異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
メキシコスペシャル
2012年3月
ククルカン降臨!
メキシコ マヤ文明づくし
10日間

パレンケ、メリダ、カンクン
2012年3月
ククルカン降臨!
メキシコ マヤ文明づくし
12日間

パレンケ、カンペチェ、メリダ、カンクン

現地発着スペシャル

■ レギュラーコース
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2017年04月22日(土) 成田発着
たった6日でメキシコ
カンペチェと周辺遺跡
カラクムル遺跡/バランク遺跡
リオ・ベック様式の神殿建築群
エズナー遺跡
ここがポイント!


カラクムル/バランク/リオ・ベック様式/エズナー
一時期はティカルに比肩するほどの強大な国として君臨したカラクムル。
ジャガー信仰の記憶を現代に伝えるバランク遺跡。
ユニークな鋭角ピラミッドや垂直ピラミッドを有する独特の神殿建築“リオ・ベック様式”
精巧な水利システムで、災害を味方につけて強国にのし上がったエズナー。
カンペチェ州に点在する、ユニークな遺跡・史跡群を探訪します。
世界文化遺産にも登録されたカンペチェに3泊し、歴史の記憶を辿ります。

  このコースは添乗員が同行します。
  メキシコの街を散策したり、B級グルメにトライしたり。
  メキシコの魅力をさまざまな角度からご案内してまいります。


【旅のみどころ】

カラクムル遺跡 CALAKMUL:
 【世界複合遺産〜カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林』】


 

 カラクムル遺跡は、カンペチェ州に位置する、先古典期後期から古典期にかけて
 栄えた都市の遺跡で、マヤの中部地域における一大都市であったと判っています。
 規模は30平方キロメートルに及び、マヤ遺跡遺跡としては最多の117基もの
 ステラ(石碑)のほか、祭壇、石造物が出土しました。知名度はまだ低いながら
 グアテマラのティカルに匹敵する規模を誇った都市であることが判明しています。
 カラクムルの紋章は『蛇頭』で表され『3つの石』を意味するオシュテトウンと
 呼ばれ、他の遺跡の碑文にも『蛇』を意味する『カーンの王朝』という、強国の
 首都であったことが確認されています。
 カラクムルの歴史は古く、既に5世紀初頭の日付を刻んだステラや、彩色土器が
 出土しており、5世紀初頭には『カラクムル王朝』が存在していたと思われます。
 カラクムルが首都として歴史の表舞台に登場するのは6世紀と考えられています。

 546年にトゥーン・カップ・ヒシュ王は、ナランホ王アフ・ウォサルの即位を後見しました。
 次代の王は『空を見る者』と呼ばれ562年に隣国ベリーズに残るカラコル遺跡を残した
 オシュウイツアに加勢してティカルを支配していたムトゥプルを破って、それを契機に
 中部低地の覇権を握ったとあります。
 『燃え上がる手』と呼ばれたタホーム・ウカップ・カックは622年〜630年この地を統治し、
 その次の『ユクノーム頭』王は631年にナランホを攻略してナランホ王を屈辱的な処刑で
 葬り、『大ユクノーム』王はティカル王族が建国したドス・ピラスとスペイン語で呼ばれる国を
 支援する事でティカルを牽制しました。
 しかし695年 『ジャガーの足』王は復興したティカルに敗れ、カラクムルは求心力を失い、
 衰退へと向かい、やがて都市自体が放棄されます。

 カラクムル最大の建造物は『2号建造物』で、高さ55mで一辺が140mあります。
 2002年『カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林』は世界複合遺産に
 登録されました。

 ∴
建造物1: 底辺 85mx 95m / 高さ50m (2番目に高い建物)
 ∴
建造物2: 底辺140mx140m / 高さ55m (最も高い建物)
 ∴
建造物3: 王宮と古典期前期の陵墓。翡翠製品や土器等が多数、出土しました。
 ∴
建造物4: 建造物6とは太陽の動きにあわせ、広場の東西で対をなしています。
 ∴
建造物6: 建造物4とは太陽の動きにあわせ、広場の東西で対をなしています。
 ∴
サクベ : 舗装路。全部で15本あります。
       #6は現グアテマラのエル・ミラドールに通じていました。
 ※世界複合遺産に登録された範囲には、250か所の遺跡・史跡が残されています。



