異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 ■
現地発着ツアーカレンダー
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南太平洋の旅】
■ ミクロネシア!スペシャル
ミクロネシア周遊プラン Bミクロネシア4州とマジュロ ◆ ヤップ⇒チューク⇒コスラエ⇒マジュロ⇒ポンペイ 16日間
ミクロネシア周遊プラン Cパラオ、ミクロネシア4州とマジュロ ◆ パラオ⇒ヤップ⇒チューク⇒コスラエ⇒マジュロ⇒ポンペイ 17日間
ミクロネシア周遊プラン Dパラオ、ミクロネシア4州、マジュロ、ロタ ◆ パラオ⇒ヤップ⇒チューク⇒コスラエ⇒マジュロ⇒ポンペイ⇒ロタ 18日間

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
ミクロネシア周遊プラン
A ミクロネシア連邦4州めぐり
【B】 コスラエ〜ポンペイ〜チューク〜ヤップ
15日間

ここがポイント!

■ミクロネシア周遊プラン A ミクロネシア連邦4州めぐり■

 【B】 コスラエ〜ポンペイ〜チューク〜ヤップ 15日間

太平洋には4つの異なる文化圏がひとつの国家を形成している、ミクロネシア連邦という国があります。
この旅では、ヤップ州/チューク州/ポンペイ州/コスラエ州の4つの州をすべて巡り、独特の文化や環境を越えて一つの国として存在するミクロネシア連邦のそれぞれの魅力に触れます。

====================================
【ヤップ】
ミクロネシア連邦の最西端にあるのがヤップ州です。
他の島では忘れ去られてしまった伝統や、神秘的な伝説に包まれ、太平洋の島々の中でも非常に特色のある貴重な文化が多く残されています。
有名な『石貨』もそのひとつ。現在でも不動産の取引などに流通する「通貨」なのです。
カダイ村で見られる『カルチャーツアー
では、伝統衣装に着替えた村人に迎えられ、石畳の道を歩いてヤップ式の農業や動植物を観察し、集会場の前でヤップの踊りを鑑賞した後は、ビンロウジュ採取やヤシの葉の籠つくりなどを見学します。石貨や『集会場(公民館の役割を果たすペバイ、漁に出る男性の集会所ファルー)、そしてヤップに昔から伝わる、雨でぬかるんでも足が汚れない石の舗装道路=『石畳の道』、ヤップでは生きた歴史の証人と出会うことができます。
見て通り過ぎるだけの観光旅行とは違う、強い印象をお土産に持って帰られてはいかがでしょう?
  
<左: 集会場 / 右: 石貨=ストーンマネー (イメージ)>
 
<左: 伝統のダンス / 右: パスウェイズ・ホテル (イメージ)>
====================================
【チューク】
その中にはかつて、「トラック諸島」と呼ばれた
チューク州が含まれています。
主島である
『ウエノ島(旧・春島)』のあるチューク環礁は、世界最大の環礁・マーシャル諸島のクワジェリン環礁、タヒチ(フランス領ポリネシア)のランギロア環礁と肩を並べる、世界有数の大きさを誇る環礁です。チューク環礁の海底には、太平洋戦争時に沈んだ旧日本海軍の艦船が多く、沈船ダイビングのメッカとなっています。
もちろん、チューク環礁の海の魅力は沈船だけではありません。美しいサンゴや魚たちのコロニーがあります。その美しい海はダイビングだけではなく、シュノーケリングでも十分、堪能できます。
離島めぐり
もチュークの魅力のひとつ。環礁内に浮かぶ
『デュプロン島(旧・夏島)』を訪れ、島に点在する、『日本統治時代の史跡巡り』をする、という楽しみもあります。
  
<左: デュプロン島の日本軍バンカー跡 / 右: デュプロン島遠望 (イメージ)>
 
<左: ウェノ島の日本軍灯台跡 / 右: トラック・ラグーン・リゾート (イメージ)>
====================================
【ポンペイ】
ミクロネシア連邦の中枢をなすのはポンペイ州。かつて“ポナペ”と呼ばれた島々です。
主島のポンペイ島には最高峰ナナラウト山(791m)をはじめ600mを越える山が3つもあり、島全体が起伏に富んでいます。また、島全体は熱帯雨林に覆われています。年間降雨量は世界でも屈指。水と緑の豊富さから
“太平洋の花園”とうたわれています。
ポンペイ島最大のみどころ
は、なんといっても『ナン・マドール遺跡』。12世紀〜14世紀にかけて栄えたシャーウテール王朝の城壁都市と目される巨石遺跡です。いまなお多くの謎を秘めたナン・マドールは、訪れる人に歴史の謎解きの楽しみを与えてくれます。
ポンペイの顔とでも言いたくなる奇岩
『ソーケス・ロック』は一見の価値がある名勝です。
『民芸品村』に行ってみましょう。ポンペイ州の民芸品は、質の良さで知られています。特にポリネシア系島民の住むカピンガマランギ環礁、ヌクオール環礁に伝わる彫刻は抜群です。
  
