0

異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ ブルキナファソスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
2019年12月15日(日)出発
NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
日本女性オリンピアン
黎明期のヒロインの感動の史跡巡り
8日間

アムステルダム(人見絹枝)&ベルリン(前畑秀子)
成田空港発着
LOTポーランド航空利用

ここがポイント!




添乗員が同行します。




 日本とオリンピックとの関係や、競技者や周囲の人々の半生に焦点を当てた、
 NHK大河ドラマ第58作『いだてん〜東京オリムピック噺(はなし)〜』
 マラソンの金栗四三が、日本人初のオリンピアンとして、三島弥彦とともに
 1912年(明治45年)のストックホルム・オリンピックに参加した当時、日本では
 女性がスポーツをするという事すら、異常と思われていました。
 スポーツ推進に一身を捧げた嘉納治五郎とともに、体育指導者たちを育成した
 永井道明の弟子であった二階堂トクヨが、文部省の要請を受けて英国に留学、
 帰国後、女性のための体育の実施を提唱し、日本女子体育専門学校の前身、
 二階堂体操塾が設立されたのはストックホルム・オリンピックから12年を経た
 1922年(大正11年)のことでした。
 大正デモクラシーに象徴される時勢に後押しされるような形で、女性アスリートが
 登場し始めたのもこの時期だったと考えられます。

 『いだてん』では、日本人初の出場選手として金栗四三とともにストックホルム・
 オリンピックに出場した三島弥彦の実家の女中で架空の人物シマ(杉咲花さん)が
 女子スポーツ推進という志を立て苦学し、東京女子高等師範学校に入学し、
 卒業後は、東京府立第二高等女学校の教師として赴任。生徒を連れて庭球大会に
 遠征、そこで人見絹枝(菅原小春さん)を見出し、陸上に誘うという描写がありました。
 女子スポーツ黎明期の牽引者の象徴として、シマ先生は重要な役割を果たしました。


 人見絹枝【1928年アムステルダム・オリンピック 陸上 女子800m銀メダル】
  生年月日: 1907(明治40)年1月1日〜没年月日: 1931(昭和6)年8月2日
   岡山県御津郡(現・岡山市南区)の稲作とイグサ栽培の大農家に生まれました。
   大正2年、福浜村立福浜尋常高等小学校・尋常科に入学。
   大正8年、福浜村立福浜尋常高等小学校・高等科に進級。
   在学中に、岡山県立岡山高等女学校の入学試験に合格。
   ずば抜けた身体能力を持ち、運動万能ながら、学業でも優秀な成績をおさめています。
   大正9年、岡山県立岡山高等女学校に進学。絹枝はここでテニスを始めます。
   入学して間もなく、岡山県庭球大会で岡山県女子師範学校との試合に敗れ、
   絹枝は当時高価であったラケットを購入し、日暮れまで練習をしたといいます。
   大正10年、5月に行われた岡山県庭球大会で宿敵・岡山県女子師範学校を撃破、優勝。
   大河ドラマ『いだてん』に登場したのは、この後の人見絹枝(菅原小春さん)です。
   大正12年には第二回岡山県女子体育大会で走幅跳で4。67mの成績で優勝。
   大正13年4月には、二階堂体操塾に入学、二階堂トクヨから直接、指導を受けます。
   陸上のアスリートとしての人見絹枝の経歴は、ここから始まったと言えるでしょう。
   大正14年に卒業すると、京都市立第一高等女学校に体操教師として赴任。
   その直後、体操の実技講師として台湾各地を巡回し、帰国。二階堂体操塾の研修生に。
   大正15年、やがて昭和と変わるこの年の4月、大阪毎日新聞社に入社、運動課に配属。
   その後の、日本女子オリンピック大会ほか陸上競技で目覚ましい活躍を見せます。
   昭和3年のアムステルダム五輪に初の日本女子選手として女子個人種目全てにエントリー。
   期待された100m走では実力を発揮できず、四位となり決勝進出はなりませんでした。
   神回と言われた『いだてん』第26話『明日なき暴走』では菅原小春さん演じる人見絹枝が・・・
   「負けたら女子スポーツに明日はない」と泣いて野口源三郎陸上役員(永山絢斗さん)に懇願。
   未知の競技である800mに出場し、銀メダルを取ります。人見絹枝に800mの走り方を伝授した
   織田幹雄(松川尚瑠輝さん)も、同大会で三段跳で日本人初の金メダルを獲得します。
   ドラマではその三年後、24歳でこの世を去ったことが語られました。
   しかし、人見絹枝の存在は、前畑秀子ら後輩女子アスリートに深い感銘と大きな影響を与えました。

