異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 ■
現地発着ツアーカレンダー
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南太平洋の旅】
■ クック諸島スペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2016年12月17日(土)出発

〜ポリネシアの自然/歴史/文化探訪〜
南太平洋ポリネシアの源流
たった6日でクック諸島
ラロトンガ島&アイツタキ島

ニュージーランド航空利用

ここがポイント!

■クック諸島〜ポリネシアの自然と文化と歴史を満喫する旅〜■


<(左)テ・ルア・マンガ=別名ザ・ニードル>

日本人には縁の薄いクック諸島。 ニュージーランドの自由連合国で、いわば独立国にもかかわらず、日本が独立国として承認したのが2011年3月25日と新しく、それ故、まだ、なじみの薄い国です。 ポリネシア人の大航海時代、マオリの民族はこの島を基点に新天地ニュージーランドを目指した歴史が刻まれています。ポリネシアの歴史の語り部である祭壇や立石など 史跡の数々、CICCと呼ばれる古色を帯びた教会の数々、そしてまるで天の柱のように聳える山・・・クック諸島の歴史や自然に触れる旅です。

この旅では、ラロトンガ島の生活文化や史跡に触れる、ラロトンガ一周ツアーと、美しいサンゴ礁の海で遊び尽くすアイツタキ島ツアーが含まれます。さらに伝統の歌舞をご覧いただけるディナーショーがセッティングされています。

クック諸島は南太平洋、トンガ群島やサモア群島、国際日付変更線の東、フランス領ポリネシア(タヒチ)の西に位置しています。
クック諸島には全部で15の島があり、北クック諸島と南クック諸島に分けられています。

 ★北クック諸島は、ペンリン環礁、マニヒキ環礁、プカプカ環礁、ラカハンガ環礁、
  スワロー環礁、ナッソー島の6島で構成されています。

 ★南クック諸島は、ラロトンガ島、アイツタキ環礁、マンガイア島、アチウ島、ミチアロ島、
  マウケ島、マヌアエ環礁、パーマストン環礁、タクテア島の9島で構成されています。

南クック諸島のラロトンガ島がクック諸島の主島で、首都アバルアはラロトンガ島の北海岸の中央部にあります。

ラロトンガ国際空港は島の北西部に位置しており、国際線、国内線ともこの空港を利用しています。
ラロトンガ島の中央はポリネシア特有の、襞の多い山々がひしめいています。
中でも“針=ザ・ニードル”という愛称で知られるテ・ルア・マンガは、ラロトンガの絶景のひとつに数えられています。内陸の旧街道を歩けば、悠久の時間が流れる古き良きポリネシアが見えるかもしれません。

<観光の見どころ>

ラロトンガ島西部から反時計回りに下記のみどころがあります。
日曜日のラロトンガ一周ツアーでは、下記の場所を訪れる予定です。

アロランギ村
ラロトンガ島の西部の海岸に位置する村で、クック諸島キリスト教会(CICC)のひとつがあります。
教会に隣接し、首長(アリキ)の宮殿『ティノマナ宮殿』が建てられています。
キリスト教によって群雄割拠の様相を呈していた島の動乱が治まったことを記念して建てられました。

アラ・メツア
海岸通りはラロトンガ島を一周していますが、ラロトンガ島にはもうひとつ、旧街道があります。アラ・メツアと呼ばれる内陸側にある旧街道は、島を完全に一周する道路はありません。一部、海岸通りと合流していますが、内陸の農家や聖地などが点在しており、興味深い旧街道です。

ティティカヴェカ村
ラロトンガ島の南東部の海岸に位置する村で、クック諸島キリスト教会(CICC)のひとつがあります。この教会でも、毎週日曜日にミサが行われますが、旅行者も参拝できることで知られています。ミサが終了すると、参拝者は道路を挟んだ反対側にある寺務所で、軽食をつまみながら談話できます。

ムリ・ビーチ
ラロトンガ島南東にあるビーチで、島随一のビーチとして、観光地の筆頭に位置付けられています。珊瑚礁が発達してラグーン(内海)を形成し、ラグーン内にはモトゥと呼ばれる小島があります。周辺にはホテルや屋台村、マリン・スポーツ屋さんなどがあります。

ンガタンギイア(ナタンギイア)村
ムリ・ビーチの北に位置する村で、クック諸島キリスト教会(CICC)のひとつがあります。
この教会の地下には水脈があるため、この教会の境内には墓地がありません。
有名な“漁師めし”のカフェ『モーリング・フィッシュ・カフェ』はここにあります。

七艘のカヌー出航の史跡: ンガタンギイア(ナタンギイア)にあります。
目の前のビーチには『七艘のカヌー出航の史跡』があります。マオリのとある一族は、戦乱のラロトンガ島を見限り、新天地を求め、七艘の巨大カヌーで出航しました。彼らが辿りついた場所は、アオテアロア AOTEAROA 、つまりニュージーランドです。

