異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【その他】
■ イギリススペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
  
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
 イギリス歴史散策A 
長州五傑の軌跡 6日間の旅
(幕末、攘夷論に沸く長州藩からきた五人の留学生たちの軌跡)
ここがポイント!

イギリス歴史散策A 長州五傑の軌跡4泊6日

◆幕末、攘夷論に沸く長州藩から五人の留学生がロンドンに赴いた◆

   ★内閣の父・伊藤博文 (右上)
   ★外交の父・井上馨  (左下)
   ★工学の父・山尾庸三 (右下)
   ★鉄道の父・井上勝 (中央)
   ★造幣の父・遠藤謹助 (左上)

後世の人々は、彼らを
『長州五傑』と呼びます。
文久三年(1863年)から元治元年(1864年)にかけて久坂玄瑞、高杉晋作を 中心とする長州藩は、下関を中心に、外国船に対する砲撃を行い、その報復を受け、 たび重なる異国との戦いの中で、国の内外に攘夷の急先鋒であることを示しました。

一方で長州藩は敵と戦うには敵の文明を知る必要があることを痛感していました。
攘夷の嵐の中、長州藩は藩の命令で3人の留学生をロンドンに送ることにしました。 のちに伊藤博文・遠藤謹助が加わり5人になった留学生は密航し、海路ロンドンへ。
彼らはユニバーシティ・カレッジ・ロンドンに学び、欧州文明を吸収したのです。 攘夷の非を藩に伝えんがため帰国した伊藤博文・井上馨はのちに政治の道を歩みますが、 残る3人はそれぞれ工学、鉄道、造幣を学び、明治の世に役立てました。

この旅では、長州が生んだ5人の先駆者たちの、英国での軌跡を辿ります。

<観光の見どころ>
長州五傑の軌跡(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン ロンドン大学外観と長州五傑の碑見学
ガワー通り103番の家「井上馨・山尾庸三寓居跡
プロヴォスト街・フェローズ・ロード 「伊藤博文・井上勝・遠藤謹助寓居跡(ウィリアムソン教授宅)」
山尾庸三の軌跡 旧ロベルト&サンズ社「ネイピア造船所跡」、ストラスクライド大学「アンダーソン図・カレッジ跡」

※ロンドン1泊延泊プランもあります。
長州とも縁の深いアーネスト・サトウの軌跡を追います。

推奨モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
<01日目>(土) 成田⇒ロンドン(LHR=ヒースロー)
※移動: 国際線で空路、ロンドンへ。
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*宿泊: (ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンに近い4★ホテル)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<02日目>(日) ロンドン
*朝食: ホテル
*視察: 
長州五傑の軌跡(順不同)  
    @ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)  
     大学構内「エントランス・ホール」外観   
     大学構内「長州五傑の碑」   
    Aガワー通り   
     ガワー通り103番の家「井上馨・山尾庸三寓居跡」  
    Bプロヴォスト街・フェローズ・ロード
      「伊藤博文・井上勝・遠藤謹助寓居跡(ウィリアムソン教授宅)」

*昼食: パブ(英国らしさを感じさせるパブ・ランチ)
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: (ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンに近い4★ホテル)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<03日目>(月) ロンドン→グラスゴー
*朝食: ホテル
*送迎: お車(タクシーの場合もあります)で駅にご案内致します。
*移動: 列車でグラスゴーへ。
*送迎: お車(タクシーの場合もあります)でホテルにご案内致します。
*昼食: ローカル・レストラン
*視察: 
山尾庸三の軌跡  
    @旧ロベルト&サンズ社「ネイピア造船所跡」  
    Aストラスクライド大学「アンダーソンズ・カレッジ跡」

*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<04日目>(火) グラスゴー→ロンドン
*朝食: ホテル
*送迎: お車(タクシーの場合もあります)で駅にご案内致します。
*移動: 列車でグラスゴーへ。
*送迎: お車(タクシーの場合もあります)でホテルにご案内致します。
*昼食: ローカル・レストラン
<自由: 午後は自由行動となります。>
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: クラリッジズ(徳川幕府遣欧使節団一行の泊まったホテル)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<05日目>(水) ロンドン⇒
*朝食: ホテル
*送迎: 現地係員がホテルにてお出迎え、ヒースロー空港にご案内致します。
※移動: 国際線で空路、帰国の途へ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<06日目>(木) ⇒成田空港
※帰国


◆ロンドン1泊延泊プラン◆ 
添乗員はこのコースの為、残留します。
*朝食: ホテル
<自由: 午前、自由行動>
*観光: 
幕末期に日本で活躍し、長州とも縁の深いアーネスト・サトウの軌跡
◎オタリー村OTTERY ST.MARY  
   ・オタリー村「アーネスト・サトウの住んだ街」  
   ・オタリー・セント・メリー教会「アーネスト・サトウ墓」

*昼食: ローカル・レストラン
<自由: 午後は自由行動となります。>
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: (ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンに近い4★ホテル)



============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
============================================================================
2010年5月〜10月中旬 毎週土曜日出発 


 <最少催行人数 :
1名から催行。定員6名。
添乗付き/無
 
    料金はお問い合わせ下さい


              
●お申込期間:出発2週間前まで

●旅行代金には下記のものが含まれます*
 *明記された送迎
 *明記された観光 
 *明記された食事
  
●旅行代金に含まれないもの
 *国際航空券
 *空港使用料 (成田空港施設使用料¥2,040)
 *空港使用料 
 *燃油サーチャージなど
 *その他、個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物)とそれに関わる税金、サービス料
  

 

電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