異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 ■
現地発着ツアーカレンダー
 
スペシャルプラン
アフリカ 中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2020年09月05日(土)以降の毎週(土)出発
“北のマチュピチュ”『クエラップ』
“ペルーのモアイ”『カラヒア』
北部ペルー
チャチャポヤス歴史探訪9日間

成田空港発着アエロメヒコ利用
2020/02/24: 現地の最新道路事情を反映し、行程をメンテナンスしました。



ここがポイント!

★ペルー もうひとつの旅★
  “北のマチュピチュ=クエラップ遺跡”と
  “ペルーのモアイ=カラヒア遺跡”を見に行こう!


   ハエン空港利用の最も楽なプランです。


  ペルー北部には、独特の墓制を持つ文化が存在しました。
  とくにアマゾナス県のレイメバンバや、チャチャポヤス周辺には非常に変わった墓、
  埋葬文化が存在します。また、ミイラづくりが盛んであったことも知られています。
  円筒形の『マクロ』、レイメバンバの博物館に収蔵された『219体のミイラ』、家の形を
  した『レバッシュ』、そしてイースター島のモアイのような形をした『カラヒア』。
  その4つに加え、このコースでは“北のマチュピチュ”と呼ばれる城塞都市遺跡である
  『クエラップ』も訪れます。天空の城塞はチャチャポヤスにもあります。そもそも地名の
  チャチャポヤスは、「雲の上」というケチュア語に由来しています。
  マチュピチュやナスカの影に隠れがちな、ペルー北部の一風変わった遺跡・史跡を
  見に行きませんか?
  マラニョン川の流域に育まれた独特の文化は、アンデスや砂漠地帯とは違う魅力を
  持っています。


<観光の見どころ>

ゴクタの滝: 落差が世界で16番目、ペルーで3番目という名瀑。
  エンジェルフォールや那智の滝のような、一段の滝も美しいですが、こちらは
  美しい滝が二段連なる絶景が楽しめます。落差の順位が低くても、迫力は満点。
  乾期には、滝壺まで行くこともできます。今回ご紹介するのは、ゴクタの滝の
  眺望を楽しめるロッジに連泊するコース。美しい滝とチャチャポヤス文明の
  両方をじっくりとおたのしみ頂けるでしょう。空いた時間はぜひ、お散歩を!
  


マクロ遺跡展望所: ウトゥクバンバ川の東岸に位置する、円筒型の建造物群。
  地元では『Torres de Macro = マクロの塔群』と呼ばれている。プレ・インカ時代の
  建造物で、住居群と、墓地とが組み合わされた、複合遺跡。この地方に点在する
  墓の造営と埋葬の文化は、山ひとつ越えると全く異なっており、興味は尽きない。
  建造物は石を組み合わせて円筒形に築かれており、山の地形に合わせて、山の
  尾根にへばりつくように並んでいる。展望所から全景を眺めると、まるで砦のよう。
   
  <マクロ遺跡の展望所からの景色>   <マクロ遺跡は近くで見るとこんな感じ>

クエラップ遺跡: ウトゥクバンバ川の西岸、標高3,080mの山の頂上に築かれた
  堅固な要塞。12m~20mの高さの外壁は、緻密な石組で築かれており、インカの
  建築様式を彷彿とさせるところから、地元では『
北のマチュピチュ』と呼ばれている。
  この遺跡はプレ・インカ時代最大級の遺跡と言われ、楕円形の城壁で囲まれており、
  長さ最大582m、幅は最大111mに及ぶ。『第一の門』と『第二の門』は、急峻な
  石段が狭く造られており、砦先端には『(見張用の)大塔』がある。『高台の住居
  は『内部の城壁』に護られており、『家紋?のような彫刻』が見られ高貴な身分の
  人々が住んでいたと推測される。『円錐形の住居』は武士階級の家と言われ、復元
  されている。また、敷地内には、野生のランが自生しているので、花のフアンは必見。

   
  <クエラップ遺跡全景>        <クエラップ遺跡 第一の門>
   
  <クエラップ遺跡 第二の門>       <クエラップ遺跡 大塔>  
   
  <クエラップ遺跡 高台の住居>      <クエラップ遺跡 内部の城壁>  
   
  <クエラップ遺跡 屋敷ごとの家紋?>  <クエラップ遺跡 復元された武士の家>


レイメバンバ博物館: 2000年にオーストラリアの援助で建てられた博物館。
  ここの特色は、レイメバンバの南東にあるコンドル湖(ラグナ・デ・ロス・コンドレス)
  周辺から発掘された219体のミイラが保管され、研究されていること。ミイラは顔の
  刺繍をほどこした布袋に入れられており、この地方の独特の埋葬文化、その一端を
  知ることができる。ちいさな売店があり、そこでチャチャポヤス地方の観光資料や、
  絵葉書、ミイラやカラヒアのミニチュアなど、ちょっとしたお土産を買うことができる