マタヴェラ村
ラロトンガ島北東に位置する村で、クック諸島キリスト教会(CICC)のひとつがあります。
この教会は、ミサが行われていなければ、内部を拝観できます。歴代司祭の一覧のプレートがありますが、名前の横に書かれた出身地も興味深いものです。

アライ・テ・トンガ
マオリ系ポリネシア人の祭祀場は“マラエ”と呼ばれています。
アライ・テ・トンガは、アラ・メツアに面して築かれた比較的規模の大きいマラエです。
首長(アリキ)の戴冠式や、神への供物をささげる儀式が行われていました。


アバルア: 
クック諸島の首都で、クック諸島キリスト教会(CICC)のひとつがあります。
ラロトンガ島を時計回り/反時計回りに一時間に一本ずつ走っているクックズ・アイランド・バスの始終点でもあります。
また土曜日の午前中だけ開催される市場や、サブマリンツアーの発着する埠頭などもあります。

ニカオ:
ラロトンガ国際空港のある村で、クック諸島キリスト教会(CICC)のひとつがあります。
但し、ここの教会は新しく建てられたものです。
村はずれにゴルフ・コースもあります。

ブラック・ロック: 
空港の南西の海岸にある黒い岩です。
現地の言葉(マオリ語)で、ツオロ TUORO と呼ばれています。
一見、何の変哲もない岩ですが、死者の霊がマオリの心のふるさとに還る場所として神聖視されています。



アイツタキ島
ラロトンガ島の北260kmに位置するたいへん美しい環礁の島です。
島の中心はアルタンガ村で、アルタンガ村にもクック諸島キリスト教会(CICC)のひとつがあります。
島の西部・南部・東部がアイツタキ・ラグーンと呼ばれる礁湖に囲まれています。
その美しいラグーンを満喫するクルーズ・ツアーが日曜日を除く毎日、催行されています。
シュノーケリングで、カラフルな魚や、シャコ貝をみるチャンスがあります。
ラグーンには、もトゥと呼ばれる小島が幾つかあります。
その一つ、ワン・フット・アイランドには郵便局があり、ここを訪れるとパスポートにスタンプが貰えます。



<モデルプラン>
============================================================================

====================================
<01日目>12月17日(土)
■行程: 成田空港⇒
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: ニュージーランド航空で空路、オークランドへ。
 NZ−094 成田空港    14:40⇒オークランド  05:10翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>12月18日(日)
■行程: ⇒オークランド⇒ラロトンガ
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: ニュージーランド航空で空路、クック諸島のラロトンガ島へ。
 NZ−046 オークランド  08:50⇒ラロトンガ   13:35 前日
 
---------------------------------------------------------------------
<01日目>12月17日(土)
・・備考: 国際日付変更線を通過。日付が一日戻ります
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
・・昼食: 現地精算(各自、自由)
・・自由: 午後、自由行動
*夕食: アイランド・ナイト/ブッフェ&ポリネシアン・ダンス
・・備考: 名物!テ・バラ・ヌイ・ビレッジ水上ステージショーにご案内します。
*宿泊: エッジウォーター・リゾート&スパ(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>12月18日(日)
■行程: ラロトンガ(⇔アイツタキ)
*朝食: ホテル(コンチネンタル式+フルーツ=トロピカル式朝食)
*観光: 半日、ラロトンガ島観光
 ○
アロランギ・クック諸島キリスト教会(下車)
   
 ●
内陸の旧街道アラ・メツア(車窓)
   
 ◎
ティティカヴェカ・クック諸島キリスト教会(内部拝観)
  ★ミサを見学できるかもしれません。
   見学可能な場合、参拝者として御布施をご用意下さい(NZ$5〜NZ$10)
   
 ○
ムリ・ビーチ: ラロトンガを代表する美しい海岸
   
 ○
ンガタンギイア・クック諸島キリスト教会(下車)
   
 ○
ンガタンギイアの『七艘のカヌー出航の史跡』(下車)
  ★この場所から巨大な七艘のカヌーが出航。ニュージーランドに辿りついたという。
   
 ○
マタヴェラ・クック諸島キリスト教会(下車)
   
 ○
聖地アライ・テ・トンガのマラエ(下車)
   
 ○
アバルア・クック諸島キリスト教会(下車)
   
 ●
首都アバルア(車窓)
   
 ○
聖地ブラック・ロック(下車)
   
