異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【南太平洋の旅】
■ ナウルスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ


10月05日(木)出発限定
知られざる太平洋の島々
フランス領ウォリス&フツナ
ツバル/ポンペイ(ポナペ)
ナウル
15日間
新千歳/成田/中部/関西/福岡空港発着

ここがポイント!


★添乗員が同行★
この旅には、ご希望とあらば太平洋の島々をこよなく愛する添乗員がお世話致します。

添乗員は初日の成田空港出発時から、最終日のソウル到着まで合流し、お世話致します。



王制が息づくフランス領ウォリス&フツナ~ウォリス島3泊










南太平洋にフランス領はいくつあるでしょう?
タヒチ(フランス領ポリネシア)、ニューカレドニア・・・とまではすぐに出てきます。
もうひとつあるのをご存じですか?
いえいえ、メキシコの沖合に浮かぶクリッパートン島ではありません。
だいたいクリッパートン島は、北太平洋だし、中南米だし(笑)
それは・・・ウォリス・フツナです。(By 穐山真由美)

ウォリス・フツナ(仏語でワリス・フテュナ)は、フランスの海外準県で、フィジーとツバルとの間そして、ニューカレドニアとタヒチとの間に位置しています。

2000年ほど前、ウォリス・フツナにはすでに、ポリネシア系の民族が住み着いていたといいます。
12世紀から16世紀(日本では平安時代から室町時代にかけて)ごろには、強大な軍事力と航海技術を有していたトンガ王国の支配圏に属していました。この時代の城砦跡が遺跡となってウォリス島(本島のウベア島と、サンゴ礁上の小島から形成される)の本島ウベア島に残っています。
ウベア島のウベア、フツナ島のシガベ、アロフィ島のアロの3つの首長国が存在し、広範囲で交易を行っていたことが判明しています。
1616年(日本では元和2年。後水尾天皇の御代。江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の治世。徳川家康の六男・松平忠輝が改易された年)にオランダ人J・ル・メールがフツナ島を確認。これがヨーロッパ人の歴史にウォリス・フツナが登場した最初とされています。また、1767年(日本では明和4年。現在までの歴史上最後の女帝・後桜町天皇の御代。江戸幕府10代将軍・徳川家治の治世)にはイギリス人サミュエル・ウォリスがウベア島を確認。ウォリスの名前がウベア島を本島とする島々の総称となりました。
1837年(日本では天保8年。仁孝天皇の御代。江戸幕府は11代・徳川家斉から12代・徳川家慶の治世。大塩平八郎事件、モリソン号事件などが起き、日本近海に外国船が頻繁に出没が記録され始めた時代)にフランス人宣教師が上陸、植民地建設を始め、島民へのカトリック布教が盛んに行われました。
1842年(日本では天保13年)4月5日に先住民の間で動乱が勃発し、他の先住民はフランスに保護を求めました。
1887年(日本では明治20年)4月5日ウベアの女王がウベアをフランス保護領にする条約に調印。
翌1888年(日本では明治21年)2月16日にはフツナのシガベ王、アロフィのアロ王も、フランスの保護領にする条約に調印し、やがてこれらの島々はニューカレドニア植民地政庁の管理下に置かれることになりました。
1961年(日本では昭和36年)3つの島はニューカレドニア植民地政庁から離れ、フランス海外領土に昇格。2003年(日本では平成15年)には海外準県になりました。

<ウォリス島に泊まる>

ウォリスには3泊します。 :
ウォリス島(ウベア島)には、いまでも自治権を有する首長(王様)がおられます。
サモア系住民が住むフツナ島、アロフィ島(ほとんど無人)と異なり、ウォリス島の島民はトンガ系で、彼らの伝統音楽や伝統舞踊は、現在のトンガに逆輸入されています。
また、石造りの重厚なイメージの教会が島のあちこちに建てられています。 火口湖や、ファレ様式の伝統家屋も異国情緒を高めてくれます。
自由行動の際には、ぜひ、ボートで小島(モツ)に渡ってみたいもの。 知られざるがゆえに、もっとも美しい島のひとつであるウォリス(ウベア島)の魅力 をさらに深く、知ることができるでしょう。(天候や海の状況による。現地払い)。

<観光の見どころ>

石造りの教会
ウォリス島の特徴として、大きな村には石造りの重厚・荘厳な教会が建てられていることが挙げられます。島民はカトリックの敬虔な信者が多く、教会は村単位で手厚く護られています。地震により破損した数軒の教会も、村人の努力で復元、あるいは復元途上にあります。

