異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ レソトスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
レギュラー昇格!
2014年11月01日(土)より毎日出発可能
天空の王国レソト
ポニー・トレッキングと異文化体験&歴史探訪
9日間

成田・中部・関空発着 南アフリカ航空利用

ここがポイント!

 『天空の王国』 レソト

 



 
南部アフリカに位置するレソトは、南アフリカに周りを囲まれた完全な内陸国。
しかも、国土を他の国の領土にすっぽり覆われた国は世界でも珍しいといえます。
小国ですが、国土のほとんどをドラケンスバーグ山系に占められています。
世界で最も標高の高いところに位置する王国という意味で『天空の王国』と呼ばれます。
山の美しさはアフリカでも類をみないので、『アフリカのスイス』とも呼ばれています。
この国の人口は約180万人。ほとんどがソト族(バソト)です。 ソト族の正装は、身体にまきつけた毛布と、頭にのせたバソト帽子(ハット)。 このバソト・ハットは、国のシンボルにもなっており、国旗にもデザインされています。
現国王はレツィ三世。
国民の8割がキリスト教徒、2割が伝統宗教です。
この国での楽しみは、小国でありながら王国の歴史が深いことで史跡が多いこと。 山々の織りなす風景がとても美しいこと。 そして、ポニーに乗って村々を訪れるポニー・トレッキングが手軽にできることです。
ホテル泊もよいですが、ここではぜひ、ロッジにお泊まり頂きたいと思います。 通常の観光コースでも、石の壁と茅葺屋根(内部は比較的、近代的)のロッジにお泊まり頂きます。 伝統的なロッジに泊まり、独特の文化と美しい自然をお楽しみください。

今回は、レソトならではのポニー・トレッキングと、異文化体験が含まれています。
山の国、レソトでは、ポニーは大切な移動機関であり、輸送機関でもあります。
かわいいポニーもここでは精悍な生活パートナー。
バソトの人たちは実に巧みにポニーを操り、崖っぷちの小道や、石がごろごろ転がっているような山道を颯爽と移動します。
今回は2回のポニー・トレッキングを予定しております。
行先はバソト族のおうち。
バソト族のライフスタイルを学び、山に生き、山に暮らす人々の知恵を学びましょう。


<観光の見どころ>
古都モリジャ: レソトの公文書や古文書など、貴重な歴史的資料を保管する博物館や、恐竜の足跡が残るトレイルの散策などをお楽しみ頂けます。恐竜の足跡はレソトの名物?のひとつ。ここでは手軽に見学できます。
  
マレアレア: マセルから約3~4時間。そこはもう、深山の趣を持つ、風光明媚な田舎の村。何を隠そう、この村こそ、ポニー・トレッキングを気軽に楽しめるアクティビティのメッカ。ポニーに乗って、バソト族のお宅を訪れ、ライフスタイルを学んでみましょう。

クシン: クシンはかつてトレーディング・ポストも置かれた南西部の主要な村です。辺境の防禦の要であった♡レー砦、白人系の現地人によって建設された、ユニークなマシティセの洞窟住居など、興味深いみどころが点在しています。

セモンコン: セモンコンは、レソト中部の山あいにある小さな村。ここもポニー・トレッキングのメッカのひとつになっています。また、近所には、落差が南部アフリカ屈指と言われる名瀑マレツニャーネの滝もあります。

ロマ: ロマは石造りの家が並ぶ、小さな山麓の村です。建材の乏しかったレソトでは、石造りの家や、洞窟住居が作られていました。その名残は、各地に点在するロッジでみることができます。石造りの家は意外にも暖かい?


タバ・ボシウ: 日本で言えば『高天原』。天空の王国と呼ばれるレソト王国の建国神話の舞台となった場所です。神話と言っても、それは近世・近代の話。バソト族のアイデンティティの奥底にあるこの聖地には、始祖王の宮殿跡や陵墓があります。

コメ洞窟住居: マシティセの洞窟住居が白人系の現地人によって造られた代表ならば、このコメ洞窟住居は、バソト族の現地人によって造られた洞窟住居の代表。土で造られたユニークな住居は、レソト観光お目玉のひとつとなっています。

