異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南太平洋の旅】
■ ツバルスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

復活!フィジー・エアウェイズまつり
2018年07月03日(火)以降の毎週(火)出発
パームツアー店長の旅の原点!
太平洋の孤島ナウル 8日間
フィジー経由

成田空港発着 フィジー・エアウェイズ利用


ここがポイント!


■ナウル■
 
2018年07月03日(火)以降の毎週(火)出発可
  
★添乗員が同行または合流します★

新しいナウル共和国の旅


ミクロネシアに属する小さな島国ナウルには2泊します。ブリスベンからアクセスするよりも多くの滞在時間がとれます。
太平洋戦争まで一時的に日本の統治下にあった、中部太平洋の絶海の孤島です。
ナウルはかつて、燐鉱石によって世界有数の裕福な国で、日本にも飛行機が就航していた時代がありました。燐鉱石が枯渇した後、混乱が生じましたが、いま、また国家として少しずつ、未来を模索しています。


この国はまさに激動の時代を経験しました。
太平洋戦争までは、静かな中部太平洋の秘島であったこの島は、日本軍の占領下、島民はトラック諸島へと強制移住させられました。
太平洋戦争が終わり、国連信託統治領を経て、独立したナウルは、リン鉱石産業でまたたくまに世界有数の金持ち国となりました。
キリバスやフィリピンから労働者が移住し、ナウル人は涼しいお部屋から出なくなりました。
やがて、リン鉱石が枯渇すると、生活状況は一変し、貧困にあえぐようになります。
アフガニスタン難民を受け入れようとしたり、島ぐるみオーストラリアに移ろうと考えたり、時代に翻弄されたミニ国家の迷走が始まります。
それでも国家としての体制をなんとか維持しているナウル。
この国には、この国が歩んできた疾風怒濤のそれぞれの時代を象徴する遺物が島のあちこちに残されています。
日本軍の大砲や高射砲、リン鉱石採掘場やカンチレバー、そして不思議な池・・・
さぁ、不思議の国ナウルの旅の始まりです!

(平原朋美)

  
<写真(左)リン鉱石採掘場跡/(右)リン鉱石積出用のカンティレバー ・・・イメージ>

<観光の見どころ>

ナウル
一周20kmの小さな島国ナウルを視察します。小さな島ですが、こんこんと湧く湧水や湖、かつてこの島の経済を支えた燐鉱石の採掘や精製の史跡、日本軍関連の戦跡など、みどころがたくさんあります。


査証】 ナウルは査証(ビザ)申請が必要です。申請は日本で行いますが、
      実際に査証を受け取るのは現地到着後です。少なくとも2ヶ月前
      までにお申し込み下さい。



<モデルプラン>
============================================================================

