異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アジアの旅】
■ ラダック&ザンスカールトスペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
チベット文化圏(インドA)
ザンスカール名刹巡りとプクタル僧院トレッキング
(15日間)

ここがポイント!

     
<ザンスカールの中心パドゥム(イメージ)>  <ランドゥム・ゴンパ(イメージ)>

■ザンスカール■

ザンスカール(インド)


ザンスカールへの旅行プランは06月中旬から10月中旬までの限定プランです。 10月下旬から6月上旬までは、雪と氷に閉ざされるので、観光には向きません。 この時期のザンスカール地方は、広義のラダック地域の中でも、陸の孤島と化し、 大雪と寒さは人々に、地球上でも珍しいくらい過酷な生活を人々に強いています。

インドのチベット仏教圏といえば、ラダックが有名です。そのラダックの更に奥、 インダス川と7,000m級の山々に囲まれた場所にザンスカールがあります。 ラダックの奥座敷か、はたまた隠れ里か・・・ 荒涼とした大地の光景と、一面の草原が広がる光景、雪を戴いた山々の光景とが 織りなす景観は、驚きに値します。

ラダックからザンスカールと広がる地域に最初に痕跡を残した人類は青銅器時代の 人々です。更に狩猟を生業とする人々が中央アジアあたりから流れ込んできました。 そして紀元前2世紀頃、最初の仏教がこの地に伝播しました。 時は下って7世紀になると、チベットの吐蕃王国がラダック方面を支配するに至り、 チベット系民族が流入してきました。8世紀頃にはチベット仏教が伝播しました。 10世紀になると中央チベットの有力豪族の一派であるキデ・ニマゴンが渡来して、 ラダック王国を建国しました。ラダック王国は17世紀のシンゲ・ナムゲル王時代、 最盛期を迎えます。ザンスカールはその時代にラダック王国に降ったと言われます。 しかし、1630年に西チベットのグゲ王国を征服・滅亡させた頃からラダックに 陰りが見え始めます。やがて、チベットのダライ・ラマの傘下に降り、衰退の途を 辿ることになります。イスラム勢力の拡大に伴い、ラダックとザンスカールを結ぶ 地域はイスラム勢力に分断されます。現在のカルギルにイスラム教徒が多いことで その複雑な地域の歴史をうかがい知ることができます。カルギルの街は一種独特の 雰囲気があります。現在はインドのジャンムー・カシミールの一部となっています。 ザンスカールから山道を南下すると、マナリ方面に抜ける交易のルートがあります。

ザンスカール
ザンスカールはレーやアルチ、ラマユルなどのインダス川流域やその周辺と違い、 非常に険しい山の尾根や頂上に僧院が建てられている場所が多いのが特徴です。 とくにプクタル僧院は、足で歩かない限り辿りつけない場所に建立されています。 西チベットに匹敵すると言われる過酷な自然条件の中で、ザンスカールの人々は 伝統の生活文化と、チベット仏教を守りながら今日も静かに生活しているのです。


<おもな観光ポイント>
ポタン僧院: ダライ・ラマ14世がカーラチャクラ儀式を行った僧院
パドゥム僧院跡: 遺跡から眺めるパドゥムの街の風景はとても美しい
ピピティン僧院展望台: 乳房のような形状の丘に建つゲルク派の僧院
金剛界五仏磨崖佛: 大日、阿?、宝生、阿弥陀、不空成就の五如来像
スタグリモ・ゴンパ: 17世紀に建立のドゥク派の僧院で景色がよい   
パルダン・ゴンパ: 壁面に描かれたマンダラが美しいドゥク派の僧院   
古都ザンラ: ザンラ王の屋敷、旧王宮、洞窟僧院、尼僧院が残る古都   
トンデ寺: カギュ派の僧院として創建され、現在はゲルク派に属する   
ザンスカール地方の民家: 今回は民家でザンスカールの家庭料理を!
プクタル・ゴンパ: 崖に空いた洞窟を中心とした名刹。トレッキングが唯一の交通手段 
サニ・ゴンパ: 2世紀にカニシカ王が建立した仏塔が起源と言われる   
ゾンクル石窟僧院: カギュ派の始祖の高僧ナローパが建立の洞窟僧院   
チューチグザル僧院: 十一面千手観世音菩薩像を祀るゲルク派の僧院   
カルシャ僧院: 15世紀建立のゲルク派僧院でザンスカール随一の名刹   
ランドゥム僧院: ザンスカールの玄関口。荒涼とした大地に建つ僧院   
ザンスカールの景観: 高山、氷河、荒野、草原、集落、寺院が美しい
≪途中で訪れる予定のラダックの名刹≫
アルチ・チョスコル・ゴンパ: 平坦な地に建立された僧院で、美しい仏教壁画の宝庫
ラマユル・ゴンパ: 密教の行者ナローパが瞑想した洞窟から発展した16世紀の名刹
弥勒菩薩磨崖佛: 巨大な弥勒菩薩立像(レリーフ)。付近にシェルゴル洞窟僧院あり。
この旅程に適する航空会社