 前畑秀子【1932年ロサンゼルス・オリンピック 競泳 女子200m平泳ぎ 銀メダル】
     【1936年ベルリン・オリンピック 競泳 女子200m平泳ぎ 金メダル】

  生年月日: 1914(大正3)年5月20日〜没年月日: 1995(平成7)年2月24日
   旧幕時代は高野山領であった和歌山県伊都郡橋本町で、豆腐屋を営む家庭に生まれました。
   幼少期より、紀ノ川で泳ぎ、水泳を体得したという逸話が残っています。
   尋常小学校5年生時、女子50m平泳ぎで学童新記録で優勝、前畑秀子の競技人生が始まります。
   高等小学校2年生時には、汎太平洋女子オリンピックに出場。100m平泳ぎで優勝します。
   この時、前畑秀子は200m平泳ぎでも準優勝を果たします。ここで本来は引退するはずが・・・
   前畑秀子の突出した水泳の実力を惜しんだ学校長ほかが両親を説得し、名古屋の椙山女学校へ。
   しかし、昭和6年1月に母を、同年6月に父を相次いで亡くすという不幸に見舞われます。
   大河ドラマ『いだてん』に登場したのは、この時期の前畑秀子(上白石萌歌さん)です。
   その翌年の昭和7年(1932年)にはロサンゼルス・オリンピックに出場し、銀メダルを獲得します。
   田畑政治(阿部サダヲさん)、松澤一鶴(皆川猿時さん)らが、多くの選手を送り込んだ大会です。
   わずか0.1秒差で金メダルを逃した前畑秀子。帰国後、東京市長の永田秀次郎(イッセー尾形さん)に
   「なぜ金メダルをとらなかったんだね・・・」と言われてしまいます。これが契機となり、前畑秀子は
   現役続行を決断し、毎日二万mを泳ぐ特訓の日々を過ごすこととなります。
   神回と言われた『いだてん』第36話『前畑がんばれ』では上白石萌歌さん演じる前畑秀子が・・・
   昭和11年(1936年)、ナチス・ドイツが開催した、第二次世界大戦前最後のオリンピックである
   ベルリン・オリンピックでは、地元ドイツのマルタ・ゲネンゲルと熾烈なデッドヒートを繰り広げ、
   ついに悲願の金メダルを手にします。ラジオ中継で実況したNHKアナウンサーの河西三省が叫んだ
   「前畑ガンバレ!前畑ガンバレ!」は放送史に残る、名実況として、語り継がれています。
   大河ドラマ『いだてん』では、前畑秀子は人見絹枝の写真を大切に持っていました。
   シマ先生が人見絹枝を発掘し、その人見絹枝が前畑秀子ら後輩女子アスリートに影響を与え、
   遂に日本女子スポーツ界に金メダルをもたらしたという伏線を回収する回でした。
   この後、ドイツも、日本も、第二次世界大戦の業火の中に国民をたたき込みます。
   史実の前畑秀子は、平成2年、日本女子アスリートとして初めて文化功労者に選任されました。

 2019年11月、ドラマは終盤に入り、女子スポーツの集大成としてバレーボールの「東洋の魔女」が登場。
 その後の日本女子オリンピアンの活躍は誰もが知るところでしょう。

 今回の旅では、日本女子オリンピアンの黎明期に活躍し、メダルを日本にもたらした二人、
 人見絹枝が銀メダルをとったアムステルダム、前畑秀子が金メダルをとったベルリンを訪れ、
 かつてのオリンピック会場を見学します。




モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
====================================