バランク遺跡 BALAMKU:
 バランク遺跡は、カラクムル遺跡の北方60kmの地点に位置するマヤ遺跡です。
 建物のファサードの装飾に特徴のあるリオ・ベック建築様式の遺跡のひとつです。
 カーブを描く美しい神殿基壇が印象的です。 『黒いジャガー神殿』は洗練された
 美しいジャガー線刻画が見られます。神殿の内部には7〜8メートルの大きさが
 あるレリーフが彫られています。石組の緻密さも、この遺跡の魅力のひとつです。



エズナー遺跡 EDZNA:
 
 
 
 カンペチェ北方50km、エズナー河谷に位置するマヤ遺跡です。エズナ河谷に、
 人が居住を始めたのは、紀元前400年頃で、都市国家が成立したのは先古典期
 後期と考えられています。運河網が築かれ、水利システムが敷かれ、建築活動が
 活性化しました。紀元前1000年ごろにはエズナーは全盛期を迎えていました。

 エズナーとは、ユカテコ・マヤ語のイツァーを暗示する古語と考えられています。
 イツァーは、現在のカンペチェの南西を出自とするマヤ人の先祖(チョンタル族、
 プトゥン族)を示すとも考えられています。このことから、エズナーという名は
 『イツァー人の家』を意味している可能性があります。一方で『反響の家』とも
 考えられ、この地の建物のいくつかは、音が反響するためにこう呼ばれていたと
 いう可能性、さらに『仮面の家』と呼ばれた可能性もあります。これはこの地の
 建物の基壇の壁面に漆喰人頭の仮面のような装飾が施されていたことに由来する
 ものです。

 ∴
水利システム: 
  都市国家エズナーの特徴に、そのすぐれた水利システムと運河網が挙げられます。
  都市国家エズナーが存在していた地域は、年間降水量が1000ミリ〜1300ミリに
  達し、殆どが6カ月間の雨期に集中して降ります。エズナーは、谷あいにあったため、
  洪水に悩まされることが多く、水利と排水のためのシステム開発に繋がりました。
  31kmに及ぶ運河、粘土質の地面を掘削した貯水池、排水溝が築かれました。
  運河は中央伽藍/大アクロポリスを中心に放射状に築かれ、中央伽藍のプラザは
  貯水施設へ水を送る排水溝『チュルトゥン』を有しており、降った雨は放射状の運河や、
  チュルトゥンを通り貯水施設に水が溜まるシステムが機能していました。
  洪水が起こった時その水を排水溝と運河網を駆使し、灌漑用水や生活用水として
  利用するというシステムから、エズナーは現在にも通じる国家体制を持っていた
  強国であったことを物語っています。この水利システムを建造するのに200万
  立方メートルを超える、大量の土砂を掘削することが必要で、のべ400万人の
  人間が工事に従事していたと考えられます。水利システムは紀元前150年には
  既に築かれており、古典期後期には縮小しつつも効率よく使用されていたことが
  わかっています。灌漑用水によりエズナーの農耕効率が上がり、より強固な国を
  維持できたとも考えられています。また運河で魚を獲ったり、舟を浮かべ物品の
  輸送に使っていたなど、食料の確保や、交易ルートとしても利用されていました。

 ∴
中央伽藍: 
  エズナーには宗教施設、行政機関、居住地区など、多くの建造が残されています。
  それらの遺跡・史跡は、206平方キロメートルもの広範囲に分布していました。
  エズナーで最も重要であった建築群は、階段状の五層からなる基壇を持つ宮殿と
  神殿を兼ねた建造物で、通称『五層のピラミッド』と呼ばれています。頂上には
  神殿の本殿が置かれていますが、基壇部分で40mにも達するみごとな建築です。
  階段のひとつにマヤ文字が刻まれており、恐らくエズナーの歴史を刻んでいると
  考えられています。