王宮
ウォリス島(ウベア島)のマタウツ(準県庁所在地)には、現在も王様が住んでいます。かつてウォリス島が王国だった時代に建てられた王宮が、今でも街中に残されています。まるでフアレを思わせるような、曲線を描く建物が、トンガとの関係の深さを感じさせることでしょう。

火口湖
火山活動によって形成された火口湖を、ウォリス島(ウベア島)ではいくつか見ることができます。島の西部のラロラロ湖 (LAC LALOLALO) は、垂直の断崖に囲まれたのクレーターに水を讃えた美しい湖です。同じような火口湖は、島の南部のムッア地区でも見られます。

トンガ砦跡
12世紀から16世紀にかけて、勇猛果敢にして、航海術を熟知したトンガ人がウォリス島(ウベア島)を統治していました。彼らは島内に堅固な要塞を築き、武力で島を治めていました。伝説では、トンガ人は武を尊び、ときおり島の首長の眷属との間に武力衝突があったとか。

ウベア島のサンゴ礁
島の高台から海を見ると、ウォリス島(ウベア島)が美しいサンゴ礁で囲まれていることを確認できます。沖合にサンゴがリーフを形成し、内海やリーフ上の小島(モツ)では静かな海でシュノーケリングできます。チャンスがあるので、ぜひシュノーケリングセットをお持ち下さい。

ウォリス島(ウベア島)の民芸品
ウォリス島は、民芸品の室がよいことでも知られています。ヤシの葉や、パンダナスの葉で編まれた籠や生活用品は、おみやげにちょうどよいものが多いです。売っている場所は少ないですが、一つお土産にかってゆけば、南太平洋の知られざる島の思い出が甦るでしょう。




民家のような民宿に泊まる!ツバル フナフチ環礁

ツバル滞在日数が2泊3日です。
民家風ゲストハウスにお泊まり頂き、ツバル観光を楽しんで頂きます。


 
<フナフチ環礁。ラグーンの向こうにリーフが見える /(ツバル観光局様ご提供)> 

 『タロファ!』   ・・・こんにちは。
 『エァコエ?』   ・・・げんき?
 『マロォシ!』   ・・・げんきだよ!
2日も滞在すれば、誰とでも、こうやって挨拶が交わせるようになる国ツバル。
時間や目標でがんじがらめになった生活や都会の喧騒を忘れてしまいそうな国ツバル。
今回はそのツバルで、民家のようにアットホームな民宿に泊まるプランをご紹介します。

ところで・・・ツバルをご存知ですか?
独立当時は無人島であった、ニウラキタ島を除く、8つ(VALU)の島で成り立つ(TU)という意味の島国。
ひっくり返してTU-VALUがこの国の語源と言われています。
地球温暖化で南極の氷が溶けると、国土が沈むとも言われています。
この国がポリネシア文化圏にあると言っても、ピンとこないかもしれません。
タヒチやクック諸島のようなリゾートも、サモアのような名瀑も、トンガのような遺跡もない。
イースター島ののようなモアイもなければ、ニウエのような鍾乳洞もない。
ニュージーランドのような雪山もなければ、ハワイのような火山もない。
しかし、ツバルには、観光地化された地域では失われてしまった、素朴さがあります。

こん、こん、こん。手斧でボートを彫る音。
どさっ!夢のような時間から現実に戻る鍵は、ヤシの実が落ちる音だったり。
美しいラグーンにカラフルな影を映して飛ぶ白い鳥・・・
空港は飛行機の就航しない日は子供たちのサッカーフィールド。
おばさんたちが空港のベンチに座り、一日じゅう、パンダナスの葉で籠を編む。
日曜日の教会から聞こえてくる、讃美歌の美しき旋律。
夜はマゼラン星雲や墨袋が見えることも・・・
 ・・・ちょっと雰囲気がキリバスと似ていますね。

<観光の見どころ>

フナフチ環礁: 
首都フナフチの家並み、教会、伝統的な集会場などを見ます。

ラグーン:  
フナフチ環礁がとぎれるところまで、行ってみませんか?アマツケ島を間近に望む場所まで行けば、そこは美しいラグーンが広がる別天地。お弁当を作ってもらえば、ピクニック気分で楽しめます。