【MH】 マレーシア航空 税・燃油付加料金・発券手数料込110,000円より  
 ※マレーシア航空ご利用の場合は、帰国日時は日程通り、日曜日の帰着になります。  ★往路 成田 (土)発〜デリー(土)着
 MH−089 土 成田空港    10:30⇒クアラルンプール16:45 
 MH−190 土 クアラルンプール18:20⇒デリー     21:20
★復路 デリー(土)発〜成田 (日)着
 MH−191 土 デリー     23:00⇒クアラルンプール06:55翌日
 MH−088 日 クアラルンプール11:00⇒成田空港    19:10
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【TG】 タイ国際航空 税・燃油付加料金・発券手数料込 200,000円より  
※タイ航空ご利用の場合は、帰国日時は日程通り、日曜日の帰着になります。
★往路 成田 (土)発〜デリー(土)着
 TG−641 土 成田空港    11:00⇒バンコク    15:30 
 TG−315 土 バンコク    17:55⇒デリー     20:55
★復路 デリー(土)発〜成田 (日)着
 TG−316 土 デリー     23:30⇒バンコク    05:25翌日
 TG−676 日 バンコク    07:35⇒成田空港    15:45
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【AI】 エアインディア税・燃油付加料金・発券手数料込 200,000円より  
※エアインディアご利用の場合は、帰国日時は日程通り、日曜日の帰着になります。
★往路 成田 (土)発〜デリー(土)着
 AI−307 土 成田空港    12:00⇒デリー     17:45
★復路 デリー(土)発〜成田 (日)着
 AI−306 金 デリー     20:50⇒成田空港    08:00 翌日 


============================================================================
<01日目> (土) 成田空港⇒デリー
※移動: 国際線で空路、アジア諸都市を経由して、インドの首都デリーへ。
*送迎: 日本語ガイドが空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*宿泊: インペリアル・ホテル (インペリアル・ルーム) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目> (日) デリー⇒レー→アルチ→ヌルラ (泊)
*朝食: ホテル または お弁当BOX
*送迎: 現地係員がホテルから空港にご案内致します。
*移動: 国内線で空路、ラダックの中心レー(標高3,505m)へ。
 9W−609 デリー     05:40⇒レー      06:55 (例)
*移動: 到着後、レーより標高の低いヌルラ Nurla (標高3,000m)へ。
*観光: 【
アルチ・チョスコル・ゴンパ
     ・11世紀建立。平坦な地に建立された数少ない僧院で、美しい仏教壁画の宝庫。
*昼食: ローカル食堂 または お弁当 (アルチ)
*散策: ヌルラの村を散策します。
*夕食: ローカル食堂 または ホテル (ヌルラ)
*宿泊: ファトヨク・リゾート (竹造りのコテージ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目> (月) ヌルラ→ラマユル→ムルベク
*朝食: ホテル (ヌルラ)
*移動: ムルベクに移動します。
*観光: 【
ラマユル・ゴンパ
     ・16世紀建立。密教の行者ナローパが修行したのが起源のラダック屈指の名刹
*昼食: ローカル食堂 または お弁当(ラマユル)
*散策: ムルベクの村を散策します。有名な【
弥勒菩薩磨崖佛】をご覧頂きます。
*夕食: キャンプ (ムルベク)
*宿泊: ヌン・クン・デラックス・キャンプ (ムルベク)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目> (火) ムルベク→ランドゥム
*朝食: キャンプ (ムルベク)
*移動: 狭義のザンスカールの玄関口、ランドゥムに移動します。
*昼食: ローカル食堂 または お弁当
*夕食: キャンプ (ランドゥム)
*宿泊: ヌン・クン・デラックス・キャンプ (ランドゥム)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目> (水) ランドゥム→パドゥム
*朝食: キャンプ (ランドゥム)
*移動: ザンスカールの中心パドゥムに移動します。
*観光: 途中、ランドゥム僧院に立ち寄り、拝観します。
*昼食: ローカル・食堂 または お弁当
*観光: パドゥムを基点に周辺を観光します。
    ・
パドゥム僧院跡: 遺跡から眺めるパドゥムの街の風景はとても美しい
    ・
ピピティン僧院展望台: 乳房のような形状の丘に建つゲルク派の僧院
    ・
金剛界五仏磨崖仏: 大日、阿?、宝生、阿弥陀、不空成就の五如来像
    ・
スタグリモ・ゴンパ: 17世紀に建立のドゥク派の僧院で景色がよい
 
 <ピピティン・ゴンパ(イメージ)>     <金剛界五仏磨崖佛(イメージ)>
*昼食: ローカル食堂(僧院の食堂や、お弁当になることもあります)
*夕食: ホテル (パドゥム)
*宿泊: ホテル・ジケット Hotel GYIKETまたは同等 (パドゥム)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目> (木) パドゥム
*朝食: ホテル (パドゥム)
*観光: 終日、パドゥムを基点に周辺を観光します。
    ・
パルダン・ゴンパ: 壁面に描かれたマンダラが美しいドゥク派の僧院
    ・
古都ザンラ: ザンラ王の屋敷旧王宮洞窟僧院尼僧院が残る古都
    ・
トンデ寺: カギュ派の僧院として創建され、現在はゲルク派に属する
    ・
ザンスカール地方の民家: 今夜は民家でザンスカールの家庭料理を!
 
