異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
メキシコスペシャル

現地発着スペシャル

■ レギュラーコース
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2018年10月30日(火)出発限定
メキシコのお盆【死者の日】体験
オアハカ&ハニッツィオ島7日間

成田空港発着 アエロメヒコ利用
ここがポイント!

Dia de los Muertos

 メキシコシティで添乗員が合流します。

  
 
『死者の日』 スペイン語で Dia de los Muertos
 ラテン・アメリカ(中南米カリブ海地域)における祝祭日のひとつです。
 とくに、メキシコでは盛大に行われることで知られています。
 メキシコ国内全土で行われるこの祝祭は、カトリックの諸聖人の日である
 11月1日と、11月2日に行われます。
 とくに有名な祝祭は、ハニッツィオ島(パツクアロ湖上の島)と、オアハカで
 行われる死者の日の祭事で、国外からも多くの観光客が訪れます。
 メキシコでの死者の日の起源は、2500年〜3000年前に遡ると言います。
 古代メキシコでは、祖先のされこうべ(骸骨)を身近に飾る習慣がありました。
 また、死とは転生への始発点と信じられていた節もあります。
 戦争で敵将を討ち取ると、その骸骨も戦利品として祀っていたと言います。
 メキシコの高原地帯を中心に広大な版図を統治したアステカ族には冥界の女神
 ミクトランシワトルに奉納する祝祭がありました。キリスト教が伝わった後は
 死者の貴婦人カトリーナに奉納する祝祭となり、アステカ暦上の9番目の月を
 祝うように変化しました。現在の暦でいうと、8月の初旬から中旬にあたります。
 スペイン領となると、カトリックの諸聖人の日と融合し、現在の形になりました。
 
 街中にどくろの置物が溢れ、幽霊の仮装行列がお練りする祝祭日【死者の日】、
 日本ではお盆にあたる行事です。
 ご先祖さま(というか、近い過去に亡くなられた人たち)が、戻る日とされて
 います。故人の親族や、近しい友人・知人などは故人の生前の家に集い、故人
 に思いを馳せ、思い出を語り合います。
 街中、マリーゴールドが供花され、広場では縁日が開催され、さまざまな露店が
 並びます。
 
 ≪
前夜祭
 10月31日は前夜祭。夜はどくろを象ったロウソクが迎え火のように火を
 灯し、気の早い屋台は、墓地の傍に店を出します。

 ≪
死者の日当日
 街中にはどくろをかたどったグッズやアートがあちこちに飾られます。
 家の外には祭壇が設けられ、故人に捧げるお供物が供えられます。
 墓地は華やかに装飾され、人々はお参りし、祈りを捧げます。
 パレードや、仮装行列のお練りもあり、日本のお盆と比べると、陽気な
 お祭りという感じがします。

 ≪
アルタール
 死者の日の祭祀のための祭壇をアルタールと呼びます。
 アルタールは、日本でいえばお盆のお膳(白瓜や茄子の馬・牛、ごちそうを並べる
 お膳)を髣髴とさせます。一般には個人の遺影、十字架、花、ごちそう、砂絵等の
 お供物を捧げる祭壇のことです。
 花は、死者の花と位置付けられているマリーゴールド、ケイトウが多いです。
 また、お供物として捧げるごちそうは、故人の好きだった食べもの(オフレンダ)、
 砂糖菓子のされこうべやキャンドルです。
 信心深い人の家ですと、一年前から支度をするそうです。

 このコースは添乗員が同行の予定です。
  メキシコの街を散策したり、B級グルメにトライしたり。
  メキシコの魅力をさまざまな角度からご案内してまいります。

【旅のみどころ】

≪オアハカ≫

○モンテアルバン遺跡
 古代サポテコ人が築いた、祭礼の都モンテアルバンは、中央アメリカ地域で最も古い
 都市遺跡と言われています。山の頂上を平坦にならし、その上に築かれた豪壮な建築
 群は歴史的に非常に貴重なもので、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。
 サポテコ人が天体観測に使用していた天文台、壁にとりつけた穴に鞠を蹴って入れる
 神事的要素の濃い球技が行われていた球戯場、まるで踊っているかのようなポーズを
 とる人々のレリーフが描かれている踊る人々のピラミッド、遺跡南部に位置する南の
 大基壇、神々の姿が浮き彫りされた第104号墳墓、副葬品がみごとであった第7号
 墳墓などが見られます。