レイメバンバ村: レイメバンバ村は、ウトゥクバンバ川の流域に位置している。
  村の中心にラテン・アメリカ特有の中央広場が小さいながらもあり、村の重要な
  機関は、広場の周辺に集中している。馬を移動手段のひとつにしている人もあり、
  村の道路を馬が闊歩している姿を見ることができるかも。村の周囲は山に囲まれ、
  山深い里という印象が強い。村の宿泊施設はオスタルと呼ばれる旅館で、ほかに
  レストランがある。レストランでは、マラニョン川の川の幸や、クイなどが供される。


レバッシュ遺跡: レイメバンバ村の北方、直線距離にして30kmほどにある遺跡。
  地元では『
Mausoleos Revash = レバッシュ霊廟』と呼ばれている。切り立った崖の
  中腹に建立されたこの遺跡は、レイメバンバからチャチャポヤスに到る街道沿い
  に点在する、独特の墓のひとつ。彩色された家の形をしており、それゆえ霊廟と
  呼ばれる。レバッシュ霊廟からはミイラではなく人骨が発見されており、被葬者は
  庶民か、あるいは庶民に近い位階の人物とその家族ではなかったかと思われる。

   


カラヒア遺跡: ウトゥクバンバ川の西岸、折り重なるような山々の奥にある人型石棺。
  崖の中腹に、雨露を防ぐような岩陰があり、その祭壇のようになった場所に6体ある。
  表情はユーモラスで、顔は斜め上を向いており、『
ペルーのモアイ』という別名は、
  まさに言いえて妙。但し小さいので、過度の期待は禁物。しかしながら、山奥の崖に
  このような埋葬施設があること自体が、非常にユニークなので訪れる価値は大きい。
  チャチャポヤスの街や周辺ではカラヒアのミニチュアやキーホルダーを売っている。
   ペルーのモアイ カラヒア


♪♪♪アマゾナス県で発見されたミイラ219対を安置した博物館や家の形をしたレバッシュのお墓、そして深山や渓谷をさらに奥へと進み、みごとな石組を残すクエラップと人型石棺のカラヒアを訪れます。遺跡・史跡だけでなく、山里の風景や暮らしもご覧頂くことのできる、もう一つのペルーの旅の決定版ですBy 平原由美香♪♪♪



============================================================================
====================================


====================================
<01日目>09月05日(土)以降の毎週(土)
■行程: 成田空港⇒メキシコシティ⇒リマ
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: アエロメヒコで空路、メキシコシティへ。
 AM-057 成田空港    14:25⇒メキシコシティ 13:10
・・手続: 入国~機内預け荷物引取~通関~預け荷物再搭載~安全検査
※移動: アエロメヒコで空路、ペルーの首都リマへ。
 AM-018 メキシコシティ 17:20⇒リマ      23:15
・・手続: 入国~受託手荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
*宿泊: エル・タンボ・2(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<02日目>09月06日(日)以降の毎週(日)

■行程: リマ⇒ハエン→コカチンバ
*朝食: ホテル または 空港の軽食売店
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続~安全検査
*移動: ラタム・ペルー航空の国内線で空路、ハエン空港へ。
 LA2298 リマ      05:30⇒ハエン空港   07:06
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*移動: 混載車でハエン空港からコカチンバ村のロッジへ(約5時間)
*昼食: お弁当 または ロッジ
・・自由: 午後、自由行動。ご希望の方は村の散策にご案内致します。
*夕食: ロッジ
*宿泊: ゴクタ・ロッジ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<03日目>09月07日(月)以降の毎週(月)

■行程: コカチンバ→ゴクタの滝→コカチンバ
*朝食: ロッジ
*行楽: 半日、ゴクタの滝ツアー
 〇
ゴクタの滝: ローカル・ガイドの先導で、アマゾンの源流のひとつとも言われる
  ゴクタの滝を観瀑します。乾期にあたる時期は、滝に近い場所まで接近します。
*昼食: お弁当
*夕食: ロッジ
*宿泊: ゴクタ・ロッジ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<04日目>09月08日(火)以降の毎週(火)

