異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ セネガルスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

西アフリカ紀行 セネガル
2017年11月11日(土)以降の毎週土曜日に出発可

セネガルいいとこどり8日間
ダカール/サンルイ/サルーム・デルタ
四大世界遺産: 古都サンルイジュッジ鳥類国立公園/
サルーム・デルタ国立公園/奴隷貿易史跡ゴレ島

羽田空港発着 エミレーツ航空利用

ここがポイント!

西アフリカ紀行〜セネガル

エチオピア航空が成田空港に就航。
ぐんと西アフリカが近くなりました。
従来のコース内容はそのままに、往復時間短縮。
西アフリカでもっとも観光に力を入れている国の
ひとつ、セネガルを満喫するコースです。
(本庄沙織里)


西アフリカの玄関口と呼ばれるセネガル。
パリ・ダカール・ラリーのゴール地点として、
また、西アフリカ旅行をする人たちの出発地点として、その名を知られています。

この国には世界遺産がいくつかありますが、今回はそのうち2か所にご案内致します。列強がアフリカ進出に狂奔していた時代、フランスによって植民地とされ、その首府が置かれたサンルイと、奴隷貿易の時代に奴隷貿易の基地として機能していたゴレ島を訪れます。

食べ物がおいしいのもセネガルの魅力のひとつ。
とくにセネガル風パエリア(パエジャ)とでも言いたくなる、チェブジェンと呼ばれる魚ごはんはぜひ、一度は召し上がって頂きたい料理のひとつです。<写真:ゴレ島>

セネガル

サンルイ Saint Luis
フランス植民地時代に首府が置かれた古都のある古都サンルイ。
セネガル本土から橋を渡ったセネガル川河口に浮かぶ島にあります。
1659年にフランスによって、最初の植民都市が建設されました。
サン・ルイ・デュ・フォール(聖なるルイの砦)と呼ばれたこの街は、やがて植民地が拡大してゆく中で、自然に首府としての機能を持つに至りました。
セネガル川と大西洋に面したこの地は、やがて奴隷貿易の重要な拠点となってゆきます。
サンルイの歴史的建造物はよく保存されており、世界遺産登録の基準を満たしました。
<写真:サンルイの女性>
今回の旅では、セネガルを、いや西アフリカを代表するコロニアル・ホテルである、ホテル・デ・ラ・ポストに2泊します。古都と海が融合するサンルイの文化的景観を心ゆくまでお楽しみ頂けます。

ゴレ島

西アフリカには奴隷貿易の拠点がいくつかありました。
そのひとつ、最もアメリカ大陸に近い拠点が、ダカールの沖合に浮かぶゴレ島です。
新世界と呼ばれた大西洋の対岸にあたる、北米・中南米・カリブ海、奴隷船に“載せられ”て出港した奴隷たちは生きて再びこの地を訪れることはありませんでした。
島内の奴隷の館を訪れれば、当時、どのような状態で奴隷が住まわされていたか、容易に想像することができます。また、富の元である奴隷貿易事業を守るため、堅固な砦も築かれました。西アフリカに残る負の遺産として、私たちはゴレ島から目をそむけることはできません。

セネガル料理:
前述のチェブジェンだけではなく、グルメの国セネガルでは様々なおいしいものに出会うことができます。玉ねぎと具を炒め煮にしたヤッサ、ピーナツ・オイルで具を煮込んだマフェ、大西洋に面しているので、新鮮なシーフードも魅力。おばさんが路上でたこやきの道具?で焼いているカステラは、おやつに最適!


<観光の見どころ>
≪セネガル≫
古都サンルイ(世界文化遺産)の観光
野鳥の宝庫ジュッジ鳥類国立公園(世界自然遺産)の観光
サルーム・デルタ国立公園(世界文化遺産)の観光
ゴレ島(世界文化遺産)の観光
首都
ダカールの観光
民芸品市場訪問も楽しみ!
名物料理も楽しみ!


モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
セネガル紀行@: セネガルいいとこどりダカール+サンルイ+サルームデルタ
====================================
<01日目> 月 日(土)
■行程: 羽田空港⇒ドバイ⇒ダカール
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK−313 羽田空港    00:30⇒ドバイ     07:20
・・手続: 安全検査
※移動: エミレーツ航空で空路、セネガルの首都ダカールへ。
 EK−795 ドバイ     07:15⇒ダカール    16:35
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: ガイドが空港にてお出迎え致します。
*送迎: 専用車で空港からダカール市内のホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・ジャルダン・サバナ・ダカール(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目> 月 日(日)
■行程: ダカール→ロンプール砂漠
*朝食: ホテル
*移動: 専用車でロンプール砂漠に移動します。
*観光: 道中、下記の場所に立ち寄り、観光します。
 ○
ラック・ローズ: 塩分の濃度が高いピンクの潟。塩の産業が盛ん。
 ○
カヤールの漁村: 西アフリカの典型的な漁村の風景を見ます。
 ○
カヤールの漁港: 国内屈指の水揚げ量を誇る、次代の水産拠点の予定地。
 ○
砂漠の中の轍: 砂漠の中、車・荷車の通った後を探します。
 ○
プル人の村: セネガルでは民族の14%を占める放牧を生業とする民族
  現在では、フラニと呼ばれることが多く、アフリカのサヘル地域に多い。
 ○
ロンプール砂漠: 砂丘を見ることができる小さな砂漠地帯

