異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ モザンビークスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
 インド洋の大航海時代を偲ぶ 12日間の旅
〜3つの世界遺産〜
『モザンビーク島』、『キルワ』、『ザンジバル』

ここがポイント!

 ■3つの世界遺産

アフリカ東海岸の洋上には、インド洋貿易の中継点として栄えた島々があります。

この旅では、その中でも世界文化遺産に登録されている著名な3ヶ所を訪れます。





◆モザンビーク島

モザンビークという国名は、このモザンビーク島に由来します。
1450年頃〜1629年には、南部アフリカにモノモパタ王国がありました。
モノモパタ王国が栄えていた頃に、アフリカで採掘された金と、アラブからの 商品とを交換するインド洋貿易の中継点として、この島は発展をとげました。
やがてインド洋航路を開拓したヴァスコ・ダ・ガマによりポルトガル領とされ、 その後ポルトガル系、アラブ系、インド系、アフリカ系住民が共存するように なりました。
1507年からはポルトガルが港を整え、海軍施設を建造しました。
1522年にはノサ・セニョーラ・バルアルテ礼拝堂が建立されました。 この礼拝堂は、現存する南半球における最古の欧風建築といわれています。
あまり知られていませんが1586年の末に、天正遣欧少年使節団が立ち寄り、 天候待ちのために滞在したと記録されています。

◆キルワ
東アフリカ最大の遺跡群といわれるキルワは、複数の遺跡群をまとめた総称です。
第一遺跡群『キルワ・キシワニ』は最も有名で、本土側のキルワ・マソコから、 舟で訪れることができます。ゲレザと呼ばれる16世紀にポルトガルが建造した 要塞、金曜日のモスク、伝イマームの宮殿、小さなドームのモスク、長城の宮殿、 そしてフスニ・クブワと呼ばれる街の遺跡(王宮や、東アフリカ最大の建造物) があります。
第二遺跡群『ソンゴ・ムナラ』は更に南にある大きな島で、14世紀から15世紀にかけて 栄えた街の遺跡があります。モスク跡、廃墟となった家並みをご覧頂けます。
第三遺跡群の『キルワ・キビンジ』は、本土にあります。18世紀後半にキルワにきて貿易をしていた オマーンの商人の拠点として栄え、のちにオマーン商人は本土側に本部を移転。 そして、ここは1870年代には最後の奴隷貿易の拠点となりました。

◆ザンジバル
ザンジバルはタンザニア連合共和国として本土側のタンガニーカと合併するまで 主権国家でした。そのため、いまでも入境する際には税関審査があります。
この島の中心は、古都ストーンタウン。古い時代のアラブの伝統の影響を受けた スワヒリ建築が立ち並んでおり、まるで迷路のようです。
このザンジバルも、モザンビーク島やキルワと同様に、インド洋の大航海時代に 貿易の中継点として栄えました。18世紀にはオマーンの支配を受けているため より、アラブ風の建築や文化が色濃く残っています。 ハウス・オブ・ワンダーに代表される煌びやかなアラブ風の建築は、訪れる人を 文字通り驚嘆させます。
ストーン・タウンを歩いていると、アラブ・スワヒリの 民族衣装を着た人々に会えます。知らぬ間に中世に迷いこんだ気がするでしょう。

<観光の見どころ>

モザンビーク島【世界文化遺産】の観光
  ・ノサ・セニョーラ・デ・バルアルテ礼拝堂(1522年)
  ・サン・セバスティアン要塞
  ・サンパウロ宮殿と礼拝堂(1610年)
  ・聖画美術館(マコンデ様式の十字架)
  ・サン・アントニオ教会
  ・ミゼリコルディア教会

キルワ【世界文化遺産】の観光  
 ≪キルワ・キシワニ≫
  ・ゲレザ(ポルトガル要塞)
  ・金曜日のモスク ・伝イマームの宮殿
  ・小さなドームのモスク
  ・長城の宮殿
  ・フスニ・クブワ
 ≪ソンゴ・ムナラ≫
  ・村落の跡
  ・住居跡(廃墟)
  ・モスク跡  
 ≪キルワ・キビンジ≫
  ・商館跡
  ・砲台跡(大砲が残っています)
  ・貿易港跡

