異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平 洋 カリブ海 北 米他 アジア その他

トップ年末年始スペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

知られざる香港/澳門
2017年09月16日(土)成田空港出発

香港ウォーキング・ツアー
パワースポットと歴史の小径
+ビクトリア・ピーク 5日間

ANA利用
ありそうでなかった、香港のウォーキング・ツアー第一弾。
今回はパワースポットと歴史ある町並みを歩きます。
健脚向けですが、我々のイメージする香港とは違った風景をお楽しみ頂けます。 (By 本庄久美)
ここがポイント!


★香港ウォーキング・ツアー★

<香港のパワースポットと歴史の小径>

★香港のちょっと変わった旅

観光の日はバスに乗って通りをまたぐ看板がひしめく中を進み、無料の観光地を回り、
飲茶のお店でランチを食べ、無料の観光地を巡り、最後はおみやげ屋を四~五軒。
フリータイムでは離島に行ったり、マカオに行ったり、広州に行ったり・・・
MTRやトラムやスターフェリー、二階建てバス、そしてピークトラム・・・
香港の旅の印象は・・・飲茶とヴィクトリア・ピークと夜景・・・そして、忙しい毎日。

今回の香港は、そんな香港の印象とはちょっと違う場所に行きます。
それは・・・ パワースポットと、古き良き香港と、奇岩をめぐるハイキング・ルート・・・


<観光の見どころ>

 
婚姻石 LOVER'S ROCK
 イギリス植民地時代、崖崩れ防止の工事が行われている最中、巨大な石柱が出土。
 その際、石柱は草に覆われており、まるで毛髪の生えた人の姿のようであったと
 いいます。それ以来、ふしぎな形をした石柱に、霊験があると信じた近隣住民が
 石柱に酒や縁起物を供物として備えるようになり、願をかけるようになりました。
 1964年(昭和39年)この石柱に願をかけ、願いが成就した人々がお布施を出し、
 石柱に装飾を施し、石柱の表面に人の姿を描きました。さらに、参拝者たちが
 観世音菩薩を奉納したり、祭壇を設けたりして、パワースポットとして知られて
 ゆきました。旧暦の1日と15日の基地実、旧暦の6日、16日、26日の所謂
 “石公石婆誕”には、縁結びや、良縁を祈願する参拝者が増えていったそうです。
 婚姻石のハイキング・ルートの途中、香港島北岸の景色が見られる展望所があり、
 ハイキング客たちは湾仔、金鐘、中環等のビル街の眺望を楽しむことができます。

 

 
湾仔歴史地区 HISTORIC WANCHAI
 香港島の北部、湾仔には、古き良き香港の史跡建築物がたくさん、残っています。
 今回、婚姻石から湾仔歴史地区を通り、中環スターフェリー埠頭までを歩きます。
 湾仔歴史地区には、郵政局や、施療院跡、道教寺院や道教の祠、モダンなレンガ
 づくりの洋館、街市と呼ばれるエネルギッシュな青空市場など、レトロな香港が
 目に飛び込んできます。この史跡のエリアはぜひ、ゆっくりと歩いてみましょう。


 
黄大仙 SIK SIK YUEN WONG TAI SIN TEMPLE
 香港で最も有名な道教寺院の一つである黄大仙廟。ここに祀られている黄大仙の
 本名は、黄初平といいます。黄初平は、晋(晉)朝(265年 - 420年)の時代の
 西暦328年、浙江省金華県の貧しい家庭に生まれ、生活費を稼ぐために8歳の
 時から放牧に従事し、15歳の時に故郷の金華赤松丘で仙人と出会います。彼は
 修業のため、親元を離れ、山奥に籠って何十年も修練を積み、ついに仙人になり
 ました。40年後、黄初平の兄が山に訪問、兄弟は再会を喜びました。黄初平は、
 指で石を羊に変えたのを見た兄も、修練をしようと決めたという故事があります。
 漢人たちが黄大仙に祈りを捧げ、供物を供える姿に、漢人の信仰や宗教観を知る
 ことができます。また、この祠のめだまは占い。黄大仙籤という、竹の棒と竹の
 筒を使う御神籤です。作法は添乗員がお教えします。境内には占いのスタンドも
 あり、占い師たちが運勢を占ってくれます(有料)。さて、あなたの運勢は???

