異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平 洋 カリブ海 北 米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南米の旅】
■ ギアナ三国スペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

知られざる南米☆ギアナ三国~スリナム
2016年09月16日(金)成田発~羽田着
仏領ギアナにも行く!
中央スリナム自然保護区探訪10日間

=保護区内プログラムは変更になることがございます=
エミレーツ航空+スリナム航空利用
ここがポイント!

コバルトヤドクガエル、ノドジロミユビナマケモノ、アリクイを探そう!

2000年にユネスコの世界自然遺産に登録された中央スリナム自然保護区への旅です。
現在、下記のように、最大4日間で決められたコースを辿ることで入域が許可されます。
観光客が入れるのは、2011年8月現在
RALEIGHVALLEN自然保護区となります。

中央スリナム自然保護区は、16000平方キロメートルという広大な規模を持ち、その面積はスリナムの国土の約1割です。
この広大な自然保護区の中には、185種類の哺乳類、790種類の魚類、152種類の爬虫類、95種類の両生類、そして680種類の鳥類が生息しています。
動物園で人気のコモンリスザル、クモザル、オオアリクイ、バク、ナマケモノなどが生息しています。とくにナマケモノは、フタユビナマケモノと、(ノドジロ)ミユビナマケモノの両方を見るチャンスがあります。

トレッキングをしながら、いろいろな珍しい動植物を探してみましょう!

★スリナム 
かつてはオランダの植民地であったスリナム。オランダの昔日を思わせる木造建築が立ち並ぶ首都パラマリボは世界遺産に登録されています。
世界遺産のパラマリボ旧市街とプランテーション史跡を訪れます。かつてのオランダ植民地経済を支えたサトウキビ産業の軌跡を追います。
<観光の見どころ>
パラマリボ: オランダ植民地時代に建都されたパラマリボには、貴重な木造建築が多く、旧市街は世界文化遺産に登録されています。噂のモスクとシナゴーグが隣り合わせに並ぶ景観のみならず、さまざまな人種が闊歩する街の雰囲気もおもしろい!

中央スリナム自然保護区: 中央スリナム自然保護区は、太古さながらの手つかずのジャングルの中にある自然保護区です。
珍しい動植物を観察し、南米屈指の大自然をご堪能頂けます。ナマケモノはかわいい姿を見せてくれるでしょうか?

プランテーション史跡: さとうきびの栽培が盛んであったスリナムでは、精糖工場がたくさん、存在しました。コメウィネ川の流域には、当時のようすを物語る廃墟となったプランテーション史跡がたくさんあります。

 ☆ 延泊は可能です。パラマリボに延泊し、スリナムの植民地時代の開拓地や、
   太古さながらの自然、隣国フランス領ギアナ国境などに行くことが可能です。
   お問い合わせを!



========================================================================================
====================================
<01日目>09月16日(金)
■行程: 成田空港/JR名古屋駅→関西空港⇒/関西空港⇒
成田空港発~羽田空港着の場合
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国~搭乗
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK-319 成田空港    22:00⇒ドバイ     03:40 翌日
・・宿泊: 機内泊

JR名古屋駅発着の場合/乗降車場所: 太閤通口の噴水前
 ・・・ 完売しました。

関西空港発着の場合
 ・・・ 完売しました。

------------------------------------
<02日目>09月17日(土)

■行程: ⇒ドバイ⇒アムステルダム⇒パラマリボ
・・乗換: 到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: エミレーツ航空で空路、アムステルダムへ。
 EK-147 ドバイ     08:05⇒アムステルダム 13:15

