異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南太平洋の旅】
■ ツバルスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

復活!フィジー・エアウェイズまつり
2018年07月08日(日)以降の毎週(日)出発
ソロモン諸島
西部州ムンダ 8日間
フィジー経由

成田空港発着 フィジー・エアウェイズ利用


ここがポイント!


■ソロモン諸島■
 
2018年07月08日(日)以降の毎週(日)出発可
  
★ご希望により添乗員が同行または合流します★

ニューカレドニア、フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島、パプアニューギニアが属する、メラネシア文化圏では、もうひとつの楽しみ方があります。
それは異文化体験という、今世紀に入って注目されてきた新しい旅のスタイルです。
とくにソロモン諸島は観光産業がまだ、十分に発達していません。その代わり、伝統や生活スタイルがあまり損なわれずに残されています。
たとえば・・・海岸や島の村におじゃまして、生活スタイルを見せてもらったり、民俗舞踊でもてなされたり、手編みのバスケットづくりに挑戦したり、いろいろな思い出を作ることができるでしょう。
  
『首狩族伝説』や『闘う船団伝説』に彩られたソロモン諸島。
いまなお、どくろ島や、岩絵(線刻画)、首長の屋敷など、神秘性に彩られた島々。

今回はその中から西部州のムンダを訪問します。

<観光の見どころ>

ホニアラ
ソロモン諸島の首都ホニアラに、一泊ずつ前後泊します。
ホニアラでは、戦跡ではなく、ソロモン諸島の"いま”に触れる場所にご案内致します。
日本の建設会社が落札したものの資金不足で未完成のままの国会議事堂、南国の珍しい植物を集めた植物園、国民の一端を担う華僑の住むチャイナタウン、土地の食品・食材やめずらしい民具を売っている中央市場、儀礼的な品々も展示されている博物館、目抜き通りのメンダナ通りなどを観光します。

ボナボナ・ラグーン

どくろ島と呼ばれる島があるのは、このボナボナ・ラグーンです。密林の奥や村はずれに眠る先人のどくろを祠に祀る。そんなかつての風習に思いを馳せながら、地域住民の生活文化を垣間見ます。

どくろ島 SKULL ISLAND:
ソロモン諸島の、主に西部州に属する島々ではされこうべを祠に祀る風習がありました。
密林の奥や、村はずれに祭壇を設け、その上にSKULL HOUSE、あるいは SKULL SHRINEと呼ばれる祠を建て、されこうべを安置していました。お供物、お賽銭なども備えられ神聖な場所として、余人には見せぬ、秘密の場所であったと言われます。日本の神社などで言う『禁足地』という感じでしょうか・・・


    
  <どくろ島: 意外に小さい島影(左)と どくろの祠(右)>




<モデルプラン>
============================================================================