民宿:  
生粋のツバルッ子が経営するアットホームな民宿がいくつもあります。アマチュア無線を楽しんだ方も、釣りを楽しんだ方も、ボートでリーフの上に浮かぶ島に行った方も、みなさん、ツバルのとりこになりました。

◆下はツバル観光局様の貴重な写真の数々です。
ちょっとイメージをふくらませてみましょう。 残りは行ってのお楽しみ♪

  
 <左: フナフチ環礁からリーフの小島を望む/右: 伝統的なアウトリガー・カヌー>
  
 <左: 伝統の集会場マネアパ。近年はコンクリート製に・・・/右: 島民の社交場バー>
  
 <左: 民家のようなアットホームな民宿/右:探せば太平洋戦争の史跡が・・・>


【査証】 現在、ツバルは査証取得の必要がありません。


■ミクロネシア連邦ポンペイの旅■

【ポンペイ】
ミクロネシア連邦の中枢をなすのはポンペイ州。かつて“ポナペ”と呼ばれた島々です。
主島のポンペイ島には最高峰ナナラウト山(791m)をはじめ600mを越える山が3つもあり、島全体が起伏に富んでいます。また、島全体は熱帯雨林に覆われています。年間降雨量は世界でも屈指。水と緑の豊富さから、“太平洋の花園”とうたわれています。
ポンペイ島最大のみどころは、なんといっても『ナン・マドール遺跡』。12世紀~14世紀にかけて栄えたシャーウテール王朝の城壁都市と目される巨石遺跡です。いまなお多くの謎を秘めたナン・マドールは、訪れる人に歴史の謎解きの楽しみを与えてくれます。
ポンペイの顔とでも言いたくなる奇岩『ソーケス・ロック』は一見の価値がある名勝です。
『民芸品村』に行ってみましょう。ポンペイ州の民芸品は、質の良さで知られています。特にポリネシア系島民の住むカピンガマランギ環礁、ヌクオール環礁に伝わる彫刻は抜群です。
  
<左: ポナペの顔?ソーケス・ロック / 右: スペイン砦跡 (イメージ)>

 
<ナンマドール遺跡 (イメージ)>

「大平洋に浮かぶ真珠の首飾り」~ロバート・ルイス・スチーブンソンはマジュロ環礁をこう呼びました。 道の片方には太平洋の荒波が押し寄せ、もう片方には青い水をたたえたラグーンが広がる・・・ そんな不思議な世界がマジュロ環礁です。 ダイビングをするもよし、シュノーケリングをするもよし、あるいは細長い一本道をドライブ。 マジュロの楽しみ方はいろいろあります。 きっと、日常の生活の中で忘れてしまったものを思い出すことができるでしょう♪

カン、コン、カン、コン・・・ 耳をすませば遠くから、手斧で木をけずる音が聞こえてくることがあります。もしかしたら、太平洋でいちばん早いと称賛される、手作りのアウトリガーカヌーが誕生する音かもしれません。青い空と白い雲、青い海と白い砂・・・われわれの持つ南の島のイメージそのもののマジュロでは、滞在すること自体が、イメージとの融合なのかもしれません。都会の喧騒を忘れ、しばし、子供のころに絵本でみたあの南の島の風景を眺めてみませんか???


<観光の見どころ>


ナンマドール 【世界文化遺産】
 ナンマドール(ナン・マトール NAN MADOL)遺跡は、11世紀から15世紀にかけて
 建設された巨石構築物群で、建物と建物と間の空間を意味するナン・マタラニウムに
 由来します。この遺跡の総面積は40平方メートルに及び、92の人口島で構成されて
 います。伝承によれば、この場所では、行政、儀礼、埋葬などを、それぞれの人口島で
 分担していたと言われ、発掘調査の結果、政治・宗教の拠点となる水城であったと
 考えられています。
 伝承では、11世紀ごろ、オロシーパとオロソーパという兄弟が、どこからともなく、
 ポンペイに渡来し、祭壇を建築するために、島を調査したところ、チャムウェン島の
 高台から見えるカニムイソ(海)の景色が秀逸であったため、建立を決したそうです。
 遺跡の中心である、ナン・ドワスと呼ばれる遺構は、通説ではサウデロール王朝最後の
 王であるシャウティモイの陵墓であると言われてきましたが、最近の調査により、神殿
 であることが判明しました。ただ、どのような儀礼が行われたかはいまだ不明です。
 建造物の殆どは、柱状の黒褐色の玄武岩を建材としています。
 遺跡周辺は、黒褐色の玄武岩を縦横交互に積み重ねて囲壁を造って覆っています。
 石材の断面は五角形または六角形で、非常に丈夫で、加工しやすいのが特徴です。
 遺跡は上ナン・マトールと下ナン・マトールとに区分され、上ナン・マトールには、
 ナン・ドワスなどの祭壇を中心した祭祀の場で、王宮をはじめ家臣や民が暮らす場所は
 下ナン・マトールであったと言われています。ペインキチェル島には、始祖王にあたる
 オロシーパ、オロソーパ兄弟や、サウデロール王朝の王家の陵があります。
 非常に神聖な場所であるため、訪問の際には礼を失せぬよう、注意しましょう。
 満潮時はボートで、干潮時は陸路で訪れることになります。