・・乗換: 到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: スリナム航空で空路、スリナムの首都パラマリボへ。
 PY-993 アムステルダム 15:15⇒パラマリボ   19:45 
・・手続: 入国~機内預け荷物のピックアップ~通関を済ませ、出口へと進みます。
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 専用車で空港からホテルにご案内致します。
*宿泊: エコ・リゾート・イン (スタンダード部屋) または同等
------------------------------------
<03日目>09月18日(日)
■行程: パラマリボ
*朝食: ホテル
*観光: 午前、首都パラマリボの旧市街=歴史地区【世界文化遺産】を観光します。
 ○ジーランディア要塞博物館: パラマリボの防衛の要であったオランダ式要塞。
 ○大統領官邸⋯外観: オランダ植民地時代に建てられた美しい建造物のひとつ。
 ○独立広場: さまざまな人種のるつぼ、パラマリボ市の中心にあたる広場です。
 ○植民地時代に建てられた美しい建造物群: この存在ゆえ、世界遺産に登録。
 ○ウォーターフロント地区とヤシ庭園: 市民の憩いの場所として有名です。
 ○隣り合わせのモスクとシナゴーグ: ガイドブックなどで紹介されるみどころです。
 
<写真:パラマリボ市内 左 カテドラル/右 古色蒼然とした民家!>

*昼食: ローカル・レストラン
*観光: 続けてコメウィネ川流域のサトウキビ・プランテーション史跡を観光します。
 ○ニイウ・アムステルダム野外博物館: 入植者の暮らしはどうだったのでしょう?
 ○コメウィネ川流域のサトウキビ・プランテーション史跡: コメウィネ川の流域、
  マリエンバーグ周辺に点在するサトウキビ・プランテーション史跡を見学します。
 ○フレデリックスドープ(Frederiksdorp)のプランテーション: 改装された農場
 ・・・時間が許せばコメウィネ川の魚燻製工場に立ち寄ります(寄付US$10。現地払い)
*夕食: ホテル または ローカル・レストラン
*宿泊: エコ・リゾート・イン (スタンダード部屋) または同等

------------------------------------
<04日目>09月19日()
■行程: パラマリボ→ウィタグロン~RALEIGHVALLEN中央スリナム自然保護区
*朝食: ホテル
*送迎: ホテルから中央スリナム自然保護区へのツアー主催会社事務所へ。
*登録: ツアー主催会社事務所にて、ツアー参加登録手続をします。
*移動: バスで逃亡奴隷の末裔マルーンの村ウィタグロン WITAGRON へ。
*移動: さらにボートでRALEIGHVALLENに移動します。
*昼食: お弁当 または ロッジ
*行楽: MANARIVALLEN にてスイミング、水遊び
*夕食: ロッジ
*宿泊: ロッジ
------------------------------------
<05日目>09月20日(火)
■行程: 中央スリナム自然保護区
*朝食: ロッジ
*行楽: 終日、
VOLTZBERG 動植物観察トレッキング
    ・珍しい動物や鳥、植物などをご覧になれることでしょう
*昼食: お弁当
*夕食: ロッジ
*宿泊: ロッジ
------------------------------------
<06日目>09月21日(水)
■行程: 中央スリナム自然保護区
*朝食: ロッジ
*行楽: 午前、
MOEDERVALLEN 動植物観察トレッキング
*昼食: お弁当 または ロッジ
*行楽: 午後、
FUNGU島トレイル 動植物観察トレッキング
*夕食: ロッジ
*宿泊: ロッジ
------------------------------------
<07日目>09月22日(木)
■行程: 中央スリナム自然保護区~RALEIGHVALLEN→ウィタグロン→パラマリボ
*朝食: ロッジ
・・自由: 出発まで自由行動
*移動: ボートとバスで、パラマリボに移動します。
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: エコ・リゾート・イン (スタンダード部屋) または同等
  
 ご希望の方は、ウミガメの産卵を見に行くオプショナルツアーをアレンジします。
夕刻、渡し舟でコメウィネ川流域の村(探勝ベース)まで移動。そこから小舟に
乗って、海岸付近まで移動します。途中、ワニの目が光ったり、マングローブの
群生に迷い込んだり、段差のある(!)水路でボートを手で押し上げたりという、
冒険心まんてんの旅です。海岸では、ウミガメの産卵を見学しますが、生き物!
なので、見られないことも。しかし、往復のボートでの夜間の水路移動ままるで、
アマゾンの奥地にでもいるような錯覚をもたらします。 お弁当・お水つき     
料金:  お一人様100ドル前後。お問合せ下さい。
 
