異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他
トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ 中部アフリカペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
 知られざる中部アフリカ
赤道ギニア(ガボン経由) 2011
09日間

ここがポイント!

 ■中部アフリカの知られざる国々〜@赤道ギニアの旅(ガボン経由)

◆赤道ギニアとガボン◆ ちょっと変わった旅行がしたい、というのなら、赤道ギニアはいかがですか? ブラック・アフリカで唯一の旧スペイン領。
石油産業が伸び、アフリカのドバイになろうと意気込む現在進行形の歴史! そして、アフリカ大陸に国土がありながら離島ビオコ島に首都があるアフリカ唯一の国。 ビオコ島を旅すれば、そこはもう、不思議の世界です。 霧に見え隠れするマラボ山、民家の軒下に吊るされた売り物のレイヨウ。 中国系の商店や食堂、アフリカ系の商店や食堂、朽ち果てたスペイン植民地時代の建物など。
このプランでは、もうひとつ、ガボンに行きます。 同じく石油経済によって、一大都市に育った首都のリーブルビル。 リーブルビルでは、赤道ギニアの査証申請/取得のために滞在しますが、ご希望の方はシュバイツァー博士夫妻ゆかりのランバレネ観光にご案内致します。

<観光の見どころ>
首都マラボ観光<赤道ギニア>
ビオコ島ドライブ<赤道ギニア>
アンテロープなどブッシュ・ミートのお店<赤道ギニア>


<写真:発展するマラボの近郊>


モデルプラン(手配旅行です)

====================================
<01日目>(土)
■行程: 日本各地⇒バンコク
※移動: 国際線(直行便または経由便)で空路、バンコクへ。
・乗換: バンコク到着後、飛行機を乗り換えます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>(日)
■行程: バンコク⇒アジスアベバ⇒リーブルビル
※移動: エチオピア航空で空路、エチオピアの首都アジスアベバへ。
 ET−609 バンコク    00:35⇒アジスアベバ  05:15
・乗換: アジスアベバ到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: エチオピア航空で空路、ガボンの首都リーブルビルへ。
 ET−925 アジスアベバ  08:50⇒リーブルビル  13:35
*出迎: 現地係員と専用車がリーブルビル国際空港にてお出迎え致します。
*昼食: ローカル・レストラン(軽食)
*行楽: 午後、リーブルビル市内をドライブします。
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: ノボテル・リーブルビル NOVOTEL LIBREVILLE または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>(月)
■行程: リーブルビル滞在
*朝食: ホテル
*手続: 午前、赤道ギニア共和国大使館に赴き、査証を申請します。
*昼食: ホテル または ローカル・レストラン
*手続: 午後、赤道ギニア共和国大使館に赴き、査証を取得します。
     翌日〜翌々日受領の場合、午後は自由行動となります。
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: ノボテル・リーブルビル NOVOTEL LIBREVILLE または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>(火)
■行程: リーブルビル→ランバレネ→リーブルビル
*朝食: ホテル
・自由: 終日、自由行動。
    【オプショナルツアー】
     ご希望の方は中西部のランバレネ観光にご案内致します。
     シュバイツァー病院シュバイツァー博士夫妻の墓オグウェ河畔
     訪れ、観光します。(昼食つき)
     料金はお問い合わせ下さい。
*昼食: ホテル または ローカル・レストラン
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: ホテル・モンフェベ HOTEL MONT-FEBE または同等
     >移動時間→片道約3時間〜約3時間30分
*宿泊: ノボテル・リーブルビル NOVOTEL LIBREVILLE または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>(水)
■行程: リーブルビル⇒マラボ
*朝食: ホテル
・自由: 午前、自由行動。
     査証を月曜日に受領しない場合は、この日にピックアップします。
*昼食: ホテル または ローカル・レストラン
*送迎: 専用車でホテルからリーブルビル国際空港にご案内致します。
※移動: エチオピア航空で空路、赤道ギニア共和国の首都マラボへ。
 ET−040 リーブルビル  21:45⇒マラボ     22:45
*出迎: 現地係員と専用車がマラボ国際空港にてお出迎え致します。
*送迎: 専用車でマラボ国際空港からホテルにご案内致します。
*昼食: ホテル
*夕食: ホテル
*宿泊: バイーア・ホテル HOTEL BAHIA  または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>(木)
■行程: マラボ
*朝食: ホテル
*観光: 終日、ビオコ島の観光に出かけます。
・経路@ 東海岸(マラボ市からリアバ村へ)
 ●車窓−
スーフ川を渡河
 ●車窓−
民家(ブッシュ・ミートを軒下に吊るす家が見られるかも知れません)
 ◎下車−
リアバ村(海の民の村)
・経路A 島南部(リアバ村からルーバ村へ)
 ●車窓−南部の山村
モカに続くけもの道
 ●車窓−
南部の険しい山道
 ◎下車−
ボンベ村(山の民の村。サトウキビ製品を作る場面が見られるかも)
・経路B 西海岸(ルーバ村からマラボ市へ)
 ◎下車−
ルーバ市(石油による経済成長に伴い発展しつつある新興都市)
 ●車窓−
アレーナ・ブランカのビーチ
 ●車窓−
植民地時代の朽ち果てた建物など
*昼食: お弁当
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: バイーア・ホテル HOTEL BAHIA  または同等

<写真:ビオコ島>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>(金)
■行程: マラボ⇒アジスアベバ(機内泊)
*朝食: ホテル
*観光: ビオコ島の北部に位置する赤道ギニアの首都マラボを観光します。
 ◎下車−
植民地時代の建物
 ◎下車−
カテドラル
 ◎下車−
魚市場
 ◎下車−
中央市場
 ◎下車−
ブッシュ・ミートのお店
 ◎下車−
民芸品店
*昼食: ホテル または ローカル・レストラン または 空港のスナック
*送迎: 専用車でホテルからマラボ空港にご案内致します。
※移動: エチオピア航空で空路、アジスアベバへ。
 ET−915 マラボ     14:15⇒アジスアベバ  21:05
・乗換: アジスアベバ到着後、飛行機を乗り換えます。
・宿泊: 機内泊
<写真:カテドラル>

<写真:市場のイメージ>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>(土)
■行程: アジスアベバ⇒バンコク(機内泊またはバンコク泊)
※移動: エチオピア航空で空路、バンコクへ。
 ET−608 アジスアベバ  00:25⇒バンコク    13:15
・乗換: バンコク到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: 国際線(直行便または経由便)で空路、帰国の途へ。
・宿泊: 機内泊/場合によってはバンコク泊(+10,000円)となります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>(日)
■行程: ⇒日本各地
・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
2011年5月〜毎週土曜日に出発設定可能

<最少催行人数 :1名で催行。添乗員つきのみ>


人数 現地発着代 航空券代 合計
1名様から お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください



●お申込期間:出発2週間前まで



●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *空港送迎 日程に<*送迎>と明記された箇所
 *観光費用: 観光にかかる車両・運転手代・ガイド代・入場料
 *送迎費用: 送迎の車両・運転手代
 *食事費用:*日程に<*朝食、昼食、夕食>と明記された箇所
 *地上費用: 送迎や観光の車両代、英語を話すガイド代、入場料・拝観料

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *ガボン、赤道ギニアの査証代(残存期間が6カ月以上、査証欄余白が見開き4ページ
   以上残っているパスポートが必要です)
 *空港使用料 成田空港施設使用料
 *航空保険料追加徴収金、燃油深料金
 *国内線の燃油付加料金
 
*個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物/オプショナルツアー)
 

 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