新しいナウル共和国の旅

ミクロネシアに属する小さな島国ナウルには3泊します。 太平洋戦争まで一時的に日本の統治下にあった、中部太平洋の絶海の孤島です。
ナウルはかつて、燐鉱石によって世界有数の裕福な国で、日本にも飛行機が就航していた時代がありました。燐鉱石が枯渇した後、混乱が生じましたが、いま、また国家として少しずつ、未来を模索しています。

  
<写真(左)リン鉱石採掘場跡/(右)リン鉱石積出用のカンティレバー ・・・イメージ>

<観光の見どころ>

ナウル: 
一周20kmの小さな島国ナウルを観光します。

査証】 ナウルは査証(ビザ)申請が必要です。申請は日本で行いますが、
      実際に査証を受け取るのは現地到着後です。少なくとも2ヶ月前
      までにお申し込み下さい。
      また、オーストラリアは電子渡航認証ETASが必要となります。



このプランは、往路・復路にソウル&ブリスベンを経由します。



<モデルプラン>
============================================================================

◎知られざる国シリーズ★ウォリス/ツバル/ポンペイ/ナウル  15日間
====================================
<01日目>10月05日(木)
■行程: 日本各地⇒ソウル/インチョン空港⇒
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: 大韓航空で空路、ソウル/インチョン空港へ。
≪新千歳空港発着≫
 KE-766 新千歳空港   14:15⇒インチョン空港 17:10
成田空港発着
 KE-704 成田空港    13:55⇒インチョン空港 16:20
中部空港発着
 KE-742 中部空港    13:40⇒インチョン空港 15:40
関西空港発着
 KE-724 関西空港    12:25⇒インチョン空港 14:15
福岡空港発着
 KE-790 福岡空港    16:25⇒インチョン空港 17:55

(@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@) (@_@)

・・手続: 安全検査
※移動: 大韓航空で空路、フィジーのナンディへ。
 KE-137 インチョン   19:25⇒ナンディ    08:35 翌日
・・宿泊: 機内泊
------------------------------------
<02日目>10月06日(金)
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: エア・カランで空路、フランス領ウォリス島へ。
 SBー330 ナンディ    13:15⇒ウォリス島   14:45
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: ホテルの送迎車で空港からホテルへ。
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・ロミポー Hotel LOMIPEAU (スタンダード部屋) または同等
------------------------------------
<03日目>10月07日(土)
■行程: ウォリス島
*朝食: ホテル
*観光: 午前、ウォリス島にある首府マタウツのウォーキング・ツアーにご案内致します。
  ○マタ・ウツの王宮: マタイ制度が生きているウォリスは王様が統治しています。
  ○
マタウツの石造りの教会: 石積みの荘厳な教会はウォリスの象徴。
  ○
マタ・ウツの民芸品即売所: ヤシやパンダナスの葉で編んだもの、木彫り等
*昼食: ホテル
*観光: 午後、ウォリス(ウベア島)を観光します。
  ○
火口湖: 火山島であったウォリス島には火口湖がいくつかあります。
  ○
石造りの教会: ウォリス島の各自治体に一軒ずつ、教会があります。
  ○
伝統家屋(外観): 曲線が美しいフアレと呼ばれる家屋を見てみましょう。
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・ロミポー Hotel LOMIPEAU (スタンダード部屋) または同等
------------------------------------
<04日目>10月08日(日)
■行程: ウォリス島
*朝食: ホテル
<自由: 終日、自由行動となります>      
★ボートでのオプショナルツアーにご参加頂ける可能性もあります(現地払い)
*昼食: ホテル (または ピクニック)
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・ロミポー Hotel LOMIPEAU (スタンダード部屋) または同等
 