 
<写真:左 伝統的な村/右 スパイラルアロエ 見られるかな?>

 
<写真:左 ロマ近郊のハ・バロアナ壁画/右 タバ・ボシウ村>


モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
====================================
<01日目>  月  日(月火水木金土日) 
■行程: 日本各地⇒香港⇒
※移動: 南アフリカ航空で空路、香港へ。
成田空港発着の場合
 SA7139 成田空港    18:25⇒香港      22:35
中部空港発着の場合
 SA7135 中部空港    09:30⇒香港      13:20
関西空港発着の場合
 SA7137 関西空港    10:10⇒香港      13:30
・・乗換: 香港到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: 南アフリカ航空で空路、ヨハネスブルク経由、レソトの首都マセルへ。
 SA-287 香港      23:50⇒ヨハネスブルク 07:20 翌日
・・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<02日目>  月  日(火水木金土日月)
■行程: ⇒ヨハネスブルク⇒マセル
・・乗換: ヨハネスブルク到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: 南アフリカ航空で空路、マセルへ。
 SA8052 ヨハネスブルク 09:45⇒マセル     10:40
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*移動: 専用車で観光をしながらマレアレアに向います。
*観光: 下記の場所に立ち寄り、観光をします。
 ◎
モリジャ博物館: レソトの公文書、古文書、ミッション関係の書類を保管。
 ○
恐竜の足跡があるトレイル: 国内には恐竜の足跡がたくさん残っています。
 ○
マレアレア: 素朴で風光明媚なマレアレア・ロッジ周辺を散策しましょう。
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ロッジ
*宿泊: マレアレア・ロッジ
------------------------------------
<03日目>  月  日(水木金土日月火)
■行程: マレアレア→(ポニー・トレッキング)→マレアレア
*朝食: ロッジ
*体験: 
ポニー・トレッキング1日目。バソト族集落をめざします。
*昼食: お弁当(簡単なお食事)
*体験: バソト族の山の家で、生活文化を学んでみましょう。
  ★
バソト語を学んでみましょう
  ★
バソトの伝説を聞いてみましょう
  ★
バソトの料理を作ってみましょう
  ★
バソトの家業を見てみましょう
  ★
バソトのライフスタイルを見てみましょう
  ★
バソトの子供の遊びを見てみましょう
*夕食: ロッジ
*宿泊: マレアレア・ロッジ
 
<写真 左:伝統的な家屋         右: とポニートレッキング>
------------------------------------
<04日目>  月  日(木金土日月火水)
行程: マレアレア→(ポニー・トレッキング)→マレアレア
*朝食: ロッジ
*体験: 
ポニー・トレッキング2日目。今日もバソト族集落をめざします。
*昼食: お弁当(簡単なお食事)
*体験: バソト族の山の家で、生活文化を学んでみましょう。
  ★
バソト語を学んでみましょう
  ★
バソトの伝説を聞いてみましょう
  ★
バソトの料理を作ってみましょう
  ★
バソトの家業を見てみましょう
  ★
バソトのライフスタイルを見てみましょう
  ★
バソトの子供の遊びを見てみましょう
*夕食: ロッジ
*宿泊: マレアレア・ロッジ
------------------------------------
<05日目>  月  日(金土日月火水木)
■行程: マレアレア→ QUTHING→マレアレア
*朝食: ロッジ
*観光: 終日、専用車でレソト南部の観光にご案内致します。
 ○
ハートレ-砦: 1900年にイギリスにより築城された、砂岩づくりの砦。
 ○
恐竜の足跡: QUTHING の近郊に残された恐竜の足跡の一つを見に行きます。
 ○
マシティセの洞窟住居: エレンバーガー一家によって建築された洞窟住居。
*昼食: お弁当 または ローカル食堂
*夕食: ロッジ
*宿泊: マレアレア・ロッジ
------------------------------------
<06日目>  月  日(土日月火水木金)
■行程: マレアレア→セモンコン→ロマ
*朝食: ロッジ
*移動: 専用車で観光をしながらロマに移動します。
*観光: 終日、レソト中部の観光にご案内致します。
 ○
セモンコン村: レソト中部に位置するポニー・トレッキングの基地の一つ。
 ○
マレツニャーネの滝: 落差198m。南部アフリカで落差最大の滝の一つ。
 ○
ロマ: 空港に近いロマという村には、石造りの家やカトリック教会がある。
*昼食: お弁当 または ローカル食堂
*夕食: ロッジ
*宿泊: ザ・トレーディング・ポスト・ゲストハウス または同等
------------------------------------
<07日目>  月  日(日月火水木金土)
■行程: ロマ→ヒュロツェ→マセル
*朝食: ロッジ
*移動: 観光をしながら、首都マセルに移動します。
*観光: 下記の場所を訪れ、観光をします。
 ○
タバ・ボシウ文化村: モシェシェ1世の王宮や、陵墓が残る、王家の聖地。
 ○
コメの洞窟住居: ユニークな形で知られる、19世紀に造られた洞窟住居。
 ○
ヒュロツェのメジャー・ベル・タワー: 石造りの鐘楼と、かつての砦の跡。
*昼食: お弁当 または ローカル食堂
*夕食: ホテル
*宿泊: ランサーズ・イン または同等
------------------------------------
<08日目>  月  日(月火水木金土日)
■行程: マセル⇒ヨハネスブルク⇒アンタナナリヴ
*朝食: ホテル
*観光: 首都マセルのミニ観光をします。
 ○
マセル・ブリッジ: 南アフリカとの国境にかかる橋。
 ○
バソト・ハット: 観光局があるユニークな形の建物。何がモチーフかわかります?
 ○
市場: マセルの市場。どんなものが売られているのでしょう?
*送迎: 専用車でマセル国際空港にお送り致します。
※移動: 南アフリカ航空で空路、ヨハネスブルクへ。
 SA8053 マセル     11:00⇒ヨハネスブルク 11:55
 >または<
 SA8061 マセル     14:35⇒ヨハネスブルク 15:45
・・乗換: ヨハネスブルク到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: 南アフリカ航空で空路、香港へ。
 SA-286 ヨハネスブルク 17:25⇒香港      12:25 翌日
・・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<09日目>  月  日(火水木金土日月)
■行程: ⇒香港⇒日本各地
・・乗換: 香港到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: 南アフリカ航空で空路、帰国の途へ。
成田空港発着の場合
 SA7138 香港      15:20⇒成田空港    20:15
中部空港発着の場合
※移動: 国際線で空路、日本へ。南アフリカ航空の便名の飛行機を利用します。
 SA7140 香港      14:35⇒中部空港    19:10
関西空港発着の場合
※移動: 国際線で空路、日本へ。南アフリカ航空の便名の飛行機を利用します。
 SA7136 香港      15:25⇒関西空港    19:45
・・帰国
------------------------------------
====================================

