異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
メキシコスペシャル

現地発着スペシャル

■ レギュラーコース
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2016年10月29日(土)出発限定
アエロメヒコ利用
メキシコのお盆♪
オアハカ【死者の日】と
パレンケおよび周辺遺跡 &
世界遺産の古都プエブラ 10日間

オアハカ〜死者の日/パレンケ/ボナンパック&ヤシュチラン/
チョルーラ/プエブラ
ここがポイント!

Dia de los Muertos

 2016年は、パレンケ及び周辺遺跡との組み合わせの形で。

  
 
 『死者の日』 スペイン語で Dia de los Muertos
 ラテン・アメリカ(中南米カリブ海地域)における祝祭日のひとつです。
 とくに、メキシコでは盛大に行われることで知られています。
 メキシコ国内全土で行われるこの祝祭は、カトリックの諸聖人の日である
 11月1日と、11月2日に行われます。
 とくに有名な祝祭は、ハニッツィオ島(パツクアロ湖上の島)と、オアハカで
 行われる祝祭で、国外からも多くの観光客が訪れます。

 街中にどくろの置物が溢れ、幽霊の仮装行列がお練りする【死者の日】、
 日本ではお盆にあたる行事です。
 ご先祖さま(というか、近い過去に亡くなられた人たち)が、戻る日とされて
 います。故人の親族や、近しい友人・知人は故人の生前の家に集い、故人
 に思いを馳せ、思い出を語り合います。
 街中、マリーゴールドが供花され、広場では縁日が開催され、さまざまな
 露店が並びます。
 
 ≪前夜祭
 10月31日は前夜祭。夜はどくろを象ったロウソクが迎え火のように火を
 灯し、気の早い屋台は、墓地の傍に店を出します。

 ≪死者の日当日
 街中にはどくろをかたどったグッズやアートがあちこちに飾られます。
 家の外には祭壇が設けられ、故人に捧げるお供物が供えられます。
 墓地は華やかに装飾され、人々はお参りし、祈りを捧げます。

 パレードや、仮装行列のお練りもあり、日本のお盆と比べると、陽気な
 お祭りという感じがします。

  このコースは添乗員が同行の予定です。
  メキシコの街を散策したり、B級グルメにトライしたり。
  メキシコの魅力をさまざまな角度からご案内してまいります。

【旅のみどころ】

○モンテアルバン遺跡
古代サポテコ人が築いた、祭礼の都モンテアルバンは、中央アメリカ地域で最も古い都市遺跡と言われています。山の頂上を平坦にならし、その上に築かれた豪壮な建築群は歴史的に非常に貴重なもので、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。サポテコ人が天体観測に使用していた天文台、壁にとりつけた穴に鞠を蹴って入れる神事的要素の濃い球技が行われていた球戯場、まるで踊っているかのようなポーズをとる人々のレリーフが描かれている踊る人々のピラミッド、遺跡南部に位置する南の大基壇、神々の姿が浮き彫りされた第104号墳墓、副葬品がみごとであった第7号墳墓などが見られます。

○
ミトラ遺跡
古代サポテコ人が築いた遺跡のひとつで、世界文化遺産モンテアルバン遺跡と並ぶ、オアハカ州を代表する遺跡です。6本の石柱が並ぶ石柱のホール、美しい壁のモザイクが印象的なモザイクの中庭日干しれんがで築かれた建築群、小川のほとりに建立された小川のグループ、すこし離れた場所にある南のグループ生命の石柱などの貴重な建築物が見られます。



タラベラ焼きのふるさとプエブラ

ご承知の通り、かつてスペインの植民地であったメキシコ。
そのメキシコに、ヨーロッパの文化のひとつとして渡来し、定着した陶器づくり。
その系統で、メキシコ人が誇るのがタラベラ焼きです。
緻密な幾何学模様や、美しいデザインは、陶器愛好家に愛されています。
皿、小鉢、飾り絵皿などのほか、便器やシンクなど、生活に密着した陶器にも優れたものが多い、
そういうタラベラ焼きのふるさと、プエブラを訪れます。

プエブラは、色とりどりのコロニアル建築と、バロック教会でも知られています。
その中でも、建物好きにはたまらない、美しい建物を訪問します。
天使の町という愛称をもつプエブラはユネスコ世界文化遺産に登録されています。