<写真:左 火口湖/右 石造りの教会>
------------------------------------
<05日目>10月09日(月)
■行程: ウォリス島
⇒ナンディ
*朝食: ホテル
*送迎: ホテルの混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国審査~ゲートへ。
※移動: エアー・カランで空路、ナンディへ。
 SB-331 ウォリス島   14:50⇒ナンディ    16:15
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*出迎: 手配会社のブースでバウチャーをお受け取り下さい。
*誘導: 現地係員が混載送迎車までご誘導致します。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルにご案内致します。
・・夕食: 含まれません。各自、現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: メルキュール・ナンディ(スタンダード部屋) または同等
------------------------------------
<06日目>10月10日(火)
■行程: ナンディ⇒スバ⇒フナフチ
・・朝食: 含まれません。各自、現地精算でお召し上がり下さい。
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続~安全検査
※移動: フィジー航空で空路、フィジーの首都スバへ。
 FJ-007 ナンディ    07:30⇒スバ      08:00
・・手続: 安全検査/出国
※移動: フィジー航空で空路、ツバルの首都フナフチへ。
 FJ-281 スバ      09:00⇒フナフチ    11:35
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 宿の職員の案内で空港から宿にご案内致します(通常、徒歩)。
*昼食: 民宿
・・自由: 午後、自由行動。
*夕食: 民宿
*宿泊: 
民宿=ヴァイルアタイ・ロッジ、フィラモナ・ロッジなど
------------------------------------
<07日目>10月11日(水)
■行程: フナフチ 【終日、フナフチ環礁ツアー】
*朝食: 民宿
*観光: 午前、首都フナフチの徒歩観光
 ○
空港滑走路: 昔は飛行機の来ない日はサッカーの練習場でしたが・・・
 ○
官庁街: 空港周辺に官庁舎が点在しています(外観)
 ○
切手局: ツバルの珍しい切手購入できます。
 ○
民芸品展示即売所: ツバルの民芸品は質が高いと評判です。
 ○
教会: ツバル人は敬虔なクリスチャンが多く、日曜ミサに着飾ってでかけます。
 ○
埠頭: 他のツバルの島々を巡回する貨客船がときおり、やってきます。
 ○
伝統の集会所マネアパ: 柱と屋根だけの集会場が自治体ごとにあります。
 ○
伝統の住居: 高床式民家や、簡素な木造家屋があります。
 ○
生協: 入荷の直前には、棚に何もないという事もあります。
 ○
左右に海(外海と内海)が見えるポイント: ツバルはドーナツ型の環礁なので。
 ○
ヤシの木: 運がよければココナツ・ジュースを試飲できるかも
 ○
ラグーン: 釣りをしている人を見かけるかもしれません。
*昼食: 民宿
・・自由: 午後、自由行動。
*夕食: 民宿
*宿泊: 民宿=ヴァイルアタイ・ロッジ、フィラモナ・ロッジなど
------------------------------------
<08日目>10月12日(木)
■行程: フナフチ⇒スバ⇒ナンディ⇒
*朝食: 民宿
*送迎: 宿の職員が宿から空港にご案内致します(通常、徒歩)。
※移動: フィジー航空で空路、スバへ。
 FJ-280 フナフチ    12:20⇒スバ      14:50
・・手続: 入国~通関
※移動: フィジー航空で空路、ナンディへ。
 FJ-018 スバ      18:00⇒ナンディ    18:30
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
・・夕食: 含まれません。各自、現地精算でお召し上がり下さい。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
・・宿泊: 空港待機~機内泊
------------------------------------
<09日目>10月13日(金)
■行程: ⇒ナンディ⇒ナウル⇒タラワ
※移動: ナウル航空で空路、ナウル経由、キリバスの首都タラワへ。
 ON-018 ナンディ    01:00⇒ナウル     04:10(機内待機)
 ON-041 ナウル     05:15⇒タラワ     06:30(機内待機)
 ON-041 タラワ     07:15⇒マジュロ    08:30(機内待機)
 ON-041 マジュロ    09:15⇒ポンペイ    10:30
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*出迎: 現地係員が空港でお出迎え致します。
*送迎: 混載の送迎車でホテルにご案内致します。
*昼食: ホテル
*夕食: ホテル
*宿泊: ジョイ・ホテル(スタンダード部屋) または同等
------------------------------------
<10日目>10月14日(土)
■行程: ポンペイ滞在
*朝食: ホテル
*観光: 終日、謎の遺跡を巡る歴史ツアー
 ○ポーンパイプの象形文字: スペイン語で『岩の上』の意味を持つポーンパイプに
   30メートル四方の一枚岩があり、その表面に象形文字(ペトログリフス)が彫られて
   います。ナンマドールにつぐ、貴重な史跡です。
 ◎ケプロイの滝: 玄武岩の上を水が流れる珍しい滝。(水着をご持参下さい)
 ◎謎の巨石遺跡ナンマドール遺跡 : 浦島太郎伝説も残る、水辺に建つ巨大な石組。
*昼食: お弁当
*夕食: ホテル
*宿泊: ジョイ・ホテル または同等