○
ミトラ遺跡
 古代サポテコ人が築いた遺跡のひとつで、世界文化遺産モンテアルバン遺跡と並ぶ、
 オアハカ州を代表する遺跡です。6本の石柱が並ぶ石柱のホール、美しく装飾された 
 壁のモザイクが印象的なモザイクの中庭、日干しれんがで築かれた建築群、小川の辺
 に建立された小川のグループ、少し離れた場所にある南のグループ、生命の石柱等の
 貴重な建築物が見られます。


≪パツクアロ湖≫
○
パツクアロ湖
 メキシコの中央高原の西部に位置するパツクアロ湖畔には、アステカ王国にも屈服
 しなかったタラスコ族や、プレペチャ族などの先住民文化が色濃く残っています。
 パツクアロ湖には、いまでもタラスコ族が暮らす島があります。
 〇
聖母マリア聖堂 LA BASILICA DE NUESTRA SENORA DE LA SALUD
  もともと先住民であるプレペチャ族がピラミッドを築いていた祭祀場の跡地に、
  16世紀中葉にスペイン人によって、聖堂が建てられました。格式を持つこの
  聖堂は改装が重ねられ、美しい白壁と古色蒼然とした鐘楼が印象的です。この
  聖堂は、スペインのグラナダに建つ大聖堂をモチーフにしたと言われています。
  豪華な内装とトウモロコシの皮で装飾された聖母像があります。
 〇
民俗工芸博物館 MUSEO DE ARTES E INDUSTRIAS POPULARES
  1540年に建てられた学校、サン・ニコラス学院を改装した民俗博物館です。
  この地で古代から受け継がれる先住民の文化や、工芸品を学ぶことができます。

○
ハニッツィオ島
 オアハカと並び、『死者の日】のデスティネーションの双璧と言われるのがここ、
 パツクアロ湖に浮かぶハニッツィオ島です。先住民タラスコ族が暮らしています。
 遠くの畔からでも見える、円錐形の島のてっぺんに建つのはメキシコ独立運動の
 志士たちの指導者であったホセ・マリア・モレーロスの石像です。モレーリアの
 神父であったモレーロスは、ミゲル・イダルゴ神父が処刑された後、自ら民兵を
 指揮して宗主国スペインと戦いましたが捕縛され、1815年に処刑されました。
 死者の日で最も盛り上がりを見せる11月2日、島の墓地は装飾で飾られ、祖先
 霊を迎え入れます。日本のお盆とよく似た習慣ですが、先住民の文化とキリスト
 教の祭祀とが融合し、独特の雰囲気を醸し出しています。ハニッツィオ島には、
 対岸パツクアロからボートでアクセスします。島まではだいたい10分ほどです。
 当日は縁日の夜店も出て、坂の島は国の内外から訪れる観光客でにぎわいます。



==================================================================================

====================================
<01日目>10月30日(火)
■行程: 成田空港⇒メキシコシティ⇒オアハカ
・・手続: 搭乗手続〜出国/安全検査
※移動: アエロメヒコで空路、メキシコシティへ。
 AМー057 成田空港    14:55⇒メキシコシティ 12:50
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関〜次便搭乗手続〜安全検査
※移動: アエロマールの国内線で空路、オアハカへ。
 VW−309 メキシコシティ 15:00⇒オアハカ    16:20
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: カサ・コンサッティ または同等
    カミノレアル・オアハカ(スタンダード)または同等
    フォルティン・プラサ (スタンダード)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>10月31日(水)
■行程: オアハカ
*朝食: ホテル
*観光: オアハカを代表するモンテアルバン遺跡やミトラ遺跡などを観光(混載車)
 ◎モンテアルバン遺跡: 古代サポテコ人の宗教遺跡で、ピラミッドや墳墓、
  天文台、球戯場、大神殿、大基壇などが残されている。
 ○
トゥーレの大木: なんと、アメリカ大陸でもっとも大きな木なのだそうです。
 ◎
ミトラ遺跡: 緻密な装飾をほどこしたモザイクで知られるサポテコの遺跡。
  アドべ(日干しれんが)で作られた建造物群、石柱のグループ、モザイク、
  小川のグループ、南のグループ、生命の石柱などのみどころがあります。
*昼食: ローカル・レストラン
★祭典: 
死者の日前夜祭
    10月31日は前夜祭。夜はどくろを象ったロウソクが迎え火のように火を
    灯し、気の早い屋台は、墓地の傍に店を出します。

