異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 ■
現地発着ツアーカレンダー
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア

トップ現地発着スペシャル【南太平洋の旅】
■ 現地発着スペシャル


■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
2018年06月04日(月)成田空港発
ニュージーランド航空で行く!

南太平洋の絶海の孤島 ニウエ
歴史&自然探訪 7日間

成田出発/羽田帰着 大韓航空+ニュージーランド航空利用

ここがポイント!


7日間でニュージーランド自由連合国ニウエ!

ニウエ
 自然探訪と歴史散策7日間

ポリネシアの海域に絶海の孤島があります。ニュージーランドとの自由連合国の立場にあるニウエ。
ありよう、独立国のニウエ。
この島の面積は259k㎡で、世界で最も大きな珊瑚礁の島です。
1000年ほど前よりサモアによって統治されていましたが、16世紀になるとトンガ人が侵攻。
やがてこのふたつの文化が融合し、独特なニウエ文化に発展しました。
近世にはクック諸島のプカプカ島から移民が渡来し、ここにマオリ文化も融合。
ポリネシアを代表する三つの文化が一つになりました。
ニウエ島はいわば、ポリネシア文明の十字路と言えるでしょう。
ニウエは隆起珊瑚(マカテア)によって形成されています。
隆起珊瑚によって作られた自然美は驚嘆に値し、訪れる人を魅了してやみません。
まだまだ知名度の低い島ですが、ニウエは知る人ぞ知る、民芸品の宝庫でもあります。
独特の文化、独特の自然美を併せ持つニウエ。ぜひ、足をお運び下さい。

<観光のみどころ>
パラハ鍾乳洞
: ライムストーンが自然の造形美を堪能させてくれる。
マタパ・ギャザム(地溝)
: 海抜より低い位置にある淡水の天然プール
タラバ橋: 隆起珊瑚が作りだした、非常にユニークな形の天然の橋
アバイキ洞窟: 天然のプールで泳ぐことができるギャザム。
トゴ地溝: まるで月面のクレーターを彷彿とさせる隆起珊瑚の林。
BBQとファイアー・ダンス(木曜日にセッティングします。

 
<写真(左)ウォーキング・ロード /(右)パラハ洞窟 ・・・イメージ>
 
<写真(左)マタパ・ギャザム /(右)タラバ橋 ・・・イメージ>
 
<写真(左)島内には鍾乳洞もあります /(右)トゴ・ギャザム ・・・イメージ>



モデルプラン<手配旅行です>

====================================
<01日目>06月04日(月)以降の毎週(月)
■行程: 成田空港⇒
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、オークランドへ。
 NZ-090 成田空港    18:30⇒オークランド  08:05 翌日
・・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<02日目>06月05日(火)以降の毎週(火)
■行程: ⇒オークランド
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
・・備考: ホテルのお部屋は到着後すぐにご利用頂けます。
・・自由: 終日、自由行動
・・昼食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: オークランド・シティ・ホテル・ホブソン・ストリート(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<03日目>06月06日(水)以降の毎週(水)☞06月05日(火)以降の毎週(火)
■行程: オークランド⇒ニウエ
*朝食: ホテル(但し、時間により、お召し上がり頂けないケースがあります。機内食あり)
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、ニウエへ。
 NZ-784 オークランド  09:10⇒ニウエ     13:35 前日(金)
 
------------------------国際日付変更線を通過------------------------
一日戻ります
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
*昼食: ホテル(セットメニュー)
・・自由: 午後、自由行動
*夕食: ホテル(ブッフェ)
*宿泊: シーニック・マタヴァイ・リゾート(スーペリア部屋)
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<03日目>06月06日(水)以降の毎週(水)
*朝食: ホテル(トロピカル式朝食)
*観光: 半日、ニウエ島の西部~北部を観光します。
首都アロフィ
 〇国会議事堂: 空港から市内に向かう途中の左側に建つポリネシア風建築。
 〇キャプテン・クック上陸&退却地点
 〇
首都アロフィ: 警察署、観光局、ショッピングセンターなどがあります。
 〇
旧議会: 国会議事堂が建つまで議会として活躍していた質素な建物です。
 〇
アロフィ埠頭: 小さな船でなければ接岸できない小さな埠頭があります。
 ○
マタイオ・ツイトンガ王の陵墓: 伝統の半円型のお墓。墓岬にあります。
 ○
ファタアイキ王の陵墓: 伝統の半円型の小さなお墓で、墓岬にあります。
 ○
ニウエ政府観光局: 地図等を入手できます。珍しい切手を売っています。
 〇
ヌカイ・ペニアミナ墓: ニウエでキリスト教を布教したサモア人宣教師
西海岸~北海岸
 ○パラハ洞窟: 育ち盛りの鍾乳洞。石人形のような造形の石筍が見られます。
 ○
トギア王の陵墓: ツアパ村の教会の前にある、ニウエ割譲の際の王のお墓。
 ○
マタパ地溝: 切り立った隆起珊瑚の谷にある、青い水を讃えた美しい地溝。
 ○
タラバ橋: 隆起珊瑚がつくり出した“天然の橋”がある絶景ポイントです。
 ○
リム・リーフの天然プール: 海水が循環する場所にできた、天然のプール。
 ○
アバイキ洞窟: 大きな海蝕洞窟の中にできた、島を代表する鍾乳洞のひとつ。
*昼食: ホテル(セットメニュー) または ローカル・レストラン "KAI IKA"
・・自由: 午後、自由行動
*夕食: ホテル(セットメニュー)
*宿泊: シーニック・マタヴァイ・リゾート(スーペリア部屋)
------------------------------------
<04日目>06月07日(木)以降の毎週(木)
■行程: ニウエ
*朝食: ホテル(トロピカル式朝食)
*観光: 半日、ニウエ島の東部~南部を観光します。
東海岸~南海岸
 ●ハクプ村: ニウエ島南東部に位置する村。公園のように整備されています。
 ●
フバル森林保護区: ニウエ島の南東部に広がる熱帯雨林を車窓から見ます。
 ○
トゴ地溝: 月面のような景観、海蝕洞窟、白砂の広場等を歩きながら見学。
 ○
バイコナ: 板根(バットレス・ルーツ)を持つ木が林立する熱帯雨林です。
 ○
アナアナ埋葬洞窟 / ANA ANA BURIAL CAVE: 洞窟内に作られた古代の墓地。
 ○
アナアナ潮吹海岸: 隆起珊瑚の崖に打ち寄せる波が、水煙を上げています。
*昼食: ホテル(セットメニュー) または ローカル・レストラン "KAI IKA"
・・自由: 午後、自由行動
*夕食: ホテル(セットメニュー)
*宿泊: シーニック・マタヴァイ・リゾート(スーペリア部屋)
------------------------------------
<06日目>06月09日(土)以降の毎週(土)☜06月08日(金)以降の毎週(金)
■行程: ニウエ⇒オークランド
*朝食: ホテル(トロピカル式朝食)
‥自由: 午前、自由行動
*昼食: ホテル(セットメニュー)
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、オークランドへ。
 NZ-785 ニウエ     14:45⇒オークランド  17:30 翌日
 