====================================
<01日目>07月03日(火)以降の毎週(火)
■行程: 成田空港⇒
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: フィジー・エアウェイズの国際線直行便で空路、フィジーのナンディへ。
 FJ−350 成田空港    21:25⇒ナンディ    09:05 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>07月04日(水)以降の毎週(水)
■行程: ⇒ナンディ
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: 手配会社のブースでバウチャーをお受け取り下さい。
*誘導: 現地係員が混載送迎車までご誘導致します。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: メルキュール・ナンディ または トカトカ・リゾート(スタンダード部屋) 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>07月05日(木)以降の毎週(木)
■行程: ナンディ⇒
*朝食: ホテル
・・自由: 終日、自由行動
・・昼食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*休息: メルキュール・ナンディ または トカトカ・リゾート(スタンダード部屋) 
・・備考: ホテルのお部屋は出発までご利用頂けます。
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
・・仮眠: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>07月06日(金)以降の毎週(金)
■行程: ⇒ナンディ⇒ナウル
※移動: ナウル航空で空路、ナウルへ。
 ON−018 ナンディ    01:00⇒ナウル     04:10
・・手続: 査証受領/入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
・・備考: ホテルのお部屋は到着後すぐにご利用頂けます。
*朝食: ローカル・レストラン
*視察: 半日、専用車で商業/行政エリアを視察
 ○
シビックセンター: 郵便局、銀行、市議会、カフェ、商店がある公民館
 ○
郵便局: ナウルの珍しい切手を購入できます。
 ○
燐鉱石貯蔵庫跡: 船に搭載する前の燐鉱石を保管していた建物
 ○
カンチレバー一号機跡: 主に小さな船舶に燐鉱石を搭載していたクレーン
 ○
燐鉱石加工工場跡: 海岸と道路を挟んだ内陸側の広場に廃工場が残ります。
 ○
カンチレバー一号機跡: 主に大きな船舶に燐鉱石を搭載していたクレーン
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: エワ・ロッジ(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>07月07日(土)以降の毎週(土)
■行程: ナウル
*朝食: ローカル・レストラン
*視察: 半日、専用車でナウル島内視察
 ○日本軍司令部と重営倉跡: ジャングルと隆起珊瑚の奥に残っています。
 ○日本軍高射砲: ナウルの最も標高の高い場所に残っています。
 ○ブアダ・ラグーン: 真水を湛えた小さな湖で、ナウルの景勝地のひとつ
 ○燐鉱石採掘場跡: かつて国の経済を支えた燐鉱石も掘り尽くされました。
 ○モクア・ウェル MOQUA WELL: 空港前の石灰の洞窟の中にある小さな湧水。
 ○アニバレ湾: 隆起珊瑚の柱が林立する、中部太平洋の桂林?
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: エワ・ロッジ(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>07月08日(日)以降の毎週(日)
■行程: ナウル⇒ナンディ
*朝食: ホテル
・・自由: 午前、自由行動
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: ナウル航空で空路、ホニアラへ。
 ON−001 ナウル     14:30⇒ナンディ    17:40
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: メルキュール・ナンディ または トカトカ・リゾート(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>07月09日(月)以降の毎週(月)
■行程: ナンディ
*朝食: ホテル
・・自由: 終日、自由行動
・・昼食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: メルキュール・ナンディ または トカトカ・リゾート(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>07月10日(火)以降の毎週(火)
■行程: ナンディ⇒成田空港
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: フィジー・エアウェイズで空路、成田空港へ。
 FJ−351 ナンディ    13:25⇒成田空港    19:30
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

====================================


※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 

 2018年07月03日(火)以降の毎週(火)出発可能
 偶数月はご希望により添乗員が同行し、お世話致します。



<最少催行人数 :1名から催行。定員6名。添乗員同行>
  

 <添乗員同行の場合の料金>

人数 旅行代金 航空券代 合計
1名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
2名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
3名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
4名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
5名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
6名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 お問合せ下さい。  お問合せ下さい。
一人部屋追加料金    お問合せ下さい。


●お申込期間: 出発の1か月前までにお申込下さい。



●旅行代金に含まれるもの
 *航空券:  日本各地⇔ナンディ⇔ナウル
 *宿 泊:
  ナンディ  メルキュール・ナンディ(スタンダード部屋)または同等
  ナウル   エワ・ロッジ
 *食 事:  朝食6回/昼食3回/夕食2回
 *送 迎:  ナンディ(混載送迎車)/ナウル(混載送迎車)
 *観 光:  ナウル

●旅行代金に含まれないもの
 xチップ:  送迎・ツアーの運転手/ツアーのガイド/レストラン/ホテルの枕銭
 x通信費:  現地でご利用になる電話/FAX/ネットおよびネット環境使用料
 x飲食費:  飲物/明記されない食事/ミニバー/ルームサービス
 x個人費:  洗濯代/オプショナルツアー
 x渡航費:  渡航手続きが必要な場合の経費


●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 ・旅券: ご帰国日の翌日から起算し、6カ月以上の残存有効期間が必要です。
 ・査証: ナウルの査証が必要です。

 ===ナウル査証申請要綱===
  ・帰国翌日から起算して6カ月以上の残存有効期間のあるパスポート
   見開き1ページの未使用査証欄が必要
  ・写真 縦4.5cm X 横3.5cm 1枚
  ・申請書をお送りします。署名欄にパスポートと同じ署名をしてご返送下さい
  ・ご勤務先からの雇用証明書(無職/学生/自営業等の方はご相談下さい9
  ・ナウル移民局への手紙(滞在中は自己責任で滞在し、ナウルの法律を順守し、
    滞在中にかかる経費はすべて自分で負担する旨の手紙)
   ⇒見本をお送りします
  ・料金 AU$50+送金手数料6,500円+手配手数料10,500円





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