HOME |アフリカ一覧 | 行きたい地域を探す | 

シエラレオネ現地発着プラン

シエラレオネ・ハイライト4日間シエラレオネ・ハイライト5日間
シエラレオネ&ガンビア自然・歴史探訪 7日間


シエラレオネ・ハイライト4日間

アフリカ西部にあるシエラレオネ。度重なる内乱で、この国を“旅行ができない国”と思われている方がほとんどなのでは?しかし現在では、首都フリータウンのある『フリータウン半島』に関してはまったく問題なく旅行できるまでになりました。特にフリータウン半島の西側、大西洋に面した海岸はリゾート地として、ヨーロッパからの観光客で賑わっています。シエラレオネも奴隷貿易の時代を経験しました。数多くの奴隷が、カリブ海(西インド諸島)などに売られてゆきました。奴隷解放後、この地にたどり着いた解放奴隷たちはフリータウンのコットン・ツリーの下で何を思ったことでしょう?奴隷貿易の歴史は、ブンシー島に残る砦などに偲ぶことができます。フリータウン近郊に残るクリオ・ハウスと呼ばれる19世紀、あるいはそれ以前のコロニアル建築の家々も昔の情緒たっぷり。また、この国は自然保護にも力を入れています。中でもタクガマのチンパンジー保護区は必見。そして、なんといっても海の美しさは西アフリカでも随一バナナ島ではシュノーケリングを楽しむことができます。この新しい観光立国、ぜひ、一度ご覧になってください。

シエラレオネ 国のあらまし

   

『シエラレオネ・ハイライト4日間』のポイント! ※日本発着の航空券等の手配も承ります。オプショナルツアー詳細もこちらまでお問い合わせ下さい!
シエラレオネ観光のハイライト=解放奴隷の子孫が住むクリオ・ビレッジ訪問
タクガマ・チンパンジー保護区でチンパンジーに会い、環境問題を考える
首都フリータウン観光
シエラレオネ観光のハイライトバナナ島で村訪問。そして美しい海で海水浴
西アフリカ屈指のビーチでビーチ・ピクニック or 自然の美しいグマ半島観光
モデルプラン

●フリータウン着。空港からヘリコプターでリゾート地区へ。フリータウン半島のリゾート泊/

●午前: クリオ・ビレッジタクガマ・チンパンジー保護区などの観光。午後: 首都フリータウン観光。フリータウン半島のリゾート泊/

●終日: バナナ島エクスカーション。村を訪問し、美しいバナナ島の海で海水浴。フリータウン半島のリゾート泊/

●終日: ビーチ・ピクニックまたは自然の美しいグマ半島観光(選べます!)。お部屋は出発までご利用になれます。リゾート地区からヘリコプターで空港へ。フリータウン発

ツアー価格

下記の料金は現地発着のみの価格です。日本からの往復航空券は含まれておりません。航空券代金は別途お問い合わせ下さい。

¥170,000−(二名様以上の場合のお一人様の料金)
¥216,000−(お一人さま催行料金)
*送迎及び観光は混載になる場合がございます。
<3泊4日のプラン: 2日目〜4日目の朝食/2〜3日目の昼食つき(4日目にビーチ・ピクニックを選ばれるとランチが付きます)>

              
左から: アバディーン橋、ブンシー島への舟、ラッカ・ビーチの砂浜、ラッカ・ビーチ、ラッカ・ビーチの夕暮れ、ルメリー・ビーチの砂浜、ルメリー・ビーチの夕暮れ
(シエラレオネ政府観光局ご協力) <以上、全てイメージ>

▲TOPへ



シエラレオネ・ハイライト5日間

シエラレオネ滞在3日目までは上記と同じです。「シエラレオネ・歴史探訪5日間」は、日程に奴隷貿易の拠点であったブンシー島を組み入れました。この国の複雑な歴史を偲ぶことができます。最終日は西アフリカで最も美しいビーチのひとつ、リバー・ナンバー・ツー・ビーチでビーチ・ピクニックをお楽しみ下さい。

