異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アジアの旅】
■ 東チモールスペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
東チモール 6泊8日の旅

ここがポイント!

■6泊8日 東チモールの旅■

21世紀最初の独立国、それは東南アジアにあります。
その名は東ティモール民主共和国、通称:東ティモール。
1999年8月30日に、国連主導の住民投票によって、インドネシアの占領から離れ、2002年5月20日、正式に独立しました。

また、インドネシアによる占領以前の旧宗主国がポルトガルであったこともあり、現在ではポルトガル語諸国共同体に加盟しています。
東ティモールをはじめ、ポルトガル、ブラジル、アンゴラ、モザンビーク、サントメ・プリンシペ、カボベルデ、ギニア・ビサウの加盟するその国際協力組織は、加盟国が対等の立場で、文化や経済、政治などの方面で協力をする組織です。

東ティモールは島国で、小スンダ列島に属するティモール島の東部、そしてティモール島西部(インドネシアに囲まれた)飛地のオエクシ・アンベノ、アタウロ島、ジャコ島で構成されています。

首都はディリ。
人口は約114万人。大洋州西部に多い、メラネシア系の住民がほとんどです。
国土面積は15.007㎢(小豆島より少し小さい)。

16世紀にポルトガルによって植民地化されて以来、激動の歴史を体験しました。
ポルトガル植民地となった後、オランダによる侵攻を受け、何度か紛争が起き、1859年には西ティモールはオランダ領となりました。
第二次世界大戦では、中立をまもったポルトガルに代わり、連合国側のオランダ・オーストラリアにより、保護占領されました。
第二次世界大戦が激化すると、日本軍により占領され、戦後はオーストラリア軍の進駐を経て、再びポルトガル領になりました。
1975年、インドネシア軍により侵攻され、1999年にインドネシア支配から解放されるまで、インドネシアに占領されます。
まさに激動の歴史の渦に巻き込まれた土地だったのです。

2,963mの最高峰ラメラウ山をはじめ、東ティモールは6割が山岳地帯となっています。 高温多湿な熱帯雨林が広がり、動植物にも固有種が多いと報告されています。
北部海岸には、珊瑚礁も見られ、南国の植物が出迎えてくれることでしょう。

観光的な開発はまだまだですが、少しずつ、観光客の受け入れ態勢も整ってきています。
この国では、名所旧跡めぐりよりも、この国が味わった歴史の渦の遺産や、手つかずの自然を満喫する旅が主流です。
北部海岸には美しいビーチもあり、ポウサダと呼ばれる南欧風旅館も風情を感じさせてくれます。


============================================================================
<01日目>東京・大阪:毎日/名古屋:(木土)日本各地⇒デンパサール
※移動: ガルーダ・インドネシア航空GAで空路、デンパサールへ。
・到着: 到着後、査証取得→入国→荷物のピックアップ→通関をすませ出口へ。
◎送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
◎宿泊: デンパサール/バリ島の4★クラスのホテル
------------------------------------
<02日目> デンパサール⇒ディリ
◎送迎: 現地係員がホテルから空港にご案内致します。
※移動: メルパチ航空MZで空路、東ティモールのディリへ。  
MZ8480 デンパサール  10:05⇒ディリ     12:55
・到着: 査証取得→入国→荷物のピックアップ→通関をすませ出口へ。
*送迎: 英語ガイドが空港にてお出迎え。ホテルにご案内致します。
*観光: 
約3時間の市内観光にご案内致します。   
   ・ホワイトサンド・ビーチのキリスト像(クリスト・レイ Cristo Rei)   
   ・サンタ・クルーズ墓地(Santa Cruz Cemetery)  
   ・タイベッセ市場(Taibesse Bazaar)  
   ・ディリ大聖堂(Cathedral)   
   ・植民地時代の駐屯地跡(Colonial Military Base)  
   ・ファロル(Farol )の住宅地  
   ・プライア・ドス・コケイロス(Praia dos Coqueiros)
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・エスプラナーデ または同等の4★クラスのホテル
 