ザンジバル【世界文化遺産】の観光
 ≪ストーンタウン≫
  ・オールド・アラブ・フォート(アラブの砦)
  ・スルタンの宮殿(現在、博物館)
  ・カテドラル(大聖堂。かつての奴隷市場)
  ・旧英国領事館
  ・文化センター(壮麗な建築のひとつ)
  ・ハウス・オブ・ワンダー(壮麗な建築のひとつ)
  ・からゆきさんの寓居跡
  ・日本酒場跡 ・住宅街(古いスワヒリ建築がたくさん残っています)
  ≪島内観光≫
  ・スルタンのハーレム
  ・キディチのペルシャ王女の浴場
  ・ブブブの蒸気機関車の駅跡


ダルエスサラームの民芸品、ティンガティンガの展示即売所も訪問

ザンジバルのシーフード―たのしみ


モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
<01日目>(土) 日本⇒バンコク
※移動: 国際線で空路、バンコクへ。
・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>(日) バンコク⇒ナイロビ⇒ダルエスサラーム⇒ナンプラ
※移動: ケニア航空で空路、ナイロビ経由、タンザニアのダルエスサラームへ。
 KQ−861 バンコク    00:40⇒ナイロビ    06:40    日
 KQ−480 ナイロビ    08:05⇒ダルエスサラーム09:20    日
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*観光: 
タンザニアの首都ダルエスサラームのミニ観光
    ・
国立博物館
    ・
マコンデ彫刻の村(マコンデ彫刻展示即売所)
    ・
ティンガティンガ村(ティンガティンガ展示即売所
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 現地係員が空港にご案内致します。
※移動: モザンビーク航空で空路、ナンプラへ。
 TM−463 ダルエスサラーム16:20⇒ナンプラ    18:20    日
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル
*宿泊: ナンプラ市内の3★クラスのホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>(月) ナンプラ→モザンビーク島
*朝食: ホテル
*移動: お車でモザンビーク島へ。だいたい3〜4時間かかります。
*昼食: ローカル・レストラン
*観光: 午後、
モザンビーク島【世界文化遺産】の北部の観光をします。
    ・ノサ・セニョーラ・デ・バルアルテ礼拝堂(1522年)
    ・サン・セバスティアン要塞
    ・サンパウロ宮殿と礼拝堂(1610年)
    ・聖画美術館(マコンデ様式の十字架)
    ・サン・アントニオ教会
    ・ミゼリコルディア教会

*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: モザンビーク島の3★クラスのホテル
 
<写真:左 サン・セバスチャン要塞/右 サンパウロ宮殿>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>(火) モザンビーク島→ナンプラ
*朝食: ホテル
*観光: 午前、モザンビーク島【世界文化遺産】の南部の観光をします。
     民家が立ち並ぶエリアの散策になります。(1〜2時間)
*昼食: ローカル・レストラン
*移動: お車でナンプラに移動します。だいたい3〜4時間かかります。
     途中、景色のよい場所で車を停め、休憩します。
*夕食: ホテル
*宿泊: ナンプラの3★クラスのホテル
 
<写真:左 モザンビーク島の街中/右 ナンプラ風景>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>(水) ナンプラ⇒ダルエスサラーム
*朝食: ホテル
*送迎: 現地係員が空港にご案内致します。
※移動: モザンビーク航空で空路、ダルエスサラームへ。
 TM−462 ナンプラ    10:15⇒ダルエスサラーム13:45   水
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*昼食: 機内食のサービスがない場合。スナックをお配り致します。
<自由: 午後は自由行動です>
*夕食: ホテル
*宿泊: ビーチ沿いの3★クラスのホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>(木) ダルエスサラーム⇒キルワ
*朝食: ホテル
*送迎: 現地係員が空港にご案内致します。
*移動: 国内線(コースタル航空)で空路、キルワへ。
 ◎コースタル ダルエスサラーム10:30⇒キルワ     11:40    
*送迎: ガイドが空港からホテルにご案内致します。
*昼食: ホテル
*観光: 
キルワ・キビンジ【世界文化遺産】の観光
    ・商館跡
    ・砲台跡(大砲が残っています)
    ・貿易港跡