 <バルダン・ゴンパ(イメージ)>      <ザンラ王宮跡(イメージ)>
*昼食: ローカル食堂(僧院の食堂や、お弁当になることもあります)
*夕食: 民家でローカルな食事
*宿泊: ホテル・ジケット Hotel GYIKETまたは同等 (パドゥム)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目> (金) パドゥム→レル(3750m)=ピプラ(3600m)
*朝食: ホテル (パドゥム)
*移動: ジープでレルまで移動します。
*徒歩: 約5時間のトレッキングでピプラへ。
    
 <ザンスカールでトレッキング(イメージ)>  <プグタル・ゴンパ(イメージ)>
*昼食: キャンプ
*夕食: キャンプ
*宿泊: キャンプ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目> (土) ピプラ(3600m)=プクタル僧院(3900m)
*朝食: キャンプ
*徒歩: 約7時間のトレッキングでプクタル僧院へ。
*昼食: キャンプ
*観光: ザンスカールの名刹
プクタル僧院の拝観
*夕食: キャンプ
*宿泊: キャンプ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目> (日) プクタル僧院(3900m)=ピプラ(3600m)
*朝食: キャンプ
*観光: ザンスカールの名刹
プクタル僧院の拝観(2回目)
*徒歩: 約7時間のトレッキングでピプラへ。
*昼食: キャンプ
*夕食: キャンプ
*宿泊: キャンプ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<10日目> (月) ピプラ(3800m)=レル(3750m)→バドゥム
*朝食: キャンプ
*徒歩: 約5時間のトレッキングでレルへ。
*移動: ジープでパドゥムに戻ります。
*昼食: キャンプ
*夕食: 民家でローカルな食事
*宿泊: ホテル・ジケット Hotel GYIKETまたは同等 (パドゥム)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<11日目> (火) パドゥム
*朝食: ホテル (パドゥム)
*観光: 終日、パドゥムを基点に周辺を観光します。
    ・サニ・ゴンパ: 2世紀にカニシカ王が建立した仏塔が起源と言われる
    ・
ゾンクル石窟僧院: カギュ派の始祖の高僧ナローパが建立の洞窟僧院
    ・
チューチグザル僧院: 十一面千手観世音菩薩像を祀るゲルク派の僧院
     ・
カルシャ寺: 15世紀建立のゲルク派僧院でザンスカール随一の名刹
 
 <ゾンクル石窟僧院(イメージ)>     <カルシャ・ゴンパ(イメージ)>
*昼食: ローカル食堂(僧院の食堂や、お弁当になることもあります)
*夕食: ホテル (パドゥム)
*宿泊: ホテル・ジケット Hotel GYIKETまたは同等 (パドゥム)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<12日目> (水) パドゥム→ムルベク
*朝食: ホテル (パドゥム)
*移動: ザンスカールの中心パドゥムからムルベクに移動します。
*休憩: 景色のよい場所で途中休憩をします。
    ・ザンスカールの景観: 高山、氷河、荒野、草原、集落、寺院が美しいです。
*昼食: ローカル食堂 または お弁当
*夕食: キャンプ (ムルベク)
*宿泊: ヌン・クン・デラックス・キャンプ (ムルベク)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<13日目> (木) ムルベク→レー
*朝食: キャンプ (ムルベク)
*移動: ラダックの中心レーまで移動します。
*昼食: ローカル食堂(僧院の食堂や、お弁当になることもあります)
*夕食: ホテル (レー)
*宿泊: ホテル・シャンバラ または同等 (レー)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<14日目> (金) レー⇒デリー⇒
*朝食: ホテル(レー)
*送迎: レー空港にご案内致します。
*移動: 国内線で空路、デリーへ。
 9W−610 レー      07:30⇒デリー     08:50 (例)
*送迎: 現地係員が空港から観光にご案内致します。
*観光: デリーにあるチベット仏教関係の場所を訪れます。
*昼食: チベット仏教徒の食堂
*送迎: 空港近くのトランジット用ホテルにご案内致します。
*休息: トランジット用ホテル
*送迎: 現地係員が空港にご案内致します。
※移動: 国際線で空路、アジアの諸都市経由で、帰国の途へ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<15日目> (土) ⇒成田
・帰国
============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
※この旅行は発着地点が変わることもあります
 2010年8月〜2010年10月中旬 毎日出発

<最少催行人数 :
1名様より催行>添乗付き/無し


人数 現地発着代 航空券代 合計
1名様 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
2名様
3名様〜
一人部屋追加料金



●お申込期間:出発3週間前までに申し込んでください




●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *送迎: 上記日程で*送迎と記載されたサービス
 *観光: 上記日程で*観光と記載されたサービス
 *食事: 上記日程で*朝食*昼食*夕食と記載されたサービス

●現地発着料金に含まれないもの
 *国際線航空券
 *航空券の他に別途徴収される税・料金(燃油付加料金など)
 *査証代
 *日本語ガイドは別途料金がかかります
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物/オプショナルツアー)


 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