異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【その他】
■ 日本の旅シリーズ
知られざる日本の祭/民間伝承② 奈良県・明日香村の奇祭『おんだ祭』と
謎の石造物探訪の旅 2日間

猿石/亀石/弥勒石/酒船石/立石・・・ふしぎな石造物
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
  
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2021(令和3)年
02月21日(日)&02月23日(火・祝)
近鉄 榛原駅集合
神話のふるさとシリーズ
関西のマッターホルン
高見山 霧氷1日登山

高見山/旧伊勢南街道/たかすみ温泉
ここがポイント!

神話と歴史のふるさと・・・奈良県吉野郡東吉野村


高見山


 高見山は、奈良県吉野郡東吉野村と三重県松阪市(旧飯南郡飯高町)との間に聳える山です。
 標高は1,248m。
 台高山脈の北端に位置しており、付近には中央構造線が通っています。
 東の三重県側に向かって流れる櫛田川、西の方角に向かって流れる高見川の水源でもあります。

 櫛田川は松阪市や多気郡多気町を通り伊勢湾に注いでいます。その昔、倭姫命が天照大御神を
 お祀りする場所を求めて全国を巡行する際に、この地で櫛を落とされたことに由来して、櫛田という
 地名、そして川名が誕生したとされています。その後、伊勢神宮に仕える斎王(いつきのみこ)は、
 群行の際に、この川に櫛を捨て、神に仕える誓いをたてたそうです。
 
 高見川は平野川や杉谷川と合流して吉野川に注ぎ、奈良県吉野郡の吉野町、大淀町、下市町を
 通り、五條市の市街を流れ、和歌山県に入ると紀の川と名を変え、高野山領の治所であった橋本、
 「鬼滅の刃」で脚光を浴びた甘露寺のある紀の川市、和歌山市を通り、和歌山湾に注ぎます。

 山容は東西に長く、南北の方面から望むとなだらかな山に見えますが、東西の方面から見ると、
 まるでピラミッドのようにも見えます。そのため、「関西のマッターホルン」とも呼ばれています。
 ひとつの伝説によると、神武天皇の東征の折、櫛田川から大和に入ったと言われ、高見山の山頂に
 神武天皇が四方を見渡したとされる『国見岩』や、神武天皇一行の道案内を勤めた八咫烏を祀る
 『高角神社』があります。万葉集に歌われた「我妹子を いざ見の山も高みかも 大和の見えぬ
 国遠みかも」という歌の「いざ見の山」がこの高見山のことを指すのでは、と言われています。

 第64代横綱・曙や、前・東関親方の潮丸、現・東関親方の高見盛を育てた高見山大五郎さんは
 現役時代、四股名と同じ高見山に大鳥居を寄進しました。実際は四股名は高見山とは関係なく、
 偶然だったとのことですが、寄進された大鳥居は今でも高見山に登る登山客を見守っています。



 高見山




高見山

 
日帰り登山 日程


◎集 合:  2021年02月21日(日)&23日(火・祝) 08:00 近鉄・榛原駅改札口に集合!

◎代 金:  お一人様18,000円 (最少催行人員3名様~定員8名様)

◎経 路: 近鉄・榛原駅→高見登山口・・・高見山登山・・・たかすみ温泉前→近鉄・榛原駅

◎コース: 高見登山口・・・高角神社・・・国見岩・・・高見杉・・・たかすみ温泉

◎宿 泊: なし

◎食 事: 昼食1回


====================================


====================================
<01日目>02月21日(日)&02月23日(火・祝)
■行程: 榛原駅(南口)→高見登山口 ・・・ 高見山 ・・・ たかすみ温泉前→榛原駅(南口)
★集合: 08:00 近鉄・榛原駅の改札口前にて集合(時間厳守)
移動: 奈良交通の臨時バスで榛原駅(南口)より高見登山口へ。
  榛原駅(南口) 08:15  奈良交通/霧氷バス
  高見登山口   08:53

・・備考: 積雪の場合、アイゼンが必要です。予めご用意下さい。
      お申込のお客様は、登山届が必要となります。
*行楽: 高見山・霧氷登山

 ★スタート: 高見登山口にて霧氷バスを下車し、石段を上り、石畳の山道に入ります。

   ↓

 ★旧伊勢南街道: 石畳の道を歩きます。紀州のお殿様が参勤交代に利用した古道。

   ↓

 ★撞木松(しゅもくまつ)

   ↓

 ★古市跡

   ↓

 ★天狗岩: 高見山登山道からちょっと外れた場所。この付近からの山容が美しい。

   ↓

 ★小峠: 峠の手前から少し、舗装道路を歩きます。お地蔵様や、鳥居があります。

   ↓

 ★大峠: 高見山の山頂への分岐。大鳥居は高見山大五郎さんの寄進によるもの。

   ↓

 ★九十九折: 大峠からは九十九折の山道を歩きます。きつい勾配!頑張って!

   ↓

 ★高見山山頂: 頂上には高角神社、避難小屋があります。
  ※高角神社: 神武天皇の東征の際に道案内をした八咫烏を祀る神社があります。
  ※避難小屋: 高見山登山の頼もしい場所。屋上は展望台。台高山脈が見えます。
   

   ↓

 ★笛吹岩: 高見山に行場をひらいた星人が岩頭で笛を吹いたら、谷からつがいの
   大蛇が登ってきて、その美しい音色にしばし聞き入ったという由来のある岩です。

   ↓

 ★揺岩: このあたり、霧氷の名所。シーズンともなると多くの登山客でにぎわいます。

   ↓

 ★息子岩: 高見山の尾根筋には、伝承を持つさまざまな形の岩が点在しています。

   ↓

 ★国見岩: 神武天皇がこの岩に上り、四方を見渡したという伝説に彩られた大岩。

   ↓

 ★針葉樹林: 杉や檜の植林。秋になると落ち葉の絨毯、冬には雪風景が楽しめる。

   ↓

 ★乳岩: 小峠へと続く、近畿自然歩道(もう一つの登山道)の分岐点に位置する岩。

   ↓

 ★高見杉: 渓流と登山道の間に聳える樹齢700年の大杉。小屋や鳥居があります。

   ↓

 ★ゴール: たかすみ温泉。旅館の天好園があり、ジビエ料理などを提供しています。

移動: 奈良交通の臨時バスでたかすみ温泉前より榛原駅(南口)へ。
  たかすみ温泉前 16:00  奈良交通/霧氷バス
  榛原駅(南口) 16:45


*解散: 榛原駅にて解散

====================================


====================================




==================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
============================================================================


  2021年02月21日(金)08:00
  近鉄・榛原(はいばら)駅改札集合
 


 
料金:  お一人様 18,000円
     (最少催行人員 3名様~定員8名様)


   ※場合により、3名様以下でもお受けできるケースがあります。
    詳細はお問合せ下さい。
   ※熊野市駅集合をご希望の方(他の駅からの発着)をご希望の方はご相談下さい。


●旅行代金には下記のものが含まれます*
 *交通:  バス: 榛原駅(南口)→高見登山口
          たかすみ温泉前→榛原駅(南口)
 *食事:  昼食1回(温泉入湯料込)
 *経費:  添乗員費用(東京からの列車切符、バス代、宿泊代、食費、入場拝観料、通信費)
  
●旅行代金に含まれないもの
 ・・明記されない食事
 ・・その他、個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/明記されていないお食事/
   お飲み物)とそれに関わる税金、サービス料

 ・・神社仏閣でのおみくじや御祈祷料、お札、お守り、朱印などの料金は含まれません。





電話でのお問合せは・・・・080-5028-6007 まで
▲TOPへ