====================================
<01日目>12月15日(日)
■行程: 成田空港⇒ワルシャワ⇒アムステルダム

・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: LOTポーランド航空で空路、ワルシャワへ。
 LO−080 成田空港    11:00⇒ワルシャワ   14:25
・・手続: 入国〜受託手荷物引取〜通関〜安全検査
※移動: LOTポーランド航空で空路、アムステルダム/スキポール空港へ。
 LO−267 ワルシャワ   16:50⇒アムステルダム 19:05
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 専用車で空港からホテルへ。
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: アイアン・ホース(スタンダード部屋)または同等の史跡ホテル
・・備考: 1928年オリンピック時に開業していたホテルを候補にしております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>12月16日(月)
■行程: アムステルダム
*朝食: ホテル
*観光: 午前、オリンピスフ・スタディオン見学
 1928年のアムステルダム・オリンピック開催のために建設されました。
 設計は、オランダの新造形主義芸術家集団デ・ステイル創立メンバーの一人、
 ヤン・ヴィルス(1891年02月22日生〜1972年02月11日没)。
 当時の収容人員は34,000人で、アムステルダム・オリンピック主会場。
 アムステルダム・オリンピックは1928年05月17日〜08月12日の間、
 開催されました。人見絹枝は07月30日の100m予選で一着となり
 期待されましたが、同日の準決勝では四着に終わります。『いだてん』で、
 役員の野口源三郎や織田幹雄等陸上選手団に涙で800m出場を訴えたのは
 この日のことです。08月01日、800m予選を2分26秒2で通過し、
 迎えた08月02日の決勝では、ドイツのリナ・ラトケに次ぐ二着となって
 銀メダルを獲得。日本女子アスリートの未来を切り開くことになりました。
 ※スタジアム内はガイド付ツアーで見学し、スタジアム外は散策できます。
*昼食: ローカル・レストラン
*観光: 午後はアムステルダム市内と近郊観光
 (例) ザーンセ・スカンスの風車と木靴博物館(約4時間)
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: アイアン・ホース(スタンダード部屋)または同等の史跡ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>12月17日(火)
■行程: アムステルダム
*朝食: ホテル
・・予備: 終日、予備日
 予定通り、月曜日に見学が終わった場合、アムステルダムの生活圏を
 中心とした観光にご案内します。
 午後〜夕方はご希望の方は画家フェルメールゆかりの史跡に
 ご案内致します(実費)
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: アイアン・ホース(スタンダード部屋)または同等の史跡ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>12月18日(水)
■行程: アムステルダム⇒ベルリン
*朝食: ホテル(但し、時間によってはお召し上がりになれないケースがございます)
*送迎: 専用車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: LOTポーランド航空で空路、ワルシャワへ。
 LO−270 アムステルダム 07:05⇒ワルシャワ   09:05
*観光: 待ち合わせ時間を利用して、ワルシャワの旧市街にご案内致します。
    公共の交通機関またはタクシーに乗って旧市街に行き、中世さながらの
    街並みを歩きます。終了後、交通機関またはタクシーで空港に戻ります。
*昼食: ローカル・レストラン
※移動: LOTポーランド航空で空路、ベルリン/テーゲル空港へ。
 LO−389 ワルシャワ   17:25⇒テーゲル空港  18:50
*送迎: 専用車で空港からホテルへ。
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: アジュムット・ホテル・クアフュルステンダム(スタンダード部屋)または同等
・・備考: 1928年オリンピック時に開業していたホテルを候補にしております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>12月19日(木)
■行程: ベルリン
*朝食: ホテル
*観光: 午前、オリンピア・シュタディオン見学
 1936年のベルリン・オリンピック開催のために建設されました。
 設計は、ヴェルナー・マルヒが担当。着工は1934年で竣工は1936年です。
 ヒトラーの、ナチス・ドイツのオリンピックと呼ばれた1936年ベルリン大会。
 既にナチス・ドイツによる人種差別政策が行われていましたが、オリンピック
 成功のため、一時的に人種差別政策を緩和したことでも知られています。
 戦争の影とナチス・ドイツのプロパガンダという暗い印象の強い大会です。
 第二次世界大戦前に於ける最後の大会で、聖火リレーが初めて行われました。
 マラソンでは日本統治時代の朝鮮で生まれた孫基禎が金メダルを獲得しました。
 この大会が日本人の心に深く刻まれているのは、やはり前畑秀子が競泳女子
 200m平泳ぎで金メダルをとったことでしょう。前回のロサンゼルス大会では
 同種目で二着となり、銀メダルをとった前畑は、帰国後、東京市長の永田秀次郎に
 「なぜ君は金メダルを獲らなかったのか、0.1秒差ではないか・・・無念」と言われます。
 この悔しさから、日に二万メートルを泳ぐ猛特訓の日々を送り、そして臨んだ大会。
 大本命で地元ドイツのマルタ・ゲネンゲルとの一騎打ちは、今も語り継がれています。
 NHKアナウンサーの河西三省の「前畑がんばれ」の連呼は放送史にも残っています。
 大河ドラマ『いだてん』では、上白石萌歌さん演じる秀子のロサンゼルス大会以前から
 ベルリン大会で金メダルを獲得するまでの軌跡が丁寧に描かれています。
 ※スタジアム内の塔は冬季のため閉鎖。スタジアム外は散策できます。
*昼食: ローカル・レストラン
*観光: 午後はベルリンの博物館島を訪れます。ペルガモン博物館では、イラクの
    バビロンのイシュタル門が置かれています。考古学フアンは必見です。
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: アジュムット・ホテル・クアフュルステンダム(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>12月20日(金)
■行程: ベルリン
*朝食: ホテル
・・予備: 終日、予備日
 予定通り、木曜日に見学が終わった場合、ベルリンの壁と東西ドイツ時代の足跡を
 中心とした観光にご案内します。
 午後〜夕方はご希望の方はモダンなベルリンの象徴といわれるハッケシャー・
 マルクトにご案内致します(実費)
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: アジュムット・ホテル・クアフュルステンダム(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>12月21日(土)
■行程: ベルリン/テーゲル空港⇒ワルシャワ⇒
*朝食: ホテル
*送迎: 専用車でホテルから空港へ。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: LOTポーランド航空で空路、ワルシャワへ。
 LO−392 テーゲル空港  07:40⇒ワルシャワ   09:05
・・手続: 安全検査/出国
※移動: LOTポーランド航空で空路、成田空港へ。
 LO−079 ワルシャワ   14:40⇒成田空港    09:20 翌
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>12月22日(日)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国: 
検疫〜入国〜機内預け荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


