異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他
トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ 中部アフリカペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
知られざる大西洋の島々
RMSセントヘレナ勇退カウントダウン♪
2015年 第8回(年内最終) 12月27日(日)出発

〜郵便船に乗って訪れるナポレオン終焉の地〜

セントヘレナ島とアセンション島21日間
★成田空港/関西空港発着 エミレーツ航空利用★
アセンション島に4泊します。

ここがポイント!

セントヘレナ島(往路ケープタウン、復路アセンション島&ロンドン経由)

このコースは18日間コースです。
荒涼としていながら、風光明美なアセンション島は1泊2日となりますが、観光の時間はとれます。

ちょっと変わった旅行がしたい、というのなら、船旅はいかがですか?
郵便船 “RMS(ロイヤル・メール・シップ・セントヘレナ号)で訪れる絶海の孤島めぐり。
このプランはゆっくり楽しむ船旅です。できれば、下記の日程に加え、何日かの予備日があればベストです。
船内には小さなプール、ダイニング、喫煙所など、そろっています。
 

◆セントヘレナ島◆
ナポレオンの流刑地で終焉地として知られている、南大西洋に位置する英国領の火山島です。英国の大西洋上に於ける海軍の拠点で“石の軍艦”と呼ばれるアセンション島や、独自の郵政を持つトリスタン・ダ・クーニャ島とともに『英国領セントヘレナ・アセンションおよびトリスタン・ダ・クーニャ』を構成しています。
島の面積は122?で、人口は2011年4月1日現在で5,000人弱。人種は欧州系とアフリカ系の混血であるセントヘレナ人が8割以上を占めています。
宗教は英国国教会がほとんど。首府はジェームズタウンで、港湾部から断崖と断崖との谷間に展開しています。
島は、火山活動によって形成された奇岩怪石や、折り重なる丘陵が非常に変化にとんだ景観を作り出しています。世界で二番目にも隣の陸地から遠い島(一位はイースター島)としても知られています。空港建設の計画もありますが、現在の渡航手段はRMSの船便のみとなっています。

・・・写真はセントヘレナ・アセンションおよびトリスタン・ダ・クーニャ観光局御寄贈・・・
 
<(左)ハート型の滝/(右)ラッダー砦(イメージ)>
 
<(左)上ジェームズタウン/(右)下ジェームズタウン(イメージ)>
 
<(左)699段/(右)古い教会(イメージ)>
 
<(左)サンディベイ付近の丘陵地帯/(右)サンディベイ付近の奇岩怪石(イメージ)>
 
<(左)ナポレオンの最後の寓居/(右)旧ナポレオン陵(イメージ)>

◆アセンション島◆
英国領セントヘレナ・アセンションおよびトリスタン・ダ・クーニャに編入されるまで、英国海軍の管轄下にあった、南大西洋の孤島。
もともと無人島であったため、先住民族はおらず、1000人弱の住民は、通信組織や海運組織に属する構成員とその家族です。
首府はジョージタウンで、住民の住宅や会社、商店、役所、教会がこじんまりとした土地に集まっています。
島の形はおにぎり型で、円錐形の火山が点在しています。島には空港があり、英国空軍基地とフォークランド諸島のマウント・プレザント空港との中継点となっています。

・・・写真はセントヘレナ・アセンションおよびトリスタン・ダ・クーニャ観光局御寄贈・・・
 
<(左)政府庁舎アセンション島支庁/(右)ジョージタウンの景観(イメージ)>
 
<(左)白砂のビーチ/(右)美しい海岸線(イメージ)>
 
<(左)火山と砂浜の景観/(右)アセンション島内陸の景観(イメージ)>

<観光の見どころ>
セントヘレナ島: 南大西洋の絶海の孤島
ナポレオン関係の史跡(最初の寓居、終焉地、旧ナポレオン陵)

ジェームズタウン(コロニアル建築群、繁華街、港湾部)
サンディベイ(奇岩怪石群の景観、丘陵地帯の景観、展望台)



モデルプラン(手配旅行です)

≪2015年≫ 第8回
====================================
<01日目>12月27日(日)
■行程: 成田空港⇒
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
成田空港発着の場合
 EK−319 成田空港    22:00⇒ドバイ     05:00 翌日
・・宿泊: 機内泊
関西空港発着の場合≫ 
 EK−317 関西空港    23:35⇒ドバイ     05:45 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>12月28日(月)
■行程: ⇒ドバイ⇒ケープタウン
・・乗換: 到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: エミレーツ航空で空路、南アフリカのケープタウンへ。
 EK−770 ドバイ     08:45⇒ケープタウン  16:25
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 送迎車で空港からホテルにご案内致します。
*宿泊: ビクトリア&アルフレッド・ホテル (スタンダード部屋) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>12月29日(火)
■行程: ケープタウン泊
*朝食: ホテル
・・自由: 終日、自由行動
*宿泊: ビクトリア&アルフレッド・ホテル (スタンダード部屋) または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>
12月30日(水)
■行程: ケープタウン〜(航海)
*朝食: ホテル
*送迎: 送迎車でホテルから港にご案内致します。
☆乗船: 
RMS(郵便船セントヘレナ号)に乗船し、海路、セントヘレナ島へ。
*昼食: 船内食
*夕食: 船内食
*宿泊: 郵便船セントヘレナ号
 