<左: ポナペの顔?ソーケス・ロック / 右: スペイン砦跡 (イメージ)>
 
<左: ナンマドール遺跡 / 右: ザ・ビレッジのテラス (イメージ)>
====================================
【コスラエ】
ミクロネシア連邦の最東端にあるのがコスラエ州。他の州がいくつかの島や環礁で形成されているのに対し、このコスラエ州はコスラエ島という、
絶海の孤島ひとつで形成されています。『眠れる美女』の愛称を持つ標高620mの火山『フィンコール山(最高峰)』を中心とした山岳地帯が島の約7割を占め、海岸地帯はミクロネシアでも最大級の『マングローブの群生』があります。島の周囲は美しい珊瑚礁に囲まれ、太平洋の島の魅力が一島に凝縮されています。
この島の最大のみどころは、ポンペイ(ポナペ)のナン・マドールと双璧をなす巨石遺跡『レロ遺跡
。13世紀〜15世紀に栄えたレロ王朝の城塞都市と言われている、いまなお謎を秘めた遺跡です。
ほかにみどころは
ブルー・ホール。珊瑚礁にぽっかり空いた大きな穴で、シュノーケリングを楽しむことができます。また、
『ウトゥエ・ウルング・マリン・パーク』
では、マングローブの群生をボートで行くツアーや、伝説のメンケ遺跡や滝を訪れるハイキングを楽しむことができる。
コスラエはミクロネシアの秘境です。自分だけのコスラエの魅力を探しに、ぜひ一度訪れてみてください。
  
<左: コスラエの顔?フィンコール山 / 右: 伝説のメンケ遺跡 (イメージ)>
 
<左: レロ遺跡 / 右: コスラエ・ビレッジのコテージの内装 (イメージ)>
====================================
============================================================================