====================================

==============================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。


 2019年12月15日(日)出発
 添乗員が同行し、お世話致します。 


<最少催行人数 :1名様より催行>

★添乗員同行★

 ◆2019年◆
人数 旅行代金 航空券代 合計
 1名様でご参加の場合 お問い合わせください。 料金に含まれます。 お問い合わせください。
 2名様でご参加の場合 お問い合わせください。 料金に含まれます。 お問い合わせください。
 3名様でご参加の場合 お問い合わせください。 料金に含まれます。 お問い合わせください。
 4名様でご参加の場合 お問い合わせください。 料金に含まれます。 お問い合わせください。
 5名様でご参加の場合 お問い合わせください。 料金に含まれます。 お問い合わせください。
 6名様でご参加の場合 お問い合わせください。 料金に含まれます。 お問い合わせください。
 お一人部屋追加料金 お問い合わせください。


●お申込期間:出発2週間前までにお申し込みください



●ご旅行代金には下記のものが含まれます*

 *交通費:  公共交通機関利用 または 公共交通機関の貸切
  貸切車:  アムステルダム
  貸切車:  ベルリン
  公共交通機関: ワルシャワ
 *観光費:  観光に必要な入場料・拝観料
 *ガイド:  英語ガイド
 *宿泊費:  下記の宿泊施設または同等クラス
   ・アムステルダム:
    アイアン・ホース(スタンダード部屋)または同等の史跡ホテル
   ・ベルリン: 
    アジュムット・ホテル・クアフュルステンダム(スタンダード部屋)または同等
 *食事代:  朝食6回/昼食5回/夕食6回
 *税金等:  観光税/宿泊税

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *国際線航空券: 関西空港施設使用料、入出国関連料金、空港税
 *個人的支払い: 電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていない食事/
          お飲み物/オプショナルツアー
/査証代




【査証(ビザ)】
オランダ/ドイツ/ポーランド
※日本国籍の方は3か月以内の滞在に査証は必要ありません。
 出国時に3カ月以上+滞在日数以上の旅券(パスポート)残存有効期間が望ましいです。
 また、未使用の査証欄余白が見開き2ページ(左ページから連続4ページ)x2か国分必要です。





 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