異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 ■
現地発着ツアーカレンダー
 
スペシャルプラン
アフリカ 中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア

トップ3月スペシャルプラン
■ 3月スペシャルプラン
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
2019年01月26日(土)以降毎週土曜日に出発可能
南部アフリカ紀行シリーズ
天正遣欧少年使節ゆかりの島モザンビーク島にも行く!

モザンビークいいとこどり
&古王国スワジランド8日間
マプト/モザンビーク島
+隣国エスワティニ(旧スワジランド)

成田/中部/関西発着 南アフリカ航空利用コース

ここがポイント!

★2019年01月26日(土)以降毎週(土)に出発可能★

ご希望により、添乗付きプランにできます。

天正遣欧少年使節ゆかりの島モザンビーク島にも行く!

首都マプト/モザンビーク島と隣国エスワティニ


<観光の見どころ>
マプト: 旧宗主国ポルトガルが1907年にモザンビーク島から遷都したマプト。植民地時代の建物や海岸の要塞がヨーロッパの面影を残しています。 ロレンソ・マルケスと呼ばれた美しい港町も内戦で疲弊しましたが、不死鳥のように蘇りつつあります。食料品・日用品、お土産の並ぶ市営市場訪問も楽しみ。鉄の家
は必見。あのパリの象徴エッフェル塔を設計したエッフェルの設計による建物です。マプト駅の駅舎もエッフェルの手によるものだとか。そして、コスタ・デル・ソルでいただくシーフードは絶品と評判です。

マプト・ゾウ保護区: 
首都マプトの南郊、ミリバンガララ岬へと続く一画で、主にアフリカゾウを保護する自然保護区があります。ここで見られるチャンスがある動物たちは、アフリカゾウ、カバ、ワニ、リードバック、サマンご・モンキー、そして数多くの種類を誇るアフリカ南部の珍しい鳥たち。首都マプトからそう遠くない場所で、サファリの醍醐味を味わえます。このツアーのもうひとつの魅力は、フェリーに乗ること。首都マプトを対岸に見渡せるカテンベまでフェリーでインド洋を渡ります。

隣国エスワティニ: モザンビークの南。国境を越えるとそこは古王国の伝統と格式を持つエスワティニです。英国の保護をとりつけ、ボーア人に目の敵にされぬよう振舞い、強国ズールーランドとは政略結婚で友好関係を築いた、数少ない、アフリカ人王国です。ここではスワジ人の伝統と生活文化に触れることができます。市場では、スワジ人の食文化の一端に触れることができます。民芸品や民族舞踊にはスワジ人のスピリッツが刻まれています。民族色の濃い一日になることでしょう。

モザンビーク島
: モザンビークの国名の由来となった世界遺産の島。16世紀から19世紀まで、ポルトガルのアフリカ進出の拠点となりました。 ポルトガル文化やスワヒリ文化、そしてキリスト教・イスラム教・ヒンドゥー教が入り混じる異国情緒満点の島。バスコ・ダ・ガマが上陸した歴史もあります。この島では、ノサ・セニョーラ礼拝堂など歴史を刻む教会、ポルトガル時代(大航海時代)の面影を残す宮殿や家並みなどを徒歩で見て回ります。宿泊はお屋敷を改装した旅館を予定しています。
伊東マンショ、千々石ミゲル、原マルチノ、中浦ジュリアン・・・天正遣欧少年使節の四名が、帰国の際に風待ちのため、滞在したことで知られています。

 
▲左:モザンビーク島全景/右:モザンビーク島桟橋 ▼旧市街(世界文化遺産)イメージ

今まで行き辛かったモザンビーク島、この機会に是非いらしてください!。


モザンビークもついにレギュラー昇格!
添乗員なしでも行けますし、ご希望であれば添乗員が同行します。
首都マプトでは現在のモザンビーク、つまり内戦からの復興と発展を見て、モザンビーク島では、ポルトガル領時代ののんびりとした雰囲気に浸る。そして国境というものが隣接するモザンビークとエスワティニ(旧スワジランド)の風土をどのように変えてしまったか・・・見るべきもの、見るべきことがたくさんあります!