■行程: コカチンバ→クエラップ→コカチンバ
*朝食: ロッジ
*観光: 混載車でクエラップ遺跡方面を観光します。
 ○マクロ遺跡展望所: まるでアルティプラーノのチュルパのような円筒形の墓標
 ◎クエラップ遺跡: “北のマチュピチュ”というニックネームのある、山上の城郭
*昼食: お弁当
*夕食: ロッジ
*宿泊: ゴクタ・ロッジ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<05日目>09月09日(水)以降の毎週(水)

■行程: コカチンバ→レイメバンバ→レバッシュ→コカチンバ
*朝食: ロッジ
*観光: 混載車でレイメバンバ方面を観光します。
 ◎レイメバンバ博物館: アマゾナス県で発見された219体のミイラを保管。
 ◎レバッシュ遺跡: 崖の上に築かれた、家の形をした納骨堂の遺跡。
*昼食: お弁当
*夕食: ロッジ
*宿泊: ゴクタ・ロッジ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<06日目>09月10日(木)以降の毎週(木)

■行程: コカチンバ→カラヒア→コカチンバ
*朝食: ロッジ
*観光: 混載車でカラヒア廟方面を観光します。
 ○カラヒアの棺 CARAJIA : 人型に造られたお棺。その姿はまるで、“モアイ”のよう。
*昼食: お弁当
*夕食: ロッジ
*宿泊: ゴクタ・ロッジ(スタンダード部屋)または同等
------------------------------------
<07日目>09月11日(金)以降の毎週(金)

■行程: コカチンバ→ハエン空港⇒リマ⇒メキシコシティ⇒
*朝食: ロッジ または 道中でお弁当またはローカル食堂の朝食
*移動: 混載車でハエン空港へ。
*移動: ラタム・ペルー航空の国内線で空路、リマへ。
 LA2299 ハエン     07:56⇒リマ      09:15
・・手続: 入受託手荷物引取を済ませ、出口へ。
・・手続: 国際線の搭乗手続~安全検査/出国
※移動: アエロメヒコで空路、メキシコシティへ。
 AM-047 リマ      15:40⇒メキシコシティ 21:50
・・手続: 入国~機内預け荷物引取~通関~預け荷物再搭載~安全検査~搭乗
・・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<08日目>09月12日(土)以降の毎週(土)

■行程: ⇒メキシコシティ⇒
※移動: アエロメヒコで空路、成田空港へ。
 AM-058 メキシコシティ 01:25⇒成田空港    06:20翌
・・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<09日目>09月13日(日)以降の毎週(日)

■行程: ⇒成田空港
・・帰国
------------------------------------

====================================
============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 

  2020年09月05日(土)以降の毎週(土)出発
  成田空港出発アエロメヒコ利用
  添乗員が同行し、お世話致します。


<最少催行人数 :1名様より催行>

★添乗員同行★

 2020年09月05日以降の毎週(土) ※但し、下記特別期間を除く
人数 ご旅行代金 航空券代 合計
01名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
02名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
03名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
04名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
05名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
06名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
07名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
08名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
09名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
10名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい 旅行代金に含まれます お問い合わせ下さい
お一人部屋追加料金 お問い合わせ下さい

●お申込期間: 出発の3週間前までにお申込下さい



●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *車 両:  送迎/観光ともに専用車を利用します。
 *宿 泊:  各地、スタンダードな小ホテル または 旅館を利用します。
  リマ: エル・タンボ2(スタンダード部屋)または同等
  コチカンバ: ゴクタ・ロッジ(スタンダード部屋)または同等

 *食 事:  朝食7回/昼食6回/夕食6回
 *観 光:  ◎印/○印の観光ポイントで必要な入場料/拝観料/温泉入湯料
 *添 乗:  添乗員の交通費/宿泊費/食費/添乗経費/通信費など
 *税 金:  観光税・宿泊税
 *交 通:  国際線および国内線航空券
      (燃油サーチャージ/空港税/メキシコ、ペルー入出国経費)
 
●ご旅行代金に含まれないもの
 x燃油サーチャージ等の値上がりの際の差額
 x個人的な支払い(電話・FAX・ネット通信費/チップ/明記されていない食事/
  お飲み物/オプショナルツアー)
 x入出国関連書類作成費用(一枚につき2,700円)

●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 ・・旅券: 帰国時に6カ月以上の残存有効期間があることが望ましい。
 ・・査証: 今回の旅に関し、日本国籍のお客様は査証は不要です。
     日本国籍以外のお客様はご相談下さい。





電話でのお問合せは・・・080-5028-6007まで
▲TOPへ