・宿泊: 機内泊

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<05日目> ------------------------ |08月14日(月)
■行程: ラロトンガ島⇒オークランド⇒ニウエ
*朝食: ホテル
・・自由: チェックアウトは午前です。大きなお荷物はフロントに預け、自由行動。
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、オークランドへ。
 NZ−045 ラロトンガ   15:55⇒オークランド  18:30 翌日
------------------------国際日付変更線を通過------------------------
<05日目>08月15日(火)
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: オークランド・シティ・ホテル・ホブソン・ストリート(スタンダード部屋)または同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<06日目>08月16日(水)
・・朝食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、自由連合国ニウエへ。
 NZ−784 オークランド  09:20⇒ニウエ     13:45 前日(家)
------------------------国際日付変更線を通過------------------------
<06日目> ------------------------ |08月15日(火)
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 送迎車で空港からホテルにご案内致します。
・・自由: チェックイン終了後、自由行動。
*昼食: ホテル
*夕食: ホテル
*宿泊: マナヴァイ・リゾートまたは同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<07日目> ------------------------ |08月16日(水)
■行程: ニウエ滞在
*朝食: ホテル
*観光: 半日、車で回るニウエ島ツアーにご案内致します。
 ◎
博物館: ニウエの文化や産業の歴史に関する展示が多い。
 ○
民芸品市場: パンダナスやヤシの葉で編んだバッグや帽子などが買える。
 ○
国会議事堂: ニウエ語で『ファレ・フォノ』と呼ばれる国会議事堂。
 ○
王墓: 二人のニウエ王、マタイオ・ツイトンガ王とファタアイキ王の墓。
 ◎
アバイキ洞窟: 最初のカヌーが辿りついたという伝説地にある洞窟プール。
 ◎
パラハ鍾乳洞: ライムストーンが自然の造形美を堪能させてくれる。
 ○
トギア王の墓: ニウエ王朝最後の王であるトギア王の墓所
 ○
リム・リーフ: シュノーケリング・ポイントとして有名な天然プール
 ○
マタパ・ギャザム: 海抜より低い位置にある淡水の天然プール
 ◎
タラバ橋: 隆起珊瑚が作りだした、非常にユニークな形の天然の橋。
 ○
ウルベヒ埠頭: かつての交易船の港。ペルー船による島民誘拐悲話が残る。
 ○
フバルの森: ニウエ南東部にある、貴重な熱帯雨林で自然保護区
  
 <写真(左)ウォーキング・ロード /(右)パラハ洞窟 ・・・イメージ>
  
 <写真(左)マタパ・ギャザム /(右)タラバ橋 ・・・イメージ>

*昼食: ホテル/または/ローカル・レストラン
・・自由: 午後、自由行動。
*夕食: ホテル
*宿泊: マナヴァイ・リゾートまたは同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<08日目> ------------------------ |08月17日(木)
■行程: ニウエ滞在
*朝食: ホテル
*行楽: 終日、ニウエの絶景ツアーにご案内致します。
 ◎
バイコナ・ギャザム: 天然の湧水プールのある美しい洞窟のあるギャザム。
 ◎
トゴ・ギャザム: まるで月面のクレーターを彷彿とさせる隆起珊瑚の林。
 ○
ハクプ村: ニウエ島南東部にある素朴な漁村。
  
 <写真(左)バイコナ・ギャザムの鍾乳洞 /(右)トゴ・ギャザム ・・・イメージ>
*昼食: ホテル/または/ローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: マナヴァイ・リゾートまたは同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<09日目> ------------------------ |08月18日(金)
■行程: ニウエ
⇒オークランド⇒成田空港
*朝食: ホテル
・・自由: チェックアウトは午前です。大きなお荷物はフロントに預け、自由行動。
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、オークランドへ。
 NZ−785 ニウエ     14:45⇒オークランド  17:30 翌日
------------------------国際日付変更線を通過------------------------
<09日目>08月19日(土)
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: オークランド・シティ・ホテル・ホブソン・ストリート(スタンダード部屋)または同等

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<10日目>08月20日(日)
■行程: オークランド⇒成田空港
・・朝食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、成田空港へ。
 NZ−099 オークランド  08:55⇒成田空港    16:50
・・帰国: 成田空港に到着。入国・通関を済ませ、解散となります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



====================================


============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。


  2017年08月11日(金)成田空港出発
 ご希望により添乗員が同行/または/合流、お世話致します。




<最少催行人数 :1名様より催行 添乗員同行>

航空券代 現地費用 合計代金
01名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
02名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
03名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
04名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
05名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
06名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問合わせ下さい

     
●お申込期間:出発の4週間前までにお申込下さい



●現地発着料金には下記のものが含まれます*

 *交通: 国際線航空券
  ニュージーランド航空: 成田⇒オークランド⇒ラロトンガ⇒オークランド
              ⇒ニウエ⇒オークランド⇒⇒成田 (周遊)
  ラロトンガン航空  : ラロトンガ⇔アイツタキ
 *宿泊: いずれもスタンダード部屋を利用します。
  ラロトンガ : エッジウォーター・リゾート&スパ または同等
  ニウエ   : マナヴァイ・リゾート または同等
 *食事: 朝食6回/昼食7回/夕食5回
 *観光: 入場観光する箇所の入場・拝観料
 *車両: 専用車
 *案内: 英語ガイド

 
●現地発着料金に含まれないもの
 *国際線航空券代
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/
  お飲み物/オプショナルツアー)
 *オークランドでの滞在費・行動費

●旅券(パスポート)/査証(ビザ): 
 ・・旅券(パスポート)の残存有効期間が帰国日から6カ月以上、必要です。
 ・・査証(ビザ): 日本国籍のお客様は今回のご旅行に査証は不要です。
        日本国籍以外の国籍をお持ちのお客様はお問い合わせ下さい。






電話でのお問合せは・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ
 148500.6700_155200