<モデルプラン>
====================================
<01日目>(日)
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、グアムへ。
 CO−___ 日本各地    −−:−−⇒グアム     −−:−−
*出迎: 現地係員がグアム国際空港にてお出迎え致します。
*送迎: 送迎車(混載)でグアム国際空港からホテルにご案内致します。
*宿泊: ホテル・サンタフェ または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>(月)
*朝食: ホテル
*送迎: 送迎車(混載)でホテルからグアム国際空港にご案内致します。
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、コスラエ州のコスラエへ。
 CO−956 グアム     09:30⇒コスラエ    15:56
・・到着: 入国・荷物のピックアップ・通関を済ませ、出口へ。
*出迎: ホテルの職員がコスラエ空港にてお出迎え致します。
*送迎: 送迎車(混載)でコスラエ空港からホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル
*宿泊: コスラエ・ビレッジ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>(火)
*朝食: ホテル
*観光: 終日、船でしか行けないワルング村にボートツアーでご案内致します。
 ◇
ワルング村の教会を拝観
 ◇
ワルング村の集落を散策
 ◇
コスラエ人のお宅訪問
*昼食: お弁当 または コスラエ人のお宅で伝統料理
*夕食: ホテル
*宿泊: コスラエ・ビレッジ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>(水)
*朝食: ホテル
*行楽: 終日、ウトゥエ・ワルング海洋公園ツアーにご案内致します。
 ◇
滝の見物
 ◇
伝説のメンケ遺跡
 ◇
マングローブボートツアー
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: コスラエ・ビレッジ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>(木)
*朝食: ホテル
*観光: 終日、タクシーと徒歩によるコスラエ島めぐりにご案内致します。★★★
 ◇
コスラエ島の教会を拝観
 ◇
コスラエ島の村落
 ◇
ローカル・ショップで買物
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: コスラエ・ビレッジ 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>(金)
*朝食: ホテル
*観光: 終日、謎の巨石遺跡レロ遺跡を観光します。●
 ◇
ブルー・ホール(外観)
 ◇
ローカル・ショップで買物
 ◇謎の巨石遺跡
レロ遺跡
*昼食: ホテル
*夕食: ホテル(ローカル・フードのディナー)
*宿泊: コスラエ・ビレッジ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>(土)
*朝食: ホテル
*送迎: 送迎車(混載)でホテルからコスラエ空港にご案内致します。
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、ポンペイへ。
 CO−957 コスラエ    11:50⇒ポンペイ    12:50
*出迎: ホテルの職員がコスラエ空港にてお出迎え致します。
*送迎: 送迎車(混載)でコスラエ空港からホテルにご案内致します。
*昼食: ホテル
*観光: 午後、半日コロニア市内観光にご案内致します。●
 ◇
ソーケス・ロックの眺望
 ◇
コロニアの街並み
 ◇
ドイツの鐘楼
 ◇
スペイン砦
 ◇
ローカル・ショップで買物
 ◇
カピンガマランギ村(民芸品村)
*夕食: ホテル
*宿泊: ザ・ビレッジ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>(日)
*朝食: ホテル
*観光: 終日、ナンマドール遺跡にボートツアーでご案内致します。●
 ◇
ケプロイの滝(水着をご持参下さい)
 ◇
無人島ピクニック
 ◇謎の巨石遺跡
ナンマドール遺跡
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル(ローカル・フードのディナー)
*休息: ザ・ビレッジ (お部屋は出発までご利用頂けます)
*送迎: 送迎車(混載)でホテルからポンペイ空港にご案内致します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>(月)
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、チュークへ。
 CO−959 ポンペイ    01:30⇒チューク    01:45
*出迎: 現地係員がチューク空港にてお出迎え致します。
*送迎: 送迎車(混載)でチューク空港からホテルにご案内致します。
*休息: ブルーラグーン・リゾート・ホテル または同等
*朝食: ホテル
*観光: 終日、デュプロン島(夏島)ボートツアーにご案内致します。●
 ◇
南洋庁トラック支庁のあった街の跡
 ◇
水上基地跡
 ◇
デュプロン島の村落
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: ブルーラグーン・リゾート・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<10日目>(火)
*朝食: ホテル
*観光: 午前、モエン島(春島)半日観光にご案内致します。●
 ◇
市場
 ◇
見晴らしのよい丘
 ◇
モエン島の村落
*昼食: お弁当
*送迎: 観光終了後、チューク空港にご案内致します。
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、グアムへ。
 CO−957 チューク    14:25⇒グアム     15:55
・・乗換: グアム国際空港に到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、ヤップへ。
 CO−935 グアム     23:59⇒ヤップ     25:35
*出迎: 現地係員がヤップ空港にてお出迎え致します。
*送迎: 送迎車(混載)でヤップ空港からホテルにご案内致します。
*宿泊: パスウェイズ・ホテル 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<11日目>(水)
*朝食: ホテル(コンチネンタル式)
*観光: 終日、ヤップ島内の観光にご案内致します。●
 ◇
戦跡
 ◇
伝統的な集会場
 ◇
石貨
 ◇
石畳の小道
 ◇
見晴らしの良い丘
 ◇
ジャングル
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: パスウェイズ・ホテル 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<12日目>(木)
*朝食: ホテル(コンチネンタル式)
*観光: 終日、ヤップ島異文化体験ツアーにご案内致します。★★★
 ◇
ヤシの実取り
 ◇
花のレイづくり体験
 ◇
伝統クラフトづくり体験
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: パスウェイズ・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<13日目>(金)
*朝食: ホテル(コンチネンタル式)
*観光: 終日、ルムング島ツアーにご案内致します。●
 ◇ルムング島にある
ヤップ最大の石貨を見学
 ◇ルムング島の伝統的な集会場
ペバイの外観を見学します。
 ◇
マングローブボートツアー
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: パスウェイズ・ホテル 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<14日目>(土)
*朝食: ホテル(コンチネンタル式)
*観光: 午前、ヤップ島ドライブにご案内致します。●
*昼食: ホテル
*観光: 午後、カダイ村のカルチャーツアーにご案内致します。●
 ◇
伝統衣装の村人による出迎えを受けます。
 ◇
石畳の小道を歩きます。
 ◇伝統的な
集会場の外観をご覧頂けます。
 ◇
子供たちのダンスを見学します。
 ◇
ヤシの葉編みが披露されます。
 ◇
ビンロウジュ取りが披露されます。
*夕食: ホテル(ローカル・フードのディナー)
*宿泊: パスウェイズ・ホテル または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<15日目>(日)
*送迎: 送迎車(混載車)でホテルからヤップ空港にご案内致します。
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、グアムへ。
 CO−936 ヤップ     04:30⇒グアム     06:00
・・乗換: グアム到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: コンチネンタル・ミクロネシア航空で空路、帰国の途へ。
 CO−___ グアム     −−:−−⇒成田空港    −−:−−
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 2011年5月〜毎週日曜日に出発設定可

<最少催行人数 :
1名様より催行>添乗付き/無

<添乗員なしのコース>
 お問い合わせください

<添乗員付きのコース>
 お問い合わせください


●お申込期間:出発の2週間前までにお申込下さい



●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *明記された宿泊施設<*宿泊>と記載の箇所
 *明記された食事<*朝食/*昼食/*夕食>と記載の箇所
 *明記された送迎<*送迎>と記載の箇所
 *明記された観光<*観光>と記載の箇所

●現地発着料金に含まれないもの
 *国際線航空券
 *航空券の他に別途徴収される税・料金(燃油付加料金など)
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物/オプショナルツアー)


 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