*夕食: ホテル またはローカル・レストラン
*宿泊: カサ・コンサッティ または同等
    カミノレアル・オアハカ(スタンダード)または同等
    フォルティン・プラサ (スタンダード)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>11月01日(木)
■行程: オアハカ⇒メキシコシティ⇒モレーリア/パツクアロ湖畔
*朝食: ホテル
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、メキシコシティへ。
 AM2049 オアハカ    12:40⇒メキシコシティ 14:00
・・手続: 安全検査
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、モレーリアへ。
 AM2990 メキシコシティ 14:35⇒モレーリア   15:25
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からモレーリアまたはパツクアロのホテルへ。
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
★祭典: 
死者の日(1日目)こどもの霊が戻る日で、祭壇のお供物はお菓子類。
     祭壇にお供えをして、故人を偲ぶ・・・日本のお盆を彷彿とさせます。
     墓地は華やかに飾られ、日本のお盆と比べ、明るい雰囲気でいっぱい。
     パレードや仮装行列が見られると思います。午後はぜひぜひ街歩きを!
     屋台で、夕食を食べてみましょう。メキシコの郷土料理でお祭り気分!

*散策: 死者の日で賑わうパツクアロ湖畔を散策します。どくろグッズ等を売る
    お店や、屋台などをのぞきながら、そぞろ歩きを楽しみましょう。

*宿泊: モレーリア または パツクアロ湖畔に宿泊します。
   【モレーリア】
     ホテル・ディアナ・デル・ボスケ(スタンダード部屋)
     ホテル・フロレンシア・リージェンシー(スタンダード部屋)
     ホテル・スイーツ・カンペストレ・デ・モレーリア(スタンダード部屋)
     ホリデイイン・エキスプレス・モレーリア(スタンダード部屋)
     リアル・イン・モレーリア(スタンダード部屋)
   【パツクアロ湖畔】
     ベストウエスタン・プラス・ポサダ・デ・ドン・バスコ(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>11月02日(金)
■行程: モレーリア/パツクアロ湖畔〜ハニッツィオ島〜パツクアロ湖畔/モレーリア
*朝食: ホテル
*観光: 終日、パツクアロ湖畔とハニッツィオ島を観光します。
 〇
パツクアロ湖畔: アステカ王国に屈服しなかったタラスコの民が暮らす街です。
 〇
民芸品店: パツクアロ湖畔の民芸品は質がよく、安いことで知られています。
 〇
ハニッツィオ島: ここも死者の日の祭典で有名な村です。墓地の装飾や、丘に
  並ぶ民家など、
★祭典: 
死者の日(2日目)おとなの霊が戻る日で、祭壇のお供物は酒肴など。
     祭壇にお供えをして、故人を偲ぶ・・・日本のお盆を彷彿とさせます。
     墓地は華やかに飾られ、日本のお盆と比べ、明るい雰囲気でいっぱい。
     パレードや仮装行列が見られると思います。午後はぜひぜひ街歩きを!
     屋台で、夕食を食べてみましょう。メキシコの郷土料理でお祭り気分!

*昼食: ローカル・レストラン
*散策: 死者の日で賑わうハニッツィオ島を散策します。縁日の露店や屋台、
    供物のお店などをのぞきながら、そぞろ歩きを楽しみましょう。

*夕食: 屋台料理 または ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: モレーリア または パツクアロ湖畔に宿泊します。
   【モレーリア】
     ホテル・ディアナ・デル・ボスケ(スタンダード部屋)
     ホテル・フロレンシア・リージェンシー(スタンダード部屋)
     ホテル・スイーツ・カンペストレ・デ・モレーリア(スタンダード部屋)
     ホリデイイン・エキスプレス・モレーリア(スタンダード部屋)
     リアル・イン・モレーリア(スタンダード部屋)
   【パツクアロ湖畔】
     ベストウエスタン・プラス・ポサダ・デ・ドン・バスコ(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>11月03日(土)
■行程: パツクアロ湖畔/モレーリア⇒メキシコシティ⇒
*朝食: ホテル
・・自由: 出発まで自由行動。ホテルのお部屋は出発までご利用頂けます。
*送迎: 専用車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: アエロマールの国内線で空路、メキシコシティへ。
 VW−627 モレーリア   19:50⇒メキシコシティ 20:55
・・手続: 受託荷物引取〜国際線搭乗手続〜安全検査
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>11月04日(日)
■行程: ⇒メキシコシティ⇒
※移動: アエロメヒコの国際線で空路、成田空港へ。
 AM−058 メキシコシティ 00:55⇒成田空港    06:20 翌日
・・宿泊: 機内泊(国際日付変更線通過)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>11月05日(月)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