<写真:左 ディリ大聖堂/右 クリスト・レイ>
------------------------------------
<03日目> ディリ→ハト・ブイリコ
*朝食: ホテル
*移動: 観光をしながらポウサダ・デ・マウビッセに移動します。
*移動: ディリから観光しながら保養地ハト・ブイリコに移動します。
*観光: 
道中、いくつかのポイントに立ち寄り、観光をします。  
    ・山道を稀有な美しさを誇るダレ(Dare)に向け南下します。そして、
     コーヒー農場、ベシラウ(Becilau)、ユーカリの群生を通ります。
    ・歴史に彩られた小さな村アイレウ(Aileu )を訪れます。
    ・保養地ポウサダ・デ・マウビッセ(Maubisse)で休息します。  
     ポウサダ・デ・マウビッセは昔のポルトガル・スタイルの旅館です。
    ・チモール・コーヒーのテイスティングをします。
*昼食: ポウサダ・デ・マウビッセ
*移動: この日の最終目的地ハト・ブイリコ(Hato-Builico)へ。
*夕食: ゲストハウス
*宿泊: ゲストハウス
------------------------------------
<04日目> ハト・ブイリコ→バウカウ
*行楽: 
早朝のトレッキング(午前3時出発)
     ラメラウ山の登頂を目指します。山頂に立ち、眺望を楽しみます。
*朝食: ゲストハウス
*移動: サメに向け、移動します。
     風が吹き抜け、冷涼なフレチャ(Flecha)街道をサメ(Same)へ。  
     驚くべき眺めと息を呑むような崖そして深い谷を進みます。
*昼食: サメにて。スタッフが料理、またはローカルな食堂。
*移動: 南海岸のベタノ(Betano)を通り、ナタルボラ(Natarbora )へ。
*観光: 
道中、いくつかのポイントに立寄り、観光をします。
    ・ビケケ(Viqueque)に向けて走る途中、川をいくつか渡ります。  
    ・ビケケの街では市場を訪問します。  
    ・オッス(Ossu )、貴族の一族の住まうバニラレ(Vanilale)を訪れ、  
     第二次世界大戦に於ける旧日本軍の洞窟も訪れます。
    ・保養地ポウサダ・デ・バウカウ(Pousada de Baucau )に到着です。
*夕食: ポウサダ・デ・バウカウ
*宿泊: ポウサダ・デ・バウカウ
------------------------------------
<05日目> バウカウ→ロスパロス
*朝食: ポウサダ・デ・バウカウ
-自由: 午前、自由行動。   
   ◎東チモール第二の都市バウカウの街の散策にご案内致します。  
   ◎ポウサダのプールでお過ごし頂いても結構です。
   ◎市内から5kmほど離れたビーチに行くこともできます。
*移動: バウカウからコムのビーチに向けて移動します。   
     ラガ(Laga)そしてラウテム(Lautem)を通ってコム(Com)へ。
*観光: 
途中、TUACAと呼ばれる椰子の地酒の簡単な蒸留所を訪問します。
*昼食: コム・ビーチ・リゾートにて昼食。
*移動: 本日の最終目的地、ロスパロス(Lospalos)に向け、移動します。
*観光: 
道中、昔のお墓、伝統家屋を見学します。  
*夕食: ホテル・ロベルト・カルロス
*宿泊: ホテル・ロベルト・カルロス

<写真:左 バウカウ ビーチ/右 バウカウ 教会>
------------------------------------
<06日目> ロスパロス→ディリ
*朝食: ホテル・ロベルト・カルロス
*移動: この日、首都ディリに戻ります。  
     ラウテム(Lautem)を通ってバウカウ(Baucau)へ向かいます。
*観光: 
道中、いくつかのポイントに立寄り、観光をします。  
    ・ラレイア(Laleia)村では古色を帯びた教会を拝観。  
    ・マナトゥト(Manatuto)村では泥細工などを見ます。
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・エスプラナーデ または同等の4★クラスのホテル
------------------------------------
<07日目> ディリ⇒デンパサール
*朝食: ホテル
*送迎: 英語ガイドがホテルから空港にご案内致します。
※移動: メルパチ航空で空路、デンパサールへ。  
MZ8490 ディリ     13:35⇒デンパサール  14:30
◎出迎: ガイドが空港にてお出迎え致します。
◎観光: 
半日、バリの名刹めぐり(未定)
◎夕食: シーフードのローカル・レストラン   
   夕食後、空港にご案内致します。
・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<08日目> デンパサール⇒日本各地
※移動: ガルーダ・インドネシア航空で空路、帰国の途へ。
・帰国


============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
※この旅行は発着地点が変わることもあります
 毎日出発(名古屋発の場合毎週木、土曜日出発)

<最少催行人数 :
1名様より催行>添乗付き


人数 現地発着代 航空券代 合計
1名様 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
2名様
3名様~
一人部屋追加料金


☆2日目にテント泊の可能性がございます。  寝袋・インナーシーツはご自身でご持参下さい。


●お申込期間:出発2週間前までに申し込んでください




●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *空港送迎 日程に<*送迎>と明記された箇所
 *観光費用: 観光にかかる車両・運転手代・ガイド代・入場料
 *送迎費用: 送迎の車両・運転手代
 *食事費用:*日程に<*朝食、昼食、夕食>と明記された箇所
 *地上費用: 送迎や観光の車両代、英語を話すガイド代、入場料・拝観料

 
●現地発着料金に含まれないもの
 *食事についているコーヒー、紅茶以外の飲み物
 *デラックスルームへのグレードアップグレードや追加シングルルーム料金
  (ジワリン・アマンコラなど通常料金のほかに通過料金が必要な宿泊施設もあります)
 *グループ内で別行動する場合の追加専用車及び追加英語ガイド料金
 *
日本語ガイド料金は別途かかります
 *オプショナルの手配に関わる経費(ミーティングや展示会、交流会、仏式結婚式、チベット仏教法要など)
 *その他、個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物)とそれに関わる税金、サービス料

 
電話でのお問合せは・・・・080-5028-6007 まで
▲TOPへ