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。

  2014年11月01日(土)以降、毎日出発可能です。
 成田・中部セントレア・関空 発着

<最少催行人数 :1名で催行。添乗員付/無し>


 ◆2013年
人数 現地費用 航空券代 合計
 1名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 2名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 3名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 4名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 5名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 6名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 7名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 8名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 9名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
10名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問い合わせ下さい


●お申込期間:出発4週間前まで





●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *飛行機:  成田/中部セントレア/関空⇔マセル往復航空運賃中部
          2013年01月31日現在の燃油サーチャージ、空港施設使用料
 *車 両:  レソト国内では専用車をご利用頂きます。
 *宿 泊:
   マレアレア:  マレアレア・ロッジ(スタンダード部屋)または同等
   ロマ   :  トレーディング・ポスト・ゲストハウス(スタンダード部屋)または同等
   マセル   :  ランサーズ・イン (スタンダード部屋) または同等   
 *観光費:  観光にかかる運転手代・ガイド代・入場拝観料
 *食 事:  朝食6回/昼食6回/夕食6回
 *税 金:  宿泊税・観光税

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/
   お飲み物)


★査証:  日本国籍のお客様は、査証は必要ありません。
      但し、帰国日の翌日から起算して6カ月以上の残存有効期間があること。



(@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@)

 オーダーメイドの旅は随時、受け付けております。
 こんな場所や、あんな風景を、お気に召すまま盛り合わせます。

  
 <左: 渦巻き状のスパイラル・アロエ/右: 伝統の帽子をかぶるバソトの人々>
  
 <左: レソトの山岳地帯の雪景色/右: レソトの高原地帯> 
  
 <左: 岩陰に石の家という伝統家屋/右: カツェ・ダムは技術と自然が見事に調和>>
  
 <左: サン人が描いたブッシュマン岩絵/右: ポニートレッキングに参加しよう♪>
  
 <左: レソトの名瀑!マレツニャネの滝/右: コメ洞窟住居は伝統的な家屋>
  
 <左: 首都マセルにあるバソト・ハット/右: 現王家ゆかりの地タバ・ボシウ>
  
 <左: 南部のクチンで見られる岩陰住居/右: セサバテーベの奇岩のひとつ>
  
 <左: 南アフリカとの国境サニ・パスへの道/右: サニ・パスに建つロッジ>
  
 <左: マレアレア・ロッジのロンダベル/右: マレアレア・ロッジのバソト・ハット>
 



 
電話でのお問合せは・・・・080-5028-6007 まで
▲TOPへ