 寺院としての正式名称は『嗇色園黄大仙廟』
 嗇色の“嗇”の字は、日本では、“吝”を頭につけて、ケチとなるので、ちょっと
 ネガティブなイメージがあります。嗇とは「節約し、浪費せず、物を大切に」と
 いう意味で、余計な欲を抑え、自分の行為を反省し、悟りの境地に到るまで常に
 修練することを教えています。

 黄大仙廟の役割
 1915年、道教の導師である梁仁庵という方が、西樵山から渡来して、湾仔の
 あたりに壇を設け、道教を布教しました。1921年、黄大仙のお告げにより、
 現在の九龍半島獅子山(ライオン・ロック)の麓に廟を建立しました。それは、
 風水も関係しているそうです。ライオン・ロックからは威圧感や殺気がでている
 そうで、その威圧感や殺気を緩和する上で、黄大仙廟が役立っているとの事です。

 黄大仙廟の建築様式と伽藍配置
 建築様式は典型的な道教寺院様式で黄金色の屋根に、赤い装飾のお堂があります。
 風水を取り入れた伽藍配置がなされているのが特徴です。創建当時は「大雄宝殿」、
 「麟閣」に寺務所、僧院としての寮、井戸だけの小さな廟でしたが、1937年、
 「寺院を永久に存続されるには伽藍配置は風水の五行に基づいて行うべし」という
 お告げがあり、新しく設計が行われました。飛鸞台(会員のみが入場可)は金形、
 經堂は木形、玉液池は水形、盂香亭は火形、照壁は土形という具合に五つの元素が
 揃って対極となる陰陽のバランスが取れ、宇宙と共栄共生できるといわれています。


 
獅子山(ライオン・ロック) LION ROCK
 MTRの黄大仙駅を出て、振り返ったら、背後に聳える山にご注目!山の外れに
 獅子の頭の様な岩塊をみることができるでしょう。遠くを見据えた獅子は威圧感、
 そして殺気すら感じさせます。黄大仙廟はまさにこの咆哮する獅子を風水の力で
 封じるという役割を果たしているのだとか。今回の旅では、この獅子岩の、頭の
 部分までハイキングをします。健脚向けのコースですが、ぜひ、ご参加下さい。


 
望夫岩 AMAH ROCK
 獅子山郊野公園 LION ROCK COUNTRY PARK 内の獅子山隧道公路 LION ROCK
 TUNNEL 入口の上の方に立つ奇岩です。赤ちゃんをおんぶする女性のようにも
 見える岩で、ある漁師の妻の悲話が伝わります。良妻賢母として知られた漁師の
 妻は、ある日、海難事故で夫を亡くしました。妻は夫の死を受け入れられず、戻って
 くると信じ、毎日、沙田區の丘の上に登って、夫の帰りを待っていたそうです。
 その誠実さを哀れに思った海と漁業の女神“媽祖”の力で岩となり、妻の魂魄は、
 夫の魂魄と結ばれたといいます。望夫岩からは、香港・新界の沙田區の全体が
 見渡せます。
 鉄道やバスからも望めますが、今回はハイキングで望夫岩のそばまで近づきます。

 


 
ビクトリア・ピーク VICTORIA PEAK
 ある意味香港の象徴のひとつと言っても過言ではない、百万弗の夜景の名所です。
 ピークトラムやバスで簡単に頂上に行けるビクトリア・ピークですが、この旅は
 テーマ通り、山麓から歩いて山頂を目指します。午後、涼しくなってから山頂へ。
 車道から遊歩道に入るとそこはもう自然の中。鳥のさえずりや木漏れ日がここが
 香港であることを忘れさせてくれます。途中、イギリス領時代に作られた庭園や、
 まだ発展を続ける香港のビル街を眼下に見下ろす展望台等があって、楽しめます。
 山頂に着いたら、カフェ等でお茶を飲みながら日没を待ちます。百万弗の夜景を
 見たら、レストランで夕食をとって、最後はピークトラムに乗って、下山します。


 
のりもの体験: 
 今回の旅では、スターフェリー、バス、MTRに乗ります。
 スターフェリーは、九龍の尖沙咀と香港島の中環を結ぶ定期航路です。
 楕円形のフェリーはどちらも前。目的の埠頭に着いても、船を旋回させず、今度は後ろ 向きに進みます。乗客は、椅子の向きを変えるだけ。そんなスターフェリーは香港の   交通の花形です。