------------------------国際日付変更線を通過------------------------
一日進みます
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: オークランド・シティ・ホテル・ホブソン・ストリート(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<07日目>06月10日(日)以降の毎週(日)
■行程: オークランド⇒成田空港
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ニュージーランド航空で空路、成田空港へ。
 NZ-099 オークランド  08:55⇒成田空港    16:50
・・帰国: 羽田空港に到着。
・・備考: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、解散となります。
------------------------------------

========================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 ニウエの独立を日本が承認して早2年。まだ知名度はそれほど高くありません。
 “隣国”クック諸島と同様、ニュージーランドと自由連合の関係を保っている小さな島国です。
 世界で9番目に小さな国家ですが、その小さな国土に絶景がこれでもかと詰め込まれています。
  ・・本庄久美: 店長はこの国に2回も行ったんですね?この島の魅力は何ですか?
  ・・立花誠: 隆起珊瑚に鍾乳洞、天然プールに天然橋、素朴な人々においしい魚などなど。
  ・・本庄久美: ポリネシアの島にしては、ヤシの木が並ぶ白砂のビーチが少ないですね。
  ・・立花誠: 洞窟や地溝がプールになっている場所があり、そこで泳ぐことができます。
  ・・本庄久美: マダガスカルのツィンギーのように、月面をほうふつとさせる風景があるとか。
  ・・立花誠: それはトゴ地溝(ギャザム)です。冒険心をくすぐられるイチ押しの場所ですよ。
  ・・本庄久美: ニウエ三景を挙げるとしたら、どこと、どこと、どこになりますか?
  ・・立花誠: マタパ地溝、タラバ天然橋、トゴ地溝ですが、鍾乳洞や天然プールも捨てがたいですね。
  ・・本庄久美: ホテルの周囲にはお店がありましたか?コンビニとかはないでしょうね・・・(笑)
  ・・立花誠: ホテルの食事はおいしく、食べきれないほど。飲物やアメニティがあるので、大丈夫です。
  ・・本庄久美: もし、またニウエに行く機会があったら、行ってみたいですか?
  ・・立花誠: 行けるのであれば何度でも行きたいです。夜の潮騒、月明りもステキですよ!
 基本的に今回、お食事はホテルでおとり頂きます。ニウエのおつまみや近海もののお魚がおススメです。
 機会があれば昼食を外食にしたいと思いますが、ここにはフランス料理、中国料理のお店がありません。
 候補に挙がっている“KAI IKA”はズバリ!日本料理のお店で、南国風のお寿司を食べられます。 

 
 2018年06月04日(月)以降の毎週(月)成田空港を出発可
 ご希望により添乗員が同行します

<最少催行人数 :1名で催行。定員6名>添乗員付のみ

人数 ご旅行代金 航空券代 合計
01名様でご参加の場合  お問い合わせ下さい ご旅行代金に含まれます  お問い合わせ下さい
02名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい ご旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
03名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい ご旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
04名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい ご旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
05名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい ご旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
06名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい ご旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
 お一人部屋追加料金  お問い合わせ下さい

●お申込期間:出発1か月前まで



●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *送迎: ニウエ 空港⇔ホテル往復送迎(混載車)
     オークランド 空港⇔ホテル往復送迎(混載車)
 *宿泊: 下記のホテルを予定しています。
     オークランド オークランド・シティ・ホテル・ホブソン・ストリート(スタンダード部屋)または同等
     ニウエ   シーニック・マタヴァイ・リゾート(スーペリア部屋)
 *食事: 朝食5回/昼食4回/夕食4回
 *観光: 英語ガイド/ニウエで半日観光2回
 *税金: 宿泊税/観光税

●ご旅行代金に含まれないもの
 x 国際線航空券と航空券の他に別途徴収される税・料金(燃油付加料金など)
 x 個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/
  お飲み物)
 x 自由行動中のオプショナル・ツアー

●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 ・旅券: 帰国時に6カ月以上の残存有効期間と、1ページ以上の未使用査証欄が必要
 ・査証: 日本国籍のお客様は査証不要です。






電話でのお問合せは・・・・080-5028-6007 まで
▲TOPへ
 Code: 197500/12810/1080