====================================
<01日目>07月08日(日)以降の毎週(日)
■行程: 成田空港⇒
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: フィジー・エアウェイズの国際線直行便で空路、フィジーのナンディへ。
 FJ−350 成田空港    21:25⇒ナンディ    09:05 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>07月09日(月)以降の毎週(月)
■行程: ⇒ナンディ
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: 手配会社のブースでバウチャーをお受け取り下さい。
*誘導: 現地係員が混載送迎車までご誘導致します。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: メルキュール・ナンディ または トカトカ・リゾート(スタンダード部屋) 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>07月10日(火)以降の毎週(火)
■行程: ナンディ⇒ホニアラ
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: フィジー・エアウェイズとソロモン航空のコードシェア便で空路、ホニアラへ。
 FJ5503 ナンディ    09:30⇒ホニアラ    12:45
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
*昼食: ホテル
・・自由: 終日、自由行動
*夕食: ホテル
*宿泊: ソロモン・キタノ・メンダナ・ホテル(スタンダード部屋) 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>07月11日(水)以降の毎週(水)
■行程: ホニアラ⇒ムンダ
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: ソロモン航空の国内線で空路、ギゾ経由(乗換あり)でムンダへ。
 IE−800 ホニアラ    09:30⇒ギゾ      10:35
 IE−801 ギゾ      10:55⇒ムンダ     11:10
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*出迎: 宿の職員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 徒歩で空港に隣接するホテルにご誘導致します。
*昼食: ホテル
・・自由: 午後、自由行動。ビーチなどでお過ごしください。
*夕食: ホテル
*宿泊: アグネス・ゲートウェイ・ホテル(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>07月12日(木)以降の毎週(木)
■行程: ムンダ
*朝食: ホテル
*観光: ボートで髑髏島を含む半日観光(コース内容は変更になることもあります)。
 ○
ボナボナ ( VONA VONA ) 島のMANDOU村 : 独特の高床式家屋の村
 〇
ボナボナ ( VONA VONA ) 島の MBUNI 村 : 手編みのバスケットの村
 〇
どくろ島 (SKULL ISLAND)島のどくろの祠 : どくろを祀る祠がある島
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: アグネス・ゲートウェイ・ホテル(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>07月13日(金)以降の毎週(金)
■行程: ムンダ⇒ホニアラ
*朝食: ホテル
・・自由: 午前、自由行動
*昼食: ホテル
*送迎: 宿の職員が徒歩で隣接する空港にご誘導致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: ソロモン航空の国内線で空路、ギゾ経由(乗換あり)でホニアラへ。
 IE−802 ムンダ     16:40⇒ギゾ      16:55
 IE−803 ギゾ      17:15⇒ホニアラ    18:20
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
*夕食: ホテル
*宿泊: ソロモン・キタノ・メンダナ・ホテル(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>07月14日(土)以降の毎週(土)
■行程: ホニアラ⇒ナンディ
*朝食: ホテル
*観光: 午前、ホニアラ市内を観光します。
 ○
国会議事堂 PARLIAMENT:
  1993年にアメリカの資金援助によって建てられ、日本の建設会社が落札しました。
  しかし、資金不足で議員会館や福祉施設などは未完成のままです。
 ○
植物園 BOTANICAL GARDENS:
  ホニアラ西郊のロブ・クリーク沿いにある植物園で、3000種類を越える熱帯植物が
  植えられており、ランの種類が多いことで知られています。
 ○
チャイナタウン CHINATOWN:
  マタニコ川の東側に位置する、中国系の人々が済む町です。中国系のレストラン、
  商店などがあります。
 ○
中央市場 CENTRAL MARKET:
  日本の援助で造られた、ホニアラの台所。農作物や魚介等、さまざまな食品・食材が
  売られています。
 ○
国立博物館 The NATIONALMUSEUM:
  さまざまな史料や、民俗資料が展示されています。貝貨や、儀式・儀礼の衣裳など、
  貴重な展示物が豊富に揃っています。
 ○
メンダナ通り MENDANA AVENUE:
  メンダナ通りはホニアラの目抜き通りで、行政機関や銀行、観光局、お店などが
  建ち並んでいます。
*昼食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: フィジー・エアウェイズで空路、ナンディへ。
 FJ−268 ホニアラ    16:00⇒ナンディ    20:00
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
・・夕食: 含まれません。現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: メルキュール・ナンディ または トカトカ・リゾート(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>07月15日(日)以降の毎週(日)
■行程: ナンディ⇒成田空港
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: フィジー・エアウェイズで空路、成田空港へ。
 FJ−351 ナンディ    13:25⇒成田空港    19:30
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

====================================


※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 

 2018年07月08日(日)以降の毎週(日)出発可能
 ご希望により添乗員が同行し、お世話致します。



<最少催行人数 :1名から催行。定員6名。添乗員同行>
  

 <添乗員同行の場合の料金>

人数 旅行代金 航空券代 合計
1名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
2名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
3名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
4名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
5名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。
6名様でご参加の場合    お問合せ下さい。 お問合せ下さい。  お問合せ下さい。
一人部屋追加料金    お問合せ下さい。


●お申込期間: 出発の1か月前までにお申込下さい。



●旅行代金に含まれるもの
 *航空券:  日本各地⇔ナンディ⇔ホニアラ⇔ムンダ
 *宿 泊:
  ナンディ  メルキュール・ナンディ(スタンダード部屋)または同等
  ホニアラ  ソロモン・キタノ・メンダナ・ホテル(スタンダード部屋)
  ムンダ   アグネス・ゲートウェイ・ホテル(スタンダード部屋)
 *食 事:  朝食6回/昼食5回/夕食4回
 *送 迎:  ナンディ(混載送迎車)/ナウル(混載送迎車)
 *観 光:  ナウル


●旅行代金に含まれないもの
 xチップ:  送迎・ツアーの運転手/ツアーのガイド/レストラン/ホテルの枕銭
 x通信費:  現地でご利用になる電話/FAX/ネットおよびネット環境使用料
 x飲食費:  飲物/明記されない食事/ミニバー/ルームサービス
 x個人費:  洗濯代/オプショナルツアー
 x渡航費:  渡航手続きが必要な場合の経費


●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 ・旅券: ご帰国日の翌日から起算し、6カ月以上の残存有効期間が必要です。
 ・査証: 日本国籍のお客様は今回の旅行に査証は必要ありません。
      日本以外の国籍をお持ちのお客様はお問い合わせ下さい。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