 ○
ニカオ・クック諸島キリスト教会(下車)
・・昼食: 現地精算(各自、自由)
 ★
モーリング・フィッシュ・カフェにご案内の予定です。
  名物の魚フライのサンドイッチをお勧めします!
・・夕食: 現地精算(各自、自由)
*宿泊: エッジウォーター・リゾート&スパ(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>12月19日(月)
■行程: ラロトンガ⇔アイツタキ
*朝食: ホテル(コンチネンタル式+フルーツ=トロピカル式朝食)
*旅行: 終日、アイツタキ島日帰りツアー(送迎/往復航空券つき)
 ○
アイツタキ島: アイランド・ドライブ/ラグーン・クルーズ/無人島上陸
♪出迎: 06:30 ホテルのロビーにてピックアップ
♪送迎: 混載の送迎車でホテルから空港にご案内致します。
♪手続: 各自、ラロトンガ航空(AIR RAROTONGA )カウンターで搭乗手続
♪説明: 現地添乗員によるブリーフィングが行われます。
♪移動: 国内線で空路、アイツタキ島へ。
 GZ−612 ラロトンガ   08:00⇒アイツタキ   08:50
♪乗車: トラックを改装したバスに乗って空港を出発。観光をしながら埠頭へ。
♪観光: アイツタキ島をドライブ。車窓からアイツタキ島の風景をご覧下さい。
 ●ダウンタウン(車窓): 銀行、テレコム、商店などしかない、かわいい田舎町です。
 ○
展望ポイント: アイツタキ島の眺望を楽しめる展望台にご案内致します。
♪乗船: クルーズ船に乗船。
♪行楽: ラグーン・クルーズとシュノーケリング、無人島上陸が含まれます。
 ●ラグーン・クルーズ: ガイドが面白おかしく、解説します。
 ○
アイツタキ・ラグーン: いくつかの島に寄港する予定です。
  シュノーケリング・ポイントで投錨。三点セットは船でお貸しします。
 ○
シャコガイのポイント: 巨大なシャコガイは見つかるでしょうか?
 ◎
ワンフット・アイランド: 郵便局と入島管理局のある島。
  ここで手紙を出すと、ワンフット・アイランド消印の郵便が相手に届きます。
  パスポートに入島スタンプが押されます。
   
♪昼食: 魚のバーベキューと有機野菜のサラダ
♪下船: 午後、埠頭に戻ります。
♪乗車: トラックを改装したバスに乗って埠頭を出発。空港へ。
♪手続: 各自、ラロトンガ航空(AIR RAROTONGA )カウンターで搭乗手続
♪移動: 国内線で空路、ラロトンガ島へ。
 GZ−619 アイツタキ   16:40⇒ラロトンガ   17:30
♪送迎: 混載の送迎車で空港からホテルにご案内致します。
*昼食: ツアーに含まれます。
・・夕食: 現地精算(各自、自由)
*宿泊: エッジウォーター・リゾート&スパ(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>12月20日(火)
■行程: ラロトンガ⇒オークランド
*朝食: ホテル(トロピカル式/但し、時間によります)
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: ニュージーランド航空で空路、オークランドへ。
 NZ−045 ラロトンガ   15:00⇒オークランド  18:25翌日
 
---------------------------------------------------------------------
<05日目>12月21日(水)
・・備考: 国際日付変更線を通過。日付が一日進みます
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 送迎車で空港からホテルへ。
・・自由: 到着後、自由行動。ご希望であれば市内観光にご案内致します(実費)
*宿泊: オークランド・シティ・ホブソン・ストリート(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>12月22日(木)
*送迎: 送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: ニュージーランド航空で空路、帰国の途へ。
 NZ−095 オークランド  01:15⇒成田空港    08:05
・・帰国: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



====================================


============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 
  2016年12月17日(土)成田空港出発
 添乗員が同行し、お世話致します。

 2016年10月〜2017年03月で、他の出発日をご希望の方は
 お気軽にお問合せ下さい。


<最少催行人数 : 1名様より催行〜定員6名様/添乗員同行>

旅行代金 航空券代 合計代金
01名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
02名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
03名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
04名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
05名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
06名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問合わせ下さい


●お申込期間:出発の4週間前までにお申込下さい



●旅行代金には下記のものが含まれます*
 *交通: 国際線航空券
  ニュージーランド航空: 成田⇒オークランド⇒ラロトンガ⇒オークランド
              ⇒成田 (往復)
  ラロトンガ航空  : ラロトンガ⇔アイツタキ
 *宿泊: スタンダード・クラスの宿のスタンダード部屋を利用します。
  ラロトンガ : エッジウォーター・リゾート&スパ または同等
 *食事: 朝食3回/昼食1回/夕食1回
 *観光: 入場観光する箇所の入場・拝観料
 *車両: 専用車
 *案内: 英語ガイド

 
●現地発着料金に含まれないもの
 *国際線航空券代
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/
  お飲み物/オプショナルツアー)
 *オークランドでの滞在費・行動費

●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 ・・旅券(パスポート)の残存有効期間は帰国日から6カ月以上、必要です。
 ・・査証(ビザ): 日本国籍のお客様はこの旅に査証は不要です。
        日本国籍以外のお客様は、ご相談下さい。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ
 148500.6700_155200