============================================================================


====================================
<01日目>09月16日(土)
■行程: 成田空港⇒香港
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ANAで空路、香港へ。
 NH-809 成田空港    10:05⇒香港    13:45
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
・・自由: 午後、自由行動(ご希望の方は九龍散策に実費でご案内致します)
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: マルコポーロ香港酒店(馬哥孛羅香港酒店)スタンダード部屋/同等
------------------------------------
<02日目>09月17日(日)
■行程: 香港
*朝食: ホテル
*移動: 徒歩で尖沙咀渡輪碼頭(天星碼頭)へ。
*移動: スター・フェリーで中環埠頭へ。
*移動: ビクトリアピーク山頂行き新巴 (First Bus)15番で港安醫院へ。
*歩行: 寶雲道 BOW WEN ROAD 入口から婚姻石ハイキング20~30分
*拝観: 婚姻石
 ○
婚姻石 LOVER'S ROCK
*歩行: 寶雲道 BOW WEN ROAD 入口に戻り、湾仔歴史地区を歩きます。
 ☆寶雲道 BOW WEN ROAD 入口
   ↓
  (湾仔)
   ↓
 ○
北帝古廟(玉虚宮) PAK TAI TEMPLE
  1862年(日本では文久2年。孝明天皇の御代。江戸幕府第十四代将軍・
  徳川家茂/禁裏御守衛総督・徳川慶喜の治世)建立の、北方真武玄天上帝を
  祀る道教寺院。海の女神である天后も合祀されています。
   ↓
 ○
藍屋 BLUE HOUSE
  20世紀初頭に、寺院の附属施療院として建設された建物で、現在は湾仔の
  ライフスタイルを紹介する資料館“香港故事館”として、開放されています。
   ↓
 ○
旧湾仔郵政局 OLD POST OFFICE of WANCHAI
  古色蒼然とした旧郵政局の建物は現在、湾仔環境資源中心としてエコロジー、
  リサイクルに関する資料館として開放されています。歴史的建造物資料あり。
   ↓
 ○
交加街 CROSS STREET
  香港人の生活パワーを感じる典型的な街市。路上に露店が並ぶ風景は、古き
  良き香港の姿を現在に伝えています。お店をのぞいてそぞろ歩きも楽しい!
   ↓
 ○
洪聖廟 HUNG SHING TEMPLE
  1847年(日本では弘化4年。孝明天皇の御代。江戸幕府第十二代将軍・
  徳川家慶の治世)に建立された、漁民の守護神を祀る小さな道教寺院です。
  屋根の  上にご注目!漢人の故事を表す陶器の人形が載せられています。
   ↓
 ○
南固臺 NAM KOU TERRACE
  1918年(日本では大正7年)に香港の大富豪・杜氏によって建てられた
  豪邸。赤煉瓦で作られた植民地風建築も、ガジュマルに呑まれかけています。
   ↓
 ○
ザ・ポウン THE PAWN
  廣東スタイルと呼ばれるベランダのついたショップ・ハウスで、もともとは
  質屋の建物で、現在ではレストランとなっています。付近の歩道は趣あり!
   ↓
  (中環)
   ↓
 ○
皇后像廣場 STATUE SQUARE
  1896年(日本では明治29年)にヴィクトリア女王即位60周年を記念
  して造られ、当時は女王の銅像(現在はビクトリアパークへ)がありました。
   ↓
 ☆中環7號渡輪碼頭(天星碼頭)
*昼食: ローカル食堂
*移動: スター・フェリーで尖沙咀へ。
*夕食: ローカル・レストラン(広東料理)
*宿泊: マルコポーロ香港酒店(馬哥孛羅香港酒店)スタンダード部屋/同等
------------------------------------
<03日目>09月18日(月)
■行程: 香港
*朝食: ホテル
*移動: 徒歩でMTR尖沙咀駅へ。
*移動: MTRで油痲地/旺角へ。乗り換えて、黄大仙へ。
*拝観: 黄大仙廟
 ○
黄大仙廟 SIK SIK YUEN WONG TAI SIN TEMPLE
*歩行: 黄大仙廟から獅子山~望夫岩ハイキングへ。
 ※このコースは健脚向けです。但し、素晴らしい眺望が楽しめます。
  石段を登ったり、急な坂を登ったり、岩を迂回したりと苦労も多い道ですが、
  登り切った達成感は眼下に見える香港を見た時にふつふつと湧いてきます。
 ○
獅子山 LION ROCK
   ↓
 ○
望夫石 AMAH ROCK
   ↓
 ☆MTR黄大仙駅
*昼食: ローカル食堂
*移動: MTRで油痲地/旺角へ。乗り換えて、尖沙咀へ。
*夕食: ローカル・レストラン(広東料理)
*宿泊: マルコポーロ香港酒店(馬哥孛羅香港酒店)スタンダード部屋/同等
------------------------------------
<04日目>09月19日(火)
■行程: 香港
*朝食: ホテル
・・自由: 午前、自由行動。12:30にホテルのロビーにお戻り下さい。
*昼食: 地元のレストランのランチ・タイムを体験
*移動: 徒歩で尖沙咀渡輪碼頭(天星碼頭)へ。
*移動: スター・フェリーで中環埠頭へ。
*移動: ビクトリアピーク方面行き巴士( Bus)13番で終点まで行き、下車。
*歩行: バスの終点から歩き始めます。
 ☆13番バス終点
   ↓
 ○
晨運徑 MORNING TRAIL: 登山コース入口。もはや香港とは思えない自然路。
   ↓
 ○
石段: 600mほど歩くと、森林の中を通る石段があり、そこを登ります。
   ↓
 ○
松林炮臺: 20世紀初頭、旧宗主国イギリスが設置の砲台遺跡があります。
   ↓
 ○
龍虎山健身徑: この標識が見えたら石段のある道に入り、登ってゆきます。
   ↓
 ○
山頂: ビクトリアピーク山頂。まずは日中の香港の眺望をお楽しみ下さい。
 ○
百万弗の夜景: 日没後まで滞在します。香港名物の夜景をお楽しみ下さい。
*夕食: 山頂のローカル・レストラン
*移動: ピークトラムに乗車、山麓駅へ。ビルが斜めって見えるのは錯覚です。
*移動: バスに乗車、中環埠頭方面へ。
*移動: スター・フェリーで尖沙咀駅へ。
*宿泊: マルコポーロ香港酒店(馬哥孛羅香港酒店)スタンダード部屋/同等
------------------------------------
<05日目>09月20日(水)
■行程: 香港⇒成田空港
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ANAで空路、成田空港
 NH-810 香港      14:55⇒成田空港    20:15
・・帰国
------------------------------------