<RMSのプール/ある日のお食事(イメージ)>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>12月31日(木)
■行程: (航海)
*朝食: 船内食
*昼食: 船内食
*夕食: 船内食
*宿泊: 郵便船セントヘレナ号
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>01月01日(金)
■行程: (航海)
*朝食: 船内食
*昼食: 船内食
*夕食: 船内食
*宿泊: 郵便船セントヘレナ号
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>01月02日(土)
■行程: (航海)
*朝食: 船内食
*昼食: 船内食
*夕食: 船内食
*宿泊: 郵便船セントヘレナ号
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>01月03日(日)
■行程: (航海)
*朝食: 船内食
*昼食: 船内食
*夕食: 船内食
*宿泊: 郵便船セントヘレナ号
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>
01月04日(月)
■行程: (航海)〜
セントヘレナ島
*朝食: 船内食
☆上陸: セントヘレナ島に上陸
*送迎: 送迎車で港から旅館へ。
*昼食: ローカル・レストラン または 旅館
*観光: セントヘレナ島に点在するナポレオンに関する島の史跡を訪れます。
 ◎ナポレオン最初の寓居 『
The Briars Pavilion
 ◎ナポレオン最後の寓居 『
Longwood House
 ◎
旧ナポレオン陵 ※現在はパリのアンヴァリド(廃兵院)に改葬
*夕食: ローカル・レストラン または 旅館
*宿泊: 旅館『ウェリントン・ハウス』 または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<10日目>
01月05日(火)
■行程: 
セントヘレナ島
*朝食: 旅館
*観光: 午前、半日セントヘレナ島ツアーにご案内致します。
 ○
下ジェームズタウン: 18世紀〜19世紀に建てられたコロニアル建築群
 ○
サンディーベイ・リッジス: 緑と岩の大地。セントヘレナを代表する名勝
 ○
セント・ポールズ: セントヘレナ島最高齢といわれる陸ガメに会えるかも
 ○
ハーフ・ツリー・ホロー: セントヘレナ島の中でもっとも人口の多い集落
 ○
ラダー・ヒル: ジェームズタウンから699段の階段を登るとある展望所
*昼食: ローカル・レストラン または 旅館
*観光: 午後、プランテーション・ハウス見学にご案内致します。
 ◎
プランテーション・ハウス: セントヘレナ島の産業史の一端を垣間見ます
*夕食: ローカル・レストラン または 旅館
*宿泊: 旅館『ウェリントン・ハウス』 または同等

<宿泊の候補ウェリントン・ハウスの外観と内装(イメージ)>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<11日目>
01月06日(
■行程: 
セントヘレナ島〜(航海)
*朝食: 船内食
☆出航: セントヘレナ島を出発
*昼食: 船内食
*夕食: 船内食
*宿泊: 郵便船セントヘレナ号
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<12日目>01月07日(木)
■行程: (航海)
*朝食: 船内食
*昼食: 船内食
*夕食: 船内食
*宿泊: 郵便船セントヘレナ号
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<13日目>
01月08日(金)
■行程: (航海)〜
アセンション島
*朝食: 船内食
☆下船: 郵便船セントヘレナ号を下船。アセンション島に上陸。
*送迎: タクシーで埠頭からホテルにご案内致します。
*観光: 
首府ジョージタウン周辺を散策します。
 ○
火山と教会の景観
 ○
ジョージタウンの商店
 ○
ビーチ
*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: オブシディアン・ホテル/クラレンス・ホテル または同等
 