  
 <写真: 左 ピンクの湖”ラックローズ” /右 マーケット>

*昼食: キャンプ食
*夕食: ホテル
*宿泊: エコロッジ・デ・ロンプール(常設テンテッド・キャンプ)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目> 月 日(月)
■行程: ロンプール砂漠→サンルイ
*朝食: ホテル
*観光: 朝、世界自然遺産のジュッジ鳥類国立公園を訪れます。
 ◎
ジュッジ鳥類国立公園: この地に飛来する350種以上の渡り鳥は、総計
  300万羽以上になるといわれる。フラミンゴ、ペリカン、サギのほかにも
  ガンビアガン、ハシビロガモ、コガモ、オナガガモ、カワセミ、ミサゴ、ウ
  などが観察できる。哺乳類ではイボイノシシ、ハイエナ、サーバルキャット、
  パタスモンキー、ドルカスガゼルなどが生息する(見つけるのは困難)が。
  そして爬虫類ではクロコダイル、オオトカゲ、ニシキヘビなどが生息する。
*昼食: ローカル・レストラン(サンルイ料理を予定)
*観光: 午後、世界文化遺産に登録された、古都サンルイを観光します。
 ●
フェデルベ橋: セネガル初代大統領のフェデルベの名を冠した橋。
 ○
旧郵便局: 現在はホテル&レストランとして営業を続けているそうな。
 ○
ブルーシェ: 大西洋を漁場とする漁民の居住地。
 ●
植民地時代の建物: 1904年にダカールに遷都されるまでに建てられた
  フランス植民地時代の建物を見ることができます。
 ○
商店または市場: サンルイ市民の買物スポット

 
 <写真: 古都サンルイ>

*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・デ・ラ・ポスト(スタンダード)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目> 月 日(火)
■行程: サンルイ→サルーム・デルタ
*朝食: ホテル
*移動: 専用車でサルーム・デルタに移動します。
*観光: 道中、下記の場所に立ち寄り、観光します。
 ○
ムーリッド大モスク: ムーリッド教団の大本山。セネガルのムスリムの
  一派であるスーフィー派ムーリッド教団の大モスク。巡礼者が多い、聖地。
 ●
トゥーバクータの市街: 自治が認められている宗教都市を車窓から見学。
 ○
市場: トゥーバの街の市場をのぞいてみましょう。活気はあるだろうか?
 ●
サルーム・デルタ: カァル・サルーム・ホテルが建つ保養地があります。
 ◎
カァル・サルーム: ここで休憩。緑あふれる庭にあるプールで泳げます。
 ○
サルームの貝塚: 世界文化遺産登録の基準の一つとなった歴史ある貝塚。
*昼食: ホテル または ローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: カァル・サルーム・ホテル(スタンダード部屋) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目> 月 日(水)
■行程: サルーム・デルタ
*朝食: ホテル
*観光: ファティック県などの観光をします。
 ○
ミシラの漁村: 1989年まで自宅での消費の目的だけで存在した漁村。
 ○
創業1000年前のチーズ屋さん: 伝統の、そして伝説のチーズ屋さん。
*昼食: お弁当 または ローカル食堂 または ホテル
*観光: 午後、世界自然遺産登録のサルーム・デルタ国立公園を観光します。
 ○
ボロン: アマゾン流域を彷彿とさせる、デルタ地帯の網の目状のエリア。
 ○
マングローブの群生: さまざまな鳥や、干貝の材料である牡蠣類が生息。
 ○
タン TANNES : ジャッカルなどの生息するデルタ地方の不毛の乾燥地帯。
 ○
サルーム漁村: この地では干貝作りが盛ん。運が良ければ見られるかも。
*夕食: ホテル
*宿泊: カァル・サルーム・ホテル((スタンダード部屋) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目> 月 日(木)
■行程: サルーム・デルタ→ジョアル→ダカール
*朝食: ホテル
*移動: 専用車で首都ダカールに移動します。
*観光: 道中、さまざまな風景をご覧頂けます。
 ●
フンジュンまで続くサルーム・デルタ: 文化的にも生物的にも貴重な地域。
 ●
乾燥地帯: サルーム川の流域を上流に向かうと、広大な乾燥地帯が現れる。
 ○
ジョアル: ファディュウと長い橋でつながる。サンゴール元大統領出身地。
 ○
ファディュウ島: 貝殻でできた墓標や屋根裏の穀倉(ヒエ・アワ)が有名。
 ○
バンディア: 野生動物が暮らす地域。時間が許せば動物を探してドライブ。
 ●
ダカール: セネガルの首都。白い建物が目につく、アフリカの最果ての地。
*昼食: お弁当 または 道中のローカル食堂
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: サカモン・ホテル(スタンダード部屋) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目> 月 日(金)
■行程: ダカール⇒
*朝食: ホテル
*観光: 首都ダカールを観光します。
 ●鉄道駅: セネガルの首都ダカールとマリの首都バマコを結ぶ国際列車始点。
 ○市場: 魚介が豊富なケルメル市場、国内最大のサンダガ市場の何れか見学
 ●ポンピドゥー大通り: ダカールの目抜き通り。さまざまな商店などが並ぶ。
 ○大統領府: アフリカでは珍しく衛兵さんによっては撮影を許可してくれる。
 ○街角のランチタイム: 街角ではおばさんたちがチェブジェン等を作り売り。
 ◎世界文化遺産ゴレ島: 西アフリカ最大級の奴隷の積出港。人類の負の遺産。