------------------------------------
<08日目>09月23日(金)
■行程: パラマリボ→アルビナ~サンローラン・ドゥ・マロニ~アルビナ→パラマリボ
*朝食: お弁当
*移動: 専用車でスリナム側の国境アルビナへ。
国境: スリナム出国審査
*移動: 渡し船でマロニー川を渡河、仏領ギアナのサンローラン・ドゥ・マロニーへ。
国境: 仏領ギアナ入国審査
*観光: 仏領ギアナの国境の町
サンローラン・ドゥ・マロニーを観光。
 ○
サンローラン・ドゥ・マロニ旧市街: 木造建築が多い、流刑地ギアナ発祥地。
 ○
Camp de la Transportation 流刑地の史跡: 当時の様子が窺えます。
*昼食: ローカル・レストラン
国境: 仏領ギアナ出国審査
*移動: 渡し船でマロニー川を渡河、スリナムのアルビナへ。
国境: スリナム入国審査
*移動: 引き続き専用車でパラマリボに向かいます。

*夕食: ローカル・レストラン
*送迎: 夕食終了後、空港にご案内致します。
※移動: スリナム航空で空路、アムステルダムへ。
 PY-994 パラマリボ   22:20⇒アムステルダム 12:20 翌日(Code085022)
・・宿泊: 機内泊

------------------------------------
<09日目>09月24日(土)

■行程: ⇒アムステルダム⇒ドバイ⇒
・・乗換: 到着後、飛行機を乗り換えます。
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK-148 アムステルダム 15:20⇒ドバイ     23:59
・・乗換: 到着後、飛行機を乗り換えます。
・・宿泊: 基本的に空港待機ですが、ご希望の方は空港内の仮眠用ホテルにご案内致します(実費)

------------------------------------
<10日目>09月25日(日)
■行程: ⇒ドバイ⇒東京
※移動: エミレーツ航空で空路、帰国の途へ。

成田空港発~羽田空港着の場合
 EK-312 ドバイ     08:00⇒羽田空港    22:45

JR名古屋駅発着の場合/乗降車場所: 太閤通口の噴水前
 ・・・ 完売しました。

関西空港発着の場合
 ・・・ 完売しました。

・・帰国

------------------------------------

====================================


==================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 

   2016年09月16日(金)成田発~羽田着 エミレーツ航空利用
   ご希望により添乗員が同行/合流し、お世話致します。



<添乗員つきのみ/最少催行人員1名様~定員6名様>

航空券代 現地費用 合計代金
01名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
02名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
03名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
04名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
05名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
06名様でご参加の場合 お問合わせ下さい お問合わせ下さい お問合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問合わせ下さい
 
 


●お申込期間:出発4週間前まで




●現地費用には下記のものが含まれます*
 *送迎費用:  パラマリボ国際空港⇔ホテル往復 x2回 (英語ガイド)
 *宿泊費用:  パラマリボ<エコ・リゾート・イン>または同等
         中央スリナム<エコ・ロッジ>または同等
 *食事費用:  朝食6回/昼食6回/夕食6回が含まれます。
 *ツアー代:  上記日程中の*観光/体験/観察とあるサービス
 *税金  :  宿泊税・観光税

●現地発着料金に含まれないもの
 X 国際線航空券
 X 航空券の他に別途徴収される税・燃油付加料金など、入国審査料/税関審査料/
  動植物検疫使用料/空港保安料/空港税
 X スリナム航空にかかる航空保険料+燃油付加料金+米国諸税
 X 個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/
  お飲み物/オプショナルツアー)


●旅券(パスポート)/査証(ビザ): 
 ・パスポート: 残存有効期間が帰国日から起算して6カ月以上、必要です。
 ・ビザ: 3か月以内の観光目的の渡航であれば、不要

●予防接種: 
 ・黄熱病の予防接種証明書が必要です。






電話でのお問合せは・・・・080-5028-6007 まで
▲TOPへ