<宿泊の候補クラレンス・ホテルの外観と内装(イメージ)>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<14日目>01月09日(土)
■行程: アセンション島
*朝食: 船内食
・・自由: 終日、自由行動。ご希望の方は散策にご案内致します。
*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: オブシディアン・ホテル/クラレンス・ホテル または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<15日目>01月10日(日)
■行程: アセンション島
*朝食: 船内食
・・自由: 終日、自由行動。ご希望の方は散策にご案内致します。
*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: オブシディアン・ホテル/クラレンス・ホテル または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<16日目>01月11日(月)
■行程: アセンション島
*朝食: 船内食
・・自由: 終日、自由行動。ご希望の方は散策にご案内致します。
*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: オブシディアン・ホテル/クラレンス・ホテル または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<17日目>
01月12日(火)
■行程: アセンション島
*朝食: ホテル
*散策: アセンション島の埠頭周辺を散策します。
*昼食: ローカル・レストラン または 旅館
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*送迎: 送迎車で空港にご案内致します。
*移動: RAF(英国空軍機)で空路、英国のブライズノートン空軍基地へ。
 英国空軍機  アセンション島 22:00⇒ブライズノートン05:00翌
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<18日目>01月13日(水)
■行程: ⇒ブライズノートン空軍基地→ロンドン
*送迎: 公共交通機関(列車・バス)または送迎車で空港からロンドン市内へ。
・・自由: 終日、自由行動
*宿泊: ロンドン市内の『B&B』または『PUB兼はたご』を予定しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<19日目>01月14日(木)
■行程: ロンドン泊(航海予備日)
*朝食: お宿にて
・・自由: 終日、自由行動
*宿泊: ロンドン市内の『B&B』または『PUB兼はたご』を予定しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<20日目>01月15日(金)
■行程: ロンドン→ロンドン/ガトウィック空港⇒
*朝食: お宿にて
*送迎: 公共交通機関(空港バス)または送迎車でロンドン市内からガトウィック空港へ。
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK−016 ガトウィック空港13:35⇒ドバイ     00:35 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<21目>01月16日(土)
■行程: ⇒ドバイ⇒成田空港/関西空港
・・乗換: 到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: エミレーツ航空で空路、帰国の途へ。
成田空港発着の場合
 EK−318 ドバイ     02:55⇒成田空港    17:20
関西空港発着の場合
 EK−316 ドバイ     03:00⇒関西空港    16:50
・・宿泊: 機内泊
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
====================================


==================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。

 セントヘレナ島〜数少ない、船でしか行かれない“くに(地域)”の一つです。
 一般旅行者が、定期・不定期の船舶で、訪れることのできる“くに”は、このセントヘレナ島、
 アセンション島、トリスタン・ダ・クーニャ島、ピトケアン島、トケラウ諸島など、僅かです。
 今回はセントヘレナ島とアセンション島に行く、特別コースの4月出発分を更新しました。
 セントヘレナとアセンションとトリスタン・ダ・クーニャは、一つの英国領を形成しています。
 南アフリカのケープタウンを出発する郵便船に乗ってセントヘレナ、アセンションを訪れます。
 最後はアセンションから英国へ王立空軍機に乗ってひとっ飛び。壮大なスケールの旅です!
 (メンテナンス By 本庄久美)

 セントヘレナへのラスト・クルーズが決まりました。
 2016年7月をもって、RMSセントヘレナは勇退します。
 それから、空路で訪れることができてしまう。
 カウントダウンがすでに始まっています。
 飛行機のない時代から続いてきたセントヘレナへの船旅・・・ぜひ、この機会に言ってみて下さい!
 船でしか行かれない島がまた一つ減る前に!
 (平原由美香)


  2015年11月13日(金) 成田空港/関西空港 出発
  添乗員が同行し、お世話致します。

<最少催行人数 :1名で催行。添乗員つきのみ>


人数 現地発着代 航空券代 合計
01名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
02名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
03名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
04名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
05名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
06名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
07名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
08名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
09名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
10名様でご参加の場合 お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください
 シングル部屋追加料金 お問い合わせください


●お申込期間:出発2週間前まで



●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *空港送迎: 日程に<*送迎>と明記された箇所
 *宿泊費用: 各地のスタンダード・クラスのスタンダード部屋
  ケープタウン   ビクトリア&アルフレッド・ホテル (スタンダード部屋) または同等
  航海中      郵便船セントヘレナ号
  セントヘレナ島  旅館『ウェリントン・ハウス』 または同等
  アセンション島  オブシディアン・ホテル/クラレンス・ホテル または同等
  ロンドン     ロンドン市内の『B&B』または『PUB兼はたご』を予定しております。
 *食事費用: <朝食17/昼食14回/夕食143回>
 *観光費用: 観光にかかる車両・運転手代・ガイド代・入場料
 *送迎費用: 送迎の車両・運転手代
 *地上費用: 送迎や観光の車両代、英語を話すガイド代、入場料・拝観料

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *
セントヘレナ/アセンションの査証代(残存期間6カ月以上、査証欄余白が見開き4ページ
   以上残っているパスポートが必要です)

 *空港使用料 成田空港施設使用料
 *航空保険料追加徴収金、燃油深料金
 *国内線の燃油付加料金
 
*個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/飲み物 
   /オプショナルツアー)
 

 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