  
 <写真:左 ゴレ島 /右 奴隷を積みだした家>

*昼食: ホテル または ローカル・レストラン
*送迎: 終了後、専用車で空港にお送り致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK−795 ダカール    18:05⇒ドバイ     07:35 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−ーーーーーーーーーーーーーーーー−−ーーーーーーーーーーーーーーーー
<08日目> 月 日(土)
■行程: ⇒ドバイ⇒羽田空港
・・手続: 安全検査
※移動: エミレーツ航空で空路、羽田空港へ。
 EK−312 ダカール    08:35⇒羽田空港    22:45
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



====================================

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。



 2017年11月11日より、毎週(土)に出発日を設定できます。
 地方発着、金曜以外の出発をご希望の方はお問合せ下さい。
 


<最少催行人数 :1名様より催行 添乗員付き

 
航空券代 現地費用 合計代金
01名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
02名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
03名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
04名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
05名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
06名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問合わせ下さい

     
●お申込期間:出発の3週間前までにお申込下さい




●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *宿泊: 下記のホテル または同等クラスのスタンダード部屋

  ≪セネガル≫
  ・・ダカール: ジャルダン・サバナ・ダカール(スタンダード部屋)または同等
  ・・ロンプール: エコロッジ・デ・ロンプール(常設テンテッド・キャンプ)または同等
  ・・サンルイ: ホテル・デ・ラ・ポスト(スタンダード部屋)または同等
  ・・サルーム: カァル・サルーム(スタンダード部屋)または同等
 *食事費用: 朝6回/昼6回/夕6回
 *交通: 下記の車両/船舶を利用します。
   ・・セネガル: 
    セネガル国内: 専用車
    船舶: ダカール⇔ゴレ島往復フェリー
 *航空: 日本⇒ダカール⇒日本 航空券(税・燃油代込)
 *案内: 英語を話す運転手兼ガイドがご案内致します。
 *観光: 入場箇所の入場料/拝観料
 *税金: 宿泊税/観光税
 ∴添乗員が同行の場合
 *添乗: 添乗員の交通費/宿泊費/食費/観光同道経費/査証代/現地での通信費



●ご旅行代金に含まれないもの
 x 通信費: 現地でご利用になる通信費(電話/FAX/ネット)利用費用
 x 飲食代: 明記されない食事代/飲物代/お部屋のミニバーやルーム・サービス
 x 個人費: 洗濯代/ホテルや観光施設の有料サービス・施設使用料
 x 観光費: オプショナル・ツアー
 x 経由地: 経由地での諸経費
 x チップ: ガイドや運転手へのチップ/ホテルの枕銭
 x 渡航費: 旅券(パスポート)申請/更新/査証欄増補などの費用
 x 査証代: ガンビア査証代金


●旅券(パスポート)/査証(ビザ):
 ・・旅券(パスポート):
   ・帰国日の翌日から起算して6カ月以上の残存有効期間
   ・未使用の査証欄が左ページから連続4頁(見開き2頁)

 ・・査証: 日本国籍のお客様は今回の旅行に査証は不要です。
     日本国籍以外の国籍をお持ちのお客様はご相談下さい。





電話でのお問合せは・・ 080−5028−6007 まで

▲TOPへ