   

『シエラレオネ・ハイライト5日間』のポイント! ※日本発着の航空券等の手配も承ります。
シエラレオネ観光のハイライト=解放奴隷の子孫が住むクリオ・ビレッジ訪問
タクガマ・チンパンジー保護区でチンパンジーに会い、環境問題を考える
首都フリータウン観光
 シエラレオネ観光のハイライトバナナ島で村訪問。そして美しい海で海水浴
 西アフリカ屈指のビーチでビーチ・ピクニック
 自然の美しいグマ半島を観光。
モデルプラン

●フリータウン着。空港からヘリコプターでリゾート地区へ。フリータウン半島のリゾート泊/

●午前: クリオ・ビレッジタクガマ・チンパンジー保護区などの観光。午後: 首都フリータウン観光。フリータウン半島のリゾート泊/

●終日: バナナ島エクスカーション。村を訪問し、美しいバナナ島の海で海水浴。フリータウン半島のリゾート泊/

●終日: ビーチ・ピクニック。フリータウン半島のリゾート泊/

●半日: 自然の美しいグマ半島を観光。お部屋は出発までご利用になれます。リゾート地区からヘリコプターで空港へ。フリータウン発

ツアー価格

下記の料金は現地発着のみの価格です。日本からの往復航空券は含まれておりません。航空券代金は別途お問い合わせ下さい。

¥186,000−(二名様以上の場合のお一人様の料金)
¥236,000−(お一人さま催行料金)
*送迎及び観光は混載になる場合がございます。
<3泊4日のプラン: 2日目〜5日目の朝食/2日目〜4日目の昼食つき>

              
左から: アバディーン橋、ブンシー島への舟、ラッカ・ビーチの砂浜、ラッカ・ビーチ、ラッカ・ビーチの夕暮れ、ルメリー・ビーチの砂浜、ルメリー・ビーチの夕暮れ
(シエラレオネ政府観光局ご協力) <以上、全てイメージ>

▲TOPへ


シエラレオネ&ガンビア自然・歴史探訪7日間 (料金はお問い合わせ下さい)

アフリカ西部にあるシエラレオネ。度重なる内乱で、この国を“旅行ができない国”と思われている方がほとんどなのでは?しかし現在では、首都フリータウンのある『フリータウン半島』に関してはまったく問題なく旅行できるまでになりました。特にフリータウン半島の西側、大西洋に面した海岸はリゾート地として、ヨーロッパからの観光客で賑わっています。シエラレオネも奴隷貿易の時代を経験しました。数多くの奴隷が、カリブ海(西インド諸島)などに売られてゆきました。奴隷解放後、この地にたどり着いた解放奴隷たちはフリータウンのコットン・ツリーの下で何を思ったことでしょう?奴隷貿易の歴史は、ブンシー島に残る砦などに偲ぶことができます。フリータウン近郊に残るクリオ・ハウスと呼ばれる19世紀、あるいはそれ以前のコロニアル建築の家々も昔の情緒たっぷり。また、この国は自然保護にも力を入れています。中でもタクガマのチンパンジー保護区は必見。そして、なんといっても海の美しさは西アフリカでも随一バナナ島ではシュノーケリングを楽しむことができます。この新しい観光立国、ぜひ、一度ご覧になってください。

シエラレオネ最終日の4日目、フリータウンからガンビアのバンジュルにフライトし(フリータウン→バンジュルの航空券を含みます)、そこからガンビアの1日目が始まります。ガンビアで皆様を待っているのは美しい自然と歴史の濃さ。到着翌日にはガンビア川沿いを上流にむけて走り、ガンビア川の中洲マッカーシー島にあるジャンジャン・ブレーを訪れます。到着後は謎の環状列石ケル・バッチのストーン・サークル、ワスのストーン・サークルを観光。歴史の謎に挑戦されては?そしてガンビア川のボート・トリップを。この小旅行ではカバに会えるかも!そして最終日はアフリカ系米国人作家アレックス・ヘイリー氏の著書“ルーツ”で一躍有名になったジュフレ村や、奴隷貿易の拠点となった世界文化遺産ジェームス島を訪れます。解放奴隷が歴史を刻んだシエラレオネ、奴隷貿易の主要港として栄えたガンビアの両方を訪れる、もりだくさんのプランです。