------------------------------------
<11日目>10月15日(日)
■行程: ポンペイ⇒ナウル⇒ナンディ
・・朝食: 含まれません。
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国~搭乗
※移動: アワー航空で空路、ナウルへ。
 ON-042 ポンペイ    05:20⇒マジュロ    08:35(機内待機)
 ON-042 マジュロ    09:25⇒タラワ     10:40(機内待機)
 ON-042 タラワ     11:50⇒ナウル     13:05
・・手続: 査証取得/入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*出迎: ロッジ/または/ホテルの職員が空港にてお出迎え致します。
*送迎: 混載の送迎車で空港からロッジ/または/ホテルへ。
*昼食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング
*夕食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング/または/ローカル・レストラン
*宿泊: エワ・ロッジ または メネン・ホテル
------------------------------------
<12日目>10月16日(月)
■行程: ナウル
*朝食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング
*観光: 午前、ナウルの様々な機関が集まる地区を訪れ、観光します。
 ○
シビック・センター: 郵便局、銀行、市議会、カフェ、スーパーがある公民館
 ○
郵便局: ナウルの珍しい切手を購入できます。
 ○
燐鉱石貯蔵庫跡: 船に搭載する前の燐鉱石を保管していた建物
 ○
カンチレバー一号機跡: 主に小さな船舶に燐鉱石を搭載していたクレーン
 ○
燐鉱石加工工場跡: 海岸と道路を挟んだ内陸側の広場に廃工場が残ります。
 ○カンチレバー一号機跡: 主に大きな船舶に燐鉱石を搭載していたクレーン
*昼食: ローカル・レストラン
*観光: 午後、貸切車でナウルを観光します。
 ○
日本軍司令部と重営倉跡: ジャングルと隆起珊瑚の奥に残っています。
 ○
日本軍高射砲: ナウルの最も標高の高い場所に残っています。
 ○
ブアダ・ラグーン: 真水を湛えた小さな湖で、ナウルの景勝地のひとつ
 ○
燐鉱石採掘場跡: かつて国の経済を支えた燐鉱石も既に掘り尽くされました。
 ○モクア・ウェル MOQUA WELL: 空港前の石灰の洞窟の中にある、小さな湧水。
 ○アニバレ湾: 隆起珊瑚の柱が林立する、中部太平洋の桂林?
*夕食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング/または/ローカル・レストラン
*宿泊: エワ・ロッジ または メネン・ホテル

アニバレ湾・・・イメージ
------------------------------------
<13日目>10月17日(火)
■行程: ナウル
*朝食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング
・・自由: 終日、自由行動
*昼食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング
*夕食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング/または/ローカル・レストラン
*宿泊: エワ・ロッジ または メネン・ホテル
------------------------------------
<14日目>10月18日(水)
■行程: ナウル⇒ブリスベン
*朝食: ロッジのカフェ/または/ホテルのダイニング
*送迎: 混載の送迎車でロッジ/または/ホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: ナウル航空で空路、ブリスベンへ。
 ON-001 ナウル     14:40⇒ブリスベン   17:15
・・手続: 入国~受託荷物引取~通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルへ。
・・夕食: 含まれません。各自、現地精算でお召し上がり下さい。
*宿泊: イビス・ブリスベン または同等
------------------------------------
<15日目>10月19日(木)
■行程: ブリスベン⇒ソウル/インチョン空港⇒日本各地
・・朝食: 含まれません。各自、現地精算でお召し上がり下さい。
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続~安全検査/出国
※移動: 大韓航空で空路、ソウル/インチョン空港
 KE-124 ブリスベン   08:25⇒インチョン空港 17:35
・・手続: 安全検査
※移動: 大韓航空で空路、日本各地へ。
新千歳空港発着
 KE-795 インチョン空港 18:40⇒新千歳空港   21:20
成田空港発着
 KE-705 インチョン空港 18:35⇒成田空港    20:55
中部空港発着
 KE-751 インチョン空港 19:05⇒中部空港    20:55
関西空港発着
 KE-721 インチョン空港 19:15⇒関西空港    20:55
福岡空港発着
 KE-781 インチョン空港 18:35⇒福岡空港    19:55
・・帰国
------------------------------------