 平原由美香: トモ、今年の秋〜冬も継続して、モザンビークを出そうよ。
 平原朋美: 店長も賛成してた。良くも悪しくも典型的なアフリカの歴史を背負ってるし

 平原由美香: 店長に私、トモが全員行っているし、様々な観点から語れるよね。
 平原朋美: ポルトガルと日本を結ぶ寄港地・・・中世の宣教師たちも訪れただろうね。
 平原由美香: 戦国時代、モザンビーク島と泉州・堺等の港は繋がっていたんだね〜
 平原朋美: 堺の貿易商人たちはアフリカの物品も売っていたんだろうかね。
 平原由美香: そういえば織田信長の家臣に彌助というアフリカ人がいたの知ってる?
 平原朋美: 本能寺のとき、信長の嫡男・信忠に明智謀反を報せた人だったね。
 平原由美香: そう。彼の故郷はモザンビーク島だったそうだよ。
 平原朋美: へぇー。日本とモザンビークの繋がり・・・またひとつ発見だね。
 
平原由美香: 当時、南蛮の宣教師はアフリカの奴隷をつれてきていたかもね。 
 平原朋美: 武士として優遇されていた彌助は、どんな思いで暮らしていたんだろう。
 
平原由美香: 本能寺で命を拾った彼も、その後の消息はしれないらしい。気になる〜 

モザンビーク島では、ちょっとした異文化体験もできます。島の中央の石切場に住み着いたアフリカ系住民の集落を訪れたり、地元の食堂で伝統の料理を食べたり、史跡のホテルに泊まったりと、素敵な体験が待っています!



モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
====================================
<01日目>2019年01月26日(土)以降の毎週(土)
■行程: 日本各地(東京/名古屋/大阪)⇒香港⇒(夜行便)

成田空港発着の場合
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: 南アフリカで空路、香港へ。
 SA7139 成田空港    18:25⇒香港      22:40
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、ヨハネスブルクへ。
 SA−287 香港      23:50⇒ヨハネスブルク 07:05 翌日
・・宿泊: 機内泊

羽田空港発着の場合
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: 南アフリカで空路、香港へ。
 SA7133 羽田空港    08:55⇒香港      12:55
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、ヨハネスブルクへ。
 SA−287 香港      23:50⇒ヨハネスブルク 07:05 翌日
・・宿泊: 機内泊

中部空港発着の場合
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: 南アフリカで空路、香港へ。
 SA7135 中部空港    09:40⇒香港      13:30
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、ヨハネスブルクへ。
 SA−287 香港      23:50⇒ヨハネスブルク 07:10 翌日
・・宿泊: 機内泊

関西空港発着の場合
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: 南アフリカで空路、香港へ。
 SA7137 関西空港    10:25⇒香港      13:50
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、ヨハネスブルクへ。
 SA−287 香港      23:50⇒ヨハネスブルク 07:05 翌日
・・宿泊: 機内泊

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>01月27日(日)以降の毎週(日)
■行程: ⇒ヨハネスブルク⇒マプト
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、モザンビークの首都マプトへ。
 SA−142 ヨハネスブルク 09:40⇒マプト     10:40
・・手続: 入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: ガイドが空港にてお出迎え致します。
*送迎: 専用車で空港から昼食レストランにご案内致します。
*昼食: シーフード・レストラン
*観光: 首都マプトの観光をします。
  ●独立記念広場 PLAZA DA INDEPENDENCIA
  ●カテドラル CATHEDRAL
  ○ノサ・セニョーラ要塞 FORTALEZA DA NOSSA SENHORA DA CONCEICON
  ○中央市場 MERCADO CENTRAL
  ◎
自然史博物館 MUSEUM of NATURAL HISTORY
  ○
マプト駅 MAPUTO STATION
  ○
市役所 The CITY HALL
  ○
植物園 BOTANICAL GARDENS
  ○
鉄の家 CASA DE FERRO
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル同等
*宿泊: サザン・サン・ホテル SOUTHERN SUN HOTEL (スタンダード部屋)