 ∴
プラザ: 
  プラザにはステラが建てられており、神々や歴代王像、宗教儀式、行政上の儀式
  などが刻まれています。

 ∴
球戯場: 
  マヤの都市遺跡で、宗教関連施設の近くには、球戯場が残されています。球を蹴り、
  小さな穴に通すもので、宗教儀礼の一環として行われていたことがわかっています。


リオ・ベック様式の遺跡群 Ruins of RIO BEC:
 堅固な基壇の左右に、登ることのできない、鋭角のピラミッドを配し、中央棟にあたる
 ピラミッドが主神殿という独特の形式、それがリオ・ベック様式遺跡です。
 左右の鋭角ピラミッドには階段こそ設けられてはいますが、実際には登ることができない、
 あるいは困難な思いをしなければ登れない、不思議な階段なのです。
 つまり主神殿を装飾するための建築で、それこそがリオ・ベック様式の特徴です。

シュプヒル遺跡 XPUHIL :
 外側からは登ることはできませんが、ピラミッド内部にも階段があり、中ほど
 まで登ることができます。基壇の上にある建築物は、殆どが破壊されています。
 ピラミッド建築が三基並ぶ神殿建築のほかに、居住地区の遺構が残っています。

ベカン遺跡 BECAN:
 マヤアーチが美しいことで知られています。ピラミッド建築は殆ど破壊されて
 いますが、比較的規模の大きな遺跡です。遺跡にはステラ、仮面(マスカロン)、
 住居跡、球戯場が残っていますが、玉を蹴入れる輪っかがないのが不思議です。

チカナ遺跡 CHIKANNA :
 チカナとは『蛇の口の家』を意味すると言います。木々が建ち並ぶ奥の広場に
 ピラミッド建築が残っています。地続きの一画にESTRUCTURA II が残っており、
 神の顔を表現した装飾が残っています。遺跡全体の保存状態がよいと言います。

コフンリッチ遺跡 KOHUNLICH:
 ここには太陽神の神殿が装飾ピラミッドと一緒に残っています。ピラミッドは
 屋根がつけられています。その屋根の下には、仮面(マスカロン)が残されて
 おり、更に球戯場、プラザがあります。遺跡は大部分、密林に覆われています。

オルミゲロ遺跡 HORMIQUERO:
 中央神殿は、かなり精巧な彫刻で神の顔を表しており、目や歯が確認できます。
 ピラミッドの壁面は鋭角というよりは、ほぼ垂直で、不安定な足場があるだけ
 という構造をしています。オルミゲロもまた、大部分が密林に覆われています。

リオ・ベック遺跡 RIO BEC:
 この遺跡の神殿もまた、ピラミッドを配していますが、ピラミッドは鋭角より
 垂直といってよい建築物で、もはや偽装の階段としか思えない、足場が置かれ、
 上段の神殿部分は龕が彫られているだけの簡素なものです。格子窓があります。


==================================================================================