サントドミンゴ教会(内部拝観): 
 えんじ色の壁と、デコレーションケーキのような形をした本堂を持つプエブラの名刹の
 ひとつ。奇抜でかわいらしい外観と相反して、内装は重厚かつ荘厳な雰囲気をもっています。
 特筆すべきはロサリオ礼拝堂で、17世紀後半に増築された部分です。この礼拝堂には金色の
 厨子が安置され、その中にはマリア像が安置されています。マリア像の黄金の冠には多数の
 宝石がちりばめられ、礼拝堂の内陣には緻密な彫刻が施されています。

カテドラル(内部拝観): 
 プエブラの大聖堂。この大聖堂は、巨大な鐘楼をふたつ備えた堂々たる建築です。
 大聖堂ははメキシコ国内でも、さらにはラテン・アメリカに於いても2番目の大きさを誇って
 います。鐘楼のほうは、左右とも88mの高さがあり、ラテン・アメリカで最も高い鐘楼です。
 荘厳な雰囲気を持っており、プエブラのみならず近隣からの参拝者で賑わっています。

砂糖菓子の家(車窓):
 砂糖菓子の家・・・この愛称を持つ建物は、もともと18世紀にメキシコ副王の迎賓館として
 活躍した建物です。赤い色のタイルと、白亜の装飾の組み合わせが、まるで砂糖菓子を
 連想させることから、このような愛称がつきました。現在、内部は、美術品、工芸品などを
 展示する博物館として使用されています。

プエブラ旧市街(車窓): 
 プエブラは1532年(日本は享禄5年〜天文元年。後奈良天皇の御代。室町幕府第十二代
 将軍・足利義晴の治世)にスペイン人のキリスト教宣教師により、基礎が造られた古都です。
 日本では泉州堺に南蛮人(スペイン/ポルトガル人)が貿易拠点を置いていた時代に、
 地球の反対側では新しい街づくりが行われていたのです。この街の言い伝えによると、
 天使たちが修道士の夢枕に立ち、新しい街をつくるように告げたと言われており、そのため
 『天使の町』と呼ばれていました。名物タラベラ焼き発祥の地でもあり、教会の装飾に青い
 タイルが用いられたり、カラフルな建材で建てられた建物がたくさんあります。

バリアン市場(下車):
 プエブラを代表する市場。プエブラの市民の台所であり、かつ、旅行者が掘り出し物の
 名物タラベラ焼きと出会うチャンスのある市場です。歴史の古いこの街には、古くから
 愛されてきた食べ物もあります。まるで芋ようかんのようなお菓子、カモテもここの産。
 市場で売られているものを見るのもたのしい旅の思い出となることでしょう。

チョルーラのピラミッド(入場): 
 メキシコ最大のピラミッド。プエブラから20〜30分ほどのチョルーラに位置しています。
 いまは基壇のみが残るのみですが、かつては80mの高さを誇っていたそうです。
 メキシコの征服者エルナン・コルテスが訪れたとき、ここは一大宗教センターでした。
 スペイン人はピラミッドを破壊しましたが、現在、基壇が残されており、一辺はなんと
 400mで、かのテオティワカン(一辺が225m)より大きいことがわかります。
 ピラミッドの頂上にはスペイン人が建立した教会が建てられています。
 そこからの眺めは素晴らしく、チョルーラの街やプエブラ市内、火山が望めます。



パレンケと周辺遺跡

当店のお取り扱いするメキシコの遺跡の中で、人気の高いパレンケ遺跡、ボナンパック&ヤシュチラン遺跡へとご案内致します。
ジャングルに眠るマヤの遺跡で、メキシコのもうひとつの神秘に触れてみましょう。


【旅のみどころ】

ラ・ベンタ遺跡公園
 高さ約2m、重さ20トン以上という、巨大な石造人頭像で有名なラベンダ遺跡公園。
 33基の石造物があり、人頭像のほか、王の石碑、天を仰ぐ猿、若き戦士も有名です。