*夕食: ホテル
*宿泊: キルワ・ルインズ・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>(金) キルワ・マソコ〜キルワ遺跡〜キルワ・マソコ
*朝食: ホテル
*観光: 終日、
キルワ・キシワニソンゴ・ムナラ【世界文化遺産】の観光    
   ≪キルワ・キシワニ≫
    ・ゲレザ(ポルトガル要塞)
    ・金曜日のモスク
    ・伝イマームの宮殿
    ・小さなドームのモスク
    ・長城の宮殿
    ・フスニ・クブワ

  ≪ソンゴ・ムナラ≫
    ・村落の跡
    ・住居跡(廃墟)
    ・モスク跡

*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: キルワ・ルインズ・ホテル
 
<写真:左 金曜日のモスク(グレートモスク)/右 グレートモスク内部>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>(土) キルワ⇒ザンジバル
*朝食: ホテル
*送迎: 現地係員が空港にご案内致します。
*移動: 国内線(コースタル航空)で空路ダルエスサラーム経由ザンジバルへ。
 ◎コースタル キルワ     11:50⇒ザンジバル   14:20   
      (ダルエスサラーム経由 着13:00/14:00発)
*昼食: 機内食のサービスがない場合、スナックをお配り致します。
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*観光: 午後、
ストーンタウン【世界文化遺産】の観光(お車)
    ・文化センター(壮麗な建築のひとつ)
    ・ハウス・オブ・ワンダー(壮麗な建築のひとつ)
    ・オールド・アラブ・フォート(アラブの砦)
    ・旧英国領事館
    ・スルタンの宮殿(現在、博物館)
    ・カテドラル(大聖堂。かつての奴隷市場)
*夕食: ローカル・レストラン(シーフード)
*宿泊: テンボ・ハウス または同等

 
<写真:左 ハウス・オブ・ワンダー/右 カテドラル>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>(日) ザンジバル
*朝食: ホテル
*観光: 
午前、ストーンタウンの観光(徒歩)
    ・からゆきさんの寓居跡
    ・日本酒場跡
    ・住宅街(古いスワヒリ建築がたくさん残っています)

*昼食: ローカル・レストラン(シーフード)
*観光: 
午後、ザンジバル中部の観光
    ・スルタンのハーレム
    ・キディチのペルシャ王女の浴場
    ・ブブブの蒸気機関車駅跡

*移動: お車で東海岸のパジェに移動します。
*夕食: ホテル(シーフード)
*宿泊: パラダイス・ビーチ・バンガローズ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<10日目>(月) ザンジバル⇒ナイロビ⇒
*朝食: ホテル
<自由: 終日、自由行動>
*昼食: ホテル
*送迎: 現地係員が空港にお送り致します。
※移動: ケニア航空でナイロビ経由、バンコクへ。
 KQ6715 ザンジバル   18:20⇒ナイロビ    20:00    
 KQ−886 ナイロビ    23:55⇒バンコク    13:35 翌日 
・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<11日目>(火) ⇒バンコク⇒
※移動: 国際線で空路、帰国の途へ/あるいはバンコク泊(別途手配)
・宿泊: 機内泊              /あるいは空港周辺に宿泊(別途手配)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<12日目>(水)  日本
・帰国
============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
毎週土曜日出発

<最少催行人数 :1名で催行。添乗員付/無し>


人数 現地発着代 航空券代 合計
1名様から お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください



●お申込期間:出発2週間前まで



●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *空港送迎 日程に<*送迎>と明記された箇所
 *観光費用: 観光にかかる車両・運転手代・ガイド代・入場料
 *送迎費用: 送迎の車両・運転手代
 *食事費用:*日程に<*朝食、昼食、夕食>と明記された箇所
 *地上費用: 送迎や観光の車両代、英語を話すガイド代、入場料・拝観料

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *空港使用料 成田空港施設使用料
 *航空保険料追加徴収金、燃油深料金
 *国内線の燃油付加料金
 
*個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物/オプショナルツアー)
 

 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