====================================
<01日目>04月22日(土)
■行程: 成田空港⇒メキシコシティ⇒カンペチェ
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: アエロメヒコで空路、メキシコシティへ。
 AM−057 成田空港    14:25⇒メキシコシティ 12:50
・・手続: 入国〜受託手荷物引取〜通関〜受託手荷物再登載〜安全検査
※移動: アエロメヒコで空路、カンペチェへ。
 AM2442 メキシコシティ 18:10⇒カンペチェ   19:53
・・手続: 受託手荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルへ
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・プラサ・カンペチェ **** (スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>04月23日(日)
■行程: カンペチェ
*朝食: ホテル
*観光: 専用車で終日、カラクムル遺跡とバランク遺跡を観光します。
 ◎
カラクムル遺跡: 建造物1/建造物2/建造物3/建造物4/建造物6/サクペ
 ◎
バランク遺跡: 黒いジャガーの神殿や、レリーフなどを見学します。
*昼食: お弁当 または ローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・プラサ・カンペチェ **** (スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>04月24日(月)
■行程: カンペチェ
*朝食: ホテル
*観光: 終日、専用車でリオ・ベック様式の遺跡群を探訪します。
 ◎
シュプヒル遺跡: 神殿建築/居住地区
 ◎
ベカン遺跡: 神殿建築/マヤアーチ/ステラ/仮面/住居跡/球戯場
 ◎チカンナ遺跡: 神殿建築
 ◎
コフンリッチ遺跡: 神殿建築/仮面/球戯場/プラザ
 ◎オルミゲロ遺跡: 神殿建築
 ◎
リオ・ベック遺跡遺跡: 神殿建築
*昼食: お弁当 または ローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・プラサ・カンペチェ **** (スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>04月25日(火)
■行程: カンペチェ⇒メキシコシティ⇒
*朝食: ホテル
*観光: 午前、エズナー遺跡を訪れ、観光します。
 ◎
エズナー遺跡: 中央伽藍/水利システム/プラザ/競技場
*昼食: ローカル・レストラン
*休息: ホテルのお部屋は出発までご利用頂けます。
*夕食: ホテル
*送迎: 専用車で空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、メキシコシティへ。
 AM−510 カンペチェ   20:21⇒メキシコシティ 22:25
・・手続: 受託手荷物引取〜次便乗換手続〜安全検査
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>04月26日(水)
■行程: ⇒メキシコシティ⇒
※移動: アエロメヒコで空路、成田空港へ。
 AM−058 メキシコシティ 01:31⇒成田空港    06:20翌
・・宿泊: 機内泊(国際日付変更線通過)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>04月27日(木)
■行程: ⇒成田空港
・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



====================================


============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
============================================================================


 2017年04月22日(土)成田空港出発限定
 アエロメヒコ利用コース
 添乗員が同行し、お世話致します。



<最少催行人数 :1名様から。定員10名。添乗員同行>

 <添乗員同行コースのみ>
人数 現地発着代 航空券代 合計
01名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
02名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
03名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
04名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
05名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
06名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
07名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
08名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
09名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
10名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
 お一人部屋追加料金 お問い合わせください


●お申込期間:出発5週間前まで


●ご旅行代金には下記のものが含まれます
 *宿 泊: 下記のホテルまたは同等クラスのホテルのスタンダード部屋
  カンペチェ  ホテル・プラサ・カンペチェ **** (スタンダード部屋)または同等
 *交通機関:
  国際線:  成田空港⇔メキシコシティ往復
  国内線:  メキシコシティ⇔カンペチェ往復
  専用車:  基本的に送迎、観光は専用車を利用します。
 *食 事:  朝食3回/昼食3回/夕食4回
 *観 光:  観光にかかる入場・拝観料/ローカル・ガイド経費
 *税 金:  観光税/宿泊税
 *添 乗:  添乗員の諸経費(交通費・宿泊費・食費・通信費等)


●ご旅行代金に含まれないもの
 x 航空券とは別に徴収される燃油サーチャージ、空港諸税、入出国経費等
 x 通信費: 現地でご利用になる電話/FAX/ネットなどのの通信費
 x 飲食費: 明記されないお食事/お飲物/ルームサービス/ミニバー
 x 個人費: 洗濯代/お土産代/ホテルや観光地の有料サービス利用費
 x チップ: 運転手/ガイド/ホテルの枕銭
 x その他: 経由地でかかる諸経費/オプショナルツアーなど


●旅券(パスポート)/査証(ビザ):
 ・・旅券(パスポート):  帰国日から起算して6カ月以上の残存有効期間が必要です。
 ・・査証(ビザ):  日本国籍のお客様の場合、査証は不要です。
         日本以外の国籍をお持ちのお客様はご相談下さい。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