パレンケ遺跡【世界文化遺産〜古代都市パレンケと国立公園】
 7世紀にパカル王と、嫡子チャン・バールム王によって最盛期をむかえたマヤ古典期
 後期を代表する巨大な遺跡。碑文の神殿や宮殿を中心とした非常に美しい建物が多い。
 ◎骸骨の神殿: 碑文の神殿の西にある小神殿で、柱の基部に兎の骸骨の彫刻がある。
 ◎碑文の神殿: パカル王陵上に建立された神殿。最上部に5つの部屋の建物が建つ。
 ◎宮殿: 高さ15mにも及ぶ四重塔をはじめ、水洗便所、サウナなどを備えていた。  
 ◎十字架の神殿: 宮殿などと水路を隔てた反対側にある神殿でマヤ・アーチが残る。
 ◎太陽の神殿: 神殿内の壁に彫られた闘いの神の持つ太陽を象徴する盾が名の由来。
 ◎葉の十字架の神殿: 主食のとうもろこしの葉と人間の首を表現する窓が名の由来。


ボナンパック遺跡
 グアテマラ国境に近いラカンドン熱帯雨林の自然保護区内にあるマヤ戦国時代の遺跡。
 800年頃に描かれた極彩色の壁画が有名で、往時の戦時下のようすがわかって貴重。

ヤシュチラン遺跡
 グアテマラ国境にほど近い川沿いにあるマヤ戦国時代の遺跡で、祭祀遺跡といわれる。
 建物には日付や文字が刻まれた秣(まぐさ)が渡され、マヤ碑文解明の糸口となった。



==================================================================================

====================================
<01日目>10月29日(土)
■行程: 成田空港⇒メキシコシティ⇒オアハカ
・・手続: 搭乗手続〜出国/安全検査〜搭乗。
※移動: アエロメヒコで空路、メキシコシティへ。
 AМー057 成田空港    15:25⇒メキシコシティ 12:45
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
・・自由: ホテルにチェックインをしたら、自由行動となります。
*宿泊: アンプトン・イン&スイート・メキシコシティー(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>10月30日(日)
■行程: メキシコシティ→プエブラ→メキシコシティ
*朝食: ホテル
*観光: 
終日、『天使の町』プエブラとチョルーラのピラミッドを観光
≪チョルーラ≫
 ◎チョルーラのピラミッド: メキシコ最大のピラミッド
≪プエブラ≫
 ◎サントドミンゴ教会: 荘厳なロサリオ礼拝堂を有する、一見ケーキのいような伽藍
 ◎
カテドラル: ラテン・アメリカで最も高い鐘楼と、ラテン・アメリカ第二の規模を誇る
 ●
砂糖菓子の家: 愛称は赤い色のタイルと白い装飾とに由来。元・副王の迎賓館
 ●
プエブラ旧市街: 色とりどりの装飾で飾られたコロニアル建築の宝庫です。
 ○バリアン市場: 名物タラベラ焼きの掘り出し物を探そう!髑髏の置物はタイムリー?
・・昼食: 各自、現地精算でお召し上がり頂きますが、お食事の時間はとります。
*宿泊: アンプトン・イン&スイート・メキシコシティー(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>10月31日(月)
■行程: 成田空港⇒メキシコシティ⇒オアハカ
*朝食: ホテル
・・自由: 午前、自由行動
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、オアハカへ。
 AM2098 メキシコシティ 14:20⇒オアハカ    15:24
・・手続: 機内預け荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
★祭典: 
死者の日前夜祭
    10月31日は前夜祭。夜はどくろを象ったロウソクが迎え火のように火を
    灯し、気の早い屋台は、墓地の傍に店を出します。
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: カサ・コンサッティ または同等
    カミノレアル・オアハカ(スタンダード)または同等
    フォルティン・プラサ (スタンダード)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>11月01日(火)
■行程: オアハカ
★祭典: 
死者の日(1日目)こどもの霊が戻る日で、祭壇のお供物はお菓子類。
     祭壇にお供えをして、故人を偲ぶ・・・日本のお盆を彷彿とさせます。
     墓地は華やかに飾られ、日本のお盆と比べ、明るい雰囲気でいっぱい。
     パレードや仮装行列が見られると思います。午後はぜひぜひ街歩きを!
     屋台で、夕食を食べてみましょう。メキシコの郷土料理でお祭り気分!