====================================


============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
============================================================================
 本庄久美: 由美香さん、朋美ちゃん、メキシコへは行ったことある?
 平原由美香&平原朋美: はい。メキシコ市、メリダ、カンクン、パレンケ、グアナフアト。
 本庄久美: オアハカには行ったことあるかな?
 平原由美香: オアハカには行っていませんね。死者の日に当たれば行っていたけど・・・
 平原朋美: そうそう、死者の日にぶつかれば行ってましたよ、きっと。
 本庄久美: その死者の日を体験するツアーも3回目になりました。今日はその発表!
 平原由美香: 日本のお盆みたいな日ですね。日本のお盆は各家庭で行われますよね。
 平原朋美: 町中でお祭りになるというと、京都の大文字のイメージに近いのかな・・・
 本庄久美: 国や宗教が違うから一概に言えないけど、先祖を敬う雰囲気は似てるかも。
 平原由美香&平原朋美: 先祖を祀る文化は仏教だけじゃないんだ。ぜひ行ってみたい!



 2018年10月30日(火)出発限定!
 添乗員が同行し、お世話致します。



 
<最少催行人数 :1名様から。定員6名。添乗員同行>

 <添乗員合流コース>
人数 ご旅行代金 航空券代 合計
1名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
2名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
3名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
4名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
5名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
6名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
一人部屋追加料金 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください

●お申込期間:出発6週間前まで


●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *宿泊: 下記のホテル または同等クラスのスタンダード部屋
  ・・オアハカ: 
   カサ・コンサッティ または同等
   カミノレアル・オアハカ(スタンダード)または同等
   フォルティン・プラサ (スタンダード)または同等

  ・・モレーリア または パツクアロ湖畔
   【モレーリア】
     ホテル・ディアナ・デル・ボスケ(スタンダード部屋)
     ホテル・フロレンシア・リージェンシー(スタンダード部屋)
     ホテル・スイーツ・カンペストレ・デ・モレーリア(スタンダード部屋)
     ホリデイイン・エキスプレス・モレーリア(スタンダード部屋)
     リアル・イン・モレーリア(スタンダード部屋)
   【パツクアロ湖畔】
     ベストウエスタン・プラス・ポサダ・デ・ドン・バスコ(スタンダード部屋)または同等

 *食事費用: 朝食4回/昼食2回/夕食4回
 *交通: 下記の車両/船舶/国内線を利用します。
   ・・オアハカ: 専用車
   ・・パツクアロ湖畔<〜>ハニッツィオ島: ??
 *航空: 日本⇒オアハカ⇒日本 航空券(税・燃油代込)
 *案内: メキシコ国内は、英語ガイド/運転手がご案内致します。
 *観光: 入場箇所の入場料/拝観料
 *税金: 宿泊税/観光税
 *添乗: 添乗員の交通費/宿泊費/食費/観光同道経費/査証代/現地での通信費


●ご旅行代金に含まれないもの
 x 通信費: 現地でご利用になる通信費(電話/FAX/ネット)利用費用
 x 飲食代: 明記されない食事代/飲物代/お部屋のミニバーやルーム・サービス
 x 個人費: 洗濯代/ホテルや観光施設の有料サービス・施設使用料
 x 観光費: オプショナル・ツアー
 x 経由地: 経由地での諸経費
 x チップ: ガイドや運転手へのチップ/ホテルの枕銭
 x 渡航費: 旅券(パスポート)申請/更新/査証欄増補などの費用
 x 査証代: 日本国籍以外のお客様で査証が必要な場合の査証代金


●旅券(パスポート)/査証(ビザ):
 ・・旅券(パスポート):
   ・帰国日の翌日から起算して6カ月以上の残存有効期間
   ・未使用の査証欄が2頁以上

 ・・査証(ビザ): 日本国籍のお客様は不要。日本以外の国籍のお客様はご相談下さい。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