====================================


============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 

 2017年09月16日(土)
 成田空港発 ANA利用
 添乗員が同行/合流し、お世話致します。




 <最少催行人数 :
1名で催行。定員6名>
  添乗員なし/添乗員同行 

航空券代 現地費用 合計代金
01名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
02名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
03名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
04名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
05名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
06名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問合わせ下さい


●お申込期間: 出発2週間前まで



●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *宿泊: 下記のホテル または同等クラスのスタンダード部屋
  ・・香港: マルコポーロ香港酒店(馬哥孛羅香港酒店)スタンダード部屋/同等
 *食事: 朝食4回/昼食4回/夕食4回
 *交通: 下記の車両/船舶を利用します。
   ・・香港: 送迎は混載車/観光はスターフェリー、バス、MTR、ピークトラムを利用。
 *航空: 日本⇔香港 航空券(税・燃油代込)
 *案内: 英語の係員がサポート致します。
 *観光: 入場箇所の入場料/拝観料
 *税金: 宿泊税/観光税
 *添乗: 添乗員の交通費/宿泊費/食費/観光同道経費/査証代/現地での通信費


●ご旅行代金に含まれないもの
 x 通信費: 現地でご利用になる通信費(電話/FAX/ネット)利用費用
 x 飲食代: 明記されない食事代/飲物代/お部屋のミニバーやルーム・サービス
 x 個人費: 洗濯代/ホテルや観光施設の有料サービス・施設使用料
 x 観光費: オプショナル・ツアー
 x 経由地: 経由地での諸経費
 x チップ: ガイドや運転手へのチップ/ホテルの枕銭
 x 渡航費: 旅券(パスポート)申請/更新/査証欄増補などの費用
 x 査証代: 査証が必要な国籍をお持ちのお客様の査証代代金


●旅券(パスポート)/査証(ビザ):
 ・・旅券(パスポート):
   ・帰国日の翌日から起算して6カ月以上の残存有効期間があることが望ましい
   ・未使用の査証欄が2頁以上あることが望ましい。

 ・・査証(ビザ): 日本国籍のお客様は不要です。日本国籍以外をお持ちのお客様は
   御相談下さい。



 

電話でのお問合せは・・・・080-5028-6007 まで

▲TOPへ