*朝食: ホテル
*観光: オアハカを代表するモンテアルバン遺跡やミトラ遺跡などを観光(混載車)
 ◎モンテアルバン遺跡: 古代サポテコ人の宗教遺跡で、ピラミッドや墳墓、
  天文台、球戯場、大神殿、大基壇などが残されている。
 ○
トゥーレの大木: なんと、アメリカ大陸でもっとも大きな木なのだそうです。
 ◎
ミトラ遺跡: 緻密な装飾をほどこしたモザイクで知られるサポテコの遺跡。
  アドべ(日干しれんが)で作られた建造物群、石柱のグループ、モザイク、
  小川のグループ、南のグループ、生命の石柱などのみどころがあります。
*昼食: ローカル・レストラン
*散策: 死者の日で賑わうオアハカの街を散策します。どくろグッズ等を売る
    お店や、屋台などをのぞきながら、そぞろ歩きを楽しみましょう。

*夕食: 屋台料理 または ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: カサ・コンサッティ または同等
    カミノレアル・オアハカ(スタンダード)または同等
    フォルティン・プラサ (スタンダード)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>11月02日(水)
■行程: オアハカ
★祭典: 
死者の日(2日目)おとなの霊が戻る日で、祭壇のお供物は酒肴など。
     祭壇にお供えをして、故人を偲ぶ・・・日本のお盆を彷彿とさせます。
     墓地は華やかに飾られ、日本のお盆と比べ、明るい雰囲気でいっぱい。
     パレードや仮装行列が見られると思います。午後はぜひぜひ街歩きを!
     屋台で、夕食を食べてみましょう。メキシコの郷土料理でお祭り気分!

*朝食: ホテル
・・自由: 終日、自由行動。
<オプショナルツアー> オアハカ名物の民族市場ティアンギスを見学します。
 ○
ティアンギス: サポテコ人や、ミステコ人たちにより、500年以上前に
  開かれた市が、いまだに開かれています。この日は水曜日なのでオアハカの
  北西に位置する【ビジャ・デ・エトラ】がその舞台となります。食品や生活
  用品など、さまざまな品物が売られていて、見ごたえ充分の民族市場です。

*昼食: ローカル・レストラン
*散策: 死者の日で賑わうオアハカの街を散策します。どくろグッズ等を売る
    お店や、屋台などをのぞきながら、そぞろ歩きを楽しみましょう。

*夕食: 屋台料理 または ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: カサ・コンサッティ または同等
    カミノレアル・オアハカ(スタンダード)または同等
    フォルティン・プラサ (スタンダード)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>11月03日(木)
■行程: オアハカ⇒メキシコシティ⇒ビジャエルモサ
*朝食: ホテル(但し、時間により、空港の売店で購入するケースもあります)
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、メキシコシティへ。
 AM2407 オアハカ    06:41⇒メキシコシティ 07:55
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、ビジャエルモサへ。
 AM−507 メキシコシティ 08:30⇒ビジャエルモサ 10:02
・・手続: 機内預け荷物引取を済ませ、出口へ。
*出迎: ツアー・ガイドが空港にてお出迎え致します。
*移動: 専用車で観光をしながらビジャエルモサ空港からパレンケ村に移動します。
*観光: 道中、ラ・ベンタ博物館に立ち寄り、見学します。
 ◎ラ・ベンタ博物館: オルメカの巨大石造人頭など貴重な遺物が点在。
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ホテル【二食付き(ハーフ・ボード)】
*宿泊: プラサ・パレンケ(スタンダード部屋)または同等
 
 <写真:左 ラ・ベンタ博物館の人頭石>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>11月04日(金)
■行程: パレンケ村⇔ボナンパック&ヤシュチラン
*朝食: ホテル
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★旅程: 終日、グアテマラ国境に近いボナンパック&ヤシュチラン遺跡を観光。
☆備考: 混載ツアー(混載が利用できない場合はプライベート・ツアー)
♪出迎: 06:00AM ホテルにてピックアップ
♪移動: 06:00〜08:30 ボナンパック遺跡へと移動します。
♪観光: 08:30〜11:00 ボナンパック遺跡を観光します。
 ◎
ボナンパック遺跡: ジャングルの中にあるマヤ戦国時代の城塞都市
♪移動: 11:00〜11:15 昼食レストランへと移動します。
♪昼食: 11:15〜12:00 ローカル・レストラン(食事込/飲物別)
♪移動: 12:00〜13:30 グアテマラ国境の町コロサルへ。(車・船)
♪移動: 13:30〜14:30 渡し舟(20分)と徒歩でヤシュチランへ。
♪観光: 14:30〜16:30 ヤシュチラン遺跡を観光します。
 ◎
ヤシュチラン遺跡: カラクムルとも関係の深い、川沿いにある城塞都市
♪移動: 16:30〜17:30 徒歩と渡し舟(20分)でコロサルへ。
♪移動: 17:30〜20:00 パレンケ村へと移動します。
♪見送: 20:00PM ホテルにてドロップオフ。
 