<マプト 市場>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>01月28日(月)以降の毎週(月)
■行程: マプト滞在(ゾウ保護区へのサファリ・ツアー)
*朝食: ホテル
*移動: 専用車でマプト・ゾウ保護区にご案内致します。
*観光: 道中、観光をします。
  ○
ヒンドゥー教の寺院 HINDU TEMPLE
  ○
カテンベ CATEMBE
*行楽: ゾウ保護区サファリ(ミリバンガララ岬 PONTA MILIBANGALALA まで走行)
  ◎
マプト・ゾウ保護区 MAPUTO ELEPHANT RESERVE
   ここではゾウだけではなく、カバ、ワニ、リードバック、サマンゴ・モンキーなど、
   そして、様々な種類の鳥を見るチャンスがあります。
*昼食: お弁当です。ビーチあるいは小さな湖のほとりでお召し上がり頂けます。
*夕食: ローカル・レストラン 『ザンビ』 ZAMBI
*宿泊: サザン・サン・ホテル SOUTHERN SUN HOTEL (スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>01月29日(火)以降の毎週(火)
■行程: マプト→(国境)→エスワティニ(旧スワジランド)→(国境)→マプト
*朝食: ホテル
*移動: 専用車でモザンビーク/エスワティニ国境に移動します。
/国境: モザンビークを出国/エスワティニに入国
*観光: 終日、隣国エスワティ二を観光します。
  ○
マンジニ市場 MANZINI MARKET
 <以下はエズルウィニ渓谷の施設です。エスワティニの文化と自然に触れます>
  ◎
マンテンガ自然保護区 MANTENGA NATURE RESERVE
  ○
マンテンガ・クラフト・センター MANTENGA CRAFT CENTRE
  ○
グアバ・ギャラリー GUAVA GALLERY
  ◎
マンテンガ文化村 MANTENGA CULTURAL VILLAGE
  ◎
ボマ(集会場)で行われる伝統的な民族舞踊
*昼食: ローカル・レストラン
*移動: 専用車でエスワティニ/モザンビーク国境に移動します。
/国境: エスワティニを出国/モザンビークに入国
*夕食: ローカル・レストラン 『コスタ・デル・ソル』 COSTA DEL SOL
*宿泊: サザン・サン・ホテル SOUTHERN SUN HOTEL (スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>01月30日(水)以降の毎週(水)
■行程: マプト⇒ナンプラ→モザンビーク島
*朝食: ホテル(但し、時間によります)
*送迎: 現地係員がホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: LAMモザンビーク航空の国内線で空路、ナンプラへ。
 TM−152 マプト     08:00⇒ナンプラ    10:10
*出迎: ガイドがナンプラ空港にてお出迎え致します。
*昼食: ホテル・ヒラソレス
*移動: 専用車で世界文化遺産モザンビーク島に移動します。
    その際、
ナンプラの街中を少しドライブします。
*夕食: ホテル
*宿泊: ヴィラ・サンド【お屋敷を改装したリゾート旅館』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>01月31日(木)以降の毎週(木)
■行程: モザンビーク島
*朝食: ホテル
*観光: 世界文化遺産モザンビーク島を観光します。
 ◎ノサ・セニョーラ礼拝堂 CAPELA DE NOSSA SENHORA DO BALUARTE
 ◎
サン・セバスチャン要塞 FORTALEZASAO SEBASTIAO
 ◎
サンパウロ宮殿 PALACIO DE SAO PAULO
 ○
サン・ロレンソ要塞 FORTE SAO LOURENCO
 ○
総督府の門 The PORT CAPTAIN'S VILLA
 ○
ミゼルコルディア教会 CHURCH of The MISERCORDIA
 ○
サント・アントニオ教会 CHURCH of SANTO ANTONIO
 ○
旧市街の散策 Walking Tour of Old Town
*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
*行楽: ダウ・クルーズ。伝統的なダウ船でインド洋をおさんぽ。サンセットを見ます。
*夕食: ホテル
*宿泊: ヴィラ・サンド【お屋敷を改装したリゾート旅館』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>02月01日(金)以降の毎週(金)
■行程: モザンビーク島→ナンプラ⇒ヨハネスブルク⇒
*朝食: ホテル
*送迎: 専用車でホテルからナンプラ空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、ヨハネスブルクへ。
 SA−8231 ナンプラ    14:15⇒ヨハネスブルク 16:50
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、香港へ。
 SA−286 ヨハネスブルク 17:55⇒香港      12:45翌日
・・機内泊(Code: 302400。45010)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>02月02日(土)以降の毎週(土)
■行程: ⇒香港⇒日本各地(東京/名古屋/大阪)