『シエラレオネ&ガンビア自然・歴史探訪 7日間』のポイント! ※日本発着の航空券等の手配も承ります。
<シエラレオネ>
シエラレオネ観光のハイライト
=解放奴隷の子孫が住むクリオ・ビレッジ訪問
タクガマ・チンパンジー保護区でチンパンジーに会い、環境問題を考える
首都フリータウン観光
 シエラレオネ観光のハイライトバナナ島で村訪問。そして美しい海で海水浴
選べるオプショナルツアー=奴隷貿易の拠点ブンシー島orビーチ・ピクニック

<ガンビア>
ガンビア川と大西洋が出合う場所
にあるリゾートに2泊
ガンビア川上流の田舎ジャンジャン・ブレー自然に囲まれたロッジで1泊
ガンビア観光のハイライト謎の列石 ケル・バッチのストーン・サークル&ワスのストーン・サークル
カバに会いに行くボート・トリップ
(うまくカバにあえるといいですね)
ガンビア観光のハイライト=“ルーツ”の舞台ジュフレ村アルブレダ村
世界文化遺産ジェームス島
選べるオプショナルツアー半日:アブコ自然保護区または半日:バンジュル市内観光


●フリータウン着。空港からヘリコプターでリゾート地区へ。フリータウン半島のリゾート泊/

●午前: クリオ・ビレッジタクガマ・チンパンジー保護区などの観光。午後: 首都フリータウン観光。フリータウン半島のリゾート泊/

●終日: バナナ島エクスカーション。村を訪問し、美しいバナナ島の海で海水浴。フリータウン半島のリゾート泊/

●出発まで自由行動(リゾート・ライフをお楽しみ下さい。奴隷貿易の拠点ブンシー島半日観光またはビーチ・ピクニックオプショナル・ツアーあり)。お部屋は出発までご利用になれます。リゾート地区からヘリコプターで空港へ。フリータウン発

<3泊4日のプラン: 2日目〜4日目の朝食/2〜3日目の昼食つき>

※オプショナル・ツアーのビーチ・ピクニックは西アフリカで最も美しい海岸のひとつ『リバー・ナンバー・ツー・ビーチ』がおすすめです!

<シエラレオネの4日目がガンビアの1日目になります>

バンジュル着。空港〜大西洋沿岸のリゾート地区へ。リゾート地区泊/

●リゾート地区〜ケル・バッチのストーン・サークルワスのストーン・サークルジャンジャン・ブレー(ジョージタウン)観光。ジャンジャン・ブレー泊/

●ジャンジャン・ブレー〜カバに会いに行くボート・トリップ〜ジャンジャン・ブレー〜リゾート地区泊/

●終日: アルブレダ村ジュフレ村、世界文化遺産ジェームス島観光(ガンビア川ボート・トリップ)。リゾートのお部屋は出発までご利用になれます。空港へ。バンジュル発

<3泊4日のプラン: 2日目〜4日目の朝食/2日目〜4日目の昼食つき>

※ガンビア4日目のアルブレダ村、ジュフレ村、ジェームス島のガンビア川ボート・トリップは基本的に混載となります。


              
左から: アバディーン橋、ブンシー島への舟、ラッカ・ビーチの砂浜、ラッカ・ビーチ、ラッカ・ビーチの夕暮れ、ルメリー・ビーチの砂浜、ルメリー・ビーチの夕暮れ
(シエラレオネ政府観光局ご協力) <以上、全てイメージ>


    

左から: アブコ自然保護区のトイレ、大西洋岸のリゾートのひとつ、首都バンジュル <以上、全てイメージ>


▲TOPへ



HOME |アフリカ一覧 | 行きたい地域を探す |