 <写真: ボナンパック遺跡>
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*夕食: ホテル【二食付き(ハーフ・ボード)】
*宿泊: プラサ・パレンケ(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>11月05日(土)
■行程: パレンケ⇒ビジャエルモサ⇒メキシコシティ⇒
*朝食: ホテル【二食つき(ハーフ・ボード)】
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★観光: パレンケ遺跡プライベート・ツアー
♪出迎: 08:00AM ホテルにてピックアップ
♪移動: 08:00〜08:15 パレンケ遺跡へと移動します。
♪観光: 08:15〜10:45 世界文化遺産パレンケ遺跡の観光。
 ◎パレンケ遺跡: 碑文の神殿や宮殿などの、貴重な建造物が並ぶ遺跡。
♪移動: 10:45〜13:00 ビジャエルモサ空港へと移動します。
♪見送: 13:00 ビジャエルモサ空港にてドロップオフ
 
 <写真: パレンケ遺跡
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: アエロメヒコの国内線で空路、メキシコシティへ。
 AM−510 ビジャエルモサ 18:36⇒メキシコシティ 20:45
・・手続: 機内預け荷物引取〜国際線搭乗手続〜安全検査〜搭乗
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>11月06日(日)
■行程: ⇒メキシコシティ⇒
※移動: アエロメヒコの国際線で空路、成田空港へ。
 AM−058 メキシコシティ 00:21⇒成田空港    06:20 翌日
・・宿泊: 機内泊(国際日付変更線通過)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<10日目>11月07日(月)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

====================================


============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
============================================================================
 本庄久美: 由美香さん、朋美ちゃん、メキシコへは行ったことある?
 平原由美香&平原朋美: はい。メキシコ市、メリダ、カンクン、パレンケ、グアナフアト。
 本庄久美: オアハカには行ったことあるかな?
 平原由美香: オアハカには行っていませんね。死者の日に当たれば行っていたけど・・・
 平原朋美: そうそう、死者の日にぶつかれば行ってましたよ、きっと。
 本庄久美: その死者の日を体験するツアーも3回目になりました。今日はその発表!
 平原由美香: 日本のお盆みたいな日ですね。日本のお盆は各家庭で行われますよね。
 平原朋美: 町中でお祭りになるというと、京都の大文字のイメージに近いのかな・・・
 本庄久美: 国や宗教が違うから一概に言えないけど、先祖を敬う雰囲気は似てるかも。
 平原由美香&平原朋美: 先祖を祀る文化は仏教だけじゃないんだ。ぜひ行ってみたい!



日本出発日:
 2016年10月29日(土)出発限定!
 添乗員が同行/または/合流し、お世話致します。



 
<最少催行人数 :1名様から。定員6名。添乗員つき>

 
<添乗員つきコース>
人数 現地発着代 航空券代 合計
1名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
2名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
3名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
5名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
6名様ご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
一人部屋追加料金 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください



●お申込期間:出発4週間前まで

●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *車 両: 専用車
 *宿 泊: 
  メキシコシティ:  アンプトン・イン&スイート・メキシコシティまたは同等
  オアハカ   :  カサ・コンサッティ(スタンダード)または同等
            カミノレアル・オアハカ(スタンダード) または
            フォルティン・プラサ (スタンダード) または同等
  グアナフアト :  プラサ・パレンケ (スタンダード部屋) または同等
 *食 事: 朝食7回/昼食4回/夕食5回
 *観 光: 英語を話すガイド代、入場料・拝観料
 *税 金: 宿泊税/観光税

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *空港使用料 成田空港施設使用料
 *航空保険料追加徴収金、燃油深料金
 *国内線の燃油付加料金
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/
  お飲み物/オプショナルツアー)

旅券(パスポート)/査証(ビザ):
 ・・今回のご旅行の帰国日から起算して6カ月以上の残存有効期間が必要です。
 ・・日本国籍のお客様の場合、査証は不要です。
  他の国籍のお客様はご相談下さい。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