成田空港発着の場合
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、成田空港へ。
 SA7138 香港      15:20⇒成田空港    20:15
・・帰国

羽田空港発着の場合
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、羽田空港へ。
 SA7134 香港      14:25⇒羽田空港    19:15
・・帰国

中部空港発着の場合≫  
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、中部空港へ。
 SA7140 香港      14:35⇒中部空港    19:10
・・帰国

関西空港発着の場合
・・手続: 安全検査〜搭乗
※移動: 南アフリカ航空で空路、関西空港へ。
 SA7136 香港      15:25⇒関西空港    19:55
・・帰国: 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

====================================

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。


  2019年01月26日(土)以降、毎週土曜日に出発可能
  ご希望により添乗員が同行または合流、お世話致します。

  
  
<最少催行人数:1名から催行。定員6名。添乗員付/なし>

 <添乗員が同行する場合>
人数 旅行代金 航空券代 合計
 1名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 2名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 3名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 4名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 5名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 6名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問い合わせ下さい

 <添乗員が同行しない場合>
人数 旅行代金 航空券代 合計
 1名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 2名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 3名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 4名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 5名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 6名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問い合わせ下さい


モザンビーク査証≫今回は2回、モザンビークに入国します! 
    査証代:        実費       代行申請料
    数次入国60日用:  17,000円  10,800円

 ■必要書類■

 (1)パスポート原本
    パスポートの残存有効期間: 査証申請時180日(6カ月)以上
    未使用の査証欄: 左−右→左―右 連続4ページ(見開き連続2ページ)
 (2)申請書 1枚
    お申し込みの際に発送します。署名欄に旅券と同じサインをして頂きます
 (3)証明写真 1枚
    縦4.5cmx横3.5cm。カラ−でも白黒でも可です。
    裏面にローマ字のお名前(パスポートと同じ綴り)
    写真に付箋などを付けて保護をしないで下さい。
 (4)予防接種証明書 1部
    黄熱病予防接種証明書が必要です。
 (5)他に必要な書類
    査証申請要綱が変更になる場合があります。都度、お知らせ致します。



●旅行代金には下記のものが含まれます*
 *車 両: マプト基点とナンプラ&モザンビーク島、いずれも専用車
 *ガイド: 英語ガイド
 *宿 泊: 下記のカテゴリー または同等クラス
   マプト       サザン・サン・ホテル (スタンダード部屋)
   モザンビーク島   ヴィラ・サンド (スタンダード部屋)
 *食 事: 朝食5回/昼食5回/夕食5回
 *観 光: 各観光地で必要な入場料・拝観料
 *航空券: アフリカ内のケニア航空路線と税・料金(燃油付加料金など)

●旅行代金に含まれないもの
 *個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/
  お飲み物/オプショナルツアー)

●旅券(パスポート)/査証(ビザ)

 ・・旅券: 査証申請時に180日以上の残存有効期間が必要
     また、未使用の査証欄余白が見開き2頁(左頁から連続4頁)分以上、必要

 ・・査証: モザンビークに2回入国します。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