====================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
 
 
 2017年10月05日(木)出発
 このコースは添乗員がナンディにて合流し、お世話致します。




<最少催行人員: 1名様から/定員6名様/添乗員はが同行します>

添乗員が同行します:   

【2017年10月05日(木)出発】
参加人数 ご旅行代金 航空券代金 合計
01名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます お問合せ下さい。
02名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます お問合せ下さい。
03名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます お問合せ下さい。
04名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます お問合せ下さい。
05名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます お問合せ下さい。
06名様でご参加の場合 お問合せ下さい。 旅行代金に含まれます お問合せ下さい。
お一人部屋追加料金   お問合せ下さい。

このコースは、現地のガイド/車両の空きがなくなった時点で完売となります。

●お申込期間:出発2か月前まで



●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *航空券: 日本⇒ナンディ/ブリスベン⇒日本 
       ナンディ⇒ウォリス⇒ナンディ
       ナンディ⇒スバ⇒フナフチ⇒スバ⇒ナンディ
       ナンディ⇒ポンペイ⇒ナウル⇒ブリスベン
 *送 迎: 空港⇔ホテル間の送迎
   ウォリス   混載の送迎車
   フィジー   混載の送迎車
   ツバル    通常、宿の職員の案内で徒歩で移動します。
   ポンペイ   混載の送迎車
   ナウル    混載の送迎車
   ブリスベン  混載の送迎車( CON-X-ION シャトルバス)
 *宿 泊: 各地のスタンダードクラスのホテルのスタンダード部屋を利用
   ウォリス   ホテル・ロミポー または同等
   フィジー   メルキュール・ナンディ または同等
   ツバル    民宿 ヴァイルアタイ・ロッジ または フィラモナ・ロッジ
   ポンペイ   ジョイ・ホテル(スタンダード・バンガロー)または同等
   ナウル    エワ・ロッジ または メネン・ホテル
   ブリスベン  イビス・ブリスベン
 *観 光: ツバル、マジュロ、ナウルは観光がついています。
   ツバル    徒歩でフナフチを観光します。
   ポンペイ   ポンペイ歴史探訪
   ナウル    ナウル観光

 *食 事:  朝食9回/昼食9回/夕食10回
 *諸 税:  宿泊税、観光税

●現地発着料金に含まれないもの
 Ⅹ 現地でご利用になる通信費(電話/FAX/ネット)
 X チップ(ガイドや馬方/運転手/ホテルの枕銭など)
 X お飲物/眼記されないお食事
 X ホテルや観光地の有料サービス(スパ/アクティビティ/洗濯など)
 Ⅹ オプショナルツアー
 X 査証代

●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 フィジー、ウォリス、ツバルは日本国籍の方であれば、査証は不要です。
 ミクロネシア連邦は、ポンペイ入国時に滞在許可がおります。
 旅券の残存有効期間は帰国日の翌日から起算して6カ月以上、必要です。

 *オーストラリア電子渡航認証ETAS

 ===ナウル査証申請要綱===
  ・ 帰国翌日から起算して6カ月以上の残存有効期間のあるパスポート
  ・ 写真 縦4.5cm X 横3.5cm 1枚
  ・ 申請書をお送りします。署名欄にパスポートと同じ署名をしてご返送下さい
  ・ ご勤務先からの雇用証明書(無職/学生/自営業等の方はご相談下さい9
  ・ ナウル移民局への手紙(滞在中は自己責任で滞在し、ナウルの法律を順守し、
    滞在中にかかる経費はすべて自分で負担する旨の手紙)・・・見本をお送りします
  ・ 料金 AU$50(海外送金) + 手配手数料10,500円(日本払い)

 ===豪州電子査証(ETAS)申請要綱===
  ・ 料金 AU$10(海外送金) + 手配手数料2,700円(日本払い)





電話でのお問合せは・・・・080-5028